ACLラウンド16で浦和と対戦するジョホールがスペイン人DFアマトを獲得

2022.06.30 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムは29日、オイペンを退団したスペイン人DFジョルディ・アマト(30)をフリートランスファーで獲得した。

エスパニョールのカンテラ出身であるアマトは、2010年にトップチームデビュー。その後はラージョ・バジェカーノやスウォンジー、ベティスでのプレーを経て、2019年の夏からオイペンに移籍。

当初はレンタル移籍での加入だったが、加入初年度からセンターバックの主力として活躍すると、翌年に完全移籍。以降も守備の要として3シーズンで公式戦86試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。
アマトの加入するジョホール・ダルル・タクジムは、国内リーグ8連覇中の強豪チーム。今年の4月から5月にかけて行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022では、川崎フロンターレや連覇を目指す蔚山現代(韓国)と同居したグループIを首位で突破。

なお、8月に行われるノックアウトステージでは、ラウンド16で浦和レッズと対戦が決定している。

関連ニュース
thumb

「ワールドクラス」埼スタどよめくモーベルグの左足!完璧なFKに称賛の嵐「えぐすぎ」

浦和レッズの元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグの左足が火を噴いた。 浦和は19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区ラウンド16でマレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)と埼玉スタジアム2002で対戦し、5-0で勝利。この試合でモーベルグが見せたFKが素晴らしいと賞賛を集めている。 アレクサンダー・ショルツのPKで先制した浦和は、19分に大久保智明がボックス手前で倒されてFKを獲得する。 浦和サイドから見て左寄りを壁で切られ、右寄りをGKがケアする中で、モーベルグの狙いは右上隅。GKの重心がずれた瞬間に左足を振り抜くと、スピードに乗ったシュートはポストの内側に当たってネットを揺らした。 これ以上ないというコースへの一撃には「えぐすぎ」、「ワールドクラス」といった賛辞が多数。モーベルグは39分にも小泉佳穂の折り返しから追加点を奪う活躍を見せ、後半にもチーム4点目となるFWキャスパー・ユンカーのゴールの起点となるなど、フル出場で3年ぶりとなるベスト8進出へ大きく貢献した。 <span class="paragraph-title">【動画】追加点となった完璧すぎるモーベルグのFK</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nJsLeSt4vIo";var video_start = 126;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.20 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

5発大勝の浦和、リカルド監督は気を引き締める「まだ、何も成し遂げていない」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が、ジョホール・ダルル・タクジム戦を振り返った。 浦和は19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16でマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと対戦した。 中立地での開催ながら、本拠地の埼玉スタジアム2002で戦える浦和。声出し応援も認められる中、2万人を超える観客が集まった。 リーグ戦でもこのところ調子を上げている浦和は、立ち上がりこそ押し込まれたものの、8ふんにPKを獲得。これをアレクサンダー・ショルツが落ち着いて決めて先制する。 さらに19分にはボックス手前でファウルを受けてFKを獲得すると、ダヴィド・モーベルグが左足で直接叩き込み追加点。39分には左サイドからのクロスをモーベルグが蹴り込み、前半で3点のリードを得る。 後半に入り浦和はトーンダウン。相手に攻め込まれ、何度もシュートを打たれる場面を作られたが、途中出場のキャスパー・ユンカーがカウンターから2度仕留めて勝負あり。0-5で快勝を収めた。 リカルド監督は試合後の記者会見でゲームを振り返った。 「今日の試合では、立ち上がりに凄く良い入りができ、素晴らしいサッカーを展開できたと思う。3-0でハーフタイムを迎えられたことも非常に良かったし、ここまで凄く良いチーム状態が続いているように思う」 「後半は少し苦戦する時間帯もあったが、追加点を2点取ることができたし、無失点で試合を終わらせることができた。今後大事になってくるのはこのまましっかりと集中力を保つことだ」 力の差はあるとはいえ、相手は川崎フロンターレのいるグループを勝ち上がってきたチーム。気をつけた部分については「やはり相手は凄く高いレベルを持ったチームで、ホームで戦えるアドバンテージはあったが、川崎フロンターレがいるグループを首位で突破していう。良いレベルにあるチームだと思っていた」とコメント。「今日の試合でコントロールすべきところは相手の2トップで、これが我々にとって大切なポイントで、そこをしっかり止めることができた」と、守備陣の出来を湛えた。 また、「良いプレーを続けていくこと、そして先日のジュビロ磐田戦で6-0で勝った後だったので、それによる気の緩みを生じさせることなく戦うことを選手たちに伝えていた」と、大勝後の試合だったこともあり警戒していたが「闘っている部分は非常に良かったと思うし、このままあと2つ勝ち進んで決勝に進みたいと思う。我々はまだ、何も成し遂げていない」と、決勝に到達するまでの残り2試合に集中するとした。 浦和は20日に行われた抽選会で手倉森誠監督率いるタイのBGパトゥム・ユナイテッドとの対戦が決定。勝利すれば、ヴィッセル神戸vs全北現代モータース(韓国)の勝者と準決勝で対戦する。 2022.08.20 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【PHOTOギャラリー】ACL2022・ラウンド16|ジョホール・ダルル・タクジム 0-5 浦和レッズ/埼玉スタジアム2002

19日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022 ラウンド16のジョホール・ダルル・タクジムvs浦和レッズは0-5で浦和が勝利を収めた。 ジョホール・ダルル・タクジム 0-5 浦和レッズ 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(前8[PK]) ダヴィド・モーベルグ(前19、前39) キャスパー・ユンカー(後39、後46) <span class="paragraph-subtitle">【PHOTO】前半戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_01.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_02.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_03.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_04.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_05.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_06.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_07.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_08.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_09.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_10.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_11.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_12.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_13.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_14.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_15.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_16.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_17.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_18.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_19.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_20.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【PHOTO】後半戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_21.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_22.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_23.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_24.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_25.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_26.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_27.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_28.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_29.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_30.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_31.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_32.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_33.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_34.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_35.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_36.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_37.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_38.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_39.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/photo220819jdt_ura_40.jpg" style="max-width:100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2022.08.20 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

外国人トリオ揃い踏みの浦和がジョホールに5発圧勝! 3年ぶりのベスト8へ《ACL2022》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022の東地区ラウンド16、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)vs浦和レッズが19日に埼玉スタジアム2002で行われ、5-0で浦和が勝利した。 新型コロナウイルスの影響でグループステージから短期間での集中開催の方針が取られている今季のACL。このラウンド16から準決勝までは8月のうちに日本で開催されることになり、ラウンド16の舞台は埼玉に決まっている。また、従来のレギュレーションとは異なり、ラウンド16以降は全試合が一発勝負となる。 浦和はグループステージで2位となったが、他グループの2位チームの成績を上回ったことでラウンド16入り。その直後のリーグ戦では6試合未勝利という低迷期もあったものの、直近は公式戦7試合で5勝1分け1敗と好調そのものだ。 そして、この一戦でも好調を維持。開始2分にパスミスを拾われ強烈なミドルシュートを見舞われたものの、慌てず試合を組み立てる浦和は8分、右CKの流れで酒井がこぼれ球をボレーシュート。ここは当たり損なったものの、ゴール前で反応した松尾が頭で触ると、遅れて浮き球に飛び込んだGKに衝突される形でファウルを受け、PKを獲得する。 これをショルツが決めて先制した浦和。その後も速攻からゴールに向かう中で、19分には右サイドの酒井を起点に伊藤を経由して敵陣中央の小泉へ展開。その小泉から縦に走る大久保へスルーパスが出ると、大久保はデイビスの妨害に遭い、ボックス手前でFKを獲得した。 キッカーはモーベルグ。左足で右側を狙うと、シュートはポストを叩いてゴールイン。スーパーゴールで浦和が追加点を挙げた。 サポーターの声援もあり、このまま勢いに乗る浦和は39分、松尾がボックス右角から入れたクロスをファーサイドの小泉が折り返すと、最後はモーベルグがダイレクトで蹴り込んで3点目。会心のパフォーマンスで試合を折り返すことになった。 ハーフタイム明けに浦和は伊藤、大久保、大畑を下げて安居、江坂、明本を投入し、一挙3枚替え。後半立ち上がりはややジョホールのペースとなったが、呑まれることなく試合を進めていく。61分には自陣でのビルドアップ中にボールを奪われ、慌てたGK西川のファンブルなどでピンチを招いたが、ここは冷静に対応した岩波のプレーで事なきを得た。 徐々に浦和が前半のペースを取り戻していく中、76分に投入されたユンカーが魅せる。まずは84分、モーベルグの縦パスで右サイドを抜け出した江坂がゴール前に走るユンカーにラストパスを送ると、ユンカーは冷静にGKとの一対一を制して得点。 さらに後半アディショナルタイムには、GK西川のライナー性のパントキックを胸トラップで収めた江坂が、関根とのワンツーで左サイドを突破。右足アウトサイドでプレゼントパスをゴール前に送ると、最後はユンカーがダイレクトで流し込んで2点目。チームは大量5得点を挙げ、ベスト8入りを決めた。 ジョホール・ダルル・タクジム 0-5 浦和レッズ 【浦和】 アレクサンダー・ショルツ(前8[PK]) ダヴィド・モーベルグ(前19) ダヴィド・モーベルグ(前39) キャスパー・ユンカー(後39) キャスパー・ユンカー(後46) 2022.08.19 22:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ACLのスケジュールが決定! 日本勢は埼スタで試合、残りは駒場でラウンド16を開催

日本サッカー協会(JFA)は、8月に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のノックアウトステージのマッチスケジュールを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で集中開催が行われているACL。東地区のノックアウトステージに関しては、開催地が未定だったが、日本が手を挙げるとそのまま決定。埼玉で開催されることとなった。 ラウンド16の4試合は2日に分けて、駒場スタジアムと埼玉スタジアム2002で開催することが決定している。 日本勢の試合はいずれも埼玉スタジアムで行われ、8月18日(木)にはヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス、19日(金)にはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)vs浦和レッズが開催。いずれもキックオフは20時に決まった。 また、駒場スタジアムでは18日に大邱FC(韓国)vs全北現代モータース(韓国)、19日にBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)vs傑志(香港)が行われ、両日とも17時からとなる。 また、準々決勝は22日に埼玉スタジアムで行われ、16時と20時にそれぞれキックオフ。25日の準決勝は19時30分から埼玉スタジアムで行われる。 ▽8月18日(木) 《17:00》 大邱FC(韓国) vs 全北現代モータース(韓国) [駒場スタジアム] 《20:00》 ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] ▽8月19日(金) 《17:00》 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) vs 傑志(香港) [駒場スタジアム] 《20:00》 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) vs 浦和レッズ [埼玉スタジアム2002] ▽8月22日(月) 《16:00》 準々決勝第1試合 [埼玉スタジアム2002] 《20:00》 準々決勝第2試合 [埼玉スタジアム2002] ※対戦カードは8月20日(土)の組み合わせ抽選会で決定 ▽8月25日(木) 《19:30》 準々決勝勝者1 vs 準々決勝勝者2 [埼玉スタジアム2002] 2022.07.07 19:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly