チェルシーがルカクのインテル移籍を正式発表!

2022.06.30 03:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーは29日、ベルギー代表FWロメル・ルカク(29)がインテルへレンタル移籍したことを発表した。期間は1年間となる。

2020-21シーズンのインテルでセリエA36試合24得点10アシストという数字を残してスクデット獲得に貢献したほか、自身もセリエA最優秀選手賞に輝いたルカク。

今シーズンはクラブ史上最高額を記録した移籍金で古巣チェルシーへと帰還していたが、プレミアリーグでは26試合8ゴール、チャンピオンズリーグでは6試合で2ゴールと、平凡な成績に終わってた。

すると29歳は次第にインテル復帰に気持ちが傾き始め、シーズン中にはクラブに無断で受けた取材でインテル愛を強調するなど余計な言動が目立っていた。

なお、『フットボール・イタリア』によればレンタル料は800万ユーロ(約11億4000万円)+ボーナスとなることこと。また、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると買い取りオプションなどは付随していないようだ。

関連ニュース
thumb

エバートンFWゴードンがチェルシー行きを希望か、チェルシーは3度目のオファーを準備

エバートンのU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードンがチェルシー移籍を望んでいるようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 エバートンの下部組織出身のゴードンは今夏の移籍市場における注目株の一人。トップチームはデビューは2017年12月と早かったが、頭角を現したのはプレストン・ノースエンドからレンタルバックした昨シーズンだった。両ウイングを主戦場にプレミアリーグで35試合に出場し4ゴール2アシストをマーク。この活躍からチェルシーをはじめ、トッテナムやニューカッスルが関心を示すようになった。 だが、エバートンが放出を固辞しているため、トッテナムやニューカッスルは獲得レースから撤退。一方で、新オーナーが早くも移籍市場で存在感を放つチェルシーは粘り強く交渉を続けているようで、先日に4500万ポンドの2度目のオファーを断られるも、さらなるオファーを準備している模様だ。 その中でゴードン本人はチェルシー移籍を望んでいるとのこと。同クラブのレジェンドであるフランク・ランパード監督にはすでにその旨を伝えているようだ。なお、一部ではチェルシーが交渉の条件にベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(28)の譲渡を含めるという情報も出ていたが、『テレグラフ』はその可能性を否定している。 2022.08.17 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、マルコス・アロンソ獲得で合意も…加入の障壁はやはり選手登録問題

チェルシーからスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)の獲得が近いとされるバルセロナだが、まだ越えなければいけない壁があるようだ。 バルセロナにとってマルコス・アロンソは今夏のトップターゲットの1人。チェルシーで多くのタイトルを獲得した同選手は以前から母国復帰を希望しており、バルセロナ行きを熱望と報じられている。 スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、バルセロナは同選手の獲得を巡ってチェルシーと1000万ユーロ(約13億5000万円)に満たない移籍金で合意済み。つまり、すでに加入が発表されていてもおかしくないはずだ。 加入の障壁となっているのが、やはり選手登録の問題。バルセロナはマルコス・アロンソをラ・リーガに選手登録できる目処が立たない限りは正式契約へと進まない方針だという。 経営難の同クラブは今夏、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングに代表される一部主力選手の放出にはじまり、人件費カットや子会社の売却などに取り組んでいる。一方でバイエルンからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを獲得するなど、大型補強も敢行中だ。 多くの批判を浴びながらも保有資産の売却が進んだことで、ほとんどの新戦力は選手登録が完了。現在はセビージャから連れてきたフランス代表DFジュール・クンデの登録やマルコス・アロンソとの契約を目指し、放出と給与削減に力を入れているようだ。 なお、マルコス・アロンソを巡る交渉には、バルセロナのU-19スペイン代表DFアレックス・バルデ(18)のチェルシー行きが含まれているとみられている。 2022.08.16 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのトゥヘル監督が二重罰の可能性に直面…主審非難でFAが調査開始

トッテナム戦のチェルシーのトーマス・トゥヘル監督のコメントに関して、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始したようだ。『アスレティック』が伝えている。 結果も内容も劇的な展開となったスパーズとのロンドン・ダービー。チェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めたゴールによってドロー決着となった。 ただ、スパーズが一度追いついた68分のゴールシーンでは、チェルシー陣営を挑発するような過度な態度をとったアントニオ・コンテ監督とトゥヘル監督が衝突。試合終了直後には、握手を求めたコンテ監督に対し、トゥヘル監督がその手を掴んだまま再び小競り合いを起こし、両指揮官にはレッドカードが提示されるという荒れた一戦に。 そして、両指揮官はFAから告発され、追加のベンチ入り禁止や罰金処分が科される可能性浮上した中、トゥヘル監督は別件で調査対象に挙がることになったようだ。 同監督は試合後の会見で「なぜ最初のゴールがオフサイドにならなかったのか理解できないし、いつから選手たちがお互いの髪を引っ張ってもピッチに居続けられるようになったのかもわからない。説明もなく納得できない。この感情を表す言葉が見つからない。2つのゴールは認められるべきではなかった」と、テイラー主審のジャッジを非難。 また、試合終了直後に自身を退場処分としたテイラー主審に対して「私は次の試合は出られないが、あなたはまた笛を吹くのか?」と皮肉を飛ばしていたようで、退席処分とは別件で調査が開始されることになった。 2022.08.16 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

CBのバックアッパーが欲しいインテル、19歳カサデイをチェルシーに売却へ

インテルのU-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(19)がチェルシー移籍に近づいているようだ。 カサデイはインテルのU-19チームで鍛錬を積むセントラルハーフ。昨季はプリマヴェーラ1で29試合13得点4アシストの成績を残し、インテルの4季ぶり優勝に大きく貢献した。 今夏のプレシーズンでも起用され、トップチーム定着を期すなか、イタリア『スカイ』によると、経営難のインテルは同選手をチェルシーに売却して補強資金を工面したい考えだという。 インテルは退団した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアに代わる最終ラインの新たなバックアッパー獲得に本腰。ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)に注目しており、獲得には移籍金1500~2000万ユーロ(約20億3000万~27億円)が必要とのことだ。 そんな事情があってか、インテルはカサデイに触手を伸ばすチェルシーに対して1500万ユーロ+500万ユーロ(約6億7000万円)を要求。チェルシーも1200万ユーロ(約16億2000万円)+アドオンを提示しており、両者は合意に接近しつつあるとみられている。 2022.08.16 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦でハムストリング負傷のカンテ、最低1カ月の離脱か

トッテナム戦で負傷したチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテだが、最低1カ月の離脱が見込まれている。 14日に行われたトッテナムとのリーグ戦でハムストリングを負傷したカンテ。16日にクラブでMRI検査を受ける予定だが、フランス『レキップ』によれば、少なくとも1カ月は治療期間が必要になるとのこと。 また、それに伴い、9月に予定されているUEFAネーションズリーグのオーストリア代表戦とデンマーク代表戦も欠場すると見られている。 2022.08.16 13:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly