「傲慢な愚か者」 ブンデス批判のリバプールOBにドルトCEOが反論

2022.06.28 13:04 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セネガル代表FWサディオ・マネ(30)のバイエルン移籍に際してブンデスリーガを批判したリバプールOBのディーン・ソーンダース氏に対し、ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏が憤った。

2016年夏に加入してから、ユルゲン・クロップ監督の下で絶対的な主軸として活躍してきたマネ。2021-22シーズンも輝きを放ったが、シーズン終了後には新たなチャレンジを望むと、残り1年の契約を更新しない意思を明確にした後、22日にバイエルン移籍が決定した。

プレミアリーグのスター選手の到来はバイエルンのみならず、ドイツ国内で大きな話題となり、歓迎する声が多く聞かれた一方で、リバプールOBであるソーンダース氏はマネの決断を非難。「ブンデスリーガは挑戦とは程遠い。葉巻を持ちながらアームチェアに座ってでも活躍できる」として、プレミアリーグよりレベルの低いリーグへの移籍が挑戦になるのかと疑問を呈していた。

その発言に対して、ヴァツケCEOはドイツ『BILD am Sonntag』で反論。ブンデスリーガは高い評価を得ているリーグであり、2021-22シーズンのプレミアリーグ勢は3つの欧州カップ戦で結果を残せなかったと批判した。

「傲慢な愚か者というのは常に存在するものだ。私はヨーロッパのクラブ団体であるECAで理事を務めているが、ドイツのフットボールがそこでいまだ高い評価を受けていることを知っている」

「今季の欧州カップ戦、イングランド勢は3ついずれでもタイトルを獲得していない。もちろん、私はチャンピオンズリーグではリバプールのユルゲン・クロップにぜひとも勝ってほしかったがね」

関連ニュース
thumb

主砲流出覚悟のシュツットガルトはザークツィーを後釜に?

シュツットガルトが、バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(21)の獲得に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 シュツットガルトではエースストライカーのオーストリア代表FWサシャ・カライジッチ(25)に今夏の流出の可能性がある。とりわけ、先週末に行われたRBライプツィヒとのリーグ開幕戦後には、自身の将来について明確にしたいと、移籍を示唆するコメントも残している。 そのため、エース流出に備えてクラブは、後釜の確保に動き始めている。 『スカイ』によると、シュツットガルトは9日にバイエルンと電話での話し合いを行い、ザークツィーの問い合わせを行ったという。ただ、現時点ではクラブ間、個人間の双方において合意には至っていないという。 ザークツィー自身はバイエルンに比べて出場機会を得られるシュツットガルト移籍に前向きな姿勢を示しているようだが、バイエルンは同選手の移籍金として2000万ユーロ(約27億4000万円)を要求しており、お世辞にも資金力が潤沢とは言えないシュツットガルトが獲得できるかは微妙なところだ。 ただ、バイエルンサイドはカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティングを前線のバックアッパーに位置づけ、ザークツィーは余剰人員となっているため、移籍形態は不明だが、シュツットガルトへの移籍を認める可能性もある。 2017年にフェイエノールトからバイエルンに加入した大型ストライカーのザークツィーは、2019年12月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンはリーグデビュー戦でのゴールを含め、ブンデスリーガ4ゴールを挙げる活躍を見せて台頭した。 しかし、以降はトップチームに定着できず、一昨シーズンの後半戦はパルマへ、昨シーズンはアンデルレヒトに2シーズン連続で武者修行へ出ていた。 そのアンデルレヒトでは公式戦47試合18ゴール13アシストと、覚醒の兆しとなる印象的なパフォーマンスを見せていた。 2022.08.11 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンが韓国人MFイ・ヒョンジュの買取OPを行使! 2025年までの3年契約

ブンデスリーガのバイエルンは9日、U-18韓国代表MFイ・ヒョンジュ(19)の買い取りオプション行使を発表した。契約期間は2025年までの3年間となる。 イ・ヒョンジュは今年1月にKリーグ1の浦項スティーラースから1年レンタルでバイエルンへ加入。身長は169cmと小柄だが、優れたテクニックで相手を翻弄するセントラルハーフだ。 バイエルンでは主にセカンドチームでプレー。レギオナルリーガ・バイエルン(ドイツ4部)で6試合に出場したほか、U-19のリーグ戦では1試合1得点1アシストを記録した。 イ・ヒョンジュは「新しい契約にサインし、バイエルンでの道を歩み続けることができてとても幸せだよ。今シーズンもチームの成功のためにできる限りのことをしたいと思っている」とコメントしている。 2022.08.10 14:41 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーが来夏のエンクンク獲得を目指す! 移籍金は約82億円か

レアル・マドリーが来夏にライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)獲得を目指すようだ。 エンクンクはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身。2019年夏にライプツィヒ入りし、昨季は公式戦51試合で32得点20アシストと大暴れ。多くのビッグクラブが関心を寄せる人気選手となった。 そんななか、今年6月にライプツィヒとの契約を2026年まで延長。今季の残留は濃厚と考えられるが、スペイン『Fichajes』によると、マドリーが来夏の獲得を画策。6000万ユーロ(約82億6000万円)強の金額で獲得できるチャンスがあるという。 ライプツィヒは9日、チェルシーからドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの復帰と来夏のスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコ(19)加入を相次いで発表。選手層の拡充ができたことにより、エンクンク移籍の可能性は少なからず大きくなったようだ。 なお、バイエルンもエンクンクを注視しているとのこと。来夏は欧州屈指の名門が火花を散らす争奪戦となるのだろうか。 2022.08.10 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

大エースの去ったバイエルン、ラーム氏はナーゲルスマン監督の手腕に期待「どう成長していくか見守りたい」

バイエルンのレジェンドである元ドイツ代表DFのフィリップ・ラーム氏が、古巣への期待を語った。 バイエルンは今夏の移籍市場でFWサディオ・マネ、FWマティス・テル、MFライアン・グラフェンベルフ、DFマタイス・デ・リフト、DFヌサイル・マズラウィの5選手を獲得した一方、長らく絶対的なエースとして君臨してきたFWロベルト・レヴァンドフスキがバルセロナに移籍。2シーズン連続でブンデスリーガの一冠に終わったチームには、大きな変革が起きた。 こうしたなか、5日に行われたブンデスリーガ開幕節では、昨季ヨーロッパリーグ(EL)を制すなど波に乗っている難敵フランクフルトを圧倒。新戦力のマネにゴールが生まれるなど前半だけで5点を奪い、最終的には6-1のスコアで白星を手にしている。 ドイツ『キッカー』のインタビューを受けたラーム氏は試合を振り返り、バイエルンにはどんな状況でも脈々と受け継がれてきた勝者のメンタリティが備わっていると主張。特にベテランであるFWトーマス・ミュラーとGKマヌエル・ノイアーの2選手は、チームに非常に大きな影響を与えていると語った。 「バイエルンの勝者のメンタリティは、何世代にもわたって培われ、受け継がれてきた。この40年間、クラブを引っ張ってきたOBたちを通してね。他のどのクラブにこれがあると思う?この点において、バイエルンはヨーロッパでも特筆した存在だ」 「トーマス・ミュラーとマヌエル・ノイアーの2人は、こうしたイメージの象徴だろう。彼らはチームが必要とするリーダーだ。もちろん、それ以外にも優秀な選手はいるが、この2人が中心になっているからこそ、チームメイトの姿勢にも影響を与えている」 また、ラーム氏はユリアン・ナーゲルスマン監督がレヴァンドフスキの去ったチームをどのように導いていくかに期待。大きなプレッシャーがかかっていることに理解を示しつつ、それでもタイトル獲得は義務だと強調した。 「レヴァンドフスキ抜きで新たなアプローチを見出すことが、今季の監督に課せられた使命だろう。ユリアン・ナーゲルスマンは今、どのようにチームを発展させるか示さなければならない」 「私は、監督が何度も変わることに批判的な見方をしているよ。リバプールのユルゲン・クロップやマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラは、偉大な監督であっても足跡を残すには時間が必要という典型例だ」 「ナーゲルスマンはホッフェンハイムとライプツィヒで、チームを成長させられると証明した。それでも、世界有数のビッグクラブでの指揮は、特に若い監督には難しいものだろうね。とはいえ、バイエルンで何年にもわたって本当にうまくやるためには、1つ以上のタイトルを獲らなければならない」 「これからどう成長していくのか見守りたいね。ユップ・ハインケス体制の初年度も成功したとは言えず、2位と準優勝が2つあった。それでも、翌シーズンには3冠を達成できたんだ」 2022.08.08 16:46 Mon
twitterfacebook
thumb

マネの代役にサネを狙う? 監督は補強に否定的も興味と現地報道…移籍金は75.6億円

ユルゲン・クロップ監督が補強に関して否定的な意見を口にする一方で、中盤の補強の噂は絶えないようだ。 スペイン『エル・ナシオナル』によると、リバプールはバイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネ(26)の獲得を望んでいるようだ。 今夏のリバプールはベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを獲得。開幕戦でも早速1ゴールを記録していた。 一方で、セネガル代表FWサディオ・マネがバイエルンへと移籍。さらに、ベルギー代表FWディヴォク・オリジがミランへ、日本代表MF南野拓実がモナコへと去り、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノもユベントス移籍が取り沙汰されている。 パニックバイはしたくないリバプール。クロップ監督はケガ人が多い状況を認めながらも、補強で穴埋めをする気がないことを主張している。 ただ、マネが抜けた穴は埋められているとは言えない状況。ポルトガル代表FWジオゴ・ジョタも負傷で出遅れているということもあり、エジプト代表FWモハメド・サラーが孤軍奮闘する可能性もある。 そのサラーも契約が残り1年となっており、来夏にはチームを去る可能性が十二分にある。その中でターゲットとしているのがサネということだ。 サネにはレアル・マドリーも関心を示しているとされたが、フロレンティーノ・ペレス会長は必要性を感じていないとのこと。マドリー移籍は無くなったと考えられる。 『エル・ナシオナル』によればクロップ監督はサネの補強は、チームに特別なもたらせると考え、なるべく早い獲得を望んていると報じており、監督の発言とは異なる状況。サネの移籍金はおよそ5500万ユーロ(約75億6000万円)と見られている。 マンチェスター・シティでもプレーしたサネはプレミアリーグのことも理解しており、確かに大きな補強に。バイエルンでの自身の立ち位置が不透明になっていることもあり、もしかしたらリバプールにやってくる可能性があるかもしれない。 2022.08.07 12:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly