群馬DF光永祐也が関東1部のVONDS市原FCにレンタル

2022.06.28 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ザスパクサツ群馬は28日、DF光永祐也(26)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原FCに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2023年1月31日までとなる。

光永はアビスパ福岡のアカデミーあがりで、トップチームに昇格してからAC長野パルセイロ、アスルクラロ沼津、ロアッソ熊本、藤枝MYFCを転々。2019年から群馬に活躍の場を求め、今季はここまで公式戦5試合に出場していた。群馬を通じて次のようにコメントしている。

「シーズン途中ですが、チームを離れることになりました。なかなかチームの力になれず悔しい気持ちでいっぱいでしたが、それでも変わらずいつも応援してくれていたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」

「特に24番のユニフォームを着て応援してくれていた方々の顔は忘れません。毎試合名前入り横断幕を取り付けてくれていた方々、本当にありがとうございました。だからこそ応援して頂いていたにも関わらず途中でチームを離れることになり申し訳なく思います」

「チームが苦しい状況でこの決断をすることの意味を考えながら、サッカー選手として前向きにチャレンジをしていきたいと思います。少しでも僕のことを気にかけてくれたら嬉しいですし、僕もザスパのみんなが目標を達成してくれることを願っています。頑張ってきます!」

関連ニュース
thumb

群馬が今季の関東1部で8得点のFW長倉幹樹を完全移籍で獲得、浦和下部組織出身で大槻監督も知る選手

ザスパクサツ群馬は10日、関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCからFW長倉幹樹(22)が完全移籍で加入することを発表した。 長倉は、浦和レッズのジュニアユース、ユースと所属。その後順天堂大学へと進学し、2022シーズンから東京ユナイテッドFCへと入団していた。 今シーズンの関東1部では9試合に出場し8得点を記録。大槻毅監督も浦和時代に知る選手だ。 群馬は長倉について「攻撃的なポジションであればどこでもこなすことが出来るアタッカー。得点感覚に優れ、自らチャンスメイクも出来る。運動量も豊富で攻守においてチームに貢献する」とプレースタイルと紹介している。 長倉はクラブを通じてコメントしている。 「この度、東京ユナイテッドFCからザスパクサツ群馬に加入することになりました、長倉幹樹です。夢であったプロサッカー選手としてのキャリアをこのクラブ、大槻監督のもとでスタートできることをとても嬉しく思います」 「ゴールに関わるプレーでチームの勝利に貢献できるように全力で闘います。ザスパクサツ群馬に関わる全ての皆様、よろしくお願いします!」 なお、長倉は10日にチームへと合流。背番号は「28」となる。 <span class="paragraph-title">【写真】群馬が獲得した大槻監督もよく知るFW長倉幹樹</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://t.co/zVLwBlpO0u">https://t.co/zVLwBlpO0u</a><a href="https://twitter.com/hashtag/thespa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#thespa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/everonward?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#everonward</a> <a href="https://t.co/3Biei9wEkd">pic.twitter.com/3Biei9wEkd</a></p>&mdash; ザスパクサツ群馬 (@OfficialThespa) <a href="https://twitter.com/OfficialThespa/status/1557154763585863681?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.10 09:12 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本が杉山直宏のスーパーゴール2発で栃木を下す!千葉が3発快勝で群馬は降格圏転落【明治安田J2第30節】

7日、明治安田生命J2リーグ第30節の3試合が行われた。 ザスパクサツ群馬(20位/27pt)とジェフユナイテッド千葉(11位/38pt)の一戦。立ち上がりから試合は動く。 開始2分、相手DFのヘディングでのバックパスが弱くなると、これを狙っていた風間宏矢がGK櫛引政敏の前でかっさらい、無人のゴールへ流し込んだ。 早々に失点した群馬。徐々に盛り返す中ゴールを奪えないと、前半アディショナルタイムに右サイドを崩されると、風間が持ち込みクロス。これをブワニカ啓太がヘディングで合わせ、千葉の2点リードで後半に入る。 群馬は風間宏希、細貝萌がミドルシュートでゴールをこじ開けにいくが、いずれもGK新井章太がセーブする。 群馬の攻撃を凌いだ千葉は75分、ブワニカ啓太が自陣からドリブルで持ち運ぶと、離れた位置からミドルシュート。これをGK櫛引がセーブするも、途中出場の櫻川ソロモンが詰めて3点目。アウェイの千葉が0-3で勝利。群馬は、前日に大宮アルディージャが横浜FCに勝利したため、降格圏に転落した。 ロアッソ熊本(6位/44pt)と栃木SC(15位/35pt)の一戦は、ホームの熊本が2-0で勝利を収めた。 試合はホームの熊本がペースを握ると、18分に先制。ハーフウェイライン付近での素早いリスタートから、右サイドでパスを受けた杉山直宏が、オーバーラップしてきた黒木晃平を囮にしながらカットインして左足シュート。ミドルシュートがゴール左に突き刺さり、熊本が先制する。 さらに37分、杉山、髙橋利樹、竹本雄飛とダイレクトでパスを繋ぎ、竹本の浮き球のパスがバウンドしたところを走り続けた杉山が左足でハーフボレー。鋭いシュートがネットに突き刺さりリードを広げる。 後半も熊本ペースで試合は進むがネットを揺らせず。63分には途中出場の西谷優希がシュート性のクロスがゴールに向かうが、GK佐藤優也がスーパーセーブを見せる。 結局栃木は最後までゴールが奪えずに熊本が2-0で勝利を収めた。 なお、ブラウブリッツ秋田(18位/32pt)vs水戸ホーリーホック(10位/38pt)の一戦は、1-1の引き分けに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ 第30節 ▽8月7日(日) ブラウブリッツ秋田 1-1 水戸ホーリーホック ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ロアッソ熊本 2</span>-0 栃木SC ▽8月6日(土) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 5</span>-2 FC琉球 アルビレックス新潟 2-2 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-2 横浜FC FC町田ゼルビア 1-1 大分トリニータ ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ベガルタ仙台</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"></span> 2022.08.07 21:24 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬の選手1名が新型コロナ陽性…4日はチーム活動せず

ザスパクサツ群馬は4日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、2日のトレーニング前に実施した定期的な抗原定性検査では陰性に。3日もトレーニングに参加していた。 しかし、4日の起床後に発熱。抗原定性検査で陽性判定となった。 なお、チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのこと。4日時点で体調不良を訴えている者もいないという。 また、4日のチーム活動は実施せず。5日のトレーニング前に抗原定性検査を行い、陰性の者のみでチーム活動を再開するとのことだ。 2022.08.04 18:34 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬が清水FW川本梨誉を育成型期限付き移籍で獲得、今季は岡山で20試合1得点

ザスパクサツ群馬は1日、清水エスパルスのFW川本梨誉(21)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、ファジアーノ岡山と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 川本は清水の下部組織育ち。2020年にトップチームに昇格すると、2021年はファジアーノ岡山へ育成型期限付き移籍。今シーズンも引き続き岡山へ育成型期限付き移籍していた。 今シーズンは岡山で明治安田生命J2リーグで20試合に出場し1得点、天皇杯で1試合に出場していた。 群馬は「エリア内での得点感覚に優れた万能型ストライカー。前線への推進力と高い攻撃センスでチャンスメイクし、豊富な運動量でハードワークも出来る」と川本のプレースタイルを紹介している。 川本はクラブを通じてコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「ザスパクサツ群馬に関わる皆さん、初めまして川本梨誉です。チームのために全力でプレーして、結果で皆さんに認めてもらえるよう頑張ります。よろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「群馬に移籍することになりました。成長した姿を見せられるよう、もう一度サッカーと真摯に向き合い頑張ります!」 ◆ファジアーノ岡山 「ファジアーノ岡山に関わる全ての方々、一年半本当にありがとうございました!僕の大好きなクラブです!群馬でも頑張ります」 群馬はFW山根永遠が横浜FCへと完全移籍していた。 なお、川本は2日に合流。背番号は「47」となる。 2022.08.01 14:43 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FCに群馬FW山根永遠が完全移籍加入! 「大槻監督がいなかったら今の僕は居ない」

横浜FCは1日、ザスパクサツ群馬からFW山根永遠(23)の完全移籍加入を発表した。背番号「30」をつける。 山根はセレッソ大阪でプロ入り後、ツエーゲン金沢、水戸ホーリーホックを経て、今季から群馬でプレー。ここまで明治安田生命J2リーグ23試合出場で2ゴールと活躍中だったが、J2首位チームへの途中移籍を決断した。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさま。こんにちは! 山根永遠です。これから多くの試合に出て活躍をし、僕の存在を知ってもらえると嬉しいです! これからJ1昇格に向けて一緒に戦えることを光栄に思います。全力を尽くして頑張るので応援宜しくお願いします!」 ◆ザスパクサツ群馬 「この半年間、ザスパクサツ群馬で僕は沢山の成長をさせてもらいました。大槻監督がいなかったら今の僕は居ないと言っても過言ではないです。監督は僕のダメなところ、いいところを全部はっきり言ってくれる監督です。なので試合後は、自分自身フィードバックできるようになりました。それが1番僕にとって大きな成長に繋がったと思います」 「群馬での経験を活かして次のチームでも僕らしく戦えるように頑張りたいと思います。最後にサポーターの皆さん。どんな状況下の中でも前向きなコメントをくださりありがとうございました。僕にとって大きな励みになっていました。短い間でしたが本当にお世話になりました。ありがとうございました」 2022.08.01 13:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly