ルカクのインテル復帰が目前に! 予定を前倒し29日にもメディカルチェック&サイン

2022.06.27 01:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)のインテル復帰が秒読み段階に入った模様だ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

昨夏に9750万ポンドの移籍金でインテルから古巣チェルシーに移籍したルカク。クラブ史上最高額を記録した移籍金も示すように大きな期待がかけられたが、プレミアリーグでは26試合8ゴール、チャンピオンズリーグでは6試合で2ゴールと、平凡な成績に終わった。

すると29歳は次第にインテル復帰に気持ちが傾き始め、シーズン中にはクラブに無断で受けた取材でインテル愛を強調するなど余計な言動が目立った。そして、シーズン終了後はあからさまにその態度を示すようになり、その願い通り、まもなくレンタルでのネラッズーリ復帰が決まろうとしている。

レンタル料1000万ユーロ(約14億円)+賃金カットの条件を受け入れ30日にミラノに到着する予定となっていたルカクは、現在休暇でイタリアのサルデーニャ島に滞在。

しかし、今回の報道によればルカクは一刻も早くインテル復帰を決めるため、予定を前倒しして29日にメディカルチェックに向かうとのこと。そして、同日の午後にインテルのジュゼッペ・マロッタCEOとピエロ・アウシリオSD立ち合いのもと契約書にサインするようだ。

なお、この予定変更はインテルが6月30日に切れる税制上の優遇措置を逃さないためでもあるとのことだ。

関連ニュース
thumb

ロドリゴ・パラシオが40歳で現役引退…伊4部でバスケット選手に転身

元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(40)が現役引退を発表した。 直近までセリエBのブレシアでプレーしていたパラシオは26日に現役引退を発表した。さらに、今後はイタリアのバスケットボールリーグの4部に所属するポリスポルティーヴァ・ガレニャーノで、バスケットボール選手としてプレーすることを電撃発表した。 母国アルゼンチンのウラカン、CAバンフィエルド、ボカ・ジュニアーズで活躍したパラシオは、2009年にジェノアへ加入し、イタリアでのキャリアをスタート。 これまでジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。2021年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。その後、昨夏にブレシアへ新天地を求め、自身初のセリエBでは33試合6ゴール4アシストの数字を残していた。 2005年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では通算27試合に出場し、3ゴールを記録。2度の出場を果たしたワールドカップでは、2014年のブラジル大会で5試合に出場し、準優勝に貢献していた。 2022.09.28 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

屈筋を痛めたブロゾビッチ、最長で1カ月離脱へ

クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが屈筋を痛めたと発表した。 ブロゾビッチは25日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA最終節のオーストリア代表戦にスタメン出場。しかし、18分に負傷交代していた。 クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督はブロゾビッチの離脱期間が最長で1カ月になると言及していた。 インテルの絶対的主軸であるブロゾビッチ。インテルは代表ウィーク明け、大黒柱を欠いてセリエAのローマ戦(出場停止)やチャンピオンズリーグのバルセロナとの連戦に挑むことになった。 2022.09.27 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル、インテルとの契約延長交渉に未だ応じず… 来夏フリーでPSG行きが濃厚

インテルとスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の契約延長が進んでいないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 今夏はしきりにパリ・サンジェルマン(PSG)行きが噂されたシュクリニアル。ひとまずはインテル残留で落ち着き、2023年6月までの契約を延長する運びと思われたが、選手側は現在もクラブとの話し合いに応じておらず、契約延長の見通しは立っていないという。 インテルは今夏、再三にわたってPSGのメガオファーを拒絶していたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、冬の移籍市場では最大でも3000万ユーロ(約41億7000万円)に価値が下がるとのこと。そのインテルがシーズン途中のタイミングで売却に踏み切るか、はたまた契約更新を諦めず最後まで残すかどうかは今のところ不明だ。 ただ、同メディアの見立てでは、やはりインテルが安値で売却する可能性は低く、今シーズンいっぱいはイタリアにとどまる公算が高いようだ。 2022.09.26 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチが代表戦で負傷交代… CLバルサ戦控えるインテルに痛手か

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが負ったケガの状態が心配されている。 ブロゾビッチは今月のUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦うクロアチア代表に招集され、25日にはリーグA第6節のオーストリア代表戦にスタメン出場。チームは3-1で快勝を収め、来年6月に開催される準決勝への進出が決まった。 しかし、ブロゾビッチはこの一戦で負傷交代。相手選手との接触はなく、パスを出す際にやや地面に足を取られたような形になり、左太ももを痛めてしまった模様。18分にMFロヴロ・マイェルとの交代を余儀なくされた。 ブロゾビッチのケガはインテルにとって大きな痛手に。代表ウィーク明けの10月1日に行われるセリエAのローマ戦を皮切りに、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦、難敵サッスオーロ戦、そしてバルセロナとのリターンマッチと、極めて重要なゲームが続く。 イタリア『カルチョメルカート』によると、現時点で診断結果は出ていないものの、バルセロナ戦以降の3試合の出場が危ぶまれているとのこと。なお、ローマ戦については累積警告で出場停止となっている。 2022.09.26 13:46 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル&ローマが来夏フリーのクアドラードに関心

来夏にユベントスとの契約満了を迎えるコロンビア代表MFフアン・クアドラード(34)にインテルとローマが関心を示しているようだ。イタリア『Repubblica Sport』が報じている。 今季終了後にユベントスとの契約が切れるクアドラードだが、クラブは500万ユーロ(約7億円)という現状の年俸を継続させることを渋っており、延長に動かない可能性もあるという。 そのクアドラードには、ユベントスのライバルであるインテルとローマが興味を示しており、今季終了後にフリーでの獲得を目論んでいるとイタリア『Repubblica Sport』は伝えている。 2015年2月にチェルシーから加入し、現在まで公式戦275試合24ゴール61アシストを記録しているクアドラードだが、今夏にフリーでローマへ移籍したFWパウロ・ディバラに続き、ライバルクラブへフリーで移籍することになるのだろうか。 2022.09.24 23:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly