ブライトン、ノアシェランから若手FWアディングラを獲得! 主戦場は左WG

2022.06.25 14:53 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、デンマークのノアシェランからコートジボワール人FWシモン・アディングラ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。ガーナの名門育成組織ライト・トゥ・ドリーム・アカデミー出身のアディングラは、2020年にノアシェランのユースチームに加入。その翌年にトップチームデビューを飾ると、今シーズンの公式戦では33試合10ゴール4アシストの数字を残した。

左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な175cmのアタッカーは、ブラックアフリカン特有の身体能力の高さを生かしたダイナミックな仕掛けが最大の持ち味。快足を生かした背後への飛び出しに加え、トリッキーな足元の技術、遊び心のあるプレーで一対一の局面でも存在感を放つドリブラーだ。

戦術理解度やフィニッシュの精度、フィジカル的にも大きな伸びしろを残すが、近年多くの逸材アタッカーを輩出しているノアシェランが目を付けただけのクオリティーを持った逸材と言える。

ポジション的には日本代表MF三笘薫と被る可能性が高いが、現時点ではブライトンでプレーするのか、武者修行に出されるのかは、微妙なところだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ブライトンGKスヘルペンがフィテッセに1年レンタル、今年6月に初の蘭代表入り

フィテッセは16日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからオランダ代表GKキエル・スヘルペン(22)の1年レンタルを発表した。 スヘルペンは昨夏にアヤックスからブライトンに加入した若きGK。身長2m台のサイズを誇るオランダフットボール界期待の大型守護神だが、ブライトンではFAカップの1試合しか出番を得られず、今年1月からベルギーのオーステンデにレンタル移籍した。 そのオーステンデではMF坂元達裕と同僚となり、ジュピラー・プロ・リーグ7試合でプレーし、今年6月には出場こそなかったが、オランダのフル代表に初招集。今夏にひとまずブライトンに戻ったが、プレミアリーグ開幕から2試合続けてベンチからも外れた。 今季は母国クラブのフィテッセに活躍の場を求めたスヘルペンは「この移籍は今の僕にとって最良の選択だと感じている。フィテッセはエールディビジの美しい由緒あるクラブ。選手としてだけでなく、人間としても、この街に溶け込んでいると思う」と話した。 2022.08.17 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「何が凄いって、相手イングランド代表なのよ」ピッチ真横から捉えた三笘の“キレキレドリブル”が反響「DFに悪夢を与える」

日本代表MF三笘薫がプレミアリーグで大きなインパクトを残している。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンの三笘は13日、プレミアリーグ第2節のニューカッスル戦でベンチスタートとなったものの、0-0の75分にピッチに。プレミアデビューを果たした。 その三笘は、短い時間ながらも得意のドリブルで左サイドを抉る場面やスルーパスでチャンスを演出。85分には左サイドでボールを持つと、対峙したイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを縦への突破で抜き去り、グラウンダーのクロス。惜しくもゴールにはならなかったものの、見せ場を作っていた。 そして、16日にブライトンの公式ツイッターが改めてこのシーンを切り取り。「ゴールまであと少し!」と紹介すると、ファンからは「彼のスピードはDFに悪夢を与える」、「素晴らしいパフォーマンスだった」、「すでに彼が好きだ」、「何が凄いって、相手イングランド代表のバックなのよ(笑)」と期待の声を寄せている。 夢であったプレミアリーグのデビュー戦で好印象を与えた三笘だが、21日に行われる次節のウェストハム戦で出番は訪れるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】別カメラから捉えた三笘のキレキレドリブル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="M1CK9esCNzw";var video_start = 86;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.17 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ブライトンがククレジャの穴埋め! ビジャレアルからエクアドル代表SBエストゥピニャンを獲得

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは16日、ビジャレアルからエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャン(24)の獲得を発表した。契約は2027年6月30日までの5年間となる。 エストゥピニャンは母国でプロデビュー後、2016年夏のワトフォード入りを機に欧州を舞台に。以後、グラナダやアルメリア、マジョルカ、オサスナを渡り歩き、2020年9月からビジャレアルに異例の7年契約で活躍の場を移した。 エクアドル代表デビュー通算26キャップを記録する左サイドバックはビジャレアルで通算74試合に出場。アスリート能力に優れ、チームがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4入りの昨季も主力を張り、公式戦41試合でプレーした。 チェルシー移籍のスペイン代表DFマルク・ククレジャの後釜として期待され、ワトフォード時代以来のイングランド上陸を果たすエストゥピニャンについて、ブライトンを率いるグレアム・ポッター監督は期待感を口している。 「ペルビスからもたらさられるであろうものに興奮している。彼は我々が選手層を厚くしたいと考えるポジションを埋めてくれる存在だ。国際経験にプラスして、ビジャレアルでCLやヨーロッパリーグ、ラ・リーガで多くの場数を踏んできた。彼がここイングランドに慣れるよう力を貸すが、彼と働き、プレミアリーグで活躍する姿が楽しみだ」 2022.08.17 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「なんという光景だ」三笘薫のプレミアデビュー戦に勢揃いした“三笘ユニサポ”の整列写真が反響「最高すぎる」

プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫の活躍には熱いサポーターたちの後押しもあったようだ。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンの三笘は13日、プレミアリーグ第2節のニューカッスル戦でベンチスタートとなったものの、0-0の75分にピッチに。プレミアデビューを果たした。 その三笘は、短い時間ながらも得意のドリブルで左サイドを抉る場面やスルーパスでチャンスを演出するなど、見せ場を作っていた。 そして試合後、ブライトンは公式ツイッターを更新。「ミトマ・マニア」と題して、三笘の「22」のユニフォームを着て並ぶ5人のサポーターが整列した写真をアップしている。 この1枚にはファンもいち早く反応し、「なんという光景だ」、「最高すぎる」、「なにこれ嬉し」、「素敵ですね!」、「三笘軍団」、「(つなげて)ミトマニアではダメかい?」といったコメントが寄せられている。 デビュー戦で早くもファンを獲得したであろう三笘。これから先より多くの「ミトマ・マニア」の姿が見られるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】「ミトマ・マニア」が一列に並んだ圧巻ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Mitoma mania. <a href="https://twitter.com/SoccerYora?ref_src=twsrc%5Etfw">@SoccerYora</a> <a href="https://t.co/LDLMDwozfq">pic.twitter.com/LDLMDwozfq</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1559125748501422081?ref_src=twsrc%5Etfw">August 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「ちょっとした悪夢」監督も高く評価した三笘薫のプレミアデビュー、本人は「全く緊張しなかった」

プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫が、改めてデビューについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 昨夏川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍で加入した三笘。労働許可証が下りないこともあり、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへと1年間のレンタル移籍を果たした。 そのベルギーでは持ち前のドリブルスキルを活かし、プロ1年目同様に途中出場からチャンスをものにすると、その後はレギュラーに定着。レギュラーシーズンで首位に立つチームの原動力となっていた。 日本代表にも招集され、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも貴重な任務を遂行した三笘。満を持してブライトンへと復帰し、今シーズンはプレミアリーグに挑戦することとなった。 開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦はベンチに入るも出番は訪れず。続く13日の第2節、ニューカッスル戦もベンチスタートとなると、ゴールレスで迎えた75分にピッチに立ち、プレミアデビューを果たす。 その三笘は、左サイドを何度となく突破し、ファンの心を鷲掴みに。あわやゴールというシーンも生み出すなど、短い時間でもインパクトを残していた。 三笘はクラブを通じて改めてデビュー戦について言及。自分がどういう選手かということを見せることができたと一定の手応えを感じたようだ。 「最初の一歩を踏み出し、サポーターに自分がどんな選手かを示すことができたと思います。また、監督やコーチ陣にも自分がプレーできることを証明しました。あとは出場時間が増えた時、同じようなパフォーマンスを見せたいと思います」 「勝つことができましたし、勝つべき試合だったと思います。個人的には、チームメイトからの信頼を得るため、このようなプレーを続ける必要があると思っています」 「ピッチに入った時は、全く緊張していませんでした。自分のことに集中し、他のことはあまり考えていなかったです。ファンからの素晴らしいサポートを受け、雰囲気はとても良かったです。心地良かったですし、プレーへのモチベーションを高く持っていました」 15分強という短い時間でファンにインパクトを与えた三笘だったが、それはグレアム・ポッター監督も感じたようだ。ポッター監督は、試合後に三笘について称賛。相手は苦労すると三笘の力が通用するとの見解も示した。 「彼はサイドバックに問題を引き起こすだろう。狭いところを抜いていく力がある」 「彼はとてもユニークで、素晴らしいインパクトを与えてくれた。試合前にも話したが、11人全員が90分間プレーし続けることは難しい。サブの選手、彼らのインパクトがカギになる。彼らはよくやってくれたが、3ポイントを得ることはできなかった」 「彼は左サイドから中央へ、そして右足を使うことを織り交ぜることができる。だから、ディフェンダーからしたらちょっとした悪夢だ。彼と対戦するのは気が進まないだろう。間違いなくね」 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンファンの心を鷲掴みにした三笘薫のプレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An exciting debut! <a href="https://t.co/CxpcZsDU4m">pic.twitter.com/CxpcZsDU4m</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1558743228001705984?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 18:53 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly