退団希望は本気? C・ロナウドが市場で無力なクラブに嫌気、タイトル争えなければ…

2022.06.24 21:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、本格的に退団を考えているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えた。

昨夏、電撃的にユベントスを退団し、古巣であるユナイテッドに移籍加入したC・ロナウド。チームの成績は芳しくない一方で、個人としてはプレミアリーグ30試合に出場し18ゴール3アシストと奮闘。チャンピオンズリーグでも7試合で6ゴールとしっかりと結果を残していた。

新シーズンからエリク・テン・ハグ監督がチームを指揮する中、C・ロナウドについても非常に重要な戦力と語っていた中、C・ロナウドも監督と会談をしているとのこと。チームの変化を信じている一方で、クラブに嫌気がさしているという。

一部で報じられた退団希望だが、どうやら案外本気の様相。『レコルド』によれば、C・ロナウドは周囲に退団を望んでいることを漏らしているとのこと。その大きな理由は、やはりチームの補強策のようだ。

テン・ハグ監督の目指すサッカーには信頼を置いている一方で、今夏の移籍市場で動きが鈍いクラブに嫌気がさしているといわれ、特にダルウィン・ヌニェスの争いに無力だったチームにガッカリしている様子だ。

すでに、チームはエディンソン・カバーニ、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチ、ジェシー・リンガード、フアン・マタが退団。一方で、リバプールとのダルウィン・ヌニェスの争いには見向きもされずに敗北。バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得が話題に上がっているが、一向に話は進展していないのだ。

C・ロナウドが最終決断を下していないものの、残り契約期間は1年。クラブが体たらくぶりを見せ続ければ、他クラブへの移籍の可能性は低くなく、一部ではバイエルンが獲得に興味を持っているともされている。果たして、どのような決断を下すのか。来週にはトレーニングに戻るとも言われているが、去就に注目が集まる。

関連ニュース
thumb

ユナイテッド&バルサがリヨンの逸材SBに関心か?

リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)にマンチェスター・ユナイテッドとバルセロナが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ユナイテッドはDFアーロン・ワン=ビサカのクリスタル・パレス復帰が迫っている上、DFジオゴ・ダロトがエリク・テン・ハグ監督の要求を満たすことができず、右サイドバックは市場閉幕までの補強ポイントに挙がる。 一方、バルセロナはチェルシーDFセサール・アスピリクエタの獲得に失敗したことで、同じく右サイドバックは補強ポイントとなっており、今後DFセルジーニョ・デストを放出し、新たなラテラルの獲得に動く可能性が指摘されている。 『レキップ』によると、その両クラブは過去にパリ・サンジェルマンやマンチェスター・シティも関心を示したグストの獲得に動いているという。 2016年からリヨンのアカデミーに在籍しているグストは、キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバート。2021年1月のサンテチェンヌ戦でトップチームデビューを飾ると、昨シーズンから新指揮官に就任したピーター・ボス監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 リヨンは2024年まで契約を残す逸材の売却に否定的な姿勢を見せているが、断れない金額のオファーが届いた場合、売却に踏み切る可能性は十分にあるようだ。 2022.08.19 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのカゼミロ獲得に現実味? 選手本人前向きでクラブ間交渉も進展か

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(30)獲得交渉に進展が出てきているようだ。 プレミアリーグで開幕2連敗を喫し、最下位に沈んでいるユナイテッド。今夏の移籍市場ではホールディングMF獲得が優先事項の一つとなっていたが、ここまでターゲットにしている選手をことごとく逃している。獲得に近づいていたとされるフランス代表MFアドリアン・ラビオに関しては、高額なサラリーを要求されたことで破談に。再び振り出しに戻った。 現在、クラブはブライトンのエクアドル代表MFモイゼス・カイセドという現実的なターゲットの獲得に関心を示す一方、レアル・マドリーの中盤を長年支えるワールドクラスの獲得に動いている模様だ。 スペイン『アス』やイギリス『The Athletic』など複数メディアが報じるところによれば、ユナイテッドとマドリーは今週初めに同選手の獲得交渉を本格化。ユナイテッドの幹部がマドリードに渡り、すでに会談を行ったという。 現時点でクラブ間、個人間のいずれでも合意には至っていないが、現在は6000万ポンド(約97億3000万円)の移籍金で交渉が行われている模様だ。 一方、マドリーと2025年まで契約を残すカゼミロに関しては、オールド・トラッフォード行きに前向きな姿勢を示している模様。ユナイテッドが掲示する現行給与の2倍以上のオファーに関しては信ぴょう性は怪しいものの、選手自身が移籍に関心を示していることは確かなようだ。 一方、マドリーに関してはフェデリコ・バルベルデ、エドゥアルド・カマヴィンガ、そして今夏加入したオーレリアン・チュアメニと中盤に若手選手を揃えており、来夏にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムの獲得にも動く構えで、カゼミロの意向次第では適切なオファーが届いた場合、放出に踏み切る可能性もあるという。 また、カゼミロの流出の可能性を考慮してニューカッスルのブラジル代表MFブルーノ・ギマランイスら代役候補の確保に動く可能性も伝えられている。 これまでユナイテッドが獲得に固執してきたバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングと比較すると、カゼミロとエリク・テン・ハグ監督の採用する戦術の相性は微妙なところ。ただ、同選手の加入によって同胞MFフレッジがセレソンで見せるハイパフォーマンスをクラブチームでも披露できる可能性も高く、その選手としての能力の高さに加えて、プラスアルファをもたらすことも期待される。 2022.08.19 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

第2GKを探すユナイテッド、エバートンの35歳ベゴビッチに注目か

マンチェスター・ユナイテッドがエバートンの元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(35)に関心を寄せているようだ。 キャリアのほぼ全てをイングランドでプレーするベゴビッチ。ストーク・シティやボーンマスで正GKとして活躍し、チェルシーにも2年間在籍。また、短期間ながらセリエAのミラン、さらにはアゼルバイジャンのクラブに在籍歴があるなど、非常に経験豊かなGKだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督は、チーム内にGKがスペイン代表のダビド・デ・ヘアとイングランド人のトム・ヒートンしかいない現状を憂いており、首脳陣らに新GK獲得のための予算の増加を要望したという。 候補に上がるベゴビッチは足元の技術に優れているわけではなく、テン・ハグ監督が求めるGK像とは一致しない。だが、数多のクラブを渡り歩いた経験値は現在のユナイテッドに不足している要素の1つであり、安定感を欠くデ・ヘアとの競争も可能な人材として35歳の守護神に注目しているとのことだ。 2022.08.18 19:03 Thu
twitterfacebook
thumb

イギリスの富豪がユナイテッド買収に興味? チェルシー買収にも動いた実業家「リセットする時が来た」

今シーズンは移籍市場でも他クラブに遅れをとり、開幕からつまづいて2連敗、最下位のスタートとなったマンチェスター・ユナイテッド。新たに、クラブ売却という話が浮上している。 ユナイテッドは、2005年にアメリカの実業家であるグレイザー・ファミリーによって買収されていた。 しかし、2013年にサー・アレックス・ファーガソン監督が退任して以降はチームとして下降線を辿っており、2017年を最後にタイトルを獲得できていない。 その中で、今季の体たらくぶりにファンの怒りは頂点に。対応に追われることとなるグレイザー・ファミリーがクラブの株式を売却するという報道が出た中、手を挙げたのがイギリスの実業家で大富豪であるジム・ラトクリフ氏(69)だという。 イギリス『タイムズ』によれば、「もしクラブが売りに出されるなら、ジムは間違いなく買い手になる可能性がある」とラトクリフ氏の広報が語ったとのこと。「このようなことが可能であれば、長期的な所有権を視野に入れて話し合うことに関心がある」と、チームの立て直しに力を貸したい考えを持っていると明かした。 ラトクリフ氏は、ロンドンに拠点を置く化学会社であるINEOS(イネオス)のCEO(最高経営責任者)を務めており、2018年の長者番付では英国でトップに。2019年8月にはリーグ・アンのニースを買収したことでも知られる。 その他にも自転車のロードレースチームやセーリングのチームにも投資。今夏はロマン・アブラモビッチ氏が売りに出したチェルシーの買収にも名乗り挙げたが、トッド・ベーリー氏が最終的に買収していたほどだ。 元々ユナイテッドのファンでもあるラトクリフ氏としては、現状を黙って見ていられないのだろう。 広報は「ジムは今何ができるかを考えており、クラブが街にとってどれほど重要であるかを知っているので、リセットする時が来たと感じている」とし、マンチェスターにおける覇権争いでも敗れている状況を立て直したいと考えているようだ。 ユナイテッドは22日にリバプールとのビッグマッチを控えている。ファンたちはさらなる抗議活動を目論んでいるようだが、クラブが今後どのような動きを見せるか注目が集まる。 2022.08.18 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍熱望のC・ロナウド、古巣スポルティングが獲得に動く?

去就が注目されるマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に、スポルティングCPが獲得の意思を示しているようだ。 昨夏は電撃復帰に沸いたC・ロナウドだが、チームが低迷を極め、チャンピオンズリーグ(CL)出場権も獲得できなかったことから、今夏にはプレシーズンの合流を遅らせるなど退団の意思を示し続けている。 ユナイテッドも当初こそエースの慰留に努めたが、プレミアリーグ開幕で2連敗を喫したことや、同選手の振る舞いがチーム全体の士気低下につながりかねない懸念から態度が変化。クラブ内では、エースの放出に踏み切るべきという声が高まりつつある模様だ。 一方で、現在まで獲得に具体的な関心を示すクラブは現れていない。ここまでバイエルンやチェルシー、アトレティコ・マドリーなどの名が取り沙汰されるも、すべて指揮官やクラブ関係者から否定された。 去就が定まらないC・ロナウドだが、イギリス『インデペンデント』によると、キャリアを始めたクラブであるスポルティングが獲得に向けユナイテッドに接触したとのことだ。ただし、ポルトガルのクラブは移籍金の捻出が難しいことから、ユナイテッドとC・ロナウドが契約解除を決断した場合のみ、獲得に動き出すと見られている。 ただ、C・ロナウドの希望はあくまでCL優勝を目指せるトップクラブであり、ユナイテッドも移籍金を求める姿勢自体は変えていないことから、現時点で移籍実現の可能性は低いようだ。 2022.08.18 17:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly