ボーフムがアーセナルのDFオセイ=トゥトゥを完全移籍で獲得…3年前にはレンタルでプレー

2022.06.24 08:57 Fri
Getty Images
ボーフムは23日、アーセナルのイングランド人DFジョルディ・オセイ=トゥトゥ(23)を完全移籍で獲得することを発表した。
PR
契約期間は2025年6月30日までとなる。
オセイ=トゥトゥは、アーセナルの下部組織出身で、2019-20シーズンはボーフムにレンタル移籍で加入。2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で21試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。

その後、カーディフ・シティやノッティンガム・フォレスト、ロザラム・ユナイテッドへとレンタル移籍を繰り返し、ファーストチームに昇格することなくボーフムへと完全移籍となった。

従来は右ウイングを主戦場に、スピードあふれるプレーが特徴だったが、現在はサイドバック、サイドハーフを主戦場としている。

PR
関連ニュース

田中碧が奮闘のデュッセルドルフ、浅野先発ボーフムに敵地で3発先勝し昇格へ大きく前進【ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ】

ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ1stレグ、ボーフムvsデュッセルドルフが23日に行われ、0-3でデュッセルドルフが先勝した。ボーフムのFW浅野拓磨は63分までプレー、デュッセルドルフのMF田中碧はフル出場、MFアペルカンプ真大とDF内野貴史は88分から出場している。 ブンデスリーガ最終節ブレーメン戦を落とし、16位に順位を下げて残留プレーオフに回ることになったボーフムは、守護神リエマンがチームメートとの不和でクラブにより出場停止処分が下った中、浅野が[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 一方、ブンデス2部で3位のデュッセルドルフは、田中が[4-3-3]の左インサイドMFでスタメンとなった。 立ち上がりからホームチームのボーフムがアグレッシブな入りを見せたが、先制したのはデュッセルドルフ。13分、田中のミドルシュートで得た左CKをツォリスが直接狙うと、ポストに直撃したルーズボールがホフマンに当たってゴールに吸い込まれた。 追う展開となったボーフムは15分、CKからベルナルドのヘディングシュートが左ポストに直撃すると、1分後にはヴィッテクがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 さらに21分、シュテーガーの直接FKで牽制した中、37分にはFKの流れから浅野がバイシクルシュートでゴールに迫るもGKのセーブに阻まれ、攻勢をかけながらも1点ビハインドで前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にクラウスのミドルで追加点に迫ったデュッセルドルフに対し、引き続きボーフムが押し込む展開で推移。 しかし63分に浅野がピッチを後にした中、1分後にデュッセルドルフに追加点が生まれる。ロングカウンターの流れから田中のパスを受けたツォリスが左サイドを持ち上がってラストパス。ボックス右に走り込んだクラウスがシュートを流し込んだ。 さらに73分、デュッセルドルフに大きな3点目。ツォリスの直接FKがGKルーテを強襲すると、ルーズボールをエンゲルハルトが詰めた。 その後もクラウス、ツォリスが4点目に迫ったデュッセルドルフが3-0で快勝。中盤でのボールキープで守勢のチームを大いに助けた田中が勝利に貢献した中、敵地で大きなアドバンテージを得たデュッセルドルフは、4日後にホームで行われる2ndレグに昇格を懸けて臨むことになった。 <span class="paragraph-title">【動画】デュッセルドルフが先勝!1部昇格へ前進!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="a2PZHOcy5CY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.24 05:27 Fri

【ブンデスリーガ日本人選手】ブンデス通算384試合目の出場となった長谷部のラストマッチはフランクフルトが2点差を追いつきドロー決着…

ブンデスリーガ最終節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガには、日本代表で活躍するボルシアMGのDF板倉滉、シュツットガルトのDF伊藤洋輝、フライブルクのMF堂安律、ボーフムFW浅野拓磨に加え、フランクフルトでクラブ史上最年長出場記録を保持するDF長谷部誠が在籍している。 今シーズンも多くの選手が活躍する中、最終節では板倉、伊藤、堂安が先発出場、長谷部、浅野、福田師王、原口元気が途中出場している。 今季限りでの引退を表明している長谷部がベンチスタートとなったフランクフルトは、ホームでRBライプツィヒと対戦。スコアが動いたのは41分、ドリブルでボックス左から侵入したシャビ・シモンズがゲッツェに倒され、ライプツィヒがPKを獲得。このPKをシャビ・シモンズ自身がゴール中央に決めた。 先制を許したフランクフルトは、後半開始早々に再び失点する。46分、自陣でのボール奪取からカウンターを狙うと、ザイヴァルトの縦パスをバイタルエリア中央で受けたシェシュコが右足一閃。強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 2点を追う展開となったフランクフルトは56分、セットプレーのから二次攻撃を仕掛けると、ボックス右横でこぼれ球を拾ったクナウフのクロスをエキティケがヘディングシュートを叩き込み、1点を返す。 さらにフランクフルトは77分、強引な突破でボックス右深くまで侵入したマーモウシュがヘンリクスに倒されると、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。これをマーモウシュ自身が決め、同点に追いついた。 試合を振り出しに戻したフランクフルトは、後半アディショナルタイムにチャイビとゲッツェを下げてとなる現役ラストマッチとなる長谷部と、同じく今季限りでの引退を表明しているローデを投入。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。ブンデス通算384試合目となった長谷部のラストマッチはドロー決着で幕を閉じた。 また、伊藤が先発したシュツットガルトと板倉が先発したボルシアMGによる日本代表対決は、23分にスコアが動く。ボックス中央で受けたギラシーの落としをボックス左で受けたミロがクロスをゴール前にポジションを取り直したギラシーがヘディングでゴールに叩き込み、シュツットガルトが先制した。 先制したシュツットガルトは31分にも、カラソルのパスをペナルティアーク右前で受けたギラシーが素早いターンでライツをかわし、ボックス内に侵入。カットインから左足を振り抜くと、これが右ポストに当たりゴールに吸い込まれた。 2-0で迎えた後半もシュツットガルトが主導権を握ると、75分に再びスコアを動かす。ウンダブのパスで右サイドを抜け出したギラシーがボックス内まで切り込み折り返しを供給。これを逆サイドから走り込んだチョン・ウヨンがダイレクトシュートで流し込んだ。 3点を追うボルシアMGは79分にコネを下げて福田を投入。対するシュツットガルトは80分に伊藤を下げると。83分に追加点。センターライン付近でボールを受けた14がドリブルで相手ボックス内まで切り込むと、ボックス右から強烈なシュートをニアサイドに突き刺した。 その後、4点差としたシュツットガルトは85分に今季限りでの退団が発表された原口を投入。結局、試合はそのまま4-0でシュツットガルトが大勝。同時刻開催のバイエルンが敗れたため、クラブ最高位タイとなる2位でシーズンを終えた。 その他、浅野が67分からプレーしたボーフムはアウェイでブレーメンと対戦し1-4で敗戦。堂安がフル出場したフライブルクはアウェイでウニオン・ベルリンと対戦し1-2で敗戦。堂安は85分に今季7ゴール目を記録した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽5/18 シュツットガルト 4-0 ボルシアMG ◆フル出場 ★福田師王[ボルシアMG] ▽5/18 シュツットガルト 4-0 ボルシアMG ◆79分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽5/18 フランクフルト 2-2 RBライプツィヒ ◆101分からプレー ★堂安律[フライブルク] ▽5/18 ウニオン・ベルリン 2-1 フライブルク ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽5/18 シュツットガルト 2-2 ボルシアMG ◆80分までプレー ★原口元気[シュツットガルト] ▽5/18 シュツットガルト - ボルシアMG ◆85分からプレー ★浅野拓磨[ボーフム] ▽5/18 ブレーメン 4-1 ボーフム ◆67分からプレー 2024.05.19 01:20 Sun

「スーパーなゴールになる可能性が」欧州新記録の50戦無敗、シャビ・アロンソ監督は無敗優勝に王手「非常に特別なこと」

レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督が、アウグスブルク戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 12日、ブンデスリーガ第33節でレバークーゼンはアウェイでボーフムと対戦した。 ここまで無敗を継続し、すでに初優勝を決めているレバークーゼン。公式戦で最後に負けた相手であるボーフムとのゲームは、緊張感も高まった。 立ち上がりこそ拮抗した展開となっていたが、15分にフェリックス・パスラックが一発退場。ボーフムが1人少なくなると、流れは一気にレバークーゼンに。すると41分にパトリック・シック、アディショナルタイムにビクター・ボニフェイスがゴールを奪い、前半を2点リードで折り返す。 後半はなかなかボーフムゴールを破ることができなかったが、76分に アミヌ・アドリ、86分にヨシプ・スタニシッチ、後半アディショナルタイムにはアレハンドロ・グリマルドにもゴールが生まれ、終わってみれば0-5の圧勝。シーズン無敗優勝まで、あと1試合となった。 今シーズン1度も負けていないレバークーゼンは、これで50試合無敗というヨーロッパの最長記録を更新。難しい試合を振り返ったアロンソ監督は、無敗でリーグ優勝を果たすことへ意気込んだ。 「レッドカードが出た後、試合は変わった。ボーフムが簡単な相手ではないことは、最初の15分間ですでに分かっていた」 「簡単な戦いではなかったが、結果には満足している。我々にとって重要だった。これで土曜日には、無敗でタイトル獲得というスーパーなゴールになる可能性がある。そんなことは今まで一度もなかった」 驚異的なシーズンを過ごすレバークーゼン。来週の最終節でホームにアウグスブルクを迎え、初めてマイスターシャーレを手にすることに。アロンソ監督は特別な瞬間になるとした。 「レバークーゼンでトロフィーを獲得することは、非常に特別なことだ」 「選手たちはシーズンを通して、高い集中力を持ってプレーしていた。この瞬間は選手たちにとって特別なものだ彼らをとても誇りに思っている」 なお、リーグ戦終了後の22日にはヨーロッパリーグ(EL)決勝でアタランタと、25日にはDFBポカール決勝でカイザースラウテルンと対戦。シーズン残り3試合を無敗で乗り越え、3冠達成となるのかにも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】欧州新記録の50戦無敗を決めたレバークーゼン、ボーフムに圧勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j_GlqdRQhMQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.13 10:53 Mon

10人のボーフムに5発圧勝のレバークーゼンがシーズン無敗優勝に王手!浅野は退場者の影響で途中交代に【ブンデスリーガ】

レバークーゼンは12日、ブンデスリーガ第33節でボーフムとアウェイで対戦し5-0で圧勝した。ボーフムのFW浅野拓磨は20分までプレーしている。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのローマ戦を劇的ドローで終え、欧州無敗記録を更新したレバークーゼンは、その試合の先発メンバーからジャカ、ター、タプソバ以外の8人を変更。最前線にシック、2シャドーにテラとボニフェイスを並べた[3-4-2-1]で試合に臨んだ。 負傷明けの浅野が先発に名を連ねた14位ボーフム(勝ち点33)に対し、レバークーゼンは15分に数的優位を得る。タプソバのロングパスでDFの裏に抜け出した19がボックス左手前でパスラックに倒されると、主審は決定機阻止との判定でレッドカードを提示。数的不利となったボーフムは、20分に浅野を下げてウルマンを投入した。 数的優位となり主導権を握ったレバークーゼンは、自陣を固めるボーフム相手にハーフコートゲームを展開すると、30分にはショートコーナーの流れからボックス右手前でボールを受けたジャカがミドルシュートでゴールに迫ったが、これはクロスバーを直撃した。 終盤にかけても攻勢を続けるレバークーゼンは41分、敵陣左サイドでパスを受けたアルトゥールがクロスを供給すると、シックが左ボレーでゴール右に流し込み、先制に成功する。 さらに前半追加タイム1分には、シックのパスからボックス右から侵入したテラがシュロッターベックに倒されてPKを獲得。これをボニフェイスがゴール中央に沈め、2-0で前半を終えた。 迎えた後半も立ち上がりからレバークーゼンが主導権を握ると、76分にセットプレーから追加点を奪う。ホフマンの左CKをファーサイドに走り込んだアドリはヘディングシュートをゴール中央に叩き込んだ。 試合を決定づける3点目を奪ったレバークーゼンは、直後の78分にも左CKをタプソバが合わせると、ゴール前のテラが押し込んだが、これはテラのオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 攻撃の手を緩めないレバークーゼンは、86分にボックス右から侵入したスタニシッチがゴール右隅にシュートを流し込むと、試合終了間際の93分にもスタニシッチの折り返しからグリマルドがネットを揺らし、5-0で勝利。 10人のボーフムに圧勝したレバークーゼンは、ブンデスリーガ初となるシーズン無敗優勝を懸けて最終節でアウクスブルクとの対戦する。 2024.05.13 04:35 Mon

【ブンデス第33節プレビュー】欧州新記録樹立の無敗王者レバークーゼンが残留に迫る浅野ボーフムと対戦

前節は王者レバークーゼンがフランクフルトを一蹴し、無敗を継続。FW浅野のボーフムがウニオン・ベルリンとの下位対決を制し、残留まであと一歩としている。残り2試合となって迎える第33節、レバークーゼン(勝ち点84)と14位ボーフム(勝ち点33)が対戦する。 レバークーゼンは前節フランクフルト戦、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝ローマ戦の狭間にあった中、MFヴィルツを完全に温存した中、5発圧勝とした。そして木曜に行われたローマとの2ndレグでは2点を先行されて一時2戦合計スコアで追いつかれたが、そこから驚異の粘りを見せ付けて試合終了間際の同点弾で無敗を維持するとともに決勝進出を果たした。これで無敗記録を49に伸ばして欧州新記録を樹立。勢いが止まらないままブンデスリーガ無敗優勝へ突き進む。 対するボーフムは前節ウニオン戦、FW浅野が負傷欠場した中、3点のリードから一時2点を返されたひやりとさせられたが、4-3と逃げ切って連勝を飾った。シックスポインターを制して残留に大きく近づき、勝利すれば16位マインツの結果に関係なく残留決定となるが、王者から勝ち点を奪うことはできるか。 そして今節は17位ケルン(勝ち点24)と15位ウニオン・ベルリン(勝ち点30)による残留争いが行われる。この試合に敗れると6季ぶりの2部降格が決まるケルンだが、最終節に望みを繋げられるか。 前節シュツットガルトとの上位対決に敗れた2位バイエルン(勝ち点69)は12位ヴォルフスブルク(勝ち点37)と対戦。そのバイエルンは水曜に行われたレアル・マドリーとのCL準決勝では決勝進出を目前にしながらも終盤の2失点で痛恨の敗退。奮闘していた守護神ノイアーのミスが響いてしまった。無冠が確定して意気消沈だが、2位堅守となるか。 FWチョン・ウヨンとFWサイラスによる交代選手2人の活躍でバイエルンに勝利した3位シュツットガルト(勝ち点67)は金曜に9位アウグスブルク(勝ち点39)と対戦。勝利して日曜に試合を行うバイエルンにプレッシャーをかけたい。 そしてパリ・サンジェルマンとのCL準決勝を戦い、2戦連続シャットアウト勝利で11季ぶりの決勝進出を果たした5位ドルトムント(勝ち点60)は16位マインツ(勝ち点29)と対戦。良い流れを持続し、決勝への歩みを進めたい。 DF板倉が前節5試合ぶりにリベロに戻ったものの、4戦勝ちなしで残留争いに巻き込まれている13位ボルシアMG(勝ち点33)は6位フランクフルト(勝ち点45)と対戦。右サイドで献身的な働きを続けるMF堂安の7位フライブルク(勝ち点41)は10位ハイデンハイム(勝ち点38)と対戦する。 ◆ブンデスリーガ第33節 ▽5/10(金) 《27:30》 アウグスブルクvsシュツットガルト ▽5/11(土) 《22:30》 ライプツィヒvsブレーメン フライブルクvsハイデンハイム ボルシアMGvsフランクフルト ケルンvsウニオン・ベルリン 《25:30》 マインツvsドルトムント ▽5/12(日) 《22:30》 ダルムシュタットvsホッフェンハイム 《24:30》 バイエルンvsヴォルフスブルク 《26:30》 ボーフムvsレバークーゼン 2024.05.10 18:01 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly