ロサリオ・セントラルで監督初挑戦のテベス「ディ・マリアが欲しい」

2022.06.22 17:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチンのロサリオ・セントラルの新監督に就任したカルロス・テベス氏(38)は、早くも移籍市場に目を向けているようだ。

今月4日に現役引退を発表したテベス氏は間髪を入れずにロサリオ・セントラルの監督就任が決まった。現役引退からわずか17日後の電撃転身に注目が高まる中、就任後初めての会見で、同クラブのOBであるMFアンヘル・ディ・マリア獲得を希望していることを明かした。

「彼に来てほしい。状況が落ち着いたら、電話して意思を確認しようと思う」
「彼がどのような人物かは知っている。彼の経験はチームにとって非常にプラスになるだろう」

また、選手としてアレックス・ファーガソンやロベルト・マンチーニ、マッシミリアーノ・アッレグリなど名だたる指揮官の下でプレーしてきたテベス氏だが、監督としてモデルとしているのはアントニオ・コンテのようだ。

「コンテは私のモデルだ。ユベントスではいろんなことを教わったよ」

「彼のチームと似たようなことが少しでも、半分でも再現できるように努力するつもりだ」


関連ニュース
thumb

CL6連敗のレンジャーズ、ファン・ブロンクホルスト監督解任を発表...

レンジャーズは21日、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト監督(47)の解任を発表した。後任は現時点で未定とのことだ。 現役時代にバルセロナでチャンピオンズリーグ(CL)制覇を経験し、オランダ代表では主将を務めたファン・ブロンクホルスト氏。引退後は古巣フェイエノールトや広州富力の指揮を経て、昨年11月にスティーブン・ジェラード氏の後任としてレンジャーズの指揮官に就任した。 昨季はヨーロッパリーグ(EL)で準優勝も、今季はCLでグループステージ6戦全敗を喫し、国内リーグでも首位セルティックに独走を許すなど、開幕からチーム状態が上向かないまま中断期間を迎えていた。 レンジャーズは公式サイトで、ここ数ヶ月の結果とパフォーマンスを精査したうえでの決断とし、「クラブの全員がジオの今後の成功を願っています」とコメントを発表している。 2022.11.21 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スアレスがグレミオからのオファーを拒否、新天地はアメリカか

ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)はメジャーリーグ・サッカー(MLS)に新天地を求める可能性が高いようだ。 今夏にアトレティコ・マドリーを退団し、フリーとなっていたスアレス。様々なクラブへの加入が取り沙汰されたが、17年前にプロデビューしたナシオナルのサポーターの熱烈な要望を受け、半年の短期契約ながら復帰を果たした。 久々となる母国でのプレーとなったが、1部リーグのカンペオナート・ウルグアージョで13試合6ゴール3アシストと流石の存在感を放ち、クラブは二期制を敷く同リーグのクラウスーラ(後期)で優勝。先月末に行われた前期王者リベルプールとの年間王者決定戦でも2ゴールを挙げる活躍でチームを4-1の勝利に導き、年間優勝に大きく貢献した。 ナシオナルを退団し、再びフリーとなったスアレスには活躍が期待されるカタール・ワールドカップ(W杯)を前に、世界各国のクラブから関心の噂が。スペイン『マルカ』によれば、ブラジルのグレミオもオファーを出したが、すでに同選手が断ったという。 これを受け、グレミオのアルベルト・ゲラ会長は「我々はスアレスにオファーしたが、すでに拒否された。彼は我々の真剣なオファーに感謝してくれた」とコメント。また、「彼の計画はMLSでプレーすることだ。我々のオファーは、彼がMLSのクラブから貰っていた条件を上回っていたが、彼には人生のプランがある」とも明かした。 かねてより噂に上がっていた中で、ここにきて実現の可能性が高まるスアレスのアメリカ行き。中でもロサンゼルス・ギャラクシー、ロサンゼルスFC、インテル・マイアミの3クラブが主な候補だと『マルカ』は伝えている。 2022.11.21 15:24 Mon
twitterfacebook
thumb

前セルタ指揮官コウデ氏、ブラジルの名門へ! アトレチコ・ミネイロが就任を発表

アトレチコ・ミネイロは19日、前セルタ指揮官のエドゥアルド・コウデ氏(48)を新指揮官として招聘したと発表した。契約期間は2024年12月までとなる。 アルゼンチン人のコウデ氏は現役時代、サン・ロレンソやリーベル・プレート、ロサリオ・セントラルなどといった母国の名門で長くプレー。2011年の引退後はメキシコのティファナやブラジルのインテルナシオナルなどで指揮を執った。 2020年11月には、現役時代に1シーズンのみ在籍したセルタの指揮官に就任。1年目はラ・リーガ8位、2年目の昨季は11位でフィニッシュと、財政的に小規模なクラブを安定した順位へと導いていたが、今月2日に成績不振で解任されていた。 2022.11.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「ハッピーエンドで良かった」ゴールした選手がプロポーズを敢行も…知らなかった警備員が危うくおじゃんに「先に言っておいてあげて」

ベラルーシリーグの試合中に思わぬ出来事が起きた。イギリス『サン』が伝えている。 先週末、ベラルーシ2部の試合でスモルゴンvsヴォルナ・ピンスクの一戦が開催。スモルゴンが1-0として迎えた85分にPKを獲得し、追加点のチャンスを迎えた。 キッカーのウラディスラフ・シュボビッチがこれを沈めると、タッチライン際に駆け寄り、観客席にアピール。応援に来ていた恋人に呼びかけた。これはシュボビッチによるサプライズ。このタイミングでプロポーズを行うことを画策していたのだ。 ピッチに跪き愛の告白をしようとしたシュボビッチだったが、そこで警備員が登場。流れを理解できていなかった警備員は、ピッチから出るように恋人のことを強く押した。すると、邪魔されたシュボビッチが激怒。状況を理解した警備員はその場を離れていった。 どうやら主審やチームメイトには共有されていたものの、警備員は知らなかった模様。そのためにこのトラブルが起きてしまったようだ。 このシーンはSNS上でも大きな反響を呼んでおり、「警備員は仕事を全うしただけだ」、「警備員にも先に一言言っておいてあげて」、「警備員かわいそう」と被害者でもある警備員に同情する声や「空気読んであげて」、、「そもそも試合中にやるな」、「台無しになるところだった」など様々な反応が寄せられている。 その後、プロポーズは再開。無事にシュボビッチと恋人は結ばれ、警備員はやや気の毒でもあるが、ハッピーエンドでの幕切れとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】試合中のプロポーズはまさかの展開に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClDgI0sApAw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClDgI0sApAw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClDgI0sApAw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.18 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

リーベル・プレートが元アルゼンチン代表のデミチェリス氏を新監督に招へい…2025年12月までの契約

リーベル・プレートは16日、新監督に元アルゼンチン代表DFのマルティン・デミチェリス氏(41)との契約を発表した。契約期間は2025年12月までとなる。 デミチェリス氏はバイエルンⅡを指揮していたが、14日にバイエルンが退任を発表。リーベルの指揮官に就任することを明かしていたが、正式に契約を結ぶこととなった。 現役時代の2000年にリーベルでプロデビューしたデミチェリス氏は、2003年のバイエルン移籍で欧州上陸。バイエルンでは4度のブンデスリーガ制覇に貢献し、その後はマラガやマンチェスター・シティ、エスパニョールなどを経て、2017年夏、再び加入していたマラガで現役を引退した。 引退後は、当時マラガを率いていたミチェル監督のアシスタントコーチに就任。2019年夏からはバイエルンのU-19の監督に任命され、2021年4月から現在に至るまでバイエルンⅡを指揮していた。 リーベルはマルセロ・ガジャルド監督が退任。2014年から指揮を執り、昨シーズンのリーガ・プロフェシオナル・デ・フットボル(アルゼンチン1部リーグ)優勝に加え、2度のコパ・リベルタドーレス、3度のコパ・アルヘンティーナなど、合計14個ものタイトルをもたらした。 その英雄ガジャルドの後任を務めるデミチェリス氏は、愛する古巣の新たな黄金時代を築くことはできるのか。 2022.11.17 09:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly