戦力増強に動くローマ、本人も移籍望むバレンシアのゲデス獲得に関心か

2022.06.22 15:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマがバレンシアのポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(25)獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

2017年にパリ・サンジェルマン(PSG)から加入して以降、ケガに苦しめられながらも主軸の1人としてチームを支えてきたゲデス。今季も公式戦42試合に出場して13ゴール6アシストの成績を残すなど、ラ・リーガ9位と低迷したチームにあって奮闘する姿を見せた。

しかし、ゲデスは新シーズンを前により大きな舞台でのプレーを望んでおり、同胞であるジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマへの移籍に魅力を感じている。

今季ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)初代王者に輝いたローマは、来季セリエAとヨーロッパリーグ(EL)を並行して戦うことから戦力の増強を進めており、すでに元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)をフリーで獲得。前線複数ポジションをこなせるゲデスについても、獲得候補の1人となっている。

ただし、財政難に苦しむバレンシアは2024年夏まで契約を残すゲデスに4000万ユーロ(約57億2000万円)の移籍金を求めていることから、ローマはギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)を差し出すなどして減額を目論んでいるようだ。

バレンシア側は選手を求めずあくまで移籍金のみの支払いを求める構えであり、交渉はまだ始まっていない。だが、ゲデスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が移籍実現のため積極的に動いていることから、今夏に何らかの進展があるかもしれない。

関連ニュース
thumb

ローマがユナイテッドDFリンデロフに興味? モウリーニョ監督が望み買取OP付レンタルで検討か

センターバックの補強に動いているローマだが、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドから選手を引き抜くつもりがあるようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、モウリーニョ監督は、かつてユナイテッドで指導したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(28)に関心を寄せているとのことだ。 ユナイテッド時代に良い印象を持っているとのこと。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)であるチアゴ・ピント氏が、すでにリンデロフの代理人と連絡を取っているともされている。 ローマはリンデロフに対して1500万ユーロ(約20億6000万円)の買い取りオプションが付くレンタル移籍で獲得するつもりがあると言われている。 2017年7月にベンフィカからユナイテッド入りしたリンデロフ。これまで公式戦196試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 昨シーズンもプレミアリーグで28試合に出場するなど、チームを支えていたが、今シーズンはここまで出番なし。エリク・テン・ハグ監督の下では序列も下がり、2024年夏までの契約ということもあって今夏の退団の可能性がある選手だ。 2022.08.17 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、トヨタがトレーニングキットのメインスポンサーに

ローマは17日、トヨタがトレーニングキットのメインスポンサーとなったことを発表した。契約期間は2年間、オプションで3年目があるとのことだ。スポンサー料は1年で200万ユーロ(約2億7000万円)となっている。 今後はファーストチーム、女子チーム、ユースチームが着用するトレーニングキット全てにトヨタのスポンサー名が入ることになる。 そして昨季までローマのスポンサーだったヒュンダイに代わり、トヨタがクラブに車両を提供することも明かされている。 今夏、ジョゼ・モウリーニョ体制2季目で積極的な補強を行っているローマ。日本企業からのバックアップも手にし、更なるクラブ強化への足がかりとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ローマの胸スポンサーに「TOYOTA」の文字が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/Toyota?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Toyota</a> is officially the new Main Global Partner of <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> and will join the club on the pitch as the training kit sponsor and on the streets of Rome through environmentally-friendly, electrified mobility solutions. <br><br>Learn more: <a href="https://t.co/dGbDW5L1rx">https://t.co/dGbDW5L1rx</a> <a href="https://t.co/8jtso8SwKb">pic.twitter.com/8jtso8SwKb</a></p>&mdash; The Friedkin Group (@friedkingroup) <a href="https://twitter.com/friedkingroup/status/1559858867680460802?ref_src=twsrc%5Etfw">August 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィは今季もローマでプレー? モウリーニョ監督が残留を希望か

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(29)の残留を望んでいるようだ。 エル・シャーラウィは昨シーズン公式戦36試合に出場して、7ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の優勝に大きく貢献したが、セリエAでの先発はわずか8試合のみ。MFニコラ・ザレフスキやFWフェリックス・アフェナ=ギャンら若手の台頭もあり、絶対的な主軸への定着は叶わなかった。 加えて、クラブは今夏の移籍市場でFWアンドレア・ベロッティ獲得に着手。実現すればエル・シャーラウィの立場はますます危うくなることから、移籍の可能性が取り沙汰されている。 しかし、イタリア紙『Il Messaggero』によると、モウリーニョ監督は依然としてエル・シャーラウィを高く評価しており、残留を希望。クラブとエル・シャーラウィの契約は来夏までとなるが、たとえフリーでの退団となってもチームに残したい模様だ。 モウリーニョ監督はベロッティ獲得が実現してもエル・シャーラウィに出場機会を与える意向と報じられており、これを受けて選手側がどのような判断を下すかが注目される。 2022.08.17 16:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマで構想外のクライファート、フルアムがさらに交渉進める

フルアムが元オランダ代表FWユスティン・クライファート(23)を巡り、ローマと交渉中のようだ。 オランダサッカー界のレジェンド、パトリック・クライファート氏の息子として知られるユスティン・クライファート。偉大な父と同じくアヤックスの下部組織出身だが、ローマではこれまで目立った活躍を見せられず。一昨季のRBライプツィヒに続くレンタルで昨季もニースで過ごした。 イギリス『デイリー・メール』によると、同選手を巡ってウェストハムも争奪戦に名乗りを上げるなか、現時点でリードするのは今月初旬にも交渉が取り沙汰されたフルアム。マルコ・シウバ監督が加入を望むなか、話し合いは完全移籍をテーマに進められ、フルアムが移籍金800万ポンド(約12億8000万円)を提示しているとのことだ。 交渉の進捗具合は明らかになっていないものの、ローマとしても売却は躊躇しない考え。すでにジョゼ・モウリーニョ監督から構想外とみなされており、プレシーズンキャンプでも除外されていたという。 なお、フルアムはかつてチェルシーなどで活躍し、先日にはコリンチャンスとの契約を解除した元ブラジル代表MFウィリアン(34)や、元ガンバ大阪で現ボルドー所属の韓国代表FWファン・ウィジョ(29)も獲得候補とみられている。 2022.08.16 18:32 Tue
twitterfacebook
thumb

開幕戦辛勝のローマ、モウリーニョ「5-0ならさらにハッピーだったが…」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、サレルニターナ戦の勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 モウリーニョ体制2年目を迎えるローマは、セリエA開幕節でサレルニターナと対戦。33分にMFブライアン・クリスタンテがゴールを決めると、スタメンで公式戦デビューを果たしたアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラも存在感を示した中で、1-0と勝ち切った。 モウリーニョ監督は試合後、追加点を奪うチャンスがあったとしながらも、チームの戦いぶりに満足感を語った。 「見たものすべてが良かった。もちろん4-0や5-0というスコアなら、何の心配もなく、さらにハッピーだったろうがね。しかし、たとえ追加点を決められなかったとしても、成熟しており、試合をしっかりとこなすチームを見られたのは喜ばしいことだった」 「4、5点取れる可能性がありながら、そうならなかったこのような試合は悪い結果に終わり、その代償を払うことになるのが常だ。タミー(・エイブラハム)、(ニコロ・)ザニオーロ、ディバラといった相手が疲れているときに投入された選手たちは、試合を終わらせるためではなく、マネジメントするために起用したのだ」 また、「(ネマニャ・)マティッチと(ジョルジニオ・)ワイナルドゥムが出場してチームを助けてくれたおかげで、比較的楽に試合を終えることができた」ともコメント。新加入の中盤の選手たちについて称賛した。 2022.08.15 13:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly