セリエA初昇格のモンツァ、インテル退団のラノッキアを獲得!

2022.06.22 13:23 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンツァは21日、インテルから元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。

今シーズンのセリエB昇格プレーオフを制し、クラブ史上初のセリエA昇格を果たしたロンバルディアのクラブへの加入が決定したラノッキアは、自身の公式ツイッターで喜びのコメントを残している。

「ACモンツァと契約できてとても嬉しいよ」

「クラブからの信頼に感謝しているし、僕はそれに報いるためあらゆる方法で努力するつもりだ」

「この新しい冒険の準備はできているよ!」

2011年1月にジェノアから加入したラノッキアは、ジェノア、サンプドリア、ハル・シティへのレンタルを挟んだものの、これまでインテルで公式戦225試合に出場。2012-13シーズン、2014-15シーズンは主力としてプレーしたが、主に控えセンターバックの立ち位置を強いられ、今季も公式戦10試合の出場に留まっていた。

インテルとの契約には1年の延長オプションがあったものの、両者は話し合いの結果、契約が終了する今季終了での退団で合意に至った。

関連ニュース
thumb

アーセナルDFパブロ・マリがセリエA初昇格のモンツァへ!

アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)のモンツァ移籍がまもなく決まるようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズン後半をウディネーゼで過ごしたパブロ・マリ。主力としてセリエA15試合に出場する活躍を披露し、今夏にクラブは買い取りに動いていた。 だが、条件面でアーセナルと折り合いがつかずにいると、モンツァが獲得に名乗り。アドリアーノ・ガリアーニ副会長が直々にアーセナルに連絡を取り、合意に漕ぎつけたようだ。 伝えられるところによれば、移籍形態は1年間のレンタル移籍。モンツァがセリエA残留に成功した場合、買い取り義務が発生する条項がポイントとなっている。 なお、モンツァでは今夏、クラブ初のセリエAに向けてMFステファノ・センシをはじめ、MFマッテオ・ペッシーナ、FWジャンルカ・カプラーリらイタリア代表歴のある実力者が次々と加入している。 2022.08.10 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

モンツァがシャフタールからDFマルロンを獲得! サッスオーロでセリエA60試合以上の経験

モンツァは5日、シャフタール・ドネツクからブラジル人DFマルロン(26)を獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までの1年となる。 今回の移籍は、国際サッカー連盟(FIFA)によるロシア・ウクライナリーグに所属する外国籍選手の特例移籍措置が使用されており、フリートランスファーの形となる。 マルロンは、フルミネンセの下部組織出身で2014年1月にファーストチームへ昇格。2016年7月にバルセロナBへとレンタル移籍すると、2017年7月にバルセロナへと完全移籍した。 バルセロナ加入後は、ニースへとレンタル移籍を経験。バルセロナのファーストチームでは3試合の出場に終わり、2018年8月にサッスオーロへと完全移籍。その後、昨夏にはシャフタールに5年契約で加入していたが、今年2月のロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響を受け、キャリアの一時休止を余儀なくされていた。 なお、サッスオーロ時代にセリエAでは65試合に出場しており、昇格組モンツァにとっては元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアと共にディフェンスラインの中心としての活躍が期待されるところだ。 2022.08.05 18:21 Fri
twitterfacebook
thumb

積極補強のモンツァ、アーセナルDFパブロ・マリにも注目か

モンツァが、アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)の獲得に動いているようだ。 新シーズンからセリエA初昇格となるモンツァは、今夏は大型補強に取り組んでおり、すでにMFステファノ・センシをはじめ、MFマッテオ・ペッシーナ、FWジャンルカ・カプラーリらイタリア代表歴のある実力者を次々と獲得している。 クラブ初のセリエAに向けてここまで充実の夏を過ごしているが、まだ彼らの補強は終わっていない模様。ジャーナリストのマルコ・コンテリオ氏によると、現在はパブロ・マリの獲得に力を入れているようだ。 同選手はアーセナルでの出番が限られていた中、昨季後半戦にウディネーゼにレンタルすると、主力としてセリエA15試合に出場。クラブは現在、完全移籍に向けて尽力していると言われている。 本人もウディネーゼへの移籍を望む発言を残しているが、ここに来てモンツァも獲得に名乗り。アドリアーノ・ガリアーニ会長が直々にアーセナルに連絡を取り、様々な条件を擦り合わせているようだ。 モンツァがどのような形態での移籍を要求しているかは不明だが、パブロ・マリの推定市場価値は500万ユーロと安価。どのクラブにも獲得にチャンスはありそうだが、果たして。 2022.08.01 16:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団ラムジーの新天地はMLS? イタリアやトルコの選択肢も

ユベントスを退団したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)に複数のクラブが関心を寄せているようだ。 先日にユベントスとの契約を解除し、フリーの身となったラムジー。2019年夏に加入するも、度重なるケガの影響で実力を発揮できず、再起を図った昨季後半のレンジャーズ移籍も、あまり実りのないものとなってしまった。 ここ数年は停滞感があるラムジーのキャリア。それでも各国のクラブから関心が寄せられているようで、イギリス『デイリー・メール』は、有力な新天地として3つの選択肢を紹介している。 まず、セリエA昇格組のモンツァ。元ミランのオーナーでもあるシルヴィオ・ベルルスコーニ会長がスタープレーヤーの勧誘に熱心で、モンツァで与えられる役割は、ラムジーをもっとも満足させられるものではないかと考えられている。 次にガラタサライ。以前には、元ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が率いるファティ・カラギュムルクとの交渉が明らかにされていたラムジーだが、引き続き、トルコクラブとの交渉にオープンな姿勢とのことだ。 そして、とりわけ有力視されるのがメジャーリーグ・サッカー(MLS)行きだ。特定のクラブ名は明記されていないものの、どうやら複数クラブが目を光らせている模様。今夏は同僚のDFジョルジョ・キエッリーニや同胞のガレス・ベイルも、ロサンゼルスFCへと加入している。 なお、ここでは名前が挙げられなかったが、プレミアリーグのノッティンガム・フォレストも獲得を検討していると伝えられている。 2022.07.29 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

積極補強のモンツァ、ヴェローナからカプラーリをレンタルで獲得!

モンツァは21日、ヴェローナからイタリア代表FWジャンルカ・カプラーリ(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約にはスポーツ面で設定した条件を達成した場合、買い取り義務が発生する条項が盛り込まれている。 カプラーリはローマやペスカーラ、パルマなどを経て、2021年夏にサンプドリアから1年レンタルでヴェローナへと加入。2021-22シーズンはセリエA35試合12得点7アシストを記録するなど攻撃の核として活躍し、シーズン終了後には完全移籍へ移行していた。 また、今年6月にはUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦うイタリア代表に初選出され、14日のドイツ戦で28歳にしてデビューを飾っている。 セリエA初昇格を勝ち取ったモンツァは大型補強を敢行。ステファノ・センシ、マッテオ・ペッシーナなど、イタリア代表経験を有する選手をすでに4名獲得しており、カプラーリは5人目の補強選手となった。 2022.07.22 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly