「まさにドライブシュート」U-21日本代表を沈めたウズベキスタンの“左足豪快ミドル”に脚光「海外はここから撃ってくる」

2022.06.16 11:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
U-21日本代表は15日、AFC U-23アジアカップ準決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-2で敗れた。ファイナル進出を懸けた一戦。日本は重さや相手の圧力に苦戦を強いられ、なかなか攻撃の形を作れず。一方の守備ではウズベキスタンの10番ジャスールベク・ジャロリディノフを中心とした相手攻撃陣に幾度かシュートを浴びる。

前半を0-0で折り返すと、日本は58分にMF山本理仁と、MF佐藤恵允を同時投入。攻撃に変化を加えようとする。

しかし、直後の60分にジャロリディノフの左足が火を噴く。自陣左サイドで持ち上がったDF加藤聖の縦パスを引っかけられてカウンターを浴びると、ペナルティアーク手前でフリーのジャロリディノフに繋がれる。日本の選手たちは寄せ切れずにいると、左足アウトにかけた見事なミドルシュートをGK鈴木彩艶が守るゴール左上隅に突き刺された。

圧巻の一撃にはファンも驚き。「まさにドライブシュート」、「これは止められん」、「1点目エグすぎ」、「海外はここから撃ってくるのか」とジャロリディノフへの賛辞の言葉が相次いでいる。

先制を許した日本はその後選手交代も駆使して同点を目指したものの、試合終盤の89分にビルドアップのボールロストから追加点を許し終戦。0-2で敗れ、U-23オーストラリア代表との3位決定戦に臨むこととなった。


[試合情報]
AFC U23アジアカップ2022
3位決定戦
日本代表 vsオーストラリア代表
2022年6月18日(土)22時キックオフ
DAZN独占配信

1 2

関連ニュース
thumb

U-21日本代表の選手1名が新型コロナ陽性…合計4名に

AFC U23アジアカップを戦うU-21日本代表の選手1名が、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたとのことだ。 日本サッカー協会(JFA)によると、選手1名が発熱の症状を訴え、15日にPCR検査を実施。陽性が確認されたとのことだ。 当該選手はこれまでの検査は全て陰性だったとのこと。現地で定められたルールに従って既にチームから離れて療養している。 なお、U-21日本代表はガイドラインに従って感染対策を徹底して行動しており、チーム内で濃厚接触者に該当する者はいない。また、U-21日本代表の活動および試合への影響はないとのことだ。 U-21日本代表は15日に準決勝を戦い、U-23ウズベキスタン代表に0-2で敗戦。3位決定戦に臨むこととなった。 2022.06.16 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、開催国に完敗で決勝進出ならず…オーストラリアとの3位決定戦へ《AFC U-23アジアカップ》

U-21日本代表は15日、AFC U-23アジアカップ準決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-2で敗れた。 12日に行われたU-23韓国代表との準々決勝に3-0で完勝した日本は、決勝進出を目指して開催国のウズベキスタンと対戦した。 MF三戸舜介(新潟)の出場停止が2試合に増えたことに加え、新型コロナウイルス感染によって数選手の不在を強いられた大岩剛監督率いるチームだが、韓国戦からはDF半田陸とMF山本理仁に代えて、DF内野貴史(デュッセルドルフ)とMF松岡大起(清水)の2選手を入れ替えたのみで臨む形となった。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:内野貴史(デュッセルドルフ)、馬場晴也(東京V)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:松岡大起(清水)、藤田譲瑠チマ(横浜FM) MF:藤尾翔太(徳島)、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメル) FW:細谷真大(柏) なお、この試合は当初、完全アウェイでの戦いが見込まれたが、準々決勝での一部ウズベキスタンサポーターによる、ピッチ内への投擲など違反行為によって、同国サポーターの入場が禁止に。逆に、500名上限で日本サポーターの入場が認められるイレギュラーな形での開催となった。 ファイナル進出を懸けた一戦。立ち上がりは重さや相手の圧力に苦戦を強いられ、やや受け身の入りとなった日本。それでも、時間の経過と共に前進するシーンを増やしていく。 流れの中ではフィニッシュまで持ち込めないものの、セットプレーの流れから藤田の抑えの利いたミドルシュート、鈴木唯人の果敢な仕掛けからのクロスと、相手ゴールへ迫る。 一連の攻撃からペースを掴みたい日本だったが、以降は距離感、パススピード、前線の動き出しの少なさも影響し、ビルドアップからアタッキングサードへの侵入という部分で苦戦。苦し紛れのロングボール以外に前線の細谷へボールが入る回数はほぼなく、攻撃の形を作れない。 逆に、幾度か相手のプレスに嵌められる場面やセカンドでの劣勢によって危険なシーンを作られ、ジャロリディノフの右ポスト直撃のシュートやボックス内でシュートを浴びる場面も招いたが、守備陣の身体を張った対応で事なきを得た。 最低限のゴールレスも攻撃面で閉塞感漂う中、重要な後半45分がスタート。ハーフタイムの修正によって勢いを持って入りたいところだったが、立ち上がりはジャロリディノフ、エルキノフらの仕掛けに後手を踏み、押し込まれる状況が続く。 GK鈴木彩艶やDF馬場の身体を張ったプレーでピンチを凌ぐ中、58分には松岡、斉藤を下げて山本、MF佐藤恵允を同時投入。ビルドアップ、攻撃に変化を加えようとする。 だが、この交代直後の60分には自陣左サイドで持ち上がった加藤の縦パスを引っかけられてカウンターを浴びると、左サイドに出てホシモフを潰しに行ったDFチェイス・アンリが入れ替わられると、ペナルティアーク付近でフリーのジャロリディノフに繋がれる。すると、左足アウトにかけた見事なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺され、痛恨の失点となった。 今大会初めてビハインドを背負った日本は、失点直後に馬場のフィードを前線で収めた佐藤が鋭い反転シュートを放って反撃の狼煙を上げる。以降は相手陣内でのプレーを増やすものの、最後のところでうまくいかない日本は78分、内野と藤尾を下げてDF半田陸、FW中島大嘉を同時投入。中島を最前線、細谷をトップ下、鈴木唯人を右サイドに配置する。 中島の高さを意識しつつ、山本、藤田の展開力を生かして徐々にリズムを作り出す日本だが、最後のところで粘る相手の守備を崩し切れない。逆に、焦りや疲労から繋ぎの部分で細かいミスが出始め、苦しくなる。 すると、89分にはビルドアップでのボールロストから前線へフィードを入れられると、最前線で馬場を背負いながらポストワークを試みたノルチャエフにワンタッチでの落としからホルマトフのリターンパスを受け直して完璧に抜け出されると、GKとの一対一をきっちり決められて痛恨の2失点目となった。 その後、細谷を下げてMF松木玖生を投入した中、後半アディショナルタイムには藤田のミドルシュートでゴールに迫ったものの、試合はこのままタイムアップ。 会心の勝利となった韓国戦とは打って変わって試合を通して難しい戦いとなった日本は、開催国に屈して決勝進出はならず。 この結果、日本は18日に行われる3位決定戦でU-23サウジアラビアに0-2で敗れたU-23オーストラリア代表と対戦することになった。 U-23ウズベキスタン代表 2-0 U-21日本代表 【ウズベキスタン】 ジャロリディノフ(60分) ノルチャエフ(89分) ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:内野貴史(デュッセルドルフ)[→半田陸(山形)]、馬場晴也(東京V)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:松岡大起(清水)[→山本理仁(東京V)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM) MF:藤尾翔太(徳島)[→中島大嘉(札幌)]、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメル)[→佐藤恵允(明治大)] FW:細谷真大(柏)[→松木玖生(FC東京)] [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.16 03:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「日本は予想以上に強い」ベスト4を初めて逃した韓国、ファン・ソンホン監督が日本戦敗戦を謝罪「今後は死力を尽くして走る」

U-23韓国代表のファン・ソンホン監督が、U-21日本代表戦後に謝罪した。 現在ウズベキスタンで行われているAFC U23アジアカップ。準々決勝では日韓戦が行われた。 2つ下の世代の日本と対戦する韓国は、MFイ・ガンイン(マジョルカ/スペイン)を中心としたメンバーに。ディフェンディングチャンピオンとしても負けられない一戦だったが、日本は鈴木唯人(清水エスパルス)の2ゴールなどで3-0で勝利を収めた。 アジアカップで準決勝に韓国が進めなかったのは初めてのこと。さらに連覇が潰え、2つ下の世代の日本に負けたことなど、失望させることが多い試合となってしまった。 ファン・ソンホン監督は試合後に謝罪。敗戦は自分の責任だとし、日本は思っていたよりも強かったと語った。 「遅い時間まで見てもらった国民の皆さんを失望させてしまい、申し訳なく思う」 「メンバー構成、試合への準備、モチベーションなど、全ての面で不足していた。理由はともかく、監督の責任だ」 「選手たちは最善を尽くしたが、若い選手たちであり、より細心の準備をして、気を遣うべきだったがそうでhなかった」 「日本は予想以上に強く、とても準備をした印象を受けた」 「準備万端の相手と、あらゆる面で準備不足だった我々の差が結果に繋がった」 「今後は絶対に失望させないように、死力を尽くして走る」 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人の圧巻FK弾も!韓国戦の日本代表のゴールシーンをチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vgya_qWu1yQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.14 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表でさらなるコロナ陽性者…2日間で選手3名が感染

日本サッカー協会(JFA)は14日、U-21日本代表から選手1名、スタッフ1名の新型コロナウイルス感染が判明したことを報告した。 U-21日本代表では13日に選手2名の感染が確認された。これを受けて全スタッフ・選手にPCR検査を実施したところ、上述の結果となったようだ。 現在、ウズベキスタンで開催されているAFC U23アジアカップに臨んでいるU-21日本代表は、グループステージを2勝1分けで突破し、12日に行われた準々決勝ではU-23韓国代表に3-0で圧勝。15日には準決勝でU-23ウズベキスタン代表との対戦が控えている。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.14 15:10 Tue
twitterfacebook
thumb

U23アジア杯ベスト4進出のU-21日本代表の選手2名が新型コロナ陽性

日本サッカー協会(JFA)は13日、AFC U23アジアカップに臨んでいるU-21日本代表の選手2名が、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を示したことを発表した。 JFAによると、選手2名は発熱の症状があるとのこと。12日にPCR検査を受けたところ、陽性が確認されたという。 これまでの検査は全て陰性で、現地で定められたルールに従って既にチームから離れて療養しているとのことだ。 なお、チーム内に濃厚接触者に当たる者はいないという。 また、残りの選手、スタッフはPCR検査を実施。結果は改めて発表されるという。 U-21日本代表は世代が下ながらも今大会でここまで4連勝。12日には準々決勝でU-23韓国代表と戦い3-0で快勝。15日には準決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦する。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.13 19:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly