イタリアとのユーロ決勝再現カードも勝てず…無得点を悔やむマウント「何よりゴールを」

2022.06.12 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表MFメイソン・マウントが無得点の悔しさを語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-2023でハンガリー代表、ドイツ代表、イタリア代表からなるリーグA・グループ3に属するイングランド。開幕から2戦未勝利でわずか1ゴールと攻撃面が振るわないなか、11日の第3節でイタリアをウォルバーハンプトンに迎え撃った。

ユーロ2020決勝以来の顔合わせとあって、涙したイングランドからすればリベンジマッチにもなったが、この試合の攻撃陣は沈黙。一方で、守りはGKアーロン・ラムズデールが踏ん張ってイタリアの攻撃を無失点に抑え込み、0-0の引き分けで終了した。

初戦から3試合連続の先発となり、前節のドイツ戦と同様にトップ下としてプレーしたマウントは試合後、無得点で終えた悔しさを滲ませつつ、トレーニングの中で改善する必要があると語った。

「本当に悔しい。勝ちたいし、もっとチャンスを作りたいし、何よりゴールを決めたい。もっとうまくチャンスを活かせれば勝てたはずだよ。他にもいくつかチャンスはあった。これは見直すべき点だと思う。チャンスは作れていたから、もっとうまくやるべきだった。これからも頑張らないといけない」

「たまに今日みたいな難しい時期があるんだ。僕らにできるのはトレーニングに集中して励み、チャンスに目を向け、改善点を見出すことだけだ。そのための選手は揃っているし、僕らには才能もクオリティも備わっているんだ」

「僕は10番の役割を担っていたから、自由に動き回ってスペースを見つけ、中盤と攻撃陣を繋げることができた。自分のスペースを見つけてシュートを撃つことができたけど、GKが簡単に処理できるようなものばかりでうまくいかなかったんだ」

「もっと収穫のある試合だったと思うけど、難しいところだね。僕はパフォーマンスに満足していないよ。僕らは勝つために毎試合を戦っているんだ。ここまでの2試合で自分たちのやるべきことに自信を持つことができたけど、どちらもタフな試合だったよ」

関連ニュース
thumb

試合を観ても気が付けない!ケインの背番号が逆さまの「6」に

イングランド代表FWハリー・ケインの背番号にある異変が起こっていた。 26日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節で、ドイツ代表と対戦したイングランド。後半に2点を先取されながら逆転に成功する激しい点の取り合いとなり、最終的には3-3のドローに終わった。 ドイツ戦では、21日に正式発表されたばかりの新しいアウェイユニフォームを初めて着用していたイングランドだが、その影響もあるのか、ケインの背番号がささやかな関心を集めた。 これまで通り背番号「9」を背負って先発したケイン。シャツの背中部分と、ショーツにプリントされたものは間違いなく「9」だった。 しかし、『Footy Headlines』によるとシャツ前面の右胸部分にプリントされた背番号が「9」ではなく「6」を180度反対に回転させたものだったという。 実際、正しい「9」は最後に上に上がるフォントが用いられているが、ケインのシャツ右胸のものだけは左斜め下に下がっていたのだ。 この試合で83分にPKでゴールを決めていたケインだったが、思わぬところでも注目を集めることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】よくよく見ると気が付く!右胸にプリントされた逆さまの「6」とショーツにプリントされた正しい「9」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <span class="paragraph-title">【写真】ホームユニでは正しい背番号「9」がプリントされていた</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/kane2.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.09.27 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「もはや芸術」パス20本で9人関与、オランダ代表の鮮やかゴールシーンに世界中が注目「これが本物のサッカー」

カタール・ワールドカップ(W杯)でもこのようなシーンが見られるだろうか。オランダ代表のゴールシーンに注目が集まっている。 オランダはUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグAのグループ4で、22日にポーランド代表と、25日にベルギー代表と対戦。それぞれ、2-0,1-0で勝利を収め、グループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 UNLの公式ツイッターはポーランド戦での先制点となった14分のゴールに着目。「これぞトータル・フットボール」と紹介している。 敵陣右サイドでのスローインを始点にピッチ全体を使ってボールを回し続け、時にくさびを打ち込みながら機を伺うと、DFヴィルヒル・ファン・ダイクの対角パスからテンポを上げ、右サイド深い位置でのトライアングルを経てボックス右に侵入したMFデンゼル・ダンフリースがクロス。最後はFWコーディ・ガクポが押し込んだ。 およそ1分間ボールを保持し続け、通したパスは20本以上。FWステーフェン・ベルフワイン以外のフィールドプレーヤー全員がボールに関与して生まれたゴールには「ヴィルヒルがWC(のトロフィー)を持ち上げるのが待ち切れない」、「これが本物のサッカー」、「efootballでよくやるやつ」、「全盛期のバルサみたい」、「もはや芸術」などの賛辞が多数寄せられ、再生回数は500万に迫る勢いだ。 W杯ではグループAに入り、セネガル代表、エクアドル代表、カタール代表と戦うオランダ。「11月が楽しみだ」とのファンの声があるように、悲願のW杯初優勝へ向けて大きな手ごたえをつかむ2戦となった。 <span class="paragraph-title">【動画】9人関与、パス20本以上!UNL、オランダ代表の芸術的ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yCScR_rPI14";var video_start = 45;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「我々には4人の超有能な右SBがいる」 アレクサンダー=アーノルドのドイツ戦ベンチ外をイングランド代表監督が説明

26日にホームで行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のドイツ代表戦をもって今活動を打ち上げたイングランド代表だが、リバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの姿はなかった。 開幕まであと2カ月を切ったカタール・ワールドカップ(W杯)。そのW杯前最後の代表ウィークだが、ヨーロッパからの出場国は今月の代表ウィークでUNLの戦いに身を置き、テストを重ねる。 それはイングランドも例外ではなく、攻撃センスこそピカイチながら、守備面の脆さが課題のアレクサンダー=アーノルドをはじめとする選手個々にとっても、最後のアピールチャンスだった。 ところが、ドイツ戦ではFWジャロッド・ボーウェン、MFジェームズ・ウォード=プラウズ、DFフィカヨ・トモリ、そしてアレクサンダー=アーノルドがメンバー外に。W杯招集も低くなったといわれる。 なかでも、以前から代表での立ち位置を巡って議論を呼ぶアレクサンダー=アーノルドのメンバー外は話題になったが、ガレス・サウスゲイト監督はW杯出場の扉を閉ざしたわけではないようだ。 イギリス『メトロ』によると、サウスゲイト監督はドイツ戦後、W杯メンバーとの因果関係を否定し、こうコメントしたという。 「強調したい。我々には大きなスカッドがあって、右サイドバックに至ってはスーパーなクオリティを持つ者が4人もいるんだ」 「現時点でキーラン・トリッピアーが非常に良いプレーをしているし、リース・ジェームズは今季もプレミアリーグ開幕から傑出した選手の1人だ」 「しかし、トレントだって非常に、非常に優秀なフットボーラーであり、それこそが(今回の代表活動に向けた招集)メンバーに選んだ理由だ」 2022.09.27 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「バケモン」「本物」「神やな」反転ボレーでUNL5戦6発のハーランドが凄すぎる!「絶対ゴール決めるマン」「ノルウェーW杯で見たかった」

この男がワールドカップで見られないことは本当に残念としか言えないだろう。 24日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグBグループ4第5節スロベニア代表vsノルウェー代表が行われた。 試合はスロベニアが2-1で勝利を収めたが、ノルウェーのエースであるアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)はしっかりとゴールを記録した。 試合の47分、相手のクリアボールがモハメド・エルユヌシにあたってボックス内で跳ねると、これに反応したハーランドが反転ボレー。ゴール左隅に決まった。 ハーランドは今シーズンのUNLで5試合に全て出場し6ゴール1アシスト。6月9日のホームでのスロベニア戦こそゴールを決められなかったが、残りの4試合全てでゴールを記録している。 ファンは流石の得点力を評価。「ちゃんと点取るのバケモン」、「ハーランドは本物」、「オブラクが一歩も動けないシュート撃ってるのすごい」、「絶対ゴール決めるマン」、「ハーランド神やな」、「息するように点決めるの草」、「ノルウェーW杯で見たかった」とコメントが集まっている。 今夏加入したシティでもゴールを量産しているハーランド。残念ながらカタール・ワールドカップ(W杯)に出場することはなく、世界を相手に活躍する姿は見られないが、ゴールで楽しませ続けてくれることは間違いなさそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】名手が一歩も反応できず!ハーランドは代表でもゴール量産、5試合で6ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cFnVEIr_Lfs";var video_start = 47;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 13:42 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド代表主将のケインがW杯にかける 「開幕に向けて準備を」

UEFAネーションズリーグ(UNL)の戦いぶりから暗い影を落とすイングランド代表だが、キャプテンのFWハリー・ケインがカタール・ワールドカップ(W杯)にかける思いを口にした。 UNLのグループステージで5試合を消化して1つも勝てず、最終節を残して最下位で次回から屈辱のリーグB降格が決まったイングランド。今活動のメンバー選考から批判に晒されるガレス・サウスゲイト監督にさらに厳しい目が向くなか、26日の最終節でドイツ代表をホームに迎え撃った。 0-0で入った後半に0-2まで追い詰められたイングランドだったが、5試合を戦ってわずか1得点の攻撃面が活性化して、83分までに3ゴールを奪い切って逆転に成功。だが、87分にミス絡みの失点で追いつかれ、3-3で決した。 結局、勝てなかったが、ケインは3ゴールの攻撃面に希望の光を感じているようだ。イギリス『デイリー・メール』によれば、試合後に『Channel 4』でこう振り返り、W杯に向けたコメントも残したという。 「選手たちに最近の結果でプレッシャーがあったし、誰もが正しさを証明しようとここに来た。自分たちのミスから教訓とすべきことはまだあるけど、3つのゴールはW杯に向けてポジティブな気持ちになれるものだと感じる」 「W杯の開幕に向けて準備をしなくちゃね。イングランド代表としてプレーするメジャートーナメントのフットボールはほかと異なる。プレッシャーは強いし、集中力も求められる。僕らなら、うまく対応できると思っている」 「ウェンブリーでのドイツ戦なら、どんな大会でもビッグゲームになる。過去2つの主要大会では試合を重ねて自分たちの力を高められた。埃まみれになって改善しないといけないけど、(W杯の)初戦までそんなに時間がない」 「それぞれが所属先でフィットして、より強くなり、11月に戻ってくる準備が整っているのを願っている」 <span class="paragraph-title">【動画】イングランドvsドイツ 試合ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PsPkQe0Tu80";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 12:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly