セビージャがガラタサライCBマルコン獲得に動く? 同胞D・カルロス後釜に

2022.06.09 00:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャがガラタサライのブラジル人DFマルコン(26)の獲得に動いているようだ。トルコ『FANATIK』など複数メディアが報じている。

セビージャは今夏の移籍市場でブラジル代表DFジエゴカルロスがアストン・ビラに移籍。さらに、フランス代表DFジュール・クンデに関しても、チェルシーを筆頭にメガクラブ移籍が既定路線となっており、センターバックの補強が急務となっている。

そういった中、有力な候補に挙がっているのが、今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)で印象的なパフォーマンスを披露したブラジル人DFだ。

マルコンの愛称で知られるマルコス・ド・ナシメント・テイシェイラは185cmの左利きのセンターバック。母国のアヴァイ、アトレチコ・パラナエンセ、ポルトガルのリオ・アヴェ、シャヴェスを経て、2019年1月にトルコ屈指の名門に加入した。

今季の開幕戦で味方FWケレム・アクトゥルコールに頭突きやパンチを浴びせて退場となるなど、気性の荒さは懸念材料だが、高い身体能力を武器に、地上戦、空中戦の両方で一線級のアタッカーと勝負できる守備者だ。また、マイボール時もスピードを生かした持ち上がりや、正確な左足のパスでビルドアップでも存在感を示すことができる。

そのため、今夏の移籍市場ではナポリ、ローマ、アタランタといったセリエA勢の関心も集めている。

セビージャは、2019年にブラジル人MFフェルナンドを獲得時にパイプがあるガラタサライに対して、1400万ユーロ(約20億1000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約10億500万円)の好条件のオファーを掲示しているという。

ボーナスに関しては、メディアによって公式戦80%以上の出場や、チャンピオンズリーグ出場権獲得といった具体的な中身も報じられている。

ガラタサライとしてはマルコン売却に前向きではないものの、公式オファーが届いた場合、拒否するのは難しい状況だという。

関連ニュース
thumb

セビージャ解任間近のロペテギの新天地はウルブスか?

セビージャ解任間近とされているフレン・ロペテギ監督にウォルバーハンプトンの新指揮官就任の可能性が浮上している。 昨シーズン後半戦の低迷に加え、今シーズンここまでも公式戦9試合で1勝2分け6敗と低迷に陥るロペテギ率いるセビージャ。ホルヘ・サンパオリ氏の再招へいの動きも伝えられる中、4日に行われたドルトムント戦に向けた公式会見の場では、ロペテギ監督自身が退任を示唆するコメントも残しており、このタイミングでの退任が規定路線だ。 ただ、これまでポルト、スペイン代表、レアル・マドリー、セビージャの指揮官を歴任してきた56歳の智将の新天地は、すでに決まっているのかもしれない。 ポルトガル人ジャーナリストのペドロ・アウメイダ氏によると、ロペテギ監督は今月2日にブルーノ・ラージ監督を解任したウルブスの後任としてプレ合意に至っているという。 なお、ウルブスは世界屈指の代理人として知られるジョルジュ・メンデス氏がクラブの運営に深く食い込んでおり、同氏とロペテギ監督は以前から親しい間柄として知られている。また、主力を担うポルトガル代表MFルベン・ネヴェスはポルト時代に指導した元教え子でもある。 仮に今回の報道が事実であれば、スペイン人指揮官は今季8試合消化時点で1勝3分け4敗で降格圏の18位に低迷するクラブでプレミアリーグ初挑戦となる模様だ。 2022.10.04 23:59 Tue
twitterfacebook
thumb

解任間近のロペテギ監督が最後の記者会見? 「最大限の敬意をもって責任を果たす」

解任間近とされているセビージャのフレン・ロペテギ監督が最後まで責任を果たすと心意気を示している。 昨シーズンも後半戦で6勝11分け2敗と勝ち切れない試合が目立ったロペテギ監督。夏の時点で解任も噂された中で迎えた今季は、攻撃面での精度、アイデア不足によるスペクタクルさを欠く試合内容のまま、ここまでリーグ戦7試合で1勝2分け4敗で17位に沈んでいる。 いよいよ解任が時間の問題とされる中、5日に控えるチャンピオンズリーグのドルトムント戦に向けた会見に出席した56歳指揮官は、現状を把握した上で最後まで責任を果たすと意気込み。なお、最後と見込まれているこの一戦は、セビージャで通算170試合目となる。 「自分の責任を尊重するため、ここ数か月で起こったことについて意見を述べるつもりはない。セビージャのようなクラブには多くの敬意を払い、試合にも最大限の敬意を持って臨んでいる」 「セビージャのようなクラブで170試合も指揮できるなんて当たり前じゃない。私は自分の言動や態度を変えるつもりはない。それが私の主な責任感だ」 「私はクラブとファンの状況に応えなければならないと考えている。彼らはこのクラブから最高のものを享受されるに値する者たちだ」 「私は自分がしなければならないことに最善を尽くすつもりだ。それは私がいつもしてきたことだ」 2022.10.04 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

不振極めるセビージャ、監督交代へ本格的な動き…サンパオリ元監督と交渉中

不振のセビージャが監督交代に動いているようだ。 リーグ戦7試合を終え、1勝2分け4敗で17位に沈んでいるセビージャ。チャンピオンズリーグでもマンチェスター・シティに惨敗したほか、グループ最弱と目されていたコペンハーゲンとも引き分けた。 以前から監督交代の公算は高まっていたが、直近のアトレティコ・マドリー戦の完敗を受け、後任探しが加速。数名の候補が挙げられる中、スペイン『Cadena SER』によれば、現在は以前にもセビージャを指揮したホルヘ・サンパオリ監督(62)と交渉中のようだ。 母国アルゼンチンやペルー、チリなど南米クラブの監督を歴任してきたサンパオリ監督は、2012年から2016年までチリ代表を指揮し、2015年のコパ・アメリカでは優勝に導いた。 セビージャには2016年夏に就任し、監督として初めてヨーロッパ上陸。レアル・マドリーの40試合無敗を破るなど印象的な試合も演じながら、ラ・リーガ4位フィニッシュを果たした。しかし、シーズン終了後にアルゼンチン代表の引き抜きに遭い、袂を分けていた。 そのアルゼンチン代表では、2018年のワールドカップ中に選手らとの確執が報じられ、結局成績もベスト16止まりに。大会終了後、アルゼンチンサッカー協会が200万ドルの違約金を支払うことで契約解除に至っている。 その後はサントスやアトレチコ・ミネイロと、ブラジルのクラブを経て、直近では昨年2月からマルセイユを指揮していた。しかし、今夏に補強方針を巡って経営陣との不和が生まれると、その報道から程なくして電撃解任が決まった。 62歳指揮官は現在はフリーの状態にあり、交渉次第で滞りなく契約締結に向かうと思われるが、『Cadena SER』は、他にもラファエル・ベニテスやハビ・グラシア、ホセ・ボルダラスらも候補に挙がっていると伝えている。 2022.10.04 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

不振セビージャに快勝のアトレティコ、公式戦連敗ストップ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが1日に行われ、0-2でアトレティコが快勝した。 代表ウィーク前の前節ビジャレアル戦を1-1で引き分けた15位セビージャ(勝ち点5)は、ドルベリを最前線に、2列目にイスコ、ラメラ、オリベル・トーレスを起用した。 一方、レアル・マドリーとのダービーに敗れた7位アトレティコ(勝ち点10)は、これまで採用していた3バックから4バックに変更。[4-5-1]を採用し、中盤アンカーにヴィツェル、左サイドにクーニャ、最前線にモラタを据えた。 自陣に引いてセビージャにボールを持たせる形を取ったアトレティコは19分に最初のチャンス。コケがボックス右深くまで侵入してマイナスにクロス。モラタが受けてシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。 それでも29分にアトレティコが先制する。コケのパスを受けたM・ジョレンテがボックス右に侵入。DFに対応されながらもシュートを決めきった。 先制後もアトレティコが組織的な守備でセビージャに好機を許さず、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、ラキティッチとヘスス・ナバスを投入して3バックに変更したセビージャが前がかる展開となったが、58分にアトレティコがリードを広げる。 GKオブラクのロングフィードを起点にクーニャがルーズボールを突つくと、これを拾ったモラタが独走。GKとの一対一をループシュートで流し込んだ。 2点を追う展開となったセビージャはエン=ネシリとパプ・ゴメスを投入。76分にはエン=ネシリのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKオブラクのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはアトレティコが集中した守備でセビージャの反撃を許さず。シャットアウト勝利で公式戦連敗を止めている。 2022.10.02 03:27 Sun
twitterfacebook
thumb

不当解雇を理由にセビージャを起訴した元U-21フランス代表DF、FIFAが却下

不当解雇を理由にセビージャに訴訟を起こしていた元U-21フランス代表DFジョリス・ニャニョン(25)の訴えは却下されたようだ。 レンヌの下部組織出身で、2018年夏に1350万ユーロの移籍金でセビージャに移籍したニャニョン。当初は高い身体能力と守備センスを兼ね備えたセンターバックとして大きな期待を集めたものの、18-19シーズンは公式戦16試合の出場にとどまり、19-20シーズンはレンタルでレンヌに復帰していた。 20-21シーズンに至っては1試合のみの出場だった同選手は、2021年夏にセビージャから解雇された。理由はプロフェッショナリズムの欠如。当時のニャニョンは体重100kg超えでトレーニングに参加することがしばしばあり、ピッチ外での派手なライフスタイルや素行問題を巡ってフレン・ロペテギ監督を含むクラブ首脳と幾度となく衝突を繰り返していたとのこと。 完全に選手側に非がある案件だが、上述のようにニャニョンは不当解雇としてセビージャを相手取り、FIFAに申し立て。460万ユーロ以上の支払いを要求していた。 この件に関してセビージャは30日に声明を発表。FIFAが原告の訴訟を却下したことが伝えられた。一方で、ニャニョンにはスポーツ仲裁裁判所へ上訴できるようだ。 なお、ニャニョンはセビージャ解雇後、今年1月にサンテチェンヌに加入するも、一度もピッチに立つことなく再びフリーとなっている。 2022.10.01 20:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly