「最適なアイデアではない」ブラジルに善戦も強豪との差を感じる柴崎岳、戦い方の策は「キャラクターを考慮した戦い方も1つあり」

2022.06.08 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のMF柴崎岳(レガネス/スペイン)が、ブラジル代表戦を振り返った。

日本は6日、キリンチャレンジカップ2022でブラジルと対戦。4年半ぶりの対戦となった中、立ち上がりに大ピンチを迎えるも凌ぐと、その後は強度の高い守備を見せてブラジルを相手に善戦する。

一方で、攻撃面はあまり上手くいかず、後半に入って選手交代で活性化させにいくも、枠内シュート「0」という結果に。また、ビルドアップのボールを奪われるとPKを与えてしまい、ネイマールに決められて0-1で敗戦となった。

この試合、途中出場を果たした柴崎。「自分自身のプレーに関しては10分足らずのプレーだったので、特に言うことはないかなと思います」と、話すだけの時間プレーしていないと語った。

その柴崎は2014年10月にシンガポールで行われたブラジル戦に出場。当時との差については「2014年との比較に関してですが、場所も違いますし、もちろんメンバーも違います。当時はそこまで代表にまだ関わりのないメンバー構成で戦ったということ、今回は限りなくベストメンバーに近いメンバーで戦いました」と、状況が違うと語り、「ここが僕らのホームであることが一番大きいと思います」と、環境面が1つ善戦できた理由だとした。

また、「ブラジルとの差については、様々な評価軸だったり、論調があることは良いことで、ポジティブな側面もあれば、批判的な側面もあって、僕が見る限りどちらもあるなという感じで、それ自体は悪くないと思います」と評価についてコメント。「とはいえ、こういったホームで僕らのモチベーションだったり、状況的には勝つという目標に対しては、限りない条件が揃っていたと思いますけど、それでも試合内容としては十分ではなかったかなと思います」と、色々と整った中でも勝てなかったことは反省した。

「彼らもどれほどの気持ちだったり、モチベーションを持ってこの試合に臨んだのかは分からないですが、結果を彼らが手にしたのは間違いないですし、内容を見ても、運に助けられたというか、少しのあやで失点もするし、1点、0で抑えられた可能性もあったと思います」とブラジルのスタンスを考えても、勝利したブラジルが上だとしながら、わずかな差で結果は変わっていたとコメント。「ああいった流れで日本が1点を取れたかというとそうではないので、本大会であったり、違ったシチュエーションになった場合では、攻勢に回ったときに点が取れるとまだかなと思います」と、攻撃面で結果が出なかったことは大きな課題だと感じているようだ。

4年前のロシア・ワールドカップを経験している柴崎。ラウンド16ではベルギー代表を追い込むものの、最後に押し切られて敗れた。

残り5カ月で本番を迎えるが「5カ月で世界のトップと互角にすることは無理だと思います」とキッパリ。「日本の現状を考えても、それは最適なアイデアではないと思います」と、互角に渡り合おうと考えることが良い判断ではないとした。

ただ、「とはいえ、何が起こるのか分からないのがサッカーで、今の自分たちの力、日本が持っている力をどう引き出して、相手とどう戦っていくかを探し続けていくこと」と、プランを練る必要があるとし「その中でW杯の開幕戦や2戦目、3戦目と可能性を見出していくことが大事だと思います」と、3試合を通してのプランニングが大事だとした。

柴崎はこの試合ではダブルボランチの一角としてプレー。3月のベトナム戦ではアンカーでプレーした。

自身のポジションについては「サッカーのポジション論調みたいなものにあまり加担したくなく、ブラジルも[4-4-2]という見方もできますが、[4-3-3]というシチュエーションもありましたし、[4-4-2]でも誰が開くかで見方も変わると思います」とシステムと実態はあまり関連しないとコメント。「ブラジル戦に関していえば、僕が入った時は[4-2-3-1]、その前は[4-3-3]とシステム的にはなりますが、相手を見てどのように立ち位置を取っていくかというのは、型にハメる必要はないと思います」と、システムはあまり関係ないと主張した。

「どこが最適かというのは、僕と(遠藤)航ではプレースタイルが全く違いますし、インサイドハーフというポジションでも、(田中)碧、守田(英正)、(原口)元気くん、(鎌田)大地とそれぞれのキャラクターがあって、どのようなシチュエーションで与えていくかが大事。僕にできるプレーがあれば、できないプレーもあるので、自分が出た時に理解して、どのポジションでも最大限努力していくということを考えています」とし、それぞれの特徴を出せるようにすることが大事であり、型にハメることは正解ではないとした。

ここからのポジション争いについては「当落線上にいるのか、残るためにどうするかということに関しては、あまり考えていません」とし、「当落線上にいるかどうかは別にして、残るためにプレーしている訳ではなく、あくまでも自分が常にベストを尽くして、その時に思っていること、自分がピッチ出てきたことに対して周りがどう判断するか。日本代表チームが自分というキャラクターを必要とするかどうかだと思います」とあくまでも自分がやるべきことをやり続けて、選ばれるかどうかだとした。

柴崎は「メンバーに入る、入らないは気にしていません。日本代表はW杯に向けて良い準備をしなければいけなく、個人のパフォーマンス、チームのパフォーマンスをよくしようとする時期です」とし、「自分が最大限できることをして、オンザピッチでもオフザピッチでも出して、それを見守ろうと思っているので、期待も不安もないです」と、気にしていないことを強調した。

レガネスではチームは昇格を果たせず。シーズンについては「レガネスではチームの目標である昇格も達成できず、契約もあと1年あって、これからいろいろなことが起きる可能性もあります」と去就についてもコメント。「僕としてはなるようになるかなと。そこを気にせず、自分がやれることをやろうと思っています。あとは流れに任せてと考えています」とし、「日本代表に自分のプレーが必要であれば、自分の置かれた場所でベストを尽くしたいといつも思っています」と、やることをやって行きたいとした。

形を作っていくという点については「今は代表チームとしてある程度の形を持って守備も攻撃も自分たちの中でイメージを持ってできるようになっている反面、その型にハマりすぎるという危険性もあります」と語り、「とりわけ、そのパターンになってしまうと相手もそれを分かりやすく対応できる訳で。うちでいえばサイド攻撃だったり。ブラジル戦では中のコンビネーションは皆無で、どちらかというと外からでしか突破口を見出せなかったと思います」と、形を作ることは悪くないが、意識しすぎてもダメだとした。

その中でのポイントは「1つは選手のキャラクターを変えて違う戦い方を模索していくこともあると思っています」と語り、「今までであれば大迫選手がメインでやっていて、彼のキャラクターと、亨梧、大然、綺世のキャラクターは全く違います。この3人の中でも違うキャラクターがあって、彼らが出た時に同じサッカーが期待できるかというとそれはまた違うレベルの話です」と、選手のキャラクターを生かすことが大事だと持論を展開。「誰が出ても同じレベルの戦いができるということを追求するのは良いと思いますが、誰かが出て違う戦い方ができるという戦い方じゃないと変化は生まれないかなと思います」と、選手の起用によって変化を生むことの方が良いとした。

現状については「今のサッカーは(三笘)薫が出たら彼の強みを引き出すというのはチームのやり方としてアクセントになっていて、逆の(伊東)純也も近いです」とし、「システムを変えれば中のコミュニケーションが変わると思います。綺世、大然、亨梧はポストプレーよりも前線の抜け出しとか他の強みがあって、彼らにどういうボールを配給するか。ブラジル戦だけを見ていても感じました。キャラクターを考慮した戦い方も1つありかなと感じました」と、日本が強豪国と戦うための策を提案した。

関連ニュース
thumb

「まだまだ改善の余地」板倉滉について語るファルケ監督、さらなる成長に期待「多くの可能性を見出し契約した」

ボルシアMGのダニエル・ファルケ監督が、日本代表DF板倉滉について言及した。 昨シーズンはシャルケに所属し、チームの2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)優勝に大きく貢献し、チームを昇格に導いていた。 しかし、シャルケはマンチェスター・シティから板倉を買い取ることができずに断念。その板倉を獲得したのがボルシアMGだった。 今季からチームを指揮するファルケ監督の下で信頼を勝ち取った板倉は、今季の公式戦3試合で全てフル出場。チームは負けておらず、ブンデスリーガ開幕戦となったホッフェンハイム戦では1アシストを記録していた。 第2節では古巣のシャルケといきなり対戦。試合は土壇場のPKで追いつかれて2-2のドローに終わったが、板倉は随所に良いパフォーマンスを見せていた。 初のドイツ1部挑戦でも一定のパフォーマンスを見せている板倉。ファルケ監督は会見で板倉について質問され、クオリティを評価しながらも、まだまだ改善の余地があるとした。 「コウは素晴らしい試合をしたと思うが、まだまだ改善の余地がある」 「また、『そこはもっと違うプレーをしなければいけない』という部分も、『改善の余地がある』という部分もある」 「だから、彼がCBとしてプレーした時、もっと上手く振る舞える状況やシーンがあったと思う」 シャルケではCBの他、ボランチでもプレー。ボルシアMGではまだCBとしてしかプレーしていないが、ファルケ監督は板倉の力を持ってすれば問題なくできると期待のコメント。ただ、まだ1部でのプレー経験が少なく、証明できているとは言えないとした。 「彼のポテンシャルなら、100%可能だろう。彼は素晴らしい選手だ。だからこそ、彼に多くの可能性を見出し契約した」 「ただ、私はまずは良いパフォーマンスができるかどうかを望むタイプの人間だ。彼はそれを証明したし、CBのポジションでそれを証明している」 「彼はブンデスリーガで素晴らしいプレーをすることができた。というのも、彼はブンデスリーガで1試合しかプレーしておらず、それはホッフェンハイム戦だ」 「かつてシャルケでCBと守備的ミッドフィルダーとしてプレーし、卓越していることを証明していた」 「ただ、それはブンデスリーガ2部のレベルであり、ボルシアMGはそれとは異なる」 「ブンデスリーガのレベルでプレーするということ。そして、これまで彼はその経験はなく、守備的MFとしての資質を証明することはできない」 「私は彼の潜在能力を信頼している。ただ、まだ証明されているわけではない」 才能を高く評価するが故に、ファルケ監督も板倉への期待の裏返しとしてさらなる成長を望むコメントを残していると思われるが、その期待に応え、ブンデスリーガ屈指の選手になれるのか。板倉のさらなる成長に期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【動画】パーフェクトな対応を見せた板倉滉のスーパーディフェンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Was heißt Wadenbeißer auf japanisch? <a href="https://t.co/IvsbjMzpwM">pic.twitter.com/IvsbjMzpwM</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1559419691763908610?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.18 17:23 Thu
twitterfacebook
thumb

「ちょっとした悪夢」監督も高く評価した三笘薫のプレミアデビュー、本人は「全く緊張しなかった」

プレミアリーグデビューを果たした日本代表MF三笘薫が、改めてデビューについて語った。クラブ公式サイトが伝えた。 昨夏川崎フロンターレからブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍で加入した三笘。労働許可証が下りないこともあり、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズへと1年間のレンタル移籍を果たした。 そのベルギーでは持ち前のドリブルスキルを活かし、プロ1年目同様に途中出場からチャンスをものにすると、その後はレギュラーに定着。レギュラーシーズンで首位に立つチームの原動力となっていた。 日本代表にも招集され、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でも貴重な任務を遂行した三笘。満を持してブライトンへと復帰し、今シーズンはプレミアリーグに挑戦することとなった。 開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦はベンチに入るも出番は訪れず。続く13日の第2節、ニューカッスル戦もベンチスタートとなると、ゴールレスで迎えた75分にピッチに立ち、プレミアデビューを果たす。 その三笘は、左サイドを何度となく突破し、ファンの心を鷲掴みに。あわやゴールというシーンも生み出すなど、短い時間でもインパクトを残していた。 三笘はクラブを通じて改めてデビュー戦について言及。自分がどういう選手かということを見せることができたと一定の手応えを感じたようだ。 「最初の一歩を踏み出し、サポーターに自分がどんな選手かを示すことができたと思います。また、監督やコーチ陣にも自分がプレーできることを証明しました。あとは出場時間が増えた時、同じようなパフォーマンスを見せたいと思います」 「勝つことができましたし、勝つべき試合だったと思います。個人的には、チームメイトからの信頼を得るため、このようなプレーを続ける必要があると思っています」 「ピッチに入った時は、全く緊張していませんでした。自分のことに集中し、他のことはあまり考えていなかったです。ファンからの素晴らしいサポートを受け、雰囲気はとても良かったです。心地良かったですし、プレーへのモチベーションを高く持っていました」 15分強という短い時間でファンにインパクトを与えた三笘だったが、それはグレアム・ポッター監督も感じたようだ。ポッター監督は、試合後に三笘について称賛。相手は苦労すると三笘の力が通用するとの見解も示した。 「彼はサイドバックに問題を引き起こすだろう。狭いところを抜いていく力がある」 「彼はとてもユニークで、素晴らしいインパクトを与えてくれた。試合前にも話したが、11人全員が90分間プレーし続けることは難しい。サブの選手、彼らのインパクトがカギになる。彼らはよくやってくれたが、3ポイントを得ることはできなかった」 「彼は左サイドから中央へ、そして右足を使うことを織り交ぜることができる。だから、ディフェンダーからしたらちょっとした悪夢だ。彼と対戦するのは気が進まないだろう。間違いなくね」 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンファンの心を鷲掴みにした三笘薫のプレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">An exciting debut! <a href="https://t.co/CxpcZsDU4m">pic.twitter.com/CxpcZsDU4m</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1558743228001705984?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 18:53 Tue
twitterfacebook
thumb

9月の日本代表戦はドイツ・デュッセルドルフで“キリンチャレンジカップ2022”として開催、フジテレビ&TBSが生中継

日本サッカー協会(JFA)は16日、9月に行われる日本代表のヨーロッパ遠征に関して、キリンチャレンジカップ2022として開催することを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)の前に行われる最後の代表活動。日本はアメリカ代表、エクアドル代表と対戦することが決定していた。 欧州での戦いとなる中、場所はドイツのデュッセルドルフに決定。田中碧が所属するクラブの本拠地での試合となる。 この2試合に関して、キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社が特別協賛し、キリンチャレンジカップ2022として開催。2018年以来2度目の海外でのキリンチャレンジカップ開催となる。 なお、アメリカ戦は9月23日の21時25分からフジテレビ系列で生中継。同27日のエクアドル戦は、20時55分からTBS系列で生中継される。 田中はクラブを通じて、自身の慣れ親しんだ街での代表戦開催にコメントしている。 「デュッセルドルフで日本代表として2試合できることをとても嬉しく思います」 「僕にとってはホームゲームのような感覚です。日本代表のチームメイトに、デュッセルドルフを見てもらえるのが楽しみです」 2022.08.16 18:14 Tue
twitterfacebook
thumb

「桜木花道を思い出した」板倉滉の3度追いのディフェンスが大絶賛浴びる「重心の動かし方が完璧」

日本代表DF板倉滉が見せたパフォーマンスが衝撃を与えている。 今夏マンチェスター・シティからボルシアMGに完全移籍で加入した板倉。ダニエル・ファルケ監督の下、早速信頼を得ると、開幕戦から2試合連続でフル出場を果たし、チームの守備を支えている。 その板倉は13日に行われた第2節で、昨シーズン所属したシャルケと対戦。日本代表DF吉田麻也との日本代表対決が注目を集めた中、試合は2-2の引き分けに終わった。 古巣相手に戦った板倉だが、試合中に見せたワンプレーが大きな話題を呼んでいる。 それはシャルケのFWマリウス・バルターとのマッチアップ。スペースへのパスに反応したバルターに対し、板倉が寄せに行くと、バルターは縦に行かずにインサイドへ切れ込む形に。これに対して縦を切った板倉はターンしてボールを奪いに行くが、これに対してバルターは華麗なターンで板倉をかわす。 ボックス手前の攻防で完全に置いていかれると思われた中、板倉はすぐに体制を立て直して対応。ボックス内に侵入したバルターは左足でシュートを放つが、板倉はスライディングでブロック。完璧な対応に、思わず吠えてガッツポーズを見せた。 このプレーには「しびれる」、「2度追いどころか3度追い」、「こーゆうの大好き」、「これは素晴らしい」、「カッコよすぎ」、「桜木花道を思い出した」、「重心の動かし方が完璧」と称賛の嵐。特に2度目にかわされた後の対応スピードが驚きを与えていた。 <span class="paragraph-title">【動画】パーフェクトな対応を見せた板倉滉のスーパーディフェンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Was heißt Wadenbeißer auf japanisch? <a href="https://t.co/IvsbjMzpwM">pic.twitter.com/IvsbjMzpwM</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1559419691763908610?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 17:18 Tue
twitterfacebook
thumb

「えぐい!」「ゴラッソすぎる」遠藤航のワールドクラスのミドルに称賛の嵐「ミドル上手くなったら最強」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航が衝撃の一発を決めた。 13日、ブンデスリーガ第2節のブレーメンvsシュツットガルトが行われ2-2の引き分けに終わった。 今シーズンもキャプテンを務める遠藤は、開幕戦のRBライプツィヒ戦に続いて先発出場を果たす。 試合は開始4分でいきなり失点を喫する苦しい展開に。しかし、そのチームを救ったのが遠藤だった。 37分、左サイドからパスを繋いで崩すと、クリス・ヒューリッヒの縦パスをサーシャ・カライジッチがダイレクトで落とすと、後ろから上がってきた遠藤がバイタルエリアで右足一閃。衝撃の弾道のミドルシュートがゴール左に突き刺さり、同点に追いついた。 昨シーズンは開幕戦でゴールを決めていた遠藤は、今季は第2節でゴール。その後、互いに1点ずつを取り合い勝利とはならなかったが、遠藤個人としては幸先の良いシーズンスタートとなった。 遠藤は自身のインスタグラムで「結果は残念でしたが、今季初ゴールを決めることができて良かったです。頑張ります」と意気込んでいる。 ファンからも「あっぱれ」、「えぐい!」、「蹴った瞬間入るのが分かる」、「ミドル上手くなったら最強」、「ゴラッソすぎる」と、ワールドクラスのミドルシュートに驚きの声が止まなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】半端ない!遠藤航のワールドクラスのミドルシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="s6YvQkC9viA";var video_start = 46;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.15 23:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly