「最適なアイデアではない」ブラジルに善戦も強豪との差を感じる柴崎岳、戦い方の策は「キャラクターを考慮した戦い方も1つあり」

2022.06.08 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のMF柴崎岳(レガネス/スペイン)が、ブラジル代表戦を振り返った。

日本は6日、キリンチャレンジカップ2022でブラジルと対戦。4年半ぶりの対戦となった中、立ち上がりに大ピンチを迎えるも凌ぐと、その後は強度の高い守備を見せてブラジルを相手に善戦する。

一方で、攻撃面はあまり上手くいかず、後半に入って選手交代で活性化させにいくも、枠内シュート「0」という結果に。また、ビルドアップのボールを奪われるとPKを与えてしまい、ネイマールに決められて0-1で敗戦となった。

この試合、途中出場を果たした柴崎。「自分自身のプレーに関しては10分足らずのプレーだったので、特に言うことはないかなと思います」と、話すだけの時間プレーしていないと語った。

その柴崎は2014年10月にシンガポールで行われたブラジル戦に出場。当時との差については「2014年との比較に関してですが、場所も違いますし、もちろんメンバーも違います。当時はそこまで代表にまだ関わりのないメンバー構成で戦ったということ、今回は限りなくベストメンバーに近いメンバーで戦いました」と、状況が違うと語り、「ここが僕らのホームであることが一番大きいと思います」と、環境面が1つ善戦できた理由だとした。

また、「ブラジルとの差については、様々な評価軸だったり、論調があることは良いことで、ポジティブな側面もあれば、批判的な側面もあって、僕が見る限りどちらもあるなという感じで、それ自体は悪くないと思います」と評価についてコメント。「とはいえ、こういったホームで僕らのモチベーションだったり、状況的には勝つという目標に対しては、限りない条件が揃っていたと思いますけど、それでも試合内容としては十分ではなかったかなと思います」と、色々と整った中でも勝てなかったことは反省した。

「彼らもどれほどの気持ちだったり、モチベーションを持ってこの試合に臨んだのかは分からないですが、結果を彼らが手にしたのは間違いないですし、内容を見ても、運に助けられたというか、少しのあやで失点もするし、1点、0で抑えられた可能性もあったと思います」とブラジルのスタンスを考えても、勝利したブラジルが上だとしながら、わずかな差で結果は変わっていたとコメント。「ああいった流れで日本が1点を取れたかというとそうではないので、本大会であったり、違ったシチュエーションになった場合では、攻勢に回ったときに点が取れるとまだかなと思います」と、攻撃面で結果が出なかったことは大きな課題だと感じているようだ。

4年前のロシア・ワールドカップを経験している柴崎。ラウンド16ではベルギー代表を追い込むものの、最後に押し切られて敗れた。

残り5カ月で本番を迎えるが「5カ月で世界のトップと互角にすることは無理だと思います」とキッパリ。「日本の現状を考えても、それは最適なアイデアではないと思います」と、互角に渡り合おうと考えることが良い判断ではないとした。

ただ、「とはいえ、何が起こるのか分からないのがサッカーで、今の自分たちの力、日本が持っている力をどう引き出して、相手とどう戦っていくかを探し続けていくこと」と、プランを練る必要があるとし「その中でW杯の開幕戦や2戦目、3戦目と可能性を見出していくことが大事だと思います」と、3試合を通してのプランニングが大事だとした。

柴崎はこの試合ではダブルボランチの一角としてプレー。3月のベトナム戦ではアンカーでプレーした。

自身のポジションについては「サッカーのポジション論調みたいなものにあまり加担したくなく、ブラジルも[4-4-2]という見方もできますが、[4-3-3]というシチュエーションもありましたし、[4-4-2]でも誰が開くかで見方も変わると思います」とシステムと実態はあまり関連しないとコメント。「ブラジル戦に関していえば、僕が入った時は[4-2-3-1]、その前は[4-3-3]とシステム的にはなりますが、相手を見てどのように立ち位置を取っていくかというのは、型にハメる必要はないと思います」と、システムはあまり関係ないと主張した。

「どこが最適かというのは、僕と(遠藤)航ではプレースタイルが全く違いますし、インサイドハーフというポジションでも、(田中)碧、守田(英正)、(原口)元気くん、(鎌田)大地とそれぞれのキャラクターがあって、どのようなシチュエーションで与えていくかが大事。僕にできるプレーがあれば、できないプレーもあるので、自分が出た時に理解して、どのポジションでも最大限努力していくということを考えています」とし、それぞれの特徴を出せるようにすることが大事であり、型にハメることは正解ではないとした。

ここからのポジション争いについては「当落線上にいるのか、残るためにどうするかということに関しては、あまり考えていません」とし、「当落線上にいるかどうかは別にして、残るためにプレーしている訳ではなく、あくまでも自分が常にベストを尽くして、その時に思っていること、自分がピッチ出てきたことに対して周りがどう判断するか。日本代表チームが自分というキャラクターを必要とするかどうかだと思います」とあくまでも自分がやるべきことをやり続けて、選ばれるかどうかだとした。

柴崎は「メンバーに入る、入らないは気にしていません。日本代表はW杯に向けて良い準備をしなければいけなく、個人のパフォーマンス、チームのパフォーマンスをよくしようとする時期です」とし、「自分が最大限できることをして、オンザピッチでもオフザピッチでも出して、それを見守ろうと思っているので、期待も不安もないです」と、気にしていないことを強調した。

レガネスではチームは昇格を果たせず。シーズンについては「レガネスではチームの目標である昇格も達成できず、契約もあと1年あって、これからいろいろなことが起きる可能性もあります」と去就についてもコメント。「僕としてはなるようになるかなと。そこを気にせず、自分がやれることをやろうと思っています。あとは流れに任せてと考えています」とし、「日本代表に自分のプレーが必要であれば、自分の置かれた場所でベストを尽くしたいといつも思っています」と、やることをやって行きたいとした。

形を作っていくという点については「今は代表チームとしてある程度の形を持って守備も攻撃も自分たちの中でイメージを持ってできるようになっている反面、その型にハマりすぎるという危険性もあります」と語り、「とりわけ、そのパターンになってしまうと相手もそれを分かりやすく対応できる訳で。うちでいえばサイド攻撃だったり。ブラジル戦では中のコンビネーションは皆無で、どちらかというと外からでしか突破口を見出せなかったと思います」と、形を作ることは悪くないが、意識しすぎてもダメだとした。

その中でのポイントは「1つは選手のキャラクターを変えて違う戦い方を模索していくこともあると思っています」と語り、「今までであれば大迫選手がメインでやっていて、彼のキャラクターと、亨梧、大然、綺世のキャラクターは全く違います。この3人の中でも違うキャラクターがあって、彼らが出た時に同じサッカーが期待できるかというとそれはまた違うレベルの話です」と、選手のキャラクターを生かすことが大事だと持論を展開。「誰が出ても同じレベルの戦いができるということを追求するのは良いと思いますが、誰かが出て違う戦い方ができるという戦い方じゃないと変化は生まれないかなと思います」と、選手の起用によって変化を生むことの方が良いとした。

現状については「今のサッカーは(三笘)薫が出たら彼の強みを引き出すというのはチームのやり方としてアクセントになっていて、逆の(伊東)純也も近いです」とし、「システムを変えれば中のコミュニケーションが変わると思います。綺世、大然、亨梧はポストプレーよりも前線の抜け出しとか他の強みがあって、彼らにどういうボールを配給するか。ブラジル戦だけを見ていても感じました。キャラクターを考慮した戦い方も1つありかなと感じました」と、日本が強豪国と戦うための策を提案した。

関連ニュース
thumb

殊勲のPKセーブ! シュミット・ダニエルがエクアドル戦を振り返る「PKも止められて良かった」

日本代表のGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が、エクアドル代表戦の勝利を振り返った。 27日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦した。 23日にはアメリカ代表を相手に2-0で勝利していた日本。この試合は、そのアメリカ戦から11名を全て変更して臨んだ。 試合は鋭い出足のエクアドルに苦戦。なかなかボールを握れず、チャンスを作ることができない。 ゴールレスで後半を迎えると、後半から投入されたFW上田綺世がアクセントとなり、徐々に攻撃の形が作れていく。それでも決定機を決められないでいると、谷口彰悟がファウルを犯してPKを当てる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルが横っ飛びでセーブ。得点を許さない。 日本は、鎌田大地、相馬勇紀らも攻撃に加わり何度か決定機を迎えたがゴールは奪えず。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の試合は、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合後、フラッシュインタビューに応じたシュミット・ダニエルは、ピンチがありながらも無失点で終えられたことを喜んだ。 「CKでずっと嫌なところにボールを入れられていたので、それを凌ぐのが大変でした」 「そこで危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで抑えられて、PKも止められて良かったです」 これでメンバー発表前の試合は全て終了。あとはクラブでの戦いでより成長し、メンバー発表を待つだけとなる。 「チームで結果を出すこと。チームの順位を少しでも上に押し上げることで、勝つ習慣を作っていくこと。それが代表に繋がると思うので、意識していきたいと思います」 PKセーブなどでチームの勝ち点獲得に貢献したシュミット・ダニエル。シント=トロイデンでの活躍にも期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【動画】完璧に読み切り咆哮!シュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「辛抱強く戦ってくれた」選手たちのパフォーマンスを評価する森保一監督、残り期間に期待すること「日常を頑張ってほしい」

日本代表の森保一監督が、エクアドル代表戦の勝利を振り返った。 27日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦した。 23日にはアメリカ代表を相手に2-0で勝利していた日本。この試合は、そのアメリカ戦から11名を全て変更して臨んだ。 試合は鋭い出足のエクアドルに苦戦。なかなかボールを握れず、チャンスを作ることができない。 ゴールレスで後半を迎えると、後半から投入されたFW上田綺世がアクセントとなり、徐々に攻撃の形が作れていく。それでも決定機を決められないでいると、谷口彰悟がファウルを犯してPKを当てる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルが横っ飛びでセーブ。得点を許さない。 日本は、鎌田大地、相馬勇紀らも攻撃に加わり何度か決定機を迎えたがゴールは奪えず。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の試合は、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合後、フラッシュインタビューに応じた森保監督は、「押されるシーンも多かった中、前半から選手たちが粘り強く戦ってくれて、自分たちのペースに持っていくということを辛抱強く戦ってくれました」と、我慢を続けて戦っていた選手たちを評価。「後半もピンチはありましたけど、最後は我慢強く続けていけば、我々のペースに持っていけるということ」と、我慢することでチャンスも生まれるとした。 また、「最後はビッグチャンスがいくつかありましたけど、W杯を見据えて難しい戦いをどうやって自分たちのペースに持っていくか、勝ちに持っていくかを、無失点に抑えながら選手たちがよくやってくれたと思います」と、乱れずに戦い続けた部分を評価した。 残り2カ月を切り、メンバー発表まではもう代表活動はない状況。選手たちに残り期間で求めることについては「選手たちに求めたいことは、ここからのW杯に向けて、まずは所属チームでチームを勝たせる存在として存在感を放ってもらえるようにしてほしいなと思います」とコメント。「所属チームでの活躍が代表の強化につながると思いますので、日常を頑張ってほしいと思います」と、クラブに戻って、さらに力をつけて欲しいと願った。 <span class="paragraph-title">【動画】敗戦から救ったシュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 0-0 エクアドル代表《キリンチャレンジカップ2022》

27日、キリンチャレンジカップ2022の日本代表vsエクアドル代表がドイツ・デュッセルドルフで行われ、0-0で引き分けに終わった。 超WSの選手採点と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fom20220927jpn_ecu_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains. LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 23 シュミット・ダニエル 6.0 前半ラストプレーのCKではあわやのボールを掻き出す。73分には殊勲のPKセーブで引き分けに貢献。 DF 2 山根視来 6.0 回数こそ多くないがタイミングを見計らった攻撃参加でチャンスに絡む。守備でも落ち着いた対応を見せた。 3 谷口彰悟 5.5 54分のピンチのシーンでは鋭い読みでカバー。しっかりと読みの良さを生かして対応していたが、終盤に痛恨のファウルでPKを与えてしまった。 5 長友佑都 6.0 21分のピンチでは一対一で冷静な対応。三笘のサポートにも入っていた。集中したプレーの連続で守備を締めた。 (→22 吉田麻也 -) 出場時間が短く採点なし。 28 伊藤洋輝 5.5 ビルドアップでも特徴を生かし、高さを生かしたプレーで空中戦でも負けず。落ち着いたパフォーマンスを見せた。 MF 7 柴崎岳 5.5 予測の良い守備。激しくはないが的確な寄せで守る。もう少しゲームメイクで違いを作りたかった。 (→6 遠藤航 5.5) アンカーとして落ち着いたプレー。ボールを落ち着かせ、ビルドアップでもゲームを作る。 10 南野拓実 4.5 コンディションが悪いのか動きが重い。ボールの受け方、体の向きが悪くボールロストのポイントに。57分には決定機を決められず。 (→15 鎌田大地 6.0) 最初のプレーでボール奪取からチャンスメイク。動き回ってボールを受け、何度もチャンスを作り出す。89分にはGKとの一対一も決め切れず。 17 田中碧 5.5 プレスでボールを奪い切れないシーンが。徐々に落ち着きを取り戻し、バランスを見たプレーを続けた。 18 三笘薫 5.5 積極的にサイドを仕掛ける。35分に決定的なパス。57分には良い形で突破。ただ、良さを出しきれたとは言えず。 (→27 相馬勇紀 6.0) 最初の攻撃で得意のドリブル突破を見せてクロス。守備でもしっかりと貢献。短い時間でもアクセントをつけた。 21 堂安律 5.5 22分の決定機では体を張ってシュートブロック。79分にはこぼれ球から決定機を迎えた。見せ場は多くなかった。 (→14 伊東純也 -) 出場時間が短く採点なし。 FW 9 古橋亨梧 5.0 35分に決定機も僅かに合わず。40分のビッグチャンスもミートせず。チャンスはあまりこないまま前半のみで交代。 (→26 上田綺世 6.0) 体を張って前線での起点に。キープやロングボールを受ける形など、特徴を出して攻撃の流れを変えた。 監督 森保一 5.5 アメリカ代表戦から11名を入れ替えて臨んだ中、前半はエクアドルに苦しむことに。ただ、交代選手が効果的な働きを見せ、勝てるチャンスも作っていた。この2試合で選手をどう評価するかが注目。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! GKシュミット・ダニエル(日本) 前半はCKからの危ないボールを掻き出すなどピンチを防ぐ。後半は終盤にピンチの連続。最大の危機であったPKシーンも完全に読み切って横っ飛びセーブ。本大会であれば、勝ち点1獲得に大きく貢献した。 日本代表 0-0 エクアドル代表 <span class="paragraph-title">【動画】敗戦から救ったシュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表、W杯メンバー発表前最終戦は0-0ドロー! シュミット・ダニエルがPKストップの大活躍《キリンチャレンジカップ2022》

日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦し、0-0で引き分けた。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで残り2カ月を切った中、ドイツでラストスパートをかけている日本代表。23日にはアメリカ代表に2-0の快勝を収め、この一戦がW杯メンバー発表前のラストマッチとなる。 スタメンは森保一監督の言葉通り、アメリカ戦から総入れ替え。[4-2-3-1]の布陣にGKはシュミット・ダニエル、守備ラインは右から山根、谷口、伊藤、長友、中盤ではボランチで柴崎と田中がコンビを組み、2列目の位置に堂安、南野、三笘が並んだ。そして、ワントップには古橋が起用された。 相手は熾烈な南米予選を4位で勝ち抜いた強豪エクアドル。確かなボール技術と俊敏性を武器に立ち上がりから日本のゴールに迫る。対する日本は、左ウイングに入った三笘が得意のドリブルで存在感を放つ。爆発的なスピードで対応するカスティージョのイエローカードを誘うと、7分には南野のヘディングシュートをアシスト。 15分にかけてはスプリンクラーが誤作動で2度存在感を放つイレギュラーにも見舞われながら、日本はエクアドルのキレのある攻撃をなんとか凌いでいく。25分に南野とパスを交換しながら右からカットインした堂安がシュートに持ち込んだが、守備でも素早い対応を見せる相手のブロックに捕まってしまう。 組織的な守備に個でも強さを見せるエクアドル相手になかなかリズムを作れない日本。攻撃が単発に終わっていく中で、南野のプレッシングが相手のパスミスを誘い、古橋にビッグチャンス。ボックス中央で相手のパスをカットし、そのまま左足を振ったが、しっかり力の伝わらなかったシュートはGKの守備範囲に。 一方、終盤にはエクアドルにも決定的なシーンが訪れる。イバーラが左からドリブルでボックス手前まで運び、右足のシュートへ。これが右ポストに当たって日本は命拾い。また、アディショナルタイムにはエクアドルのCKからヘディングシュートを許すが、GKシュミット・ダニエルが好セーブを見せ、試合は0-0で折り返すことになった。 日本は後半から古橋に代えて上田を投入。エクアドルも前半のラストプレーでイバーラが負傷したようで、代わりにサルミエントが起用されている。 後半の立ち上がりは一進一退の攻防に。日本は南野を中心に攻撃を展開し、57分には三笘の仕掛けからその南野に決定機。左からの折り返しをダイレクトで合わせたが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 徐々に1ゴールの奪い合いの様相を呈してきた中、日本は67分に一挙3人替え。三笘、柴崎、南野を下げて相馬、遠藤、鎌田をピッチへ送り込んだ。 70分に相馬のクロスから上田のヘディングシュートという交代選手によるチャンスメイクがあり、遠藤や鎌田の存在でボールが落ち着くようになった日本。セカンドボール回収率も上がり、厚みのある攻撃を見せていく。 その中で80分、速攻から鎌田が持ち上がり、ボックス中央に走る上田へパス。上田がワンタッチではたくと、最後はボックス右から堂安が左足一閃。左下に流し込むようにシュートを放ったが、正直過ぎたか、GKに完全に読まれてしまった。 その直後、勝負を左右する重要なシーンを迎える。エクアドルの攻撃でボックス中央のエストラーダにパスが入ったところを背後から奪いに行った谷口が倒し、PKを与えてしまう。キッカーは途中出場のエネル・バレンシア。絶体絶命のピンチだったが、ここでシュミット・ダニエルのシュートを完全に読み切ったビッグセーブが炸裂し、逆に日本が勢いづくことに。 ここで森保監督は最後の切り札として伊東を投入。89分、その伊東のパスからボックス右に侵入した鎌田にチャンス到来。パスの選択肢もあったが、自ら放ったシュートはGKに弾かれた。 そして、試合はここで終了。互いに鎬を削った白熱の一戦は0-0のドローとなった。日本は今後、W杯のメンバー発表と11月17日のカナダ代表戦を経て、いよいよ本番を迎える。 <span class="paragraph-title">【動画】敗戦から救ったシュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:01 Tue
twitterfacebook
thumb

「前半のハイライト」日本代表戦中にスプリンクラー誤作動も、解説・戸田さんの返しに視聴者爆笑「実況解説が優秀過ぎる」

選手のパフォーマンス以上に注目を集めてしまったようだ。 日本代表は27日、ドイツのデュッセルドルフでキリンチャレンジカップ2022を行いエクアドル代表と対戦。0-0のゴールレスドローに終わった。 カタール・ワールドカップ(W杯)メンバー発表前のラストマッチでは、23日のアメリカ代表戦からスタメンを11人入れ替えた森保一監督。前半は日本ボールでキックオフを迎えようとしていたが、思わぬ横やりが入った。 センタースポットの前にMF南野拓実が立ち、ホイッスルを待っているところでスプリンクラーが誤作動。開始直前で集中力を削がれた南野は両手を広げて不満をアピールした。 何事もなかったかのように引っ込んだスプリンクラーだが、14分にも再び誤作動。日本は完全に水を差された恰好だが、視聴者は大爆笑だ。 「南野ブチギレ」、「このスプリンクラー目立ちたがり」、「こいつも参加したいみたい」などに加え、ゴールレスに終わった試合の中で「前半のハイライト」と残すファンも。 また、解説の戸田和幸さんは「スプリンクラーからすると芝生には水分が必要との判断」と、スプリンクラーのプレーについてもしっかりと解説。「実況解説が優秀過ぎる」と、ファンの笑いを誘っている。 <span class="paragraph-title">【動画】キックオフ前に誤作動するスプリンクラー、南野はびしょ濡れで不満アピール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【キリンチャレンジカップ2022 日本 vs エクアドル】<br>W杯代表発表前ラストマッチ<br>前半キックオフです<br><br>BS系列放送中<br>TVerでもLIVE配信<a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/3pOfXjpxKE">pic.twitter.com/3pOfXjpxKE</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574731198605062144?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【必聴動画】再びのスプリンクラー誤作動にも見事な切り返し解説を披露した戸田和幸さん</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#キリンチャレンジカップ</a> 2022 】<br>前半14分<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本</a> 0-0 エクアドル<br><br>ハプニング<br>スプリンクラーが誤作動<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/TBS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TBS</a> 系列生中継<br>TVerでもLIVE配信<a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/Gx0cnAzCmd">pic.twitter.com/Gx0cnAzCmd</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574734870395297792?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly