ユーロ2020出場に導いたGKマーシャル、スコットランド代表から引退

2022.06.08 01:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
QPRのGKデイビッド・マーシャル(37)がスコットランド代表からの引退を表明した。スコットランドサッカー協会の公式サイトにコメントを掲載した。

2004年8月に代表デビューを飾ったマーシャルはこれまでスコットランド代表として47試合に出場。ユーロ2020本戦出場を懸けたプレーオフ準決勝イスラエル代表戦、決勝のセルビア代表戦ではいずれもPK戦となった中、マーシャルの活躍で本戦出場を勝ち取った。そしてユーロ2020では3試合にフル出場していた。

代表引退についてマーシャルは「自分の国のためにプレーするのが大好きだった。ユーロでプレーできたことがハイライトになったよ。後進に道を譲るべきと考えたのが今回の決断に至った最大の理由だ。ネーションズリーグが始まる前に発表するべきだと思ったんだ」とコメントを残した。


関連ニュース
thumb

エバートンに痛手…代表戦で負傷のパターソンが最低4週間アウトに

エバートンは28日、スコットランド代表DFネイサン・パターソンの離脱を発表した。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左足を負傷。メディカルスタッフにより治療を受けたものの、プレー続行は叶わず担架でピッチを後にしていた。 28日にロンドンの専門医で診察を受けたパターソンは足首を負傷しており、全治には4~5週間程度かかるとのことだ。今後は、エバートンの医療チームのもとで治療を受けるとのこと。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.29 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

UNLグループA昇格4チームが決定! スコットランドが英国勢の面目保つ

27日、UFFAネーションズリーグ(UNL)・グループBの全日程が終了し、グループAに昇格する4チームが決定した。 今シーズンのグループAでは各グループの最下位となったオーストリア代表、チェコ代表、イングランド代表、ウェールズ代表の4チームの降格が決定。代わってグループBの各グループ首位チームとなった4チームの来シーズンのグループA昇格が決定した。 グループ1ではウクライナ代表との一騎打ちを制したスコットランド代表が、イングランドとウェールズと入れ替わる形でイギリス勢としての面目を保つ昇格に。 グループ2はロシア代表の大会追放措置によって三つ巴の争いとなった中、イスラエル代表がアイスランド代表、アルバニア代表を退けた。 グループ3は全チームが2勝以上を挙げる実力拮抗のグループとなったが、最終的にボスニア・ヘルツェゴビナ代表が混戦を制した。 グループ4ではワールドカップやユーロで実績のあるセルビア代表、スウェーデン代表が本命と目されたが、怪物ハーランドを擁するノルウェー代表が健闘。スウェーデンの不振もあり、最終節では同勝ち点で並ぶセルビアとの直接対決となったが、この試合では不発のハーランドを尻目に、ヴラホビッチ、ミトロビッチの2トップが決定的な仕事を果たし、セルビアがグループA昇格を決めている。 ◆UNLグループB最終順位 ▽グループ1 1.スコットランド 13pt ――昇格―― 2.ウクライナ 11pt 3.アイルランド 7pt ――降格―― 4.アルメニア 3pt ▽グループ2 1.イスラエル 8pt ――昇格―― 2.アイスランド 3pt 3.アルバニア 1pt ――降格―― 4.ロシア ※除外 ▽グループ3 1.ボスニア・ヘルツェゴビナ 11pt ――昇格―― 2.フィンランド 8pt 3.モンテネグロ 7pt ――降格―― 4.ルーマニア 7pt ▽グループ4 1.セルビア 13pt ――昇格―― 2.ノルウェー 10pt 3.スロベニア 6pt ――降格―― 4.スウェーデン 4pt 2022.09.28 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手…右サイドの主力パターソンが最大6週間の離脱へ

エバートンのスコットランド代表DFネイサン・パターソンが数週間の戦線離脱を強いられる見込みだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左ヒザを負傷した。 『タイムズ』によると、同選手は27日に専門家の診断を受ける予定だが、現時点では6週間程度の離脱が見込まれている。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.28 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

エリザベス女王の逝去を受けスコットランドでも今週末のプロサッカーが全て中止「深遠で重大な出来事」

9日、今週末に行われるスコットランドのプロサッカーの試合が全て延期となることが発表された。 8日、イギリスのエリザベス2世女王陛下が逝去。これを受け、9日にはプレミアリーグやチャンピオンシップなどイングランドで行われる今週末のサッカー中止となることが発表されていた。 同様の理由から、スコットランドサッカー協会(SFA)、スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ(SPFL)、スコットランド女子プレミアリーグなど、全てのプロサッカーが中止となることが決定された。 SFAのロッド・ペトリー会長は声明を発表している。 「今朝、英国内の関係者と話し、スコットランドのプロサッカー界の仲間と話し合った結果、エリザベス2世女王陛下の逝去を受け、取るべき適切な措置であるとの見解で一致しました」 「我々は喪に服す期間中、クラブや会員と協力し、適切な措置を取ることを確実とするための努力をします」 また、SPFLの最高経営責任者(CEO)であるニール・ドンカスター氏も声明を発表した。 「イギリス、スコットランド政府、スコットランドFA、プレミアリーグのカウンターパートなどとの協議の結果、今週末に予定されている全てのSPFLの試合は敬意を表して延期されることとなりました」 「70年間、我々の生活の中で絶え間なく続いてきた女王の逝去は、深遠で重大な出来事です。したがって、プロサッカー界がこのような出来事を、可能な限り厳粛に受け止めることは適切です」 「女王陛下の葬儀の正式な情報が明確になり次第、クラブやサポーターには報告いたします」 2022.09.09 22:22 Fri
twitterfacebook
thumb

シティは左SB補強でティアニーに照準? ククレジャの約82億円は高すぎるとの考えか

マンチェスター・シティがアーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(25)に関心を寄せているようだ。 ティアニーは2019年8月にセルティックからアーセナルへと加入した左サイドバック。アーセナルではこれまで公式戦通算86試合4得点12アシストを記録するなど、ミケル・アルテタ監督からの信頼のもとで主力選手の1人として活躍している。 その一方で、ケガがちであることも知られており、アーセナル加入後の3シーズンでたびたび負傷離脱を繰り返し、今シーズンも今年4月の左ヒザの手術実施のために終盤戦を欠場していた。 それでもプレミアリーグ屈指の実力者に興味を抱くビッグクラブは後を絶たない。スコットランド『スコッツマン』によると、以前より報じられていたレアル・マドリーやバルセロナに加え、新たにシティもティアニーの獲得を模索し始めたようだ。 左サイドバック補強を目指すシティは、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)をトップターゲットとして獲得を目指しているとされ、すでに正式オファーを提示すると伝えられている。だが、『スコッツマン』は、シティの首脳陣らはブライトン側が要求している5000万ポンド(約82億5000万円)の支払いに二の足を踏んでいると指摘。ジョゼップ・グアルディオラ監督もその才能を高く評価しているというティアニーへ方針転換するかもしれないと分析している。 今シーズンのアーセナルでは腕章を巻く試合もあるなど、新シーズンの主将候補の1人ではないかと目されたティアニー。今夏の移籍はあるのだろうか。 2022.06.20 17:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly