ユーロ2020出場に導いたGKマーシャル、スコットランド代表から引退

2022.06.08 01:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
QPRのGKデイビッド・マーシャル(37)がスコットランド代表からの引退を表明した。スコットランドサッカー協会の公式サイトにコメントを掲載した。

2004年8月に代表デビューを飾ったマーシャルはこれまでスコットランド代表として47試合に出場。ユーロ2020本戦出場を懸けたプレーオフ準決勝イスラエル代表戦、決勝のセルビア代表戦ではいずれもPK戦となった中、マーシャルの活躍で本戦出場を勝ち取った。そしてユーロ2020では3試合にフル出場していた。

代表引退についてマーシャルは「自分の国のためにプレーするのが大好きだった。ユーロでプレーできたことがハイライトになったよ。後進に道を譲るべきと考えたのが今回の決断に至った最大の理由だ。ネーションズリーグが始まる前に発表するべきだと思ったんだ」とコメントを残した。

関連ニュース
thumb

ニューカッスル、ウェストハムの21歳DFアシュビー獲得へ… トリッピアーのバックアッパーに

ニューカッスルがウェストハムの元U-21スコットランド代表DFハリソン・アシュビー(21)獲得を確実にしたようだ。イギリス『90min』が伝えている。 アシュビーはウェストハムの下部組織で育った右サイドバック。ファーストチームデビューは2020年9月まで遡るが、今季はヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)の予選と本戦の計2試合以外に出場がなく、主にU-21チームでプレーしていた。 ニューカッスルは昨夏にアシュビー獲得を目指すも、この時はクラブ間交渉が決裂。主軸の右サイドバックであるDFキーラン・トリッピアーをバックアップできる人材として注目してきたとのことだ。 移籍金は300万ポンド(約4億8000万円)とされ、アシュビーは29日にメディカルチェックを実施。契約もすでに済ませたとみられ、あとは公式発表を待つのみとなったようだ。 2023.01.30 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

スコットランド代表GKゴードンが両足骨折で今季絶望に…

スコットランド代表GKクレイグ・ゴードンが両足を骨折し、今シーズンの残りの試合を欠場することとなった。所属先のハートが26日に発表している。 ゴードンは24日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第18節のダンディー・ユナイテッド戦に先発出場したが、2-2で迎えた76分に相手FWスティーブン・フレッチャーと衝突し、担架でピッチを後にした。 クラブによれば、その後の検査で上述の診断を受けたゴードンはすでに手術を受けており、まもなく退院する予定だという。離脱期間について詳細は明かされていないが、今シーズンの残り試合を欠場するとのこと。 また、今回のケガにより来年3月のインターナショナルマッチウィークに行われるユーロ2024予選の2試合(25日キプロス代表、28日スペイン代表)を欠場することが決定した。 2022.12.27 00:21 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手…代表戦で負傷のパターソンが最低4週間アウトに

エバートンは28日、スコットランド代表DFネイサン・パターソンの離脱を発表した。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左足を負傷。メディカルスタッフにより治療を受けたものの、プレー続行は叶わず担架でピッチを後にしていた。 28日にロンドンの専門医で診察を受けたパターソンは足首を負傷しており、全治には4~5週間程度かかるとのことだ。今後は、エバートンの医療チームのもとで治療を受けるとのこと。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.29 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

UNLグループA昇格4チームが決定! スコットランドが英国勢の面目保つ

27日、UFFAネーションズリーグ(UNL)・グループBの全日程が終了し、グループAに昇格する4チームが決定した。 今シーズンのグループAでは各グループの最下位となったオーストリア代表、チェコ代表、イングランド代表、ウェールズ代表の4チームの降格が決定。代わってグループBの各グループ首位チームとなった4チームの来シーズンのグループA昇格が決定した。 グループ1ではウクライナ代表との一騎打ちを制したスコットランド代表が、イングランドとウェールズと入れ替わる形でイギリス勢としての面目を保つ昇格に。 グループ2はロシア代表の大会追放措置によって三つ巴の争いとなった中、イスラエル代表がアイスランド代表、アルバニア代表を退けた。 グループ3は全チームが2勝以上を挙げる実力拮抗のグループとなったが、最終的にボスニア・ヘルツェゴビナ代表が混戦を制した。 グループ4ではワールドカップやユーロで実績のあるセルビア代表、スウェーデン代表が本命と目されたが、怪物ハーランドを擁するノルウェー代表が健闘。スウェーデンの不振もあり、最終節では同勝ち点で並ぶセルビアとの直接対決となったが、この試合では不発のハーランドを尻目に、ヴラホビッチ、ミトロビッチの2トップが決定的な仕事を果たし、セルビアがグループA昇格を決めている。 ◆UNLグループB最終順位 ▽グループ1 1.スコットランド 13pt ――昇格―― 2.ウクライナ 11pt 3.アイルランド 7pt ――降格―― 4.アルメニア 3pt ▽グループ2 1.イスラエル 8pt ――昇格―― 2.アイスランド 3pt 3.アルバニア 1pt ――降格―― 4.ロシア ※除外 ▽グループ3 1.ボスニア・ヘルツェゴビナ 11pt ――昇格―― 2.フィンランド 8pt 3.モンテネグロ 7pt ――降格―― 4.ルーマニア 7pt ▽グループ4 1.セルビア 13pt ――昇格―― 2.ノルウェー 10pt 3.スロベニア 6pt ――降格―― 4.スウェーデン 4pt 2022.09.28 06:35 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手…右サイドの主力パターソンが最大6週間の離脱へ

エバートンのスコットランド代表DFネイサン・パターソンが数週間の戦線離脱を強いられる見込みだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左ヒザを負傷した。 『タイムズ』によると、同選手は27日に専門家の診断を受ける予定だが、現時点では6週間程度の離脱が見込まれている。 今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。 2022.09.28 00:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly