【2021-22プレミアリーグベストイレブン】シティから最多5人、リバプールから4人選出

2022.06.04 12:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
2021-22シーズンのプレミアリーグが全日程を消化しました。そこで本稿では今シーズンのベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

◆プレミアリーグベストイレブン
GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、ルベン・ディアス、ククレジャ
MF:デ・ブライネ、ロドリ、ベルナルド・シウバ
FW:サラー、フォーデン、ソン・フンミン

GKアリソン(29歳/リバプール)
出場試合数:35(先発回数:36)/失点数:24/出場時間:3240分
Getty Images

今季のプレミアリーグでは、シティのエデルソンとともにゴールデングローブを受賞したアリソン。年々ハイレベルになっていく優勝争いにおいて、2人のブラジル代表GKは鎬を削り合ってきた。今季も失点数ではアリソンが「24」、エデルソンが「26」、クリーンシートは同じ20試合と、甲乙付け難いスコアとなったが、直接対決で好セーブの印象が強かったアリソンを今回は選出した。

DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(23歳/リバプール)
出場試合数:32(先発回数:32)/2ゴール12アシスト/出場時間:2854分
Getty Images

若くして史上最高の右SBに上り詰めたアレクサンダー=アーノルドが今季もベストイレブン入り。アシスト数では自己最多の19-20シーズンにはひとつ及ばなかったが、今季はシティ戦やチェルシー戦、アーセナル戦などのビッグマッチで結果を残すことが多く、プレースキックの精度も相変わらず高かった。一方で、守備面ではまだまだ伸び代を感じさせるシーズンとなった。

DFヴィルヒル・ファン・ダイク(30歳/リバプール)
出場試合数:34(先発回数:34)/3ゴール4アシスト/出場時間:3060分
Getty Images

昨季は右ヒザじん帯損傷でシーズンの大半を治療に費やす悔しい思いをしたファン・ダイクが完全復活。開幕当初は「まだ道半ば」と、負傷前のレベルには至っていないと謙虚な姿勢を見せていたが、やはりそこはファン・ダイク。もはやどんなFWも寄せ付けない卓越した守備で、出場した34試合中21試合で無失点を記録した。

DFルベン・ディアス(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:29(先発回数:27)/2ゴール4アシスト/出場時間:2402分
Getty Images

昨季のプレミアリーグ初挑戦で年間最優秀選手に選ばれたルベン・ディアスは、今季も安定したパフォーマンスでシチズンズの守備を固めた。また、加入2年目にしてキャプテンも任されるなどリーダーシップも発揮。今後もさらなる活躍が期待されている。

DFマルク・ククレジャ(23歳/ブライトン)
出場試合数:35(先発回数:35)/1ゴール1アシスト/出場時間:3092分
Getty Images

トップ4以外のチームでは唯一の選出。ヘタフェから加入した今シーズン、ラ・リーガより遥かに勝る強度の中で、ククレジャはバルセロナ仕込みのテクニックに加え、スピードやパスも非凡な才能を見せ、左サイドバックとして素晴らしい存在感を放った。移籍金が1500万ポンドだったこともあり、今季のベストバイに推す声も。また、すでにチェルシーやシティからの関心が伝えられている。

MFロドリ(25歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:33(先発回数:33)/7ゴール2アシスト/出場時間:2888分
Getty Images

加入3年目を迎え、もはやペップ戦術の申し子となったロドリ。ポジショニング、パス捌き、キック精度のどれをとっても現在のシティには欠かせないもので、とりわけ守備時のポジショニングの正確さは、チームの攻撃力にも起因している。今季は重要な終盤戦にゴールを量産しており、最終節のアストン・ビラ戦では、ミドルレンジから針の穴を通すようなゴールで逆転勝利に貢献した。

MFケビン・デ・ブライネ(30歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:30(先発回数:25)/15ゴール8アシスト/出場時間:2206分
Getty Images

足首の問題で前半戦はサラーやベルナルド・シウバに主役の座は譲ったものの、シーズン後半はデ・ブライネの独擅場に。終盤のウルブズ戦ではプレミアリーグ歴代3番目の早さとなるハットトリックと1試合4ゴールを達成。そして、最終節で逆転勝利を呼び込んだギュンドアンへのアシストは真骨頂と言えるプレーだった。

MFベルナルド・シウバ(27歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:35(先発回数:33)/8ゴール4アシスト/出場時間:2860分
Getty Images

前半戦は攻守に大車輪の活躍でMVP級のパフォーマンスだったベルナルド・シウバ。シーズン後半は数字上は目立たなかったが、攻撃的な選手の中でも最もピッチに立っていた選手で、相変わらずペップからの信頼は厚かった。繊細かつダイナミックなプレーで、シティの優勝に貢献した。

FWモハメド・サラー(29歳/リバプール)
出場試合数:35(先発回数:25)/23ゴール14アシスト/出場時間:2762分
Getty Images

3度目のプレミアリーグ得点王に輝いたサラー。15ゴールをマークした前半戦と比較すると、後半戦は代表で2つの大きな失望を味わったこともあり、ゴール数は伸び悩む結果に。それでも、アシスト数でもトップに立ったエジプト代表FWは流石の一言に尽きる。

FWフィル・フォーデン(22歳/マンチェスター・シティ)
出場試合数:28(先発回数:24)/9ゴール8アシスト/出場時間:2134分
Getty Images

もはやポジションに囚われない変幻自在な選手に化けたフォーデン。プロ入り当初は中盤の中央で起用されることが多かったが、今季は両ウイングに加えてセンターFWでの起用が増え、最前線でゲームを組み立てるプレーが印象的だった。まだまだ伸び代を残す末恐ろしい22歳は、プレミア史上初の2年連続での若手最優秀選手に選ばれる偉業を成し遂げた。

FWソン・フンミン(29歳/トッテナム)
出場試合数:35(先発回数:24)/23ゴール9アシスト/出場時間:3022分
Getty Images

在籍7年目を迎えたソン・フンミンが、今季はサラーと並んで初めてゴールデン・ブーツを受賞した。移籍叶わずで闘争心を失いかけていたエースに代わって序盤から気を吐いた韓国代表FWは、サラーよりもコンスタントに得点を重ねた。今季のスパーズにとって大きなポイントとなった終盤戦では、10試合で12ゴール3アシストを記録。チームの3シーズンぶりとなるCL出場に導く働きを見せた。

関連ニュース
thumb

代表帰りのマグワイア、マンチェスター・ダービーを負傷欠場か

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが今週末に迫るマンチェスター・ダービーを欠場する模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 近年は個人のミスがフォーカスされ、非難の的となるマグワイア。ユナイテッドでポジションを失うなか、先のイングランド代表に賛否がありながらも呼ばれたが、ドイツ代表戦ではPK献上に失点直結のボールロストとさらに暗い影を落とす。 代表先でも厳しい目に晒され、28日に所属先のユナイテッドに戻ったマグワイアだが、筋肉系のトラブルを抱えており、代表ウィーク明けの2日に敵地で予定するプレミアリーグ第9節のマンチェスター・シティ戦でのメンバー入りが微妙だという。 ケガをしていなかったとしても、DFラファエル・ヴァランとDFリサンドロ・マルティネスのサブ扱いが濃厚だが、カタール・ワールドカップのイングランド代表メンバー入りに向けてここからが踏ん張りどころの本人からしてみれば痛恨となる。 幸いにも、10月のユナイテッドは公式戦9試合を予定。そのスケジュール的にも、万全の状態であれば出番が見込めそうなマグワイアだが、いかに。 2022.09.29 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ退団望むベルナルド・シウバ、今後の去就について話し合いへ

過去2度の移籍市場でスペインへの移籍を希望していたマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)だが、クラブは将来についての話し合いをするようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2017年7月にモナコからシティに加入したシウバは、チームに欠かせない存在に。これまで公式戦261試合で50ゴール54アシストを記録している。 今シーズンもチームの力となっているシウバだが、バルセロナからの興味を持たれ続けている状況。本人もスペインへの移籍を希望し、ジョゼップ・グアルディオラ監督も選手のキャリアの邪魔はしないと語り、移籍が容認されていたが、財政難に苦しむバルセロナに獲得する資金は存在せず、オファーも届かずに終わっていた。 シティとシウバの契約は2025年6月30日までの残り約2年半。グアルディオラ監督は移籍を容認する一方で、自身の希望としては残留して欲しいと明言している。ただ、8000万ポンド(約124億6000万円)を超えるオファーであれば手放すことになると見られている。 シティは、来夏の補強戦略を立てるためにシウバとの話し合いを進めていく予定とのこと。退団を希望するのであれば後任を探す必要があり、スポーツ・ディレクター(SD)のチキ・ベギリスタイン氏はそのリストを作成しているとのことだ。 また、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンも契約が満了を迎えるため、契約を延長するかどうかも含め検討が必要となり、その中でシウバの去就についてハッキリさせたいと考えているという。 2022.09.29 12:16 Thu
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ストーンズが代表戦で負傷交代…シティ帰還後の初戦はマンチェスター・ダービーも

イングランド代表DFジョン・ストーンズがケガを負ってしまった。 26日のUEFAネーションズリーグでドイツ代表をホームに迎え撃ったイングランド。グループステージ最下位でリーグB降格が決まっての一戦とあって、今年11月のカタール・ワールドカップを睨んだテストの場となるなか、出場停止明けのストーンズは3バックの右センターバックで先発した。 守りの部分だけでなく、10分にカウンターのキッカケとなる縦パスも披露したりしたが、35分に自身のボールカットから自ら前線に駆け上がった際に右足ハムストリングの裏を右手で抑え込み、プレーを中断。ピッチ上での治療を経て、37分にDFカイル・ウォーカーとの交代で退いている。 現時点でイングランド代表からアナウンスなく、状態不明だが、所属先のシティに戻ると、10月2日に予定するプレミアリーグ第9節のマンチェスター・ユナイテッド戦が再開初戦に。検査の結果が待たれるところだ。 2022.09.27 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

デビュー目前!?長谷川唯がフォロワー1000万人超えのシティ公式アカウントに登場!「間もなく」

なでしこジャパンMF長谷川唯の新天地デビューが近づいているようだ。 長谷川は、8日にウェストハムからマンチェスター・シティへと完全移籍。イングランド屈指の強豪へ、移籍市場最終日に加入した。 ウェストハムでの最後の練習で足首を負傷したという長谷川は18日のFA女子スーパーリーグ(FAWSL)開幕戦を欠場していたが、とうとう練習に合流したようで、1300万人ものフォロワーを抱えるシティの公式ツイッターにも25日に長谷川が登場。「マンチェスターへようこそ」とトレーニングウェアに身を包んだ長谷川の姿をアップしている。 残念ながら投稿の直後に行われた25日のチェルシー戦ではベンチ外だった長谷川だが、本人もこの投稿に「soon(間もなく)」の絵文字を添えて反応。待望のデビューが近づいていることを匂わせた。 <span class="paragraph-title">【写真】マンチェスター・シティのトレーニングウェアに身を包んだ長谷川唯</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Manchester, <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ManCity?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ManCity</a> <a href="https://t.co/t3dAkXALom">pic.twitter.com/t3dAkXALom</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1573689211529691137?ref_src=twsrc%5Etfw">September 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】マンチェスター・シティのユニフォームと長谷川唯</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiQL9K8M9VK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">長谷川唯/Yui Hasegawa(@yui___hasegawa)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.26 20:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly