仲川が1ゴール1アシスト!! アウェイで磐田に勝利した横浜FMが首位に浮上!!【明治安田J1第16節】

2022.05.29 18:29 Sun
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第16節のジュビロ磐田vs横浜F・マリノスが29日にヤマハスタジアムで行われ、アウェイの横浜FMが2-0で勝利した。

前節は最下位のヴィッセル神戸とゴールレスドローで直近2試合勝利がない磐田と、攻守両面で京都サンガF.C.を圧倒し2-0で勝利した横浜FMが激突。磐田は4勝目、横浜FMは連勝で首位浮上を目指して試合に臨んだ。
序盤は一進一退の攻防で進むも、徐々にアウェイの横浜FMが攻勢をかけて磐田陣内へ攻め込んで行く。14分に仲川が磐田の最終ラインのギャップを突いて背後に抜け出しGKと1対1に。ゴール前で仲川からのラストパスを受けたレオ・セアラが落ち着いて右足でネットを揺らすも、オフサイドの判定となる。

高い位置でのプレッシングと積極的な背後狙いを繰り返す横浜FMに対して、守備対応で後手に回る磐田。39分には最終ラインでのビルドアップ中に連携ミスからレオ・セアラにボールを奪われ、絶体絶命のピンチを迎える。レオ・セアラのコントロールミスにより、なんとか間一髪のところで難を逃れたが、ピッチ上で良い循環を作れなかった前半を象徴するシーンとなった。

防戦一方ながらも、GK三浦の好セーブにも救われ、ゴールレスで試合を折り返した磐田は、シュート「0」に終わった前半から打って変わり、後半立ち上がりからチーム全体でプレッシャーを強めて高い位置でボールを奪取するなど、随所で積極的な姿勢を見せる。だが、欲しかった先制点は地力で上回る横浜FMにもたらされた。
55分、ショートパスを繋いで左サイドから右サイドへと展開した横浜FMは、ボランチの藤田譲瑠チマも絡んで磐田の守備陣を揺さぶり、右サイドバックの松原がセンタリングを上げる。ゴール前でレオ・セアラの頭上を越えたボールは、ファーサイドで待ち構えていた仲川の足元へ。仲川はワントラップから右足を豪快に振り抜きネットを揺らした。

後半の早い時間帯で先制に成功した横浜FMは62分にも追加点を挙げる。左サイドバックの永戸が内側を攻め上がり、入れ替わるようにしてワイドに開いた仲川へボールを預ける。仲川は右足でセンタリングを上げると、ゴール前でレオ・セアラが相手DFと競り合いながらも打点の高いヘディングで合わせた。

2点のビハインドを背負った磐田は、75分にようやく初シュート。左サイド深い位置からセンタリングを供給すると、一度はDFにクリアされたボールを拾い返して上原が右足でゴールを狙う。しかし、枠をとらえることは出来ず。磐田は攻撃が単発に終わることが多く、継続して横浜FMに脅威を与えることが出来ない。

81分には途中出場の大津とファビアン・ゴンザレスが立て続けにシュートを放つが、いずれも横浜FMの守護神・高丘がセーブ。ファビアン・ゴンザレスは86分にもセンタリングを頭で合わせてチャンスを迎える。磐田は試合終盤へ来てようやく好機を作り出すも、最後までゴールは奪えずタイムアップ。横浜FMが0-2で勝利を収めた。

なお、他会場で首位の鹿島アントラーズと2位の川崎フロンターレがいずれも敗れたため、2連勝の横浜FMが首位に浮上した。

ジュビロ磐田 0-2 横浜F・マリノス
【横浜FM】
仲川輝人(後10)
レオ・セアラ(後18)
関連ニュース
thumb

中2日で先発9人替えの横浜FMは2度のリードを守り切れず…湘南は数的不利下で追い付き連敗ストップ【明治安田J1第8節】

明治安田J1第8節、横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレが13日に日産スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 4位横浜FMは10日のガンバ大阪戦勝利で今季初の連勝を達成。中2日で迎える今節は、ポープ・ウィリアムと加藤蓮を除いたスタメン9人が入れ替わった。 一方、3連敗で5試合未勝利中の18位湘南は、サンフレッチェ広島戦で退場処分を受けたGKソン・ボムグンに代わって馬渡洋樹が今季初先発に。また、前身のフジタ工業サッカー部、ベルマーレ平塚時代に尽力した植木繫晴氏の訃報を受け、喪章を着用して試合に臨んだ。 湘南は開始早々3分、ルキアンが横浜FM最終ラインのビルドアップを引っ掛けて自らフィニッシュ。12分にも早い攻撃から鈴木雄斗がシュートシーンを迎える。 だが、以降はリズムを取り戻した横浜FMのペースが続き、21分に先制点を奪取。右CKのクイックリスタートから松原健のパスで右ポケットを取り、水沼宏太がルキアンに身体を入れられながらもゴールラインギリギリから粘って折り返すと、スタメンに抜擢された慶応大学在学中の塩貝特別指定選手、塩貝健人が蹴り込み、J初ゴールを挙げた。 湘南にとってはCKを与える契機となったFK判定に、もやもやする中での失点に。松原と平岡大陽のコンタクト時、パス受け時のハンドオフで松原の手が平岡の顔に入り、その後にユニフォームを引っ張った平岡のファウルを取られ、水沼に対するルキアンの対応もやや中途半端だった。 リードを奪った横浜FMには、以降も再三再四好機が到来。先制直後には右サイドからの対角フィードを収めた小池裕太、30分にはカウンターから塩貝と、湘南ゴールに襲い掛かる。 受け身の時間が続いた湘南だったが、孤軍奮闘の鈴木雄斗と、2トップの縦関係を意識し始めた鈴木章斗が絡んで41分に同点ゴールを奪う。ビルドアップ中に横浜FMの圧力を受けながらも、GK馬渡が縦に差し込み、ピッチ中央で鈴木章斗が受けて右へ展開。鈴木雄斗が持ち運びから中へ切れ込み、リターンを渡すと、ペナルティアーク内で混戦となり、こぼれ球に反応した平岡が振り向きざまの左足シュートを右隅へ沈めた。 好機量産の中で追加点を奪えないまま追い付かれた横浜FMは、後半開始直後から再びシフトアップし、すぐさま勝ち越す。48分、度々ポイントとなっていたサイドチェンジから小池裕太がボックス手前左で左足を振り抜き、GKが弾いたボールをナム・テヒが豪快に蹴り込んでJ1初ゴールをマークした。 スコアが動き、両ベンチも2枚替えと動く中で湘南は61分、途中出場の福田翔生がスルーパスに反応して左ポケットへ。ポープと交錯して倒れるも、GK先触りで笛は鳴らず。71分にはバイタルエリアでの短いパスでサイドを変えながら鈴木雄斗が狙う。 反撃へ息を吹き返し始めたかに思えた湘南だが76分、前節に続いて数的不利に陥ってしまう。アンデルソン・ロペスにカウンターを許し、対応した大岩一貴がボックス手前でファウルを冒すと、当初はイエローカードが提示されたものの、VARからの進言とオン・フィールド・レビュー(OFR)の結果、上村篤史主審は判定を変更。レッドカードを提示した。 それでも湘南は、GK馬渡のセーブとクロスバーでこの窮地を乗り切りと、80分に再び試合を振り出しに戻す。途中出場・石井久継の浮き球パスからルキアンがボックス右角付近でタメを作って折り返すと、石井がフリックして最後は福田。右足で左隅へと流し込み、待望のJ1初ゴールを挙げる。 数的優位の中で追い付かれた横浜FMは、さらなるアクシデントに見舞われる。交代枠を使い切った後に加藤がパス後に右足を痛めて負傷。担架に乗せられてピッチを後にした。 10人対10人の戦いとなったピッチでは、追い付いた湘南がさらなる攻勢。アディショナルタイムには石井の意表を突いたロングシュートがスタジアムを沸かせる。横浜FMもオフサイドにはなったが、ナム・テヒがGKとの一対一を迎えるなど、8分の追加タイムは互いに攻め合うオープンな展開となったが、新たなゴールは生まれないままタイムアップ。 横浜FMは3連勝ならず、湘南は連敗を「3」止めた。 横浜F・マリノス 2-2 湘南ベルマーレ 【横浜FM】 塩貝健人(前21) ナム・テヒ(後3) 【湘南】 平岡大陽(前41) 福田翔生(後35) <span class="paragraph-title">【動画】1人少ない湘南が福田翔生のJ1初ゴールで追い付く!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>数的不利を跳ね返した<br>\<br><br>途中出場の福田翔生が値千金の同点ゴール<br><br>湘南が1人少ない状況を跳ね返し同点に<br><br>明治安田J1第8節<br>横浜FM×湘南<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%AA%E6%B5%9CFM%E6%B9%98%E5%8D%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#横浜FM湘南</a> <a href="https://t.co/9OYwM5aDHd">pic.twitter.com/9OYwM5aDHd</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1779043469798826350?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.13 16:05 Sat

【J1注目プレビュー|第8節:横浜FMvs湘南】連勝継続か連敗ストップか…“神奈川ダービー”を制するのは?

【明治安田J1リーグ第8節】 2024年4月13日(土) 14:00キックオフ 横浜F・マリノス(4位/13pt) vs 湘南ベルマーレ(18位/5pt) [日産スタジアム] <span class="paragraph-subtitle">◆今季初連勝、次はホーム連勝へ【横浜F・マリノス】</span> AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めた連戦中の横浜FM。ミッドウィークにはホームにガンバ大阪を迎えしっかり勝利。今シーズンのリーグ戦ホーム初勝利を収めた。 それと同時にリーグ戦連勝。苦しい日程ながらも結果を出すチームは、中2日で湘南を迎え“神奈川ダービー”を戦う。 ケガ人が徐々に復帰を果たし、選手層が整ってきたとはいえ、ハードな連戦の中で迎える湘南はやりにくい相手。G大阪戦も相手の強いプレスに対して前半は良いところなしに終わったが、最後は2点をもぎ取った。 粘りと気持ちを見せなければいけない中、ここをどう乗り切るか。ターンオーバーをしつつ、大車輪の活躍を見せるアンデルソン・ロペスのゴールには期待せざるを得ない。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:ポープ・ウィリアム DF:松原健、上島拓巳、畠中槙之輔、永戸勝也 MF:ナム・テヒ、喜田拓也、植中朝日 FW:水沼宏太、アンデルソン・ロペス、宮市亮 監督:ハリー・キューウェル <span class="paragraph-subtitle">◆止めたい連敗、ダービーを良いキッカケに【湘南ベルマーレ】</span> 前節はアウェイでサンフレッチェ広島と戦い2-0で敗戦。これでリーグ戦3連敗、5戦未勝利と嫌な流れに入ってしまった。 特徴である前からのプレスや攻撃へと転じるプレーは悪くなかったが、GKソン・ボムグンの一発退場が最後は手痛いことに。チームとしての戦いは見せたが、力負けしてしまった。 目下の課題は失点の多さ。リーグ2番目に多い14失点だが、チームとしての守備というよりは個々の局面での脆さが露呈してしまう。 とはいえ相手は連戦中、しかも中2日でナイトゲームからデーゲームとコンディション面では圧倒的優位に立てる状況。今こそ湘南の“走力”で連敗を止めるチャンスだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:馬渡洋樹 DF:鈴木雄斗、キム・ミンテ、大岩一貴、畑大雅 MF:池田昌生、茨田陽生、奥野耕平、平岡大陽 FW:ルキアン、鈴木章斗 監督:山口智 出場停止:ソン・ボムグン U-23日本代表活動参加:田中聡 2024.04.13 09:40 Sat

「勝って反省できるのは良い」苦しみ抜いてホーム初勝利の横浜FM、天野純は「学びの多いゲーム」と振り返る

横浜F・マリノスのMF天野純が、ガンバ大阪戦を振り返った。 10日、明治安田J1リーグ第3節延期分で、横浜FMはG大阪をホームの日産スタジアムに迎えた。 AFCチャンピオンズリーグ(CL)で日本勢として唯一勝ち残っている横浜FM。その影響で延期となっていた試合が消化された。 試合は前半はG大阪が押し込む展開に。相手のプレスの前になかなかボールを運べず、ボール奪取の強度も低く押し込まれる展開となる。 それでもゴールレスで折り返すと、後半に修正。すると53分、押し込んでいた中でアンデルソン・ロペスがボックス内から蹴り込み先制に成功。その後G大阪に反撃されるが、アディショナルタイムに植中朝日が隙を突いてダメ押しゴール。2-0で勝利を収めた。 試合後にメディアの取材に応じた天野。難しいパフォーマンスとなった中、試合を振り返り、勝利したことが良かったとした。 「前半はチームとしてもなかなか上手くいかず、イージーなミスも多くて、なかなか自分たちのリズムにならなかったです。結果的に勝てたので、勝って反省できることは良かったです」 これで連勝。ホームで初勝利となったが、内容が悪くても結果を残せるチームの力については「悪いなりに失点しないところだったり、チャンスで決め切るというところだったり、勝者のメンタリティがついてきているかなと思います」と語り、成長していると感じるようだ。 インサイドハーフとして出場した天野だが、相手のマークの前にあまり良い状態でボールをもらえずに終わった。 「対策を取られた中で、マンツーマンでも個で剥がせるクオリティもありますし、もう1回映像を見て修正して、対策されることはあると思うので、やり続けないといけないです」と振り返り、良くなかった部分を改善していくようだ。 一方で、後半先制した直後にFW植中朝日を投入。喜田拓也とのダブルボランチ気味に立ち位置が変化した。 「もう少しビルドアップを安定させたいのかなと思ったんですが、先制点がそのタイミングで取れたので、ちょっとチームとしても守りに入ったというか、ロングボールが多くなってしまいました」 「チーム全体として繋がりのあるポジションや連携がとれなかったので課題が残りました」 下がった位置でのゲームメイクとなった後半。天野はポイントとして「自分のところでボールを失わない、前に運ぶところ、キー坊(喜田拓也)との繋がりの部分だったりを意識しました」と振り返った。チームとして両サイドを上手く使えるようになり、最前線のアンデルソン・ロペスにボールがよく通るようになったのも、1つの変化と言えるだろう。 未消化だった試合を終え4位に位置する横浜FM。次は、中2日で湘南ベルマーレと対戦する。 「(今日の試合が)良くなかったことは確かですし、しっかりと上手く対策されることもあると思うので、自分たちがどうしていくか、学びの多いゲームでした」と振り返る天野。「なんと言っても勝って反省できることは本当に大きいので、リーグ戦で連勝すれば1試合少ない中で良い順位につけていたので、首位を狙っていきたいです」と語り、しっかりと反省をして、3連勝に向かうとした。 <span class="paragraph-title">【動画】勝負強さと決定力を見せつけたアンデルソン・ロペスの先制ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="deErlUeg7cw";var video_start = 262;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.11 07:30 Thu

「『ありがとう』と同時に『ごめんなさい』」 “元戦友”から決勝ゴール奪取のアンデルソン・ロペス、試合後のやりとり明かす

横浜F・マリノスのエースがチームを今季初の連勝に導いた。 横浜FMは10日にガンバ大阪をホームに迎え撃っての明治安田J1リーグ第3節延期分に望み、2-0で勝利。この試合で掴んだ3ポイントで勝ち点13に伸ばし、首位FC町田ゼルビアに迫る4位に浮上した。 そんなG大阪戦ではボールこそ握れど、うまく攻め切れずにカウンターを食らってと相手優勢の流れが続き、シュート数(11本と21本)、CK数(3回と11回)でいずれも大差をつけられる内容だった。 試合後のハリー・キューウェル監督からも「正直、自分たちの内容で進められなかった」との声が聞こえてくる戦いだったが、チームに漂う重い空気を払拭したのがアンデルソン・ロペスだった。 アンデルソン・ロペス自身も沈黙が続いたが、53分に山根陸からの浮き球をうまく受け、反転からの左足で均衡を破り、後半アディショナルタイムの植中朝日による勝負を決める一発につないだ。 勝敗の分かれ目だった決定力で違いとなり、2戦連発弾となる今季5ゴール目でチームを救ったブラジリアンストライカーは「今日は難しい試合だった」と振り返り、自身の得点も解説した。 「ガンバのディフェンスが本当に強くて、タフで、僕らのサッカーできない前半だったけど、後半はちょっと変わって、やりたいことができるようになり、リクから素晴らしいクロスが来て、うまくターンでき、得点につながった」 このゴールは昨季まで共闘した一森純の牙城を打ち破ってのもの。試合後のロッカールームでは一森が挨拶に来て、話す機会があったようだ。 「彼からは『ナイスゴール』との言葉をもらったけど、僕からは『ありがとう』と同時に『ごめんなさい』と言わせてもらったよ。去年まではチームメイトで、切磋琢磨してタイトルのために戦った仲間だった。今日は僕らが勝てて良かったと思う」 そんな横浜FMの主砲はここまでの公式戦11試合すべてで先発。J1においては開幕から全7試合でフルタイム出場が続く。今後もACLがあり、タイトなスケジュールだが、「とても状態が良くて、100%の状態」と問題なしとした。 試合後のキューウェル監督からは「彼は何を言っても、『常に試合に出たい』と言ってくる」と連続起用の経緯説明がなされており、その件をぶつけられると、「そうだね。怒ったのかもしれないね」と冗談を飛ばし、こう続けた。 「冗談はさておき、監督が決めたことはいつだって尊重している。監督とは今週、試合前に話をして、身体の状態も良いし、疲れもないと言った。疲れているなら監督に言うし、状態が良かったから使われて良かったよ。次の試合も出たいなと思う」 今季もここまで7試合で5ゴールを積み上げ、2年連続のJ1得点王にも期待十分の背番号10。ケガをしないよう願うばかりだが、J1とACLの二兎を追う今季のチームにとって、頼もしい限りだ。 2024.04.11 07:15 Thu

「悲しい結果」 シュート21本で横浜FM凌駕も0ゴールのG大阪、ポヤトス監督が思うフィニッシュ精度を高める手立ては?

ガンバ大阪が迫力ある攻撃を仕掛けるも報われず、今季初の連敗だ。 10日の明治安田J1リーグ第3節延期分が日産スタジアムで行われ、横浜F・マリノスと対戦したG大阪。序盤から高い守備意識をうまく速攻につなげ、シュートで終わるリズムある攻撃を展開したが、終わってみれば0-2のスコアで唇を噛んだ。 宇佐美貴史が流動的に動きながら、味方のお膳立てに回れば、自らも果敢に鋭いフィニッシュを放っていき、間違いなくリードしたが、ゴールを割れず。最終的に横浜FMの11本に対して、21本ものシュート数を記録したが、いずれも空砲だった。 内容面も敵将のハリー・キューウェル監督から「正直、自分たちの内容で進められなかった」との感想が口を突くほどだったが、それに伴わない結果となってしまったダニエル・ポヤトス監督も「悲しい結果になってしまった」と総括している。 「素直にマリノスを上回り、マリノスよりも良かった試合だったと思う。チャンス数だったり、相手陣地でボールを持ったり、ゲームを支配する点では確実に上回ったが、マリノスはアンデルソン・ロペスがたったのワンチャンスをモノにした」 「自分たちはチャンス数があったにもかかわらず、ゴールを決めきれなかったところがある。失点に関しては自分たちが同点に追いつこうと攻めにいったわけで、ああいった失点は仕方ない。結果は本当に満足できないが、チームが示した姿、戦う姿勢というところは誇りに思うし、満足している」 監督が言うように、ここ2試合と比べても迫力のある戦いを展開したが、決定力を改善できず、これで3試合ノーゴール。ゴール期待値で上回りながら無得点だった前節の北海道コンサドーレ札幌戦もだが、フィニッシュ精度の低さが目につく。 人選なのか、戦術なのか、手を入れる必要があるが、指揮官は「今日、明日、明後日で改善できるものではなく、難しさを感じる。ただ、一瞬一瞬で選手たちがベストな判断をしていくこと」と継続の必要性を説いた。 攻撃陣ではエースの宇佐美がここ数年とは違い、キレあるパフォーマンスで復活を印象づけるG大阪。昨季最多タイ61失点の守りもここまで安定し、ゴールに向かっていく迫力もある。決定力不足をいかに改善していくかが今後の鍵になりそうだ。 次節は中3日でサガン鳥栖とのホーム戦。次も落とすようだと、4年連続の残留争いを強いられかねないが、4試合ぶりの得点で5試合ぶりの勝利なるか。 2024.04.11 07:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly