「前日は眠れなかった」CL初制覇のロドリゴ、「とても特別な日」と喜びを明かす

2022.05.29 14:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスが、自身初のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。28日、CL決勝のリバプールvsレアル・マドリーがパリのスタッド・ドゥ・フランスで行われた。

4年前、2017-18シーズンの決勝の再現となった試合。立ち上がりからリバプールが攻め込む中、GKティボー・クルトワが立ちはだかり、ゴールを許さない。
慎重に入ったマドリーはVARにてゴールを取り消されるなどもあった前半を凌ぐと、後半に攻め込み、何度となくゴールに迫る。

すると、58分にボックス右からバルベルデがシュート性のグラウンダーのクロス。これをヴィニシウス・ジュニオールが合わせてマドリーが先制した。

同点を目指すリバプールだったが、GKクルトワがこの日はビッグセーブを連発。マドリーが14度目の優勝を果たした。

0-1でリードした後半アディショナルタイムに出場機会を得たロドリゴ。決勝に進むまでにはチェルシー戦でのゴールやシティ戦での2ゴールなど大事な仕事をしてきたが、この優勝は格別だと語った。

「チャンピオンズリーグで優勝したいと思っていたけど、こんな風になるとは思っていなかった。とても特別な日だし、とても幸せだよ」

「プレーで勝って、チームのために何かをする方がよっぽど良いね」

「僕がプレーしたパリ、チェルシー、シティとの試合では、試合が大きく変わった。僕が説明することができない夜だ。今日も少しプレーできたことは素晴らしいことだ」

「クルトワは僕たちのために、圧倒してくれたし、ヴィニ(ヴィニシウス・ジュニオール)だってそうだ。今は代表チームの遠征があるけど、それなければ、休みの間ずっと眠れないだろうね」

また、前日は眠れなかったとコメント。それでも、チームとして結果を残せて良かったと喜んだ。

「僕は眠ろうとしたんだけど、目が覚め続けたんだ。とても大変な1日だったけど、みんなが同じだった。僕たちはこうなると、良いことが起きる。とても嬉しいよ」

1 2

関連ニュース
thumb

準決勝の組み合わせが決定! マドリーvsバルセロナの“クラシコ”が実現《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝の組み合わせ抽選会が30日に行われ、セミファイナルの対戦カードが決定した。 26日に終えた準々決勝を勝ち抜いた4チームは、バルセロナ、オサスナ、ビルバオ、レアル・マドリー。 注目の準決勝では、アトレティコ・マドリーとのダービーを制したレアル・マドリーと、久保建英の所属するソシエダを下したバルセロナによるファイナル進出を懸けた“クラシコ”が実現。 また、今シーズンのラ・リーガで7位と躍進続くオサスナは、準々決勝では不調のセビージャを下して18季ぶりの4強入り。この準決勝では3週間前にリーグ戦でも対戦したビルバオと対戦する。 なお、準決勝はこれまでの一発勝負からホーム&アウェイ形式の2試合制に変更され、1stレグが2月28日,3月1日に、2ndレグが4月4,5日のいずれかの日程で開催予定だ。 ◆コパ・デル・レイ 準決勝組み合わせ レアル・マドリー vs バルセロナ オサスナ vs ビルバオ 2023.01.31 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルDFがソシエダ戦でバレーボール? スローインブロックもお咎めなし、元主審は判定を批判「最も深刻な事態の1つ」

レアル・マドリーのDFナチョ・フェルナンデスのプレーが物議を醸している。 29日、ラ・リーガ第19節でマドリーはレアル・ソシエダと対戦した。 日本代表MF久保建英の古巣対決となったこの試合。互いに見せ場がありながら、両守護神が活躍。試合は0-0のゴールレスドローに終わった。 そんな中、この試合のとあるプレーが話題となっている。それがナチョが見せた後半のプレー。ソシエダのMFアシエル・イジャラメンディがスローインをしようとしたところ、突然前に立ちはだかり、そのボールを手でブロックしたのだ。 さながらバレーボールのアタックをブロックするかのような行動。明らかな妨害行為だ。 すでに1枚イエローカードをもらっていたナチョ。イエローカードが出てもおかしくない場面だが主審からはお咎めなし。ただ、元審判員たちは退場にさせるべきだったとした。 スペイン『アス』とスペイン『カデナ・セル』で解説を務める元審判員のイトゥラルデ・ゴンサレス氏はこのプレーに対して「ゴールを祝うためにシャツを脱ぐようなもの」とし、「明らかなイエローカードだ。2枚目だったはずだ」とコメント。ナチョにお咎めなしというのはおかしいとの見解を示した。 これで退場となっていれば、試合の流れは変わっていた可能性もあり、明らかな誤審だと言及。主審を糾弾した。 「1部リーグの審判員がレギュレーションも知らないとは認められない。そして今日、それは実証されてしまった」 「ルールを知らないか、適用をしたくないかのどちらかだろう。最も深刻な事態の1つだ」 「これは明らかにナチョへの2度目の警告となるはずだった。イマノールのものもレッドカードだろう。議論の余地はない。ルールを知る必要がある」 ナチョの妨害行為の後には、ソシエダのイマノル・アルグアシル監督はピッチの外に出たボールを保持して、プレー再開を遅らせていた。結果としてどちらもお咎めなしに終わったが、試合に流れを変えるかもしれないジャッジがしっかりされないのは大きな問題となりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】意味不明、1人バレーボールをするレアルDFもお咎めなし</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nacho impidió así este saque de manos de la Real Sociedad. <br><br>No hubo tarjeta, la cual hubiera sido su segunda amarilla en el partido. <a href="https://t.co/JFklOJzups">pic.twitter.com/JFklOJzups</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1619847865781653506?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「これ凄いこと」久保建英がレアル戦でスペイン紙の一面に起用される!試合でも古巣相手に躍動し指揮官絶賛

スペイン『マルカ』の一面が注目を集めた。 ラ・リーガ第19節、レアル・マドリーvsレアル・ソシエダが29日に行われ、0-0で引き分けた。レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英はフル出場している。 久保にとっては、公式戦での出場機会こそなかったものの2019年夏にFC東京から加入した古巣でもあるマドリーとの対戦。これまでにも何度か対戦してきたが、今回は少し話が違う。 これまではレンタル先のクラブで苦しむこともあった久保だが、今シーズンは完全移籍したソシエダで好プレーを披露。ラ・リーガ15試合で3ゴール3アシストと結果を残しており、ソシエダの選手として初めてのサンティアゴ・ベルナベウ凱旋となった。 久保の今のパフォーマンスは現地でも評価をされており、スペインの大手紙『マルカ』は、この一戦の一面に久保とレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールを起用したのだ。 大きく取り上げられた久保の姿には、「これ凄いことだな!」、「あついな」と日本のファンからも反響が集まっていた。 久保は、マドリー戦でもその期待に違わぬ活躍を披露。チームが守勢を強いられる中、自陣でボールを奪ってそのままスルーパスで決定機を演出したり、右サイドではドリブル突破も披露するなど、躍動すると、イマノル・アルグアシル監督「とても優れており驚異的だった」とそのパフォーマンスを絶賛した。 試合終盤には、ヴィニシウスにファウルで止められにらみ合うなど、まさに見せ場を作った久保。その存在感は日に日に増している。 <span class="paragraph-title">【画像】スペインの大手紙『マルカ』の一面に久保建英!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/LaPortada?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaPortada</a> Desafío Real <a href="https://t.co/nzxUQC3oEj">pic.twitter.com/nzxUQC3oEj</a></p>&mdash; MARCA (@marca) <a href="https://twitter.com/marca/status/1619468786444423170?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ともに一面を飾ったヴィニシウスにファウルで止められる場面も!久保建英のマドリー戦プレー集</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="99xXFIrMALE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「驚異的だった」ソシエダ指揮官が久保建英に言及、ビッグマッチでのパフォーマンスを評価「前半戦はとても満足」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、日本代表MF久保建英について語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 29日、ラ・リーガ第19節でソシエダはマドリーとアウェイで対戦した。 久保にとっては25日のコパ・デル・レイのバルセロナ戦に続き、2試合連続の古巣対決。ソシエダにとっても連続したビッグマッチとなった。 この試合も先発した久保。負傷者が出ている状況で苦しい台所事情ながら、食らいつくためには勝利したいところ。マドリーも負けられない一戦となった。 試合は両守護神が躍動。互いに決定機を作りながらもゴールを奪えない展開が続く。久保も61分に狙いすましたシュートを放つがGKティボー・クルトワにセーブされる。68分にもクルトワと一対一の決定機を迎えるが、シュートまで持ち込めなかった。その後もチャンスメイクをする久保だったが、ゴールを奪えず。互いに決め手を欠き、0-0のゴールレスドローに終わった。 古巣対戦でありビッグマッチが続いた中、高いパフォーマンスを披露した久保についてイマノル監督が言及。ケガをした状態からの高いパフォーマンスを評価し、良いパフォーマンスをさらに見られるだろうとした。 「100%の状態ではなかったが、チームの他のメンバーと同じように、とても優れており驚異的だった。彼は3週間もトレーニングができず、ただただプレーに打ち込んでいる」 「彼は得点にとても近づき、ボールがないところでも多くのことを行っていたが、残念だった」 「彼の前半戦のプレーにはとても満足している。大腿四頭筋がしっかりと回復できるか見ていきたい。そうすれば、彼の素晴らしい姿を見られるだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】久保がドリブル突破からシュートもGKセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8I9e9K17VNc";var video_start = 396;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】レアルのDF2人を置き去りにした久保建英がビッグチャンス!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="8I9e9K17VNc";var video_start = 439;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「最も違いを見せつける選手の1人」地元紙はレアル戦躍動の久保建英を評価も決定機逸には「打ち破れなかったことは残念」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が、古巣のレアル・マドリー戦を振り返った。 29日、ラ・リーガ第19節でソシエダはマドリーとアウェイで対戦した。 久保にとっては25日のコパ・デル・レイのバルセロナ戦に続き、2試合連続の古巣対決。ソシエダにとっても連続したビッグマッチとなった。 この試合も先発した久保。負傷者が出ている状況で苦しい台所事情ながら、食らいつくためには勝利したいところ。マドリーも負けられない一戦となった。 試合は両守護神が躍動。互いに決定機を作りながらもゴールを奪えない展開が続く。久保も61分に狙い澄ましたシュートを放つがGKティボー・クルトワにセーブされる。68分にもクルトワと一対一の決定機を迎えるが、シュートまで持ち込めなかった。その後もチャンスメイクをする久保だったが、ゴールを奪えず。互いに決め手を欠き、0-0のゴールレスドローに終わった。 スペイン『ElDesmarque』は久保に8点(10点満点)を与え、「ソシエダの攻撃では最も明確なチャンスを作った日本人のとても良い試合だった」と評価。「とてもスピーディで、良いパスも何本か入れていた」とトップ下でプレーする久保を称えた。 また、スペイン『Noticias de Gipuzkoa』は5点(10点満点)の評価にとどまることに。「危険な状況を作り出すチャンスがあったが、打ち破れなかったことは残念」と決定機を生かせなかったことを指摘。ただ、「最も違いを見せつける選手の1人であり続けた」と、高いレベルのパフォーマンスであったことは評価した。 <span class="paragraph-title">【動画】久保がドリブル突破からシュートもGKセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8I9e9K17VNc";var video_start = 396;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】DF2人を置き去りにした久保建英がビッグチャンス!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="8I9e9K17VNc";var video_start = 439;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 10:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly