新生大宮、相馬監督の初陣はハイプレス決行で東京Vとドロー…熊本vs甲府も勝ち点1を分け合う【明治安田J2第19節】

2022.05.28 20:07 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
28日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が各地で行われた。

26日に霜田正浩監督を解任し、相馬直樹新監督を迎えた大宮アルディージャは味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦した。

新生大宮は高い位置から積極的なプレッシングを決行し、東京Vのビルドアップに制限をかける。19分にはペナルティアーク左手前でFKを与えてしまうが、石浦のキックは壁に当たり、難を逃れた。

一方、J2ワーストタイとなる32失点の守備にテコを入れようと、12試合ぶりにGK長沢を先発起用した東京V。27分には4試合ぶりのスタメンとなったベテランのインターセプトが若手のJ初ゴールをお膳立てする。

三門から小島への縦パスを加藤弘堅が高い位置でカットして石浦へつなぐと、20歳のアタッカーはボックス右から左足のフィニッシュ。カバーに入った西村に当たってコースが代わり、ゴール左隅に吸い込まれた。

被弾した大宮だったが、ファイティングポーズを崩さずハイプレスを継続。32分には右サイド高い位置でボールを奪取した柴山が中央へ持ち運び、ボックス手前から左足で狙う。

ビハインドで迎えた後半も立ち上がりから大宮が仕掛ける。54分には敵陣での西村のチェックから河田、2分後にもハイプレスでのボール奪取から再び河田が見せ場を作った。

大宮の攻撃が結実したのは58分。オフサイドラインギリギリで抜け出した河田が自陣からの縦パスに反応して右サイドでフリーとなると、揃っていない最終ラインを見てダイレクトで中へ送る。奥抜がボックス内で収め、ドカ・ボニフェイスをかわして右足で右隅に流し込んだ。

なおも攻勢を強める大宮は62分に茂木が際どいミドルを放ち、77分には小島が泉澤を使って左のハイサイドを攻略。マイナスの折り返しをボックス左で受けて縦に突破し、角度のない位置から狙ったが、クロスバーに阻まれた。

守勢に回った東京Vだが、新井の突破を中心に終盤に盛り返す。後半のアディショナルタイムにはハーフウェーライン付近からFKを左サイドで新井が受けてボックス左まで侵入。折り返しに小池が頭で合わせたが、クロスバーを越えたところでタイムアップの笛が響いた。

大宮は相馬監督の初陣を変革の可能性を感じるドローで終え、東京Vは5試合連続で勝利から遠ざかることとなった。

3戦負けなしで6位まで浮上してきたロアッソ熊本は、えがお健康スタジアムに8位・ヴァンフォーレ甲府を迎えた。

先手を取ったのはアウェイの甲府。左CKを獲得すると、松本のインスイングのクロスにウィリアン・リラがゴール前で合わせる。処理に出てきたGK佐藤の前で高い打点のヘディングを放ち、13分に試合を動かした。

ポゼッションに勝る熊本だが、甲府のプレッシングに苦しみ、効果的なボール回しをすることができない。かいくぐってゴール前に運んだ場面でもタイトな守備に遭って決定機を作れずに時間が進んだ。

先手を取った甲府は焦らずに機をうかがうと、37分にもセットプレーから熊本ゴールを脅かす。右のCK時にフラッグの近くに小林と松本の2人が立つと、松本の右足クロスから宮崎がドンピシャのヘディングを放つ。ただ、これはGK佐藤のファインセーブに阻まれた。

熊本は浮き球の縦パスから土信田が裏を取るがGK河田に阻まれ、ビハインドで前半を終えた。流れを変えるべくハーフタイムに一挙3枚の交代カードを切ると、これが功を奏する。

54分、最終ラインでのビルドアップから右へ展開すると、ゲームキャプテンの黒木が阿部とのワンツーでサイドを打開。最終ラインとGKの間に絶妙なグラウンダーのクロスを送ると、途中投入された竹本がファーで流し込み、試合を振り出しに戻した。

直後にも右サイドを崩し、こちらも途中出場・杉山のクロスから三島が合わせるが、枠を外れた。甲府も直後にウィリアン・リラが決定機を迎えるも、ボックス右でのトーキックはGK佐藤が、セカンドボールを拾っての2本目はDFがブロックし、ゴールに鍵をかける。

終盤には両チームが決定機を創出。80分の甲府は左クロスから三平のヘディングがクロスバーを叩き、後半のアディショナルタイムには熊本が怒涛の攻撃を見せる。ラインブレイクした坂本が一対一を迎え、右クロスからは粟飯原が渾身のヘディングを見せるも、GK河田の前に逆転ゴールを奪えずタイムアップ。勝ち点「1」を分け合い、熊本は暫定ながらも順位を1つ挙げ、甲府は5試合連続の引き分けとなった。

◆第19節
▽5月28日(土)
ロアッソ熊本 1-1 ヴァンフォーレ甲府
東京ヴェルディ 1-1 大宮アルディージャ

▽5月29日(日)
《14:00》
ベガルタ仙台 vs 栃木SC
FC町田ゼルビア vs ブラウブリッツ秋田
横浜FC vs レノファ山口FC
アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形
V・ファーレン長崎 vs ファジアーノ岡山
《15:00》
ジェフユナイテッド千葉 vs 水戸ホーリーホック
《18:00》
ザスパクサツ群馬 vs 大分トリニータ
《18:30》
FC琉球 vs 徳島ヴォルティス
《19:00》
ツエーゲン金沢 vs いわてグルージャ盛岡

関連ニュース
thumb

徳島のトップチーム関係者2名がコロナ陽性…さらに6名が濃厚接触疑い者に

徳島ヴォルティスは11日、トップチーム関係者2名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。 当該者Aは10日夜に体調不良を訴え、医療機関にて抗原定性検査を受けた結果、陽性判定が確認された。 一方、当該者Bは11日朝に体調不良を訴え、医療機関にて抗原定性検査を受けた結果、陽性判定が確認された。 また、Jリーグが定める新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに基づき、トップチーム関係者6名が濃厚接触疑い者に該当すると判断。現在、陽性判定者については適切な対策のもとで療養しており、濃厚接触疑い者については自主隔離中だという。 2022.08.11 20:42 Thu
twitterfacebook
thumb

秋田、吉田謙監督ら4名の新型コロナウイルス陽性を発表…13日の岩手戦は開催予定

ブラウブリッツ秋田は11日、吉田謙監督とトップチーム選手2名、スタッフ1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたと発表した。 当該選手の1人が10日に体調不良を訴え、医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性判定に。これを受け、全選手・スタッフを対象とした臨時のPCR検査を行った結果、新たに吉田謙監督、選手1名、スタッフ1名の陽性を確認した。 なお、濃厚接触者に該当する選手、スタッフはなし。13日に開催される明治安田生命J2リーグ第31節のいわてグルージャ盛岡戦は抗原検査にて陰性が確認された選手、スタッフのみで試合を行う予定だという。 2022.08.11 17:34 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台、選手1名の新型コロナ陽性を報告…トップチームは練習継続

ベガルタ仙台は11日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は10日に陽性判定を受け、保健所の指示を待って自主隔離中。無症状だという。 なお、濃厚接触疑い者はおらず、トップチームは通常通り、トレーニングを継続している。 2022.08.11 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

松本主将の前貴之が山口に完全移籍加入! 古巣復帰に

レノファ山口FCは11日、松本山雅FCからDF前貴之(28)の完全移籍加入を発表した。背番号「15」をつける。 前はコンサドーレ札幌でプロデビュー後、複数クラブでのプレーを経て、2020年夏に横浜F・マリノスから松本に期限付き移籍加入。完全移籍に切り替わった翌年も主力としてプレーし、チームが明治安田生命J3リーグを戦う今季もここまで16試合に出場していた。 今季から松本の主将を務めるなか、2017年から3シーズンを過ごしたJ2リーグの山口に復帰を果たす前は両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「このたび、レノファ山口FCに加入することになりました。自分の持っているもの全て出し、チームの力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「このたび、チームを離れることになりました。突然の報告、チームがここからというタイミング、そしてチームキャプテンという立場でありながらこのような決断になったこと、大変申し訳ありません。数日間、悩みに悩んだ結果、サッカー選手としてチャレンジしまだまだ成長していきたいという思いが強くなり、このような決断に至りました」 「松本で過ごした2年間、結果が出ず苦しいことが多かったかも知れませんが、日々応援してくださるファン・サポーターの皆さんの存在が心強く、これまでやってくることができました。本当に感謝しています。アルウィンの雰囲気、景色を決して忘れません。今まで本当にありがとうございました」 2022.08.11 09:45 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉で選手3名、スタッフ3名が新型コロナ陽性‥1名以外は症状あり

ジェフユナイテッド千葉は10日、トップチームの選手3名、スタッフ3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は10日に行われたJリーグ定期検査の抗原検査で陽性判定に。鼻水の症状があるという。 他2名は同検査で陰性に。1名は医療機関での抗原検査で陽性判定となり頭痛の症状が。もう1名はPCR検査で陽性となり、37.1℃の発熱と咽頭痛の症状があるという。 スタッフは1名が8日の夜に38℃の発熱があり、9日に医療機関で抗原検査を受けて陽性判定。発熱と倦怠感の症状があるという。 もう1名は10日の抗原検査で陽性となり、37.2℃の発熱と頭痛の症状が。もう1名は抗原検査で陰性となるも、その後のPCR検査で陽性となった。なお、無症状だという。 残りの選手とスタッフは10日に実施したPCR検査で陰性が確認されているという。 2022.08.10 21:34 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly