バイエルン、財政難のナポリからジエリンスキを狙う?

2022.05.28 19:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンが、ナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(28)に関心を持っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの去就問題に揺れるバイエルンだが、一方で他ポジションの補強は着々と進めている。最初にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの契約延長が決まると、先日にアヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィの獲得を発表。さらにアヤックスからはオランダ代表MFライアン・グラフェンベルフの加入も迫っていると言われている。

そして新たに補強候補として挙がったのがレヴァンドフスキの同胞であるジエリンスキだ。ナポリでは2016年夏の加入から主力を張ってきた同選手。通算の公式戦出場は281試合を数え、今季も42試合に出場し、8ゴール5アシストを記録した。

契約は2024年まで残っており、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、およそ1億ユーロ(約136億円)の契約解除金も設定されているという。しかし同メディアは、ナポリが財政難であることから、満額でなくともナポリのアウレリオ・デ・ラウンレンティス会長が移籍を許可する可能性があると主張している。ただ、4000万ユーロ以下の取引にはならないとも予想している。

一方、個人間に関しては、バイエルンは手取り年俸400万ユーロの条件を提示している模様。現在の給与より高いものとなるが、果たして移籍は実現するのだろうか。

関連ニュース
thumb

C・ロナウド獲りをバイエルンCEOが否定 「我々の哲学にそぐわない」

バイエルンのレジェンド守護神にして、最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏がマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対する興味を否定した。 昨夏に12年ぶりのユナイテッド復帰を果たして、さすがの勝負強さとともに、チーム最多の公式戦24ゴールを記録したC・ロナウド。だが、チームの結果に比例せず、タイトル争いどころか、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃す失意のシーズンを過ごした。 そんなレッドデビルズは復権を期してエリク・テン・ハグ新監督の下で先月末から始動したが、C・ロナウドを巡っては移籍志願の報道が浮上。合流日予定日だった4日を過ぎても欠席が続くなか、チェルシーやナポリとともに、バイエルンの関心が噂されている。 バイエルンからすれば、移籍が取り沙汰されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが退団時の穴埋めとなり得る存在だが、アメリカ『ESPN』によると、カーンCEOはドイツ『キッカー』で獲得に至る可能性を完全に否定したという。 「私はクリスティアーノ・ロナウドのことを偉大な選手の1人として高く評価しているが、その移籍は我々の哲学にそぐわないものとなるだろう」 なお、『ESPN』が報じるところによれば、ユナイテッドは1年延長オプションを除くと契約が来季までのC・ロナウドに関して、今夏に売らずのスタンスだが、実際のところ、そこまで頑ななものではな様子。移籍を認めるなら、海外を希望しているとのことだ。 今夏のここまでオランダ代表DFタイレル・マラシアを獲得するにとどまる補強面にも野心を感じれず、間違いなく終わりが近づくキャリアも意識して、CL出場クラブに移籍したいとされるC・ロナウドだが、去就やいかに。 2022.07.07 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、デ・リフト獲得にパヴァール譲渡を提案も撃沈…最低110億円は必要か

ユベントスが、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得に向けたオファーを拒否したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今夏の移籍市場の注目株として連日メディアに取り上げられているデ・リフト。一時はチェルシー行きが近いと言われていたが、現状では追い上げを見せたバイエルンが個人間合意に達したという様相だ。 しかし、難関はやはりユベントス本体だ。『スカイ』によれば、6000万ユーロ以上の支払いを嫌うバイエルンは、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーを提示したが、門前払いされた模様。 ユベントスは現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めており、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのこと。そのため、札束バトルではチェルシーに分があるとの見方もあるが、果たして。 2022.07.06 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

移籍視野が噂のC・ロナウド、2日連続で合流せず

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)はまだマンチェスター・ユナイテッドに合流していないようだ。 ユナイテッドは先月末からエリク・テン・ハグ新監督の下でプレシーズンを開始。先月6月のインターナショナルマッチウィークで代表活動に参加した選手は4日から合流したが、C・ロナウドは欠席した。 今夏の移籍願望が浮かび上がった矢先の不参加とあって、憶測に拍車をかける状況だが、イギリス『The Athletic』によると、翌日の5日に行われた練習にも家族の事情を理由に合流しなかったという。 現時点でクラブの練習施設でトレーニングに励むユナイテッドは8日にタイとオーストラリアを回るアジアツアーに出発する見通しだが、C・ロナウドの合流時期は見当がつかない状況の模様だ。 C・ロナウドの契約は1年延長オプションを除くと来季まで。クラブ側は今夏に売らない姿勢だが、選手側は適切なオファーがあれば移籍を望み、チェルシーやバイエルン、ナポリの興味が浮上している。 なお、移籍市場に精通する著名記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドの姿勢は変わらずだが、選手代理人のジョルジュ・メンデス氏は一刻も早く正式オファーをと奔走中とのことだ。 2022.07.06 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデ・リフトと個人間合意か、残すはクラブ間合意のみ

バイエルンがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)と個人間合意したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。同メディアによれば残すはクラブ間合意のみとのことだ。 チェルシーも獲得に高い関心を示すデ・リフトの移籍金に関し、ユベントスは8000万ユーロ(約113億5000万円)を設定している。 2019年夏にはユベントスとの争奪戦で敗れたバイエルンだったが、今回はそのユベントスからデ・リフトを迎え入れることになりそうだ。 なお、この取り引きが成功すればバイエルンが2019年夏にDFリュカ・エルナンデスをアトレティコ・マドリーから獲得する際に支払った8000万ユーロと並ぶクラブ史上最高額での契約になるとのことだ。 2022.07.05 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがフランス代表DFパヴァールに関心? バイエルンでの序列低下は確実か

チェルシーがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に関心を寄せているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 フランス代表として2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したパヴァールは、翌年夏にシュツットガルトからバイエルンに加入。この3年間は主力としてプレーしており、2021-22シーズンも公式戦36試合に出場した。しかし、クラブは今夏アヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を獲得。安泰かに思われていたその座も揺らぐことになった。 サッカージャーナリストのフロリアン・プレテンバーグ氏によると、チェルシーがパヴァールを高く評価するポイントはユーティリティ性とのこと。バイエルンでは本職とする右サイドバックのほか、1列上のサイドハーフやセンターバックをこなしており、まさしく現在のチェルシーが求めている人材のようだ。 チェルシーはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーらセンターバックの主力2選手が契約満了で退団となり、中央と右サイドバックを兼務する主将のセサル・アスピリクエタも未だ去就が不透明。トーマス・トゥヘル監督にとって、最も理想的な解決策がパヴァールとみられている。 なお、パヴァールに対しては、アトレティコ・マドリーとユベントスも関心を寄せているとのことだ。 2022.07.05 15:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly