ボルシアMGの21歳フランス人MFにユナイテッドなどが関心、ラングニックが注視してきた逸材

2022.05.27 16:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGに所属する元U-19フランス代表MFクアディオ・コネ(21)に対し、複数のビッグクラブが関心を寄せているようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。

セントラルミッドフィルダーを本職とするコネは、2021年1月にトゥールーズからボルシアMGへ加入。2020-21シーズンの後半戦はトゥールーズへレンタル移籍という形で在籍を続け、晴れて今シーズンからボルシアMGの一員となった。

開幕当初はベンチ外が続いたコネだったが、第6節ドルトムント戦でデビューを果たすと、その後は不動のレギュラーに定着。リーグ戦で27試合2得点1アシストを記録した。

初挑戦のブンデスで確かな実力を見せつけたコネだが、早くもさらなるステップアップのチャンスが訪れているようだ。フランス『レキップ』によると、マンチェスター・ユナイテッド、アトレティコ・マドリー、ユベントスが興味を抱いており、すでに3クラブともコネ側と話し合いの場を設け、今夏もしくはそれ以降のコネ獲得の可能性を探っているとのことだ。

また、フランス『Get French Football News』によると、中でもコネ獲得に前のめりなのが中盤の補強を最優先事項と位置づけているユナイテッドで、ラルフ・ラングニック暫定監督がここ数年にわたって注視し続けてきたヨーロッパの若手選手の1人がコネであるとのことだ。

一方のボルシアMGは、2025年6月まで契約を残すコネを今夏に売却する必要はないと判断している模様で、コネ本人が早急なステップアップに慎重な姿勢を示していることや、代理人側からもコネが契約延長を含め長期的にボルシアMGに在籍することを望んでいるという趣旨の発言がなされていることから、少なくとも今夏移籍する可能性は低いのではないかと見られている。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがオランダ代表DFマラシア獲得でフェイエノールトと合意へ、21億円支払いか

マンチェスター・ユナイテッドがフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)の獲得で合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が報じた。 マラシアは今夏の移籍市場でリヨンも獲得を目指していた左サイドバック。オランダ代表としても5試合に出場している。 フェイエノールトの下部組織育ちのマラシアは、2017年7月にファーストチームに昇格し、エールディビジでは98試合に出場し4ゴール8アシスト。チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグにも出場し、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでも11試合に出場し1アシストを記録していた。 合意の金額は1300万ポンド(約21億1000万円)とのことだ。 ユナイテッドはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングをバルセロナから獲得したいと動いている中で、未だに獲得には至らず。今夏の移籍市場では、選手放出は進んでいるが、これまで1人も補強できていない状況となっている。 2022.07.01 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、補強必須のGK陣にロメロ復帰説…本人意欲的か

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)のマンチェスター・ユナイテッド復帰説が急浮上した。 ユナイテッドではイングランド人GKリー・グラントが昨季限りで現役を引退。イングランド代表GKディーン・ヘンダーソンもノッティンガム・フォレスト行きが濃厚視され、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアに続く控えGKの確保にも乗り出している。 水面下でワトフォードのオーストリア代表GKダニエル・バッハマン(27)を獲得しようとする動きが取り沙汰されているが、イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ロメロが2年ぶりのカムバックに意欲的だという。 ユナイテッドは正式な関心こそ示していないようだが、ロメロに近い人物によれば、選手にはまだクラブに対する愛着があり、オファーがあればいつでも戻る姿勢。それがバックアップの役割を求めるものであっても、復帰を望んでいる模様だ。 ロメロは2015年7月にユナイテッド入りして、サブ扱いが続くなか、2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。その後2020-21シーズンをもって契約満了になると、昨年10月にベネツィア移籍を果たしたものの、1年での退団が決まった。 2020年夏にはエバートン行きをユナイテッドに突っぱねられ、妻から不満がぶちまけられるなど、遺恨を残すロメロ。ユナイテッドにとって最後のタイトルに大きく貢献した男の復帰となれば、サポーターも盛り上がるだろうが、果たして。 2022.07.01 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

去就騒がれるC・ロナウドにブルーノ「ユナイテッドが彼を失いたがっているとは思えない」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが代表とクラブでの戦友である同代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に発言した。 エリク・テン・ハグ新監督の下で来るシーズンに挑むユナイテッド。いまだ補強なしが続くが、バルセロナからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に向けた交渉が毎日のように報じられるなど、チームを強化しようとする動きが取り沙汰されている。 その中で、チームも先月末からプレシーズンを開始。6月の代表活動に参加した選手は4日に合流見通しだが、C・ロナウドを巡ってはチームがタイトル争いどころか、チャンピオンズリーグの出場権すら逃した昨季を経て、今夏の去就を巡る報道が加熱している。 束の間の休暇で英気を養うB・フェルナンデスはポルトガル『Record』によると、6月30日のイベント先で去就騒がれるC・ロナウドについて、こう口を開いた。 「彼とは話をしたよ。僕らはまだ休暇中。4日に彼と会って、トレーニングするのを楽しみにしている。僕が知る限り、他に何もないよ。でも、自分の将来は自分で決めるものさ。クラブがクリスティアーノのような資産を失いたがっているとは思えないね」 また、自身にとって、ユナイテッドで4季目のシーズンに向けても「あのようなクラブでの目標はこれまでよりも良い結果を出すこと」と語り、意気込みを続けた。 「4日から始まる。クラブも変わったし、もっとうまくやらないと。目標はすべてのコンペティションで勝っていくこと。ここ数年は優勝できていないし、どの大会も挑戦する。新たなプロジェクトの下でゼロからのスタートだし、成功を掴むために時間も必要だ」 2022.07.01 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの新鋭がボックスジャンプ“世界記録”級の160cmに到達

マンチェスター・ユナイテッドのスウェーデン人FWアントニー・エランガ(20)が驚異の身体能力を発揮した。イギリス『サン』が伝えている。 スウェーデン生まれながら、1998年のワールドカップ(W杯)にカメルーン代表として出場したジョセフ・エランガ氏を父に持つエランガは、爆発的な突破力だけでなく、得点力にも優れた次代のスター候補として注目される1人だ。 12歳の頃からユナイテッドのアカデミーに所属しており、とんとん拍子でステップアップを果たすと、今季はプレミアリーグ21試合、チャンピオンズリーグ(CL)3試合、FAカップ2試合、EFLカップ1試合に出場。スウェーデン代表デビューも果たした。 期待の星のエランガは、クラブのフィジカルトレーニングで助走ありのボックスジャンプに挑戦。その中で63インチ(約160cm)のジャンプを成功させた。 『サン』によると助走ありのボックスジャンプの世界記録はクリストファー・スペルがマークした67インチ(約170cm)だという。 エランガが63インチのボックスジャンプを成功させたのは先月のことだが、改めてその凄さが脚光を浴びている。 4月に20歳になったばかりのエランガだが、サッカーでもさらなる飛躍を遂げることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】エランガの身体能力が分かる驚異のボックスジャンプ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@manutd/video/7105719892111887622" data-video-id="7105719892111887622" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@manutd" href="https://www.tiktok.com/@manutd">@manutd</a> Elanga beast mode unlocked <a title="unitedontiktok" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/unitedontiktok">#UnitedOnTikTok</a> <a title="mufc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/mufc">#MUFC</a> <a title="manutd" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/manutd">#ManUtd</a> <a title="anthonyelanga" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/anthonyelanga">#AnthonyElanga</a> <a target="_blank" title="original sound - Manchester United" href="https://www.tiktok.com/music/original-sound-7105719858041588486">original sound - Manchester United</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.06.30 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドMFアンドレアス・ペレイラがフラメンゴ残留を熱望「このクラブを愛している」

マンチェスター・ユナイテッドからフラメンゴにレンタル中の元ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(26)が、自身の希望を明らかにした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 昨夏からフラメンゴにレンタルしているA・ペレイラ。ユナイテッドではレンタルが続く状況だったが、初の母国では主力としてプレー。2021年はブラジレイロ・セリエAで18試合5ゴールを記録した。 4月に開幕した2022シーズンも活躍を続けているが、レンタル期間は6月30日まで。そんな中、29日に行われたコパ・リベルタドーレスのデポルテス・トリマ戦ではゴールを挙げて勝利に貢献。現状ではこれが最後の試合となる見込みだが、試合後のインタビューで26歳はフラメンゴへの愛を強調した。 「去就は僕一人では決められない。マンチェスター・ユナイテッド次第だ。フラメンゴに残りたいけど、僕の手に負えることではないんだ。自分とクラブにとって何がベストなのかを見極めるつもりだ」 「フラメンゴとの関係は常に良好だ。いつも最高のおもてなしをしてくれるグループなんだ。僕はクラブを愛し、フラメンゴを愛し、そして僕自身がフラメンゴなんだ。これはさよならではないよ」 なお、現状でA・ペレイラの去就として有力視されているのがフルアム移籍だ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、基本移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)+アドオンの条件で正式オファーを打診した模様だ。 2022.06.30 15:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly