清水が法政大学DF落合毅人の来季加入内定を発表「責任と自覚ある行動をしていきたい」

2022.05.26 13:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは26日、法政大学のDF落合毅人(22)が来季より加入することが内定したことを発表した。

落合はアルビレックス新潟の下部組織出身で、新潟明訓高校へと進学。その後、法政大学へと進学した。

2021年には全日本大学選抜、2022年には関東選抜Aにも選出。2021年の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは優勝を果たしていた。

今シーズンは関東大学サッカーリーグ1部で3試合中3試合に出場していた。

なお、落合はクラブを通じてコメントしている。

「このたびは清水エスパルスという伝統ある名門チームで、幼い頃からの夢であるプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」

「私自身、ここまで来られたのは監督、コーチをはじめとする指導者の方々、チームメイト、友人、身近で支え続けてくれた家族、そして何より無名である私に声をかけてくださったスカウトの方々がいたからだと思っています」

「この感謝の気持ちを忘れずに、これからは清水エスパルスの落合毅人として責任と自覚ある行動をしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」

1 2

関連ニュース
thumb

横浜FMがJ1通算500勝を達成! 創設30周年の清水を国立競技場で5発粉砕【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、清水エスパルスvs横浜F・マリノスが2日に国立競技場で行われ、3-5で横浜FMが勝利した。 清水は前節のセレッソ大阪戦は、先制点を守り切れず1-1のドロー。ゼ・リカルド監督就任後は1勝1分けと負けなしだが、攻撃に課題の残る一戦に。一方の横浜FMは、前節はレオ・セアラの2ゴールなどで柏レイソルを4発粉砕。リーグ戦4連勝で首位を堅守した。 今回は清水の創立30周年記念マッチと銘打たれ、そんな歴史的な一戦は国立競技場が舞台に選ばれた。しかし、横浜FMとしてもJ1通算500勝目という偉大な記録を目前にしている。 注目の一戦は開始10分で動く。左サイドから攻撃を組み立てる横浜FMは、ボックス手前のスペースでレオ・セアラがパスを受け、ボックス左へ走る西村へパス。迷わず左足でシュートを放つと、GKの股を抜けてネットを揺らした。 しかし、記念試合に白星を飾りたい清水もすぐに反撃。13分、敵陣中央でチアゴ・サンタナがボールを奪い、ショートカウンターを発動。右を並走する神谷がラストパスを受け、ボックス右から右足でシュートを突き刺した。 以降はボールを持って左右から揺さぶりにかかる横浜FMと、ショートカウンターを狙う清水という構図に。横浜FMは何度かゴールに迫るが、ことごとくオフサイドの判定に。 それでも相手のバイアルエリアを狙い続けて迎えた前半アディショナルタイム、永戸からボックス手前の西村にボールが入ると、粘り強いキープから右へ展開。最後は水沼がダイレクトで入れたグラウンダーのクロスをレオ・セアラが押し込んだ。 前半は地力の差を見せつけた横浜FM。後半立ち上がりに試合は大きく動く。 まずは47分、ロングボールを収めた神谷がボックス左へ侵入し、クロスを供給。相手に当たってしまうものの、反応したチアゴ・サンタナがダイレクトでシュートを放ち、ゴールにねじ込んだ。 ここから逆転といきたい清水だったが、横浜FMは強かだった。そのわずか2分後の49分、見事なパスワークでボックス右を崩し、西村とのワンツーで抜け出した水沼がゴール前にクロス、最後はフリーとなっていたレオ・セアラが冷静に決めて、三度勝ち越した。 さらにその3分後の52分には、左サイドからカットインしたレオ・セアラが右足を振り抜くと、シュートは左ポストを弾いてゴールイン。チームに4点目をもたらすとともに、ハットトリックを達成した。 後半開始からわずか7分間で合計3得点が生まれる白熱の一戦に。勢いに乗ったトリコロールはその後も攻め立てる。55分、56分と、それぞれ水沼と永戸が決定機を迎えるが、GK権田が諦めまいとビッグセーブを連発する。 60分にはエウベルのスルーパスから西村にビッグチャンス。最終ラインを抜け出しGKと一対一となるが、シュートを枠に収めることができなかった。 その後はアウェイチームの勢いも比較的衰え始めたが、とはいえ清水には自由を許さない試合運びで時間を進めていく。 そんな中83分、清水はチアゴ・サンタナが相手GKにプレッシャーをかけてミスパスを誘発。ボールを拾った途中出場のオ・セフンはループシュートを狙ったが、枠を捉えることができず、千載一遇のチャンスを逃してしまった。 まさかのイレギュラーを何とか凌いだ横浜FM。88分には宮市にもゴールが生まれたが、逆に後半アディショナルタイム失点。最終的に3-5という激戦となったが、見事J1通算500勝目を挙げている。 清水エスパルス 3-5 横浜F・マリノス 【清水】 神谷優太(前13) チアゴ・サンタナ(後2) 片山瑛一(後51) 【横浜FM】 西村拓真(前10) レオ・セアラ(前47) レオ・セアラ(後4) レオ・セアラ(後7) 宮市亮(後43) 2022.07.02 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:清水vs横浜FM】数奇な運命…父から子へ、横浜FMは同じ場所でJ1通算500勝なるか!? “オリ10”の国立決戦!

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ 清水エスパルス(17位/17pt) vs 横浜F・マリノス(1位/37pt) [国立競技場] ◆ここから這い上がる【清水エスパルス】 シーズン前に掲げていた目標は「タイトル獲得」というもの。昨季も残留を争ったチームとしては大きな目標となったが、前半戦の後半は苦しい戦いが続いた。 そして監督交代。現在の位置は自動降格圏だ。ゼ・リカルド監督を迎えた中、2試合で1勝1分け。チームとして勢いに乗り、巻き返すチャンスでもある。 この2試合で結果を残しているのは西澤健太。精度の高いキックが持ち味だが、2試合で3ゴールに絡んでいる状況。セットプレーでは横浜FMのサッカーを無力化できるだけに、勝利に貢献できるか期待だ。 この試合はクラブ創設30周年記念マッチ。30年前の1992年7月4日がクラブにとって初の有料試合。そこから30年経ち、国立競技場で試合を行う。相手はオリジナル10の横浜FM。順位表では真逆の位置にいるが、意地を見せたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:片山瑛一、立田悠悟、鈴木義宜、山原怜音 MF:西澤健太、宮本航汰、白崎凌兵、カルリーニョス・ジュニオ FW:神谷優太、チアゴ・サンタナ 監督:ゼ・リカルド ◆5連勝で首位堅持を【横浜F・マリノス】 前節はホームに柏レイソルを迎えた中、上位対決で4-0と圧勝。4連勝として首位を守った。 敗れていれば肉薄されていただけでなく、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレとも差が詰まっていただけに、貴重な勝利を収められたと言える。ただ、気を抜く暇はない。 今節勝利すれば、史上2クラブ目のJ1通算500勝利達成。その舞台は国立競技場であり、クラブが1勝目をあげた地でもある。スタジアムの様相は変わったが、クラブとしてアウェイゲームではあるがここで500勝を達成することは大きな意義があると言える。 その中で注目は好調を維持している水沼宏太だ。現在2試合連続ゴール中。先発の機会が増えてからはゴールもそうだが、得意のクロスでチャンスメイクやアシストを記録。チームの攻撃を牽引している。 クラブのJ1通算500勝目を国立で決められる可能性を持つという数奇な運命も去ることながら、父・貴史はJリーグ開幕戦のピッチに立ちヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)相手に1勝目を記録しており、息子が同じ場所で500勝目を記録するとなれば、「事実は小説より奇なり」。息子・水沼の活躍にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:藤田譲瑠チマ、マルコス・ジュニオール、岩田智輝 FW:水沼宏太、レオ・セアラ、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス 2022.07.02 14:42 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、舩木翔のJ1初ゴールで清水とドロー【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節、セレッソ大阪vs清水エスパルスが26日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 C大阪は前節、サンフレッチェ広島に逆転負けし、連勝が3試合でストップ。ミッドウィークに行われた天皇杯では、数名の主力を温存させた中で、ベガルタ仙台との打ち合いを制し、ベスト16入りを決めた。 対する清水は、前節のアビスパ福岡戦の勝利で3連敗を止めるとともに、6試合ぶりの白星を手にした。しかし、主力メンバーで臨んだ天皇杯では京都サンガF.C.に敗れ、大会から去っている。 前半の立ち上がりはホームのC大阪がペースを握る展開に。その中で5分に為田が鋭いミドルシュートで相手GKを強襲。9分には右CKからヨニッチがヘディングシュートを放つが、ここもGKに防がれてしまう。 そんな中15分、C大阪が自陣からカウンターに出ようとしたところ、起点となった清武が後ろからチャージを受けて左足首を負傷。しばらく倒れ込んだ後、何とか立ち上がったものの、プレー続行は不可能となり、加藤と交代した。 その後も清武交代以前と変わらずC大阪がボールを保持していくが、意外な形で試合が動いた。35分、清水は西澤が右サイドからクロスを上げると、ヨニッチがクリアし切れず足に当たったボールがゴールイン。オウンゴールでアウェイチームが先制した。 リーグ戦では1カ月ぶりに先制を許したC大阪。直後の36分、為田のロングパスで速攻のチャンスを迎えると、ボックス左に流れた毎熊のラストパスを加藤がボックス手前からダイレクトシュート。しかし、ここは大きく枠を外してしまった。 44分には毎熊がボックス手前右からシュートを放つも、GKの守備範囲。試合は清水のリードで折り返すことになった。 後半に入ると、西尾を下げて舩木投入したC大阪が、52分にブルーノ・メンデスのヘディングシュートでゴールに迫る。清水も57分に右CKから片山がヘディングシュートを見舞うも、GKにキャッチされた。 その後はC大阪が立て続けにチャンスを迎える展開に。64分に左サイドの舩木のクロスから加藤がヘディングシュート。72分にも加藤がボックス左から決定的なシュートを放つが、どちらもGK権田に止められてしまう。 しかし迎えた76分、右CKのチャンスで鈴木が右足でクロスを入れると、仕留めたのは舩木。ニアで合わせたヘディングシュートがゴール左に決まり、同点に追いついた。舩木はこれがJ1初ゴールとなった。 追い付かれた清水はその直後、チアゴ・サンタナと白崎を下げてコロリとディサロを投入。すると87分にその2人がチャンスメイク。コロリが左サイドから侵攻し、ボックス中央へ浮き球のラストパス。フリーで待ち構えていたディサロは胸トラップから左足を振り抜いたが、大きく枠を外れる結果に。 結局、試合は1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果となった。 セレッソ大阪 1-1 清水エスパルス 【C大阪】 舩木翔(後31) 【清水】 OG(前35) 2022.06.26 20:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ラピド・ウィーン北川航也が古巣清水へ! 完全移籍で3年ぶり復帰

清水エスパルスは19日、ラピド・ウィーンから元日本代表FW北川航也(25)の完全移籍加入決定を発表した。背番号は「45」をつける。 北川は清水の下部組織あがりで、プロ4年目の2018年にJ1リーグで13得点を決めて一気にブレイク。それから日本代表にも初選出され、2019年夏にオーストリアのラピド・ウィーンで初の欧州挑戦を果たした。 だが、加入から数カ月後に左足首のじん帯損傷に見舞われ、復帰後も出番に恵まれず。2021-22シーズンも12試合に出場したオーストリア・ブンデスリーガでたった1度の先発機会にとどまり、得点もなかった。 J1リーグ16位に沈む状況から脱しようと、ゼ・リカルド新監督の下で再出発を図る古巣に3年ぶりの復帰を決断した北川。クラブを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「SKラピード・ウィーンから加入しました北川航也です。また、皆さんとオレンジのユニフォームを着て、清水エスパルスのエンブレムを背負って闘えることを、とても嬉しく思います。シーズン途中での加入となりますが、自分の持っている力の全てをチームに還元していきます。早くIAIスタジアム日本平のピッチで皆さんと会える時を楽しみにしています。よろしくお願いします」 2022.06.19 14:03 Sun
twitterfacebook
thumb

清水MF中山克広が全治6週間の左大腿直筋肉離れ…トレーニング中に負傷

清水エスパルスは19日、MF中山克広のケガを発表した。 16日のトレーニング中に負傷して、検査を受けたところ、左大腿直筋肉離れと診断。全治まで6週間を要する見込みだ。 横浜FCから加入して2年目の今季はここまで公式戦18試合でプレー。明治安田生命J1リーグでは2ゴールを記録している。 16位の清水は18日に第17節のアビスパ福岡戦を3-1で制し、3連敗をストップ。ゼ・リカルド体制の初陣を白星で飾った。 2022.06.19 13:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly