イニエスタ100試合目のメモリアルゲームも神戸、磐田共に決め手を欠いてゴールレスドロー【明治安田J1第15節】

2022.05.25 20:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
25日、明治安田生命J1リーグ第15節のヴィッセル神戸vsジュビロ磐田がノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0の引き分けに終わった。

連敗で最下位に沈んでいる神戸と前節は逆転負けを喫した磐田の対戦。チーム状況が良いとは言えない両チームの対戦となった。

神戸は前節からのスタメンは1名変更。郷家友太が外れて井上潮音が起用された。アンドレス・イニエスタはこの試合でJリーグ通算100試合目のメモリアルマッチとなった。

対する磐田は4名を変更。袴田裕太郎、鹿沼直生、杉本健勇、ファビアン・ゴンザレスが外れ、鈴木雄斗、山山本康裕、大森晃太郎、大津祐樹が入った。

なんとか今季の2勝目が欲しい神戸。ホームゲームとなった中で、立ち上がりから積極的に攻撃を強めていく。

立ち上がりからプレスをかけていく中で、最前線の武藤とイニエスタのコンビで磐田のゴールに迫っていく。

すると19分にはボックス手前で神戸がFKを獲得。イニエスタが浮き球のパスを入れると、武藤がヘディングで合わせるが、これは枠を超えていく。

20分にも神戸がチャンス。大﨑からイニエスタにパスが入ると、武藤へ縦パス。武藤は反転しながら右の山川に展開。鋭いグラウンダーのクロスを入れるが、誰も合わせられない。

すると磐田にアクシデント。28分に山本康が負傷しピッチに座り込むと、そのまま交代。鹿沼が起用された。

神戸がコントロールし続ける試合だが39分にもビッグチャンスを迎えた。自陣で酒井がボールを奪うと、自ら左サイドを持ち上がってカウンター。二対二の状況となりアーリークロス。これを武藤が流れながら受けるとグラウンダーのパスに上がってきた井上が合わせるが、GK三浦が僅かに触れてセーブする。

ゴールレスで前半を終えると、後半も選手交代なしで臨む。すると55分、神戸が相手のミスを突いてカウンター。武藤がドリブルで持ち上がると、鹿沼が後ろからタックル。武藤が倒れるが、これはイエローカードに終わった。

神戸は56分に汰木と井上を下げて、リンコンとボージャン・クルキッチを投入。流れを変えに行き、武藤が右、ボージャンが左、リンコンがトップにポジションを変えた。

すると59分にイニエスタの絶妙なスルーパス。これを受けた武藤がフリーでボックス内に侵入するが、タッチを誤りながらもシュート。しかし、これは枠外。60分にはボージャンがルーズボールをシュートも、GK正面に飛んでしまう。

63分にも同じような形からイニエスタのスルーパスに対して武藤が抜け出し、今度は折り返しに成功。リンコンがシュートを打つだけだったが、これも枠に飛ばない。

イニエスタのパスセンスが後半は冴え渡り、66分にはロングフィード。これを武藤が抜け出そうとするが、ボックス外に飛び出たGK三浦の好判断に阻まれる。

後半は防戦が続いていた磐田だが68分にチャンス。大森のパスを受けた遠藤がボックス手前からスルーパス。上原がボックス内で抜けて折り返すと、ファビアン・ゴンザレスが押し込みにいくが神戸も集中して守る。

それでも神戸ペースは変わらず。76分には、こぼれ球を拾ったリンコンが持ち込むとパスを受けた大﨑のクロスを武藤が落とし、イニエスタがアウトにかけてミドルシュート。完璧な崩しだったが、シュートはわずかに右に外れる。

神戸は山口に変えて橋本拳人と投入。対する磐田は、鹿沼、大森を下げて、金子翔太、杉本健勇と攻撃のカードを切ってくる。

試合の主導権は変わらずに神戸のまま。互いにフィニッシュワークが上手くいかない。

89分にはイニエスタの縦パスを受けた武藤が粘りながらパス。これを受けたリンコンがシュートを放つと、ディフレクトしたシュートが枠に飛ぶが、倒れていたGK三浦は足でセーブする。

終盤にかけては磐田がファビアン・ゴンザレスを目掛けたパワープレーを仕掛けていくが、ゴールは遠くタイムアップ。0-0のゴールレスドローに終わった。

ヴィッセル神戸 0-0 ジュビロ磐田

関連ニュース
thumb

7月5戦6発の横浜FMストライカー、レオ・セアラが月間MVP! 「チーム全員で勝ち取った賞」

Jリーグは16日、7月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ。今季のここまで21試合出場で10得点を決め、7月はハットトリックで飾った同月2日の清水エスパルス戦を皮切りに計5試合で6ゴールをマークした。 首位をひた走るチームで得点源として引っ張る27歳のブラジル人ストライカーは喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「昨年に引き続きKONAMI月間MVPを受賞できたことを、とてもうれしく思います。この賞をいただけたのは、チームメイトみんなのおかげです。チームが好調なのはチーム全員が頑張っているからこそと同じように、今回僕が選ばれた理由は、みんなにあると思います。チーム全員で勝ち取った賞だと感じています」 また、J2リーグからはV・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオで、J3リーグは藤枝MYFCのMF久保藤次郎に。それぞれ喜びを語った。 ◆エジガル・ジュニオ 「質の多い選手がそろっている中で、KONAMI月間MVPに選出いただきとてもうれしく思います!選出してくださった皆さんとチームメイト、家族、ファン・サポーターの皆さんに感謝しています。FWとしてゴールの近くでプレーできていることがこの結果につながったと思います。これからもチームの勝利のために、そしてJ1昇格のために100%でプレーします!」 ◆久保藤次郎 「月間MVPに選んでいただき大変嬉しく思います。監督をはじめ、選手、サポーター、クラブ関係者の方々と一緒に掴み取ったクラブ初6連勝があったからこそ受賞することが出来ました。とても感謝しています。残りのシーズンもサッカーはエンターテイメントだという監督の考えのもと、日々の努力を怠らず戦い抜きます。今シーズン、藤枝MYFCのサッカーを観たことがない方には是非一度観ていただきたいと思います。そしてサポーターの皆様、引き続き応援よろしくお願いします!」 2022.08.16 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪のベトナム代表GKダン・バン・ラムが母国のビンディンFCへ完全移籍

セレッソ大阪は16日、ベトナム代表GKダン・バン・ラム(29)がベトナムのビンディンFCに完全移籍することを発表した。 ベトナムとロシアの国籍を持つダン・バン・ラムは、スパルタク・モスクワやディナモ・モスクワといったロシアの名門の下部組織で育った。2011年にベトナムのクラブでプロデビューし、以降はロシア下部リーグのクラブやタイのムアントン・ユナイテッドを経て、2021年にC大阪に入団した。 C大阪では天皇杯で1試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で1試合の出場に終わっていた。 ダン・バン・ラムはクラブを通じてコメントしている。 「このチームの一員として過ごせた日々を凄く嬉しく思います。セレッソ大阪というクラブ、コーチングスタッフの皆さん、選手全員に感謝の気持ちしかありません」 「特に怪我からの復帰に全力で支えてくれたメディカルスタッフの皆さん、本当にありがとうございました」 「セレッソ大阪をこれからも全力で応援しています。絶対に今年タイトルを獲って下さい。ラムちゃんより」 2022.08.16 15:02 Tue
twitterfacebook
thumb

広島も母国帰還発表のジュニオール・サントスが退団の挨拶 「ずっとサンフレッチェを応援し続けます」

サンフレッチェ広島を去るブラジル人FWジュニオール・サントス(27)がクラブを通じて、サポーターに退団の挨拶をした。 ジュニオール・サントスを巡っては15日に移籍先のボタフォゴFRから今季末までのレンタル決定が発表。そして、保有権を持つ広島も追随する形で、16日に母国帰還をアナウンスしている。 ジュニオール・サントスは2021年から広島でプレー。横浜F・マリノスでの半年間で明治安田生命J1リーグ13ゴールと活躍しての加入だったが、今季もここまで22試合で2得点だった。 この8月の公式戦4試合すべてでベンチ外が続くなか、母国帰還が決まったジュニオール・サントスは1年半を過ごした広島の公式サイトでサポーターに感謝の言葉を送っている。 「サンフレッチェ広島のファン・サポーター、スポンサー、そして全ての関係者の皆さま。いつもチームへ大きな力を与えてくださり、本当にありがとうございます。この度、私はサンフレッチェ広島に一旦別れを告げ、ブラジルのボタフォゴFRでプレーすることになりました」 「多くの出会いがあった広島をこのような形で去るのは悲しいですが、それもサッカーの一部なのかもしれません。新たな環境で自分のベストを尽くすとともに、ずっとサンフレッチェを応援し続けます。皆さんも私を応援してくれたら嬉しいです」 「ジュニオール・サントスより愛を込めて」 2022.08.16 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

柏DF岩下航が3カ月離脱…右第五中足骨骨折で手術

柏レイソルは16日、DF岩下航の負傷を報告した。 岩下は3日のトレーニング中に負傷して、右第五中足骨骨折と診断。このたび手術を受け、全治まで約3カ月を見込みだ。 ロアッソ熊本から今季加わり、23歳にして明治安田生命J1リーグ挑戦の岩下。ここまで3試合に出場していた。 2022.08.16 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

広島FWジュニオール・サントスが母国へ! ボタフォゴFRが今年末までのレンタル発表

ボタフォゴFRは15日、サンフレッチェ広島からブラジル人FWジュニオール・サントス(27)のレンタルを発表した。契約期間は12月31日までの今年末までとなる。 ジュニオール・サントスは2019年夏の柏レイソル入りを機にJリーグ挑戦。2020年夏からレンタル加入の横浜F・マリノスで明治安田生命J1リーグ13得点とブレイクを遂げ、2021年から広島に完全移籍した。 広島では1年目にJ1リーグ35試合出場で7ゴールを記録したが、横浜FMで残したインパクトの再現とはいかず、今季もここまで22試合のプレーで2得点で、この8月の公式戦4試合ではすべてベンチ外だった。 なお、ボタフォゴFRによると、ジュニオール・サントスはメディカルチェック等々ですでにリオ・デ・ジャネイロにおり、新たなチームメイトとのトレーニングにまもなく合流する見込みだという。 2022.08.16 09:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly