デウロフェウの新天地はナポリで決まり?代理人が地元ラジオに明言か

2022.05.25 15:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼに所属する元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(28)。どうやら来シーズンからはナポリでプレーすることになるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

バルセロナの下部組織で育ったデウロフェウは、ファーストチームでは出場機会に恵まれず、ミランやセビージャ、エバートンへのレンタル移籍を経て、2018年1月にワトフォードへ加入。2020年10月には同一オーナーが所有するウディネーゼへと活躍の場を移した。

かねてより今シーズン限りでの退団が噂されていたデウロフェウ。本人がステップアップを希望しており、かつて自身が半年間在籍していたミランに加え、ナポリ、ウェストハムなどが関心を寄せていると報じられている。

そんな中、デウロフェウの代理人を務めるアルバート・ボティネス氏がイタリア『Radio Marte』に出演し、デウロフェウのウディネーゼ退団を認めたうえで、ナポリへ移籍する見通しであることを明かした。

「他のチームについて話すことはあまり好きではない。だが、ナポリはトップクラブであり、彼はそこに行けばきっと幸せになれると言える」

「ナポリは彼にとって素晴らしい選択肢となるだろう。もうすぐ始まる移籍市場に向けて、すでに多くのクラブが情報を求めてきている」

デウロフェウの新天地に関しては、これまでミランが最有力ではないかとされてきた。だが、獲得レースを制するのは、退団するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(30)の後釜を探していたナポリということになりそうだ。

関連ニュース
thumb

ナポリ退団のオスピナ、サウジのアル・ナスル加入へ

ナポリのコロンビア代表GKダビド・オスピナ(33)がサウジアラビアのアル・ナスルに移籍することが決定的となったようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 アトレティコ・ナシオナル、ニース、アーセナルで活躍してきたオスピナは、2018年夏にナポリへレンタル加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、ここまで公式戦103試合に出場した。 2021-22シーズンはイタリア代表GKアレックス・メレトとのポジション争いで優位に立ち、セリエA31試合に出場していた。 しかし、クラブが来シーズン以降の正GKをメレトに託すことを決めたことで、コロンビア代表GKは契約が終了する今夏のタイミングでの退団を決断。 ここまでヨーロッパを中心に多くのクラブが関心を集めてきたが、新天地はルディ・ガルシア新監督を招へいしたアル・ナスルになるようだ。 スキラ氏によると、オスピナは年俸350万ユーロ(約4億9000万円)+ボーナスの3年契約にサインする予定だという。 なお、新天地のアル・ナスルには元ブラジル代表MFタリスカ、元アルゼンチン代表のDFラミロ・フネス・モリやFWゴンサロ・マルティネスといった南米出身の選手が多く在籍している。 2022.07.01 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーやマネらアフリカ年間最優秀選手賞の候補30名

アフリカサッカー連盟(CAF)は6月30日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者30名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 2人のどちらかの受賞が濃厚とされる中、マネはセネガル代表としてアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)でエジプトを破り優勝。また、カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でもエジプトを破って出場権を獲得している。 一方でリバプールでのプレーを見れば、共にタイトルを2つ獲得。サラーは、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとともに得点王に輝いていた。また、イングランドプロサッカー選手協会(PFA)も受賞している。 その他、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやセリエAを制したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどもノミネートされている。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補30名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) ベルトラン・トラオレ(ブルキナファソ/アストン・ビラ) ブラッティ・トゥーレ(ブルキナファソ/ピラミッド) エドモン・タプソバ(ブルキナファソ/レバークーゼン) アンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(カメルーン/ナポリ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) ユスフ・エチャンガマ(コモロ/ギャンガン) フランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス) モハメド・アブデルモネム(エジプト/アル・アハリ) モハメド・エルネニー(エジプト/アーセナル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) モハメド・エル・シェナウィ(エジプト/アル・アハリ) ムサ・バロウ(ガンビア/ボローニャ) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) アリュー・ディエング(マリ/アル・アハリ) ハマリ・トラオレ(マリ/レンヌ) イヴ・ビスマ(マリ/トッテナム) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) ソフィアン・ブファル(モロッコ/アンジェ) ヤフヤー・ジャブラーヌ(モロッコ/ウィダード) ヤシン・ブヌ(モロッコ/セビージャ) モーゼス・サイモン(ナイジェリア/ナント) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) ナンパリイズ・メンディ(セネガル/レスター・シティ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) サリウ・シス(セネガル/ナンシー) アリ・マールル(チュニジア/アル・アハリ) 2022.07.01 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
thumb

CBが足りないチェルシー、獲得失敗続きで次のターゲットはナポリDFクリバリか

今夏のセンターバック補強が急務ながら、誰1人確保できていないチェルシー。新たなターゲットに目を向けているという。 チェルシーは、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがレアル・マドリーへと移籍。デンマーク代表DFアンドレア・クリステンセンが退団し、バルセロナへと移籍するとされている。 さらにスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの去就も不透明な状況。ディフェンスラインの補強が急務となっている。 そのチェルシーはユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトやパリ・サンジェルマン(PSG)のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルに興味を持っていた中、獲得が難しい状況に。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、新たなターゲットをナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(31)に定めたという。 今夏のCB補強は確定的だが、その値段がどれも高価なものに。ユベントスは契約延長に合意しなかったデ・リフトの売却を考えたが、その費用は1億ユーロ(約143億3500万円)となり、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを差し出して減額を申し出たが拒否されている。 また、シュクリニアルに関しては、PSG行きが迫っており、個人観での合意に至ったとも報道。獲得は難しい状況だ。 クリバリはナポリとの契約が残り一年となっており、契約を延長する意思はないという。その理由は、サラリーの減額をクラブが求めているためとされている。 その結果、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ、ベルギー代表FWドリエス・メルテンスがチームを去り、クリバリも続くものと見られている。 クリバリ自身は残留を望んでいるとされるが、4000万ユーロ(約57億3500万円)のオファーがあればナポリは放出を受け入れると見られている。また、ユベントスに移籍されるぐらいならば、国外のチェルシーに移籍してほしいという考えもあるようだ。 2022.06.29 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

トロントFC加入のインシーニェが入団会見「MLSは正真正銘のフットボール」

7月からトロントFCに加入するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(31)が入団会見を実施した。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリの下部組織で育ったインシーニェは2010年1月のファーストチームデビュー以降、公式戦通算433試合121得点95アシストを記録。クラブの象徴と言える存在だったが、残念ながら契約延長には至らず、今年1月の時点で今シーズン限りでの退団が決定していた。 そんなインシーニェが新天地に選んだのはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFC。両者は7月1日付けで4年契約を結ぶ予定となっており、トロントFCはインシーニェ以外にも元イタリア代表DFドメニコ・クリシート(35)をジェノアから獲得するなど、積極補強を進めている。 インシーニェはチームへの本格合流に先立って行われたメディア向けのレセプションで、自身初となる国外移籍について率直な想いを述べた。 「まずは僕を重要な選手だと言ってくれたクラブと会長に感謝したい。ここに来られて本当に嬉しいよ。新しい冒険を求めていたんだ。トロントからのオファーは喜んで受け入れたよ」 「僕は多くを語ることを好まない。フットボーラーは誰もがピッチ上で自分の価値を証明する。MLSでも僕の価値を証明しなきゃね」 「ジョビンコ? 彼がここでプレーしていたことが、僕自身の決断に影響することはなかったよ。僕は彼と同じようにゴールを重ね、より重要なトロフィーを掲げることが目標さ。ファンのみんなには僕を愛してもらいたいね」 かつてトロントFCの絶対的エースとして活躍した元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(35)の名を挙げ、先人をも超える活躍を誓ったインシーニェ。一方、ヨーロッパでのキャリア継続に未練はないのかという質問には、後悔していないと強調した。 「僕はまだヨーロッパでプレーすることができたかもしれない。だけど、MLSは正真正銘のフットボールだ。ヨーロッパのトップクラブとトロント、どちらでプレーしたって本質は変わらないよ。僕がトロントを選んだのは、より大きなチャレンジだったからだよ」 「僕をここに連れてくるために多くの人たちが多大な努力をしてくれた。彼らの熱意や愛情に対して、僕はプレーで応えなくてはいけないね」 2022.06.28 15:23 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly