U-23アジアカップ制覇へ、大岩剛監督が意気込み「結果を求めていく中で、成長につなげていければ」

2022.05.24 17:53 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-21日本代表の大岩剛監督が、AFC U-23アジアカップに向けたメンバー21名を発表した。

U-23の大会ながら、日本はU-21の世代で臨む今大会。23名の登録選手のうち、21名をまずは発表。海外組を4名招集した他、Jリーグでプレーする選手を中心に招集した。

UAE、サウジアラビア、タジキスタンとグループステージで戦う日本。今回のメンバー招集にあたり、大岩監督はJリーグの各クラブへの感謝の気持ちを述べた。

「今回メンバーを発表させていただきますが、これに至る経緯としては、Jリーグの各クラブの関係者の皆様に非常に多大なご協力をしていただき非常に感謝しています」

「難しいタイミングでのアジアカップの参加になると思いますが、たくさんのJリーグのクラブの協力があって参加することになります。感謝しております」

21名と2人少ない理由について大岩監督は説明。直前までJリーグの試合があることから、コンディションを見極めて2人を発表したいと語った。

「最大で23人登録が可能ですが、このタイミングでの発表は現在は21人の発表にさせていただいております」

「Jリーグ関係者への感謝とともに、非常に過密で今日の発表から明日、週末とこれから2試合を戦ってIMD(インターナショナル・マッチデー)に入っていく中で、選手のコンディションであったりケガの状況であったりを鑑みて、今回は21人で発表させていただきました。この2試合を戦った上で、残りの2人を発表させていただく形を取らせていただいております」

そののこりの2人については「中盤から前線にかけてもこれから選手を発表できればと思っています」と語り、攻撃的な選手が呼ばれることになるようだ。

3月に優勝したドバイカップや、トレーニングキャンプなどを行ってきた中、今回のメンバー選考の基準については「発足当時から私の口からも言っていますが、今回のアジアカップでは最大6試合。最初の予選リーグ3試合を勝ち抜ければの話ですが、非常にタフなゲームが待っています。それに対してコンディションよくタフに戦える選手を求めて、選手たちにしっかりと発揮してもらえるような選考をしたつもりです」とコメント。優勝を目指す上で、能力的にもコンディション的にも整っている選手を呼んだという。

9月に予定されていたアジア競技大会が中止になり、貴重な実践の場が減っている状況。その中での今大会の位置付けについては、しっかりと結果を残したいとした。

「今後のことも考えて、グループを成熟させる、成長させることを考える中で、積み上げや成長は期待していきますが、今回のアジアカップは今後の我々の予選に関わる大会なので、先のことよりも今回の大会でしっかり優勝を目指すと」

「結果を求めていく中で、成長につなげていければと思います」

「9月のアジア大会がなくなりましたけど、色々なアクシデント、イレギュラーがある中で、1つの活動に集中してやっていこうと考えています。今回の非常に重要な大会だと思っていますし、アジアカップでしっかり優勝するという目標に向かってチーム全体で前進していきたいと思います」

その中で、海外でプレーする4人を招集した。海外でプレーする選手が今後増えていく可能性についても大岩監督は示唆した。

「今後おそらく我々のグループからも海外に移籍するであろう選手もいるので、今後も増えていくと思います」

「今のSAMURAI BLUEがそうですが、各国で試合に出続けること。そのタフさというのは我々のグループの選手たちも感じると思うので、日本代表にはしっかり持ち込んで欲しいと思いますし、海外組は4人いますが、もっと増えて、もっとタフなグループにしていきたいと思います」

パリ・オリンピックを目指す上では、今大会でも中心になっていくであろう選手たちが見えてくるはずだ。大岩監督はその点について「核になるというか、各クラブで高いレベルのパフォーマンスを見せている選手たちは、この先も海外に行ったりと色々なことが起きると思います」と語り、「常時試合に出たり良いパフォーマンスをし続けることが大事だと思います。そこを見極めながら、核となる選手がたくさん出ることが重要です。そういう選手が増えるような活動にしていく。しっかり選手を成長させたいと思います」と語り、中心になれる選手たちをどんどん増やしていきたいとした。

一方で、U-19世代や大学生への刺激、また、A代表へのステップアップを図るためにも大事な大会になると語った。

「この大会は我々にとっても重要で、色々な部分を周りに発信するという点でも重要だと思います」

「SAMURAI BLUEにいく選手、U-19から上がってくる選手、大学生も含まれているので、良い刺激になるような質の高いゲームをして結果を残す。この年代の最前線にいるんだというグループであり続けたいと思っています」

関連ニュース
thumb

U-21日本代表MF斉藤光毅がオランダ1部のスパルタ・ロッテルダムにレンタル移籍!

エールディビジのスパルタ・ロッテルダムは25日、ベルギー2部のロンメルに所属するU-21日本代表MF斉藤光毅(20)がレンタル移籍で加入することを発表した。 斉藤は横浜FCの下部組織出身で、2021年1月にロンメルへと完全移籍する。 コロナ禍での海外挑戦となった斉藤だが、1年目はベルギー2部で9試合に出場し1アシストを記録。フルシーズンを戦った、2021-22シーズンはリーグ戦20試合に出場し5ゴール2アシストを記録。センターフォワードの他、両サイドハーフや両ウイングでプレーした。 先日まではU-21日本代表としてウズベキスタンで開催されていたAFC U23アジアカップにも出場していた。 スパルタ・ロッテルダムは、2021-22シーズンのエールディビジで14位に終わっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】斉藤光毅のインタビューとロンメルでのプレー映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CaEVGStPtSg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.25 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

オーストラリアに完勝した日本が3位で大会を終える!《AFC U-23アジアカップ》

U-21日本代表は18日、AFC U-23アジアカップの3位決定戦でU-23オーストラリア代表と対戦し、3-0で勝利した。 3日前に行われた準決勝で開催国のU-23ウズベキスタン代表に完敗した日本は、その試合から先発を7人変更。GK鈴木彩艶、馬場晴也、内野貴史、松岡大起の4人が準決勝に続き先発となった。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、馬場晴也(東京V)、木村誠二(山形)、内野貴史(デュッセルドルフ) MF:山本理仁(東京V)、松岡大起(清水)、松木玖生(FC東京) FW:三戸舜介(新潟)、中島大嘉(札幌)、佐藤恵允(明治大) 準決勝でU-23サウジアラビア代表に敗れたオーストラリアに対し、日本が立ち上がりから積極的なプレスでビルドアップを牽制していく。すると7分、左クロスのこぼれ球をボックス左で拾った佐藤が縦への仕掛けから左足一閃。強烈なシュートはクロスバーに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 その後はポゼッションを高めるオーストラリアの時間が続いたが、23分に日本が再び決定機を迎える。松木のパスをバイタルエリアで受けた三戸がカットインから左足を振り抜いたが、シュートはクロスバーを直撃した。 以降は膠着状態が続いたが、日本はセットプレーから追加点を奪う。39分、山本の右CKがカイ・トレウィンのクリアミスを誘いオウンゴールを誘発した。 迎えた後半は一進一退の展開となる中、日本は56分に中島を下げて藤尾翔太を投入。すると64分、ドリブルで持ち上がった半田のパスをボックス右で受けた松木の折り返しを中央の藤尾がワンタッチで流し込んだ。 その後は大会最終戦で意地を見せたいオーストラリアが反撃を試みるが、日本は集中した守りでこれを跳ね返すと、83分にはセットプレーの二次攻撃から藤尾がチャンスを迎えたが、シュートは相手GKの好守に阻まれた。 その後、日本は84分に佐藤と内野を下げて細谷と加藤をピッチに送り出し、5枚の交代カードを使い切る。結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。3位で大会を終えた日本は、パリオリンピック予選ポット1入りを決めた。 U-21日本代表 3-0 U-23オーストラリア代表 【日本】 佐藤恵允(前7) オウンゴール(前39) 藤尾翔太(後19) ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、馬場晴也(東京V)、木村誠二(山形)、内野貴史(デュッセルドルフ)[→加藤聖(長崎)] MF:山本理仁(東京V)[→藤田譲瑠チマ(横浜FM)]、松岡大起(清水)、松木玖生(FC東京)[→鈴木唯人(清水)] FW:三戸舜介(新潟)、中島大嘉(札幌)[→藤尾翔太(徳島)]、佐藤恵允(明治大)[→細谷真大(柏)] [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-23サウジアラビア代表 2022年6月19日(日)22時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.18 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

「まさにドライブシュート」U-21日本代表を沈めたウズベキスタンの“左足豪快ミドル”に脚光「海外はここから撃ってくる」

U-21日本代表は15日、AFC U-23アジアカップ準決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-2で敗れた。 ファイナル進出を懸けた一戦。日本は重さや相手の圧力に苦戦を強いられ、なかなか攻撃の形を作れず。一方の守備ではウズベキスタンの10番ジャスールベク・ジャロリディノフを中心とした相手攻撃陣に幾度かシュートを浴びる。 前半を0-0で折り返すと、日本は58分にMF山本理仁と、MF佐藤恵允を同時投入。攻撃に変化を加えようとする。 しかし、直後の60分にジャロリディノフの左足が火を噴く。自陣左サイドで持ち上がったDF加藤聖の縦パスを引っかけられてカウンターを浴びると、ペナルティアーク手前でフリーのジャロリディノフに繋がれる。日本の選手たちは寄せ切れずにいると、左足アウトにかけた見事なミドルシュートをGK鈴木彩艶が守るゴール左上隅に突き刺された。 圧巻の一撃にはファンも驚き。「まさにドライブシュート」、「これは止められん」、「1点目エグすぎ」、「海外はここから撃ってくるのか」とジャロリディノフへの賛辞の言葉が相次いでいる。 先制を許した日本はその後選手交代も駆使して同点を目指したものの、試合終盤の89分にビルドアップのボールロストから追加点を許し終戦。0-2で敗れ、U-23オーストラリア代表との3位決定戦に臨むこととなった。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 3位決定戦 日本代表 vsオーストラリア代表 2022年6月18日(土)22時キックオフ DAZN独占配信 <span class="paragraph-title">【動画】日本を沈めたウズベキスタン10番の豪快ドライブシュート!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tl9vXRpqQ98";var video_start = 168;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.16 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表の選手1名が新型コロナ陽性…合計4名に

AFC U23アジアカップを戦うU-21日本代表の選手1名が、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたとのことだ。 日本サッカー協会(JFA)によると、選手1名が発熱の症状を訴え、15日にPCR検査を実施。陽性が確認されたとのことだ。 当該選手はこれまでの検査は全て陰性だったとのこと。現地で定められたルールに従って既にチームから離れて療養している。 なお、U-21日本代表はガイドラインに従って感染対策を徹底して行動しており、チーム内で濃厚接触者に該当する者はいない。また、U-21日本代表の活動および試合への影響はないとのことだ。 U-21日本代表は15日に準決勝を戦い、U-23ウズベキスタン代表に0-2で敗戦。3位決定戦に臨むこととなった。 2022.06.16 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表、開催国に完敗で決勝進出ならず…オーストラリアとの3位決定戦へ《AFC U-23アジアカップ》

U-21日本代表は15日、AFC U-23アジアカップ準決勝でU-23ウズベキスタン代表と対戦し、0-2で敗れた。 12日に行われたU-23韓国代表との準々決勝に3-0で完勝した日本は、決勝進出を目指して開催国のウズベキスタンと対戦した。 MF三戸舜介(新潟)の出場停止が2試合に増えたことに加え、新型コロナウイルス感染によって数選手の不在を強いられた大岩剛監督率いるチームだが、韓国戦からはDF半田陸とMF山本理仁に代えて、DF内野貴史(デュッセルドルフ)とMF松岡大起(清水)の2選手を入れ替えたのみで臨む形となった。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:内野貴史(デュッセルドルフ)、馬場晴也(東京V)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:松岡大起(清水)、藤田譲瑠チマ(横浜FM) MF:藤尾翔太(徳島)、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメル) FW:細谷真大(柏) なお、この試合は当初、完全アウェイでの戦いが見込まれたが、準々決勝での一部ウズベキスタンサポーターによる、ピッチ内への投擲など違反行為によって、同国サポーターの入場が禁止に。逆に、500名上限で日本サポーターの入場が認められるイレギュラーな形での開催となった。 ファイナル進出を懸けた一戦。立ち上がりは重さや相手の圧力に苦戦を強いられ、やや受け身の入りとなった日本。それでも、時間の経過と共に前進するシーンを増やしていく。 流れの中ではフィニッシュまで持ち込めないものの、セットプレーの流れから藤田の抑えの利いたミドルシュート、鈴木唯人の果敢な仕掛けからのクロスと、相手ゴールへ迫る。 一連の攻撃からペースを掴みたい日本だったが、以降は距離感、パススピード、前線の動き出しの少なさも影響し、ビルドアップからアタッキングサードへの侵入という部分で苦戦。苦し紛れのロングボール以外に前線の細谷へボールが入る回数はほぼなく、攻撃の形を作れない。 逆に、幾度か相手のプレスに嵌められる場面やセカンドでの劣勢によって危険なシーンを作られ、ジャロリディノフの右ポスト直撃のシュートやボックス内でシュートを浴びる場面も招いたが、守備陣の身体を張った対応で事なきを得た。 最低限のゴールレスも攻撃面で閉塞感漂う中、重要な後半45分がスタート。ハーフタイムの修正によって勢いを持って入りたいところだったが、立ち上がりはジャロリディノフ、エルキノフらの仕掛けに後手を踏み、押し込まれる状況が続く。 GK鈴木彩艶やDF馬場の身体を張ったプレーでピンチを凌ぐ中、58分には松岡、斉藤を下げて山本、MF佐藤恵允を同時投入。ビルドアップ、攻撃に変化を加えようとする。 だが、この交代直後の60分には自陣左サイドで持ち上がった加藤の縦パスを引っかけられてカウンターを浴びると、左サイドに出てホシモフを潰しに行ったDFチェイス・アンリが入れ替わられると、ペナルティアーク付近でフリーのジャロリディノフに繋がれる。すると、左足アウトにかけた見事なミドルシュートをゴール左上隅に突き刺され、痛恨の失点となった。 今大会初めてビハインドを背負った日本は、失点直後に馬場のフィードを前線で収めた佐藤が鋭い反転シュートを放って反撃の狼煙を上げる。以降は相手陣内でのプレーを増やすものの、最後のところでうまくいかない日本は78分、内野と藤尾を下げてDF半田陸、FW中島大嘉を同時投入。中島を最前線、細谷をトップ下、鈴木唯人を右サイドに配置する。 中島の高さを意識しつつ、山本、藤田の展開力を生かして徐々にリズムを作り出す日本だが、最後のところで粘る相手の守備を崩し切れない。逆に、焦りや疲労から繋ぎの部分で細かいミスが出始め、苦しくなる。 すると、89分にはビルドアップでのボールロストから前線へフィードを入れられると、最前線で馬場を背負いながらポストワークを試みたノルチャエフにワンタッチでの落としからホルマトフのリターンパスを受け直して完璧に抜け出されると、GKとの一対一をきっちり決められて痛恨の2失点目となった。 その後、細谷を下げてMF松木玖生を投入した中、後半アディショナルタイムには藤田のミドルシュートでゴールに迫ったものの、試合はこのままタイムアップ。 会心の勝利となった韓国戦とは打って変わって試合を通して難しい戦いとなった日本は、開催国に屈して決勝進出はならず。 この結果、日本は18日に行われる3位決定戦でU-23サウジアラビアに0-2で敗れたU-23オーストラリア代表と対戦することになった。 U-23ウズベキスタン代表 2-0 U-21日本代表 【ウズベキスタン】 ジャロリディノフ(60分) ノルチャエフ(89分) ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:内野貴史(デュッセルドルフ)[→半田陸(山形)]、馬場晴也(東京V)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:松岡大起(清水)[→山本理仁(東京V)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM) MF:藤尾翔太(徳島)[→中島大嘉(札幌)]、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメル)[→佐藤恵允(明治大)] FW:細谷真大(柏)[→松木玖生(FC東京)] [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.16 03:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly