異次元のスピードを持つライオン、サディオ・マネ【CL注目選手④】

2022.05.26 22:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
◆ラストシーズン?2度目の戴冠へ

2023年夏までの契約を残すマネ。同僚のサラーと共に、今夏の去就が非常に注目を集めている。

一部では両選手共にチームを去るのではないかと見られていたが、サラーは来シーズンは残留すると明言した。

一方でマネは去就に含みを持たすことに。今シーズンがリバプールでのラストシーズンになる可能性もあり、最後にタイトルを獲得したいところだろう。

2018-19シーズンのCL制覇時は全試合に出場。決勝でも90分間プレーし、チームの勝利に貢献した。マドリー相手には3試合で1アシストのみ。まだ一度も勝ったことがないが、しっかりと勝利し、2度目のビッグイヤー獲得なるだろうか。











関連ニュース
thumb

決勝Tで5試合連続ゴール中と得点力爆発の絶対エース、カリム・ベンゼマ【CL注目選手⑥】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ドゥ・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆覚醒した得点力</span> FWカリム・ベンゼマ 生年月日:1987年12月19日(34) 所属:レアル・マドリー 国籍:フランス 今季成績 ラ・リーガ:32試合27ゴール12アシスト チャンピオンズリーグ:11試合15ゴール2アシスト 2009年7月にリヨンからマドリーへと加入したベンゼマ。かつてはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)の陰に隠れるような存在であり、絶対的エースの一歩後をいっていた。 それまでもゴールを量産していたベンゼマだが、C・ロナウドがユベントスに移籍して以降は、よりチームの得点源としての役割を担うことに。そして今シーズンはついにCLの舞台でも火を吹いた。 ラ・リーガでは32試合で27ゴールを記録。自身初となるラ・リーガの得点王を受賞した。若手のアタッカーとの連携も抜群で、アシストも「12」を記録。チャンスメーカーとしてだけでなく、スコアラーとしてもシーズンを通じて安定してパフォーマンスを見せていた。 自身の力で確実にチームを牽引してきたベンゼマ。キャリアハイのシーズンを締め括るには、もう1試合ゴールを重ねたい。 <span class="paragraph-title">◆圧倒的な得点力で5度目のCL制覇へ</span> マドリーに加入後はジネディーヌ・ジダン監督の下での3連覇を含めて4度の優勝を飾っている。 カルロ・アンチェロッティ監督の下でも、2013-14シーズンのアトレティコ・マドリーとの決勝を経験。ゴールを奪えないままピッチを去ったが、チームは延長戦までも連れ込み劇的な逆転勝利を収めた。 そのベンゼマだが、4度のCL決勝を経験もゴールはわずかに「1」。その1点は、4年前のリバプールとの決勝での先制ゴールだった。 チームは3-1で勝利したが、その口火を切ったゴールを決めているだけに、今回もしっかりと結果を数字で示したいところだろう。 今季のCLでのゴール数は驚くべきもの。11試合で15ゴールと量産した。 特筆すべきは、決勝トーナメント・ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦2ndレグ、準々決勝のチェルシー戦1stレグと2試合続けてのハットトリックだろう。加えて、決勝トーナメントは準決勝までの6試合中5試合でゴール。10ゴールを決めており、間違い無くチームを決勝トーナメントに導いた1人と言えるだけに、決勝でもゴールを決められるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールもアシストも!絶対的エース、カリム・ベンゼマ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vv8oQMRzCrA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.27 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

4年前のリベンジへ! 燃えるリバプールのエース、モハメド・サラー【CL注目選手⑤】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ドゥ・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆レッズの絶対的なエース</span> FWモハメド・サラー 生年月日:1992年6月15日(29) 所属:リバプール 国籍:エジプト 今季成績 プレミアリーグ:35試合23ゴール14アシスト チャンピオンズリーグ:12試合8ゴール2アシスト 2017年7月にローマから完全移籍でリバプールへとやってきたサラー。チェルシーに在籍し、プレミアリーグを経験したこともあったが、当時は鳴かず飛ばずの結果だった。 しかし、フィオレンティーナ、ローマとセリエAで経験を積むと、世界屈指のスコアラーに成長。リバプール加入後は、5シーズンで公式戦253試合に出場し156ゴール63アシストを記録した。 過去に2度、プレミアリーグの得点王に輝いていたサラーは、今シーズンも23ゴール14アシストを記録し3度目の得点王に。37ゴールに絡むという大きな数字を残したが、惜しくもチームは優勝を逃していた。 CLでも12試合で8ゴール2アシストと、決勝進出に大きく貢献。リバプールの攻撃を牽引する紛れもないエースは、2度目のCL制覇に挑戦する。 <span class="paragraph-title">◆4年前のリベンジを果たせるか</span> 圧倒的な得点力を誇るサラーは、2017-18シーズンのCL決勝のマドリー戦にも当然出場していた。 ビッグイヤーを掲げるために意気揚々と試合に臨んだサラーだったが、前半30分にアクシデント。当時マドリーに在籍していたDFセルヒオ・ラモス(パリ・サンジェルマン)と競り合うと、もつれあいながら倒れ込み腕を負傷してしまった。 前半の途中でピッチを去ることとなったエースは、チームが3-1で敗れるのを見届けることしかできず、非常に悔しい思いが残っているはず。翌シーズンにビッグイヤーを掲げたが、それでも今回の対戦に懸ける思いは誰よりも強いはずだ。 当時と変わらない得点力を見せつけているサラー。自身のゴールでマドリーにリベンジを果たし、チームにカップトレブルをもたらすことができるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】リベンジに燃えるリバプールの絶対的エース、モハメド・サラー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6tdIiJFd3-g";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.27 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

切れ味鋭いドリブル突破、飛躍のヴィニシウスの歴史がここからスタート!?【CL注目選手③】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ドゥ・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆切れ味抜群の若きドリブラー</span> FWヴィニシウス・ジュニオール 生年月日:2000年7月12日(21) 所属:レアル・マドリー 国籍:ブラジル 今季成績 ラ・リーガ:35試合17ゴール13アシスト チャンピオンズリーグ:12試合3ゴール7アシスト 2018年7月にフラメンゴから加入したヴィニシウス。マドリーでは早くも4シーズン目を迎えた。 昨シーズンまでは高いパフォーマンスを見せながらもイマイチ数字という結果がついてこなかったヴィニシウス。2020-21シーズンは公式戦49試合に出場し6ゴール7アシストを記録するにとどまっていた。 しかし、今シーズンは持ち前の才能がついに花開くことに。公式戦51試合に出場し21ゴール20アシスト。ラ・リーガでは17ゴール13アシストと30ゴールに絡む活躍を見せ、チームの優勝に大きく貢献した。 左ウイングでのプレーはトップのカリム・ベンゼマと呼応するようにゴールとアシストを増やしていき、フィニッシャーとしても相手に恐怖を与える存在となっていった。 特に華麗なドリブルでの突破は切れ味が増しており、自ら仕掛けてのゴールも量産。準決勝のマンチェスター・シティ戦では自陣ハーフウェイライン付近でうまく入れ替わると、そのままゴール前まで独走。ゴールを決め切るなど、自信もつけていることを感じさせる。 <span class="paragraph-title">◆初の栄冠へ</span> ヴィニシウスが加入してからはマドリーはCLのタイトルを獲得していない。リーグ制覇は今季で2度目。クラブ・ワールドカップが1回、スーペル・コパが2回という状況。まだまだこれからトロフィーの数を増やしていくはずだ。 そのヴィニシウスにとっては、優勝すれば初のビッグイヤー獲得に。ベンゼマの衰えは見えないものの、将来のエース候補として考えられるヴィニシウスにとっては、自身が飛躍したシーズンで欧州制覇を果たしたいところだろう。 これまでの数々のスター選手が刻んだように、ヴィニシウスにとってのマドリーの歴史がスタートする優勝となるのか。ここまで見せてきたプレーで、リバプールの守備陣を混乱させ、ゴールを決め切れるかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】飛躍の若きドリブラー、ヴィニシウス・ジュニオール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="cZzP4Cpber4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

決勝で魔法のパスは繰り出されるか、ルカ・モドリッチ【CL注目選手②】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ドゥ・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆ボールに魔法をかけるパスマスター</span> MFルカ・モドリッチ 生年月日:1985年9月9日(36) 所属:レアル・マドリー 国籍:クロアチア 今季成績 ラ・リーガ:28試合2ゴール9アシスト チャンピオンズリーグ:11試合4アシスト 2012年8月にトッテナムからマドリーに加入したモドリッチ。今シーズンが在籍10シーズン目となる。 この間、チームの中心選手として活躍を続け、2018年にはバロンドールを受賞するなど、世界屈指のプレーヤーとして活躍。36歳を迎えた今シーズンも、チームに欠かせない存在であり続け、ラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。 豊富な運動量は衰え知らず。攻守にわたってハイレベルのプレーを続けるモドリッチは、凄みさえ感じさせるほど。 特にパスの能力は無理そ磨きがかかったと言っても良いほどに。パス能力、ボールの精度だけでなく、モドリッチにしか見えていないコースへのパスを何本も見せてきた。 ラウンド16のパリ・サンジェルマン戦での狭いコースを抜いてのアシストや、準々決勝のチェルシー戦での浮き球のパスでのアシストはその象徴とも言えるもの。決勝でどんなパスを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">◆自身5度目の戴冠へ</span> モドリッチはマドリーに加入後、すでに4度のCL優勝を経験。2015-16シーズンからの3連覇も中心選手として支えた。 前回のリバプールとの決勝にも当然出場しており、今回も再びリバプールを倒すことを目指してプレーすることは変わりない。 他の選手ではあまりないことではあるだろうが、今回優勝すれば、モドリッチはマドリーで一番多く獲得したタイトルがCLになる。これまで、クラブ・ワールドカップ、CLで4度ずつ優勝。ラ・リーガは今季が3度目だった。スーパーカップを除けば、5度目となり本人としても欲しいところだろう。 前回対戦と大きく変わったところと言えば、クリスティアーノ・ロナウドがいないというところだろう。ただ、同時いなかったヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスといった若きアタッカーが居る。 モドリッチが彼らを含めてどう操っていくのか。魅惑のパスでゴールを生み出し、チームにトロフィーをもたらせたい。 <span class="paragraph-title">【動画】魔法のパスを操るルカ・モドリッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FqDLaY1Rp8c";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

出場有無で大きな影響…リバプールを支えるコンダクター、チアゴ・アルカンタラ【CL注目選手①】

28日、今シーズンのヨーロッパ最強クラブが決定するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝が行われる。 パリのスタッド・ドゥ・フランスで行われる今回の決勝。2017-18シーズンと同じリバプールvsレアル・マドリーというカードとなった。 4年ぶりの再戦。当時はマドリーが3-1で勝利を収めてビッグイヤーを獲得。また、昨シーズンは準々決勝でも対戦しており、マドリーが3-1で勝利して勝ち上がっていた。 リベンジを果たしたいリバプールと、再び勝利を収めたいマドリー。両者の決戦に向け、それぞれ注目選手をピックアップしていきたい。 <span class="paragraph-subtitle">◆リバプールを支えるコンダクター</span> MFチアゴ・アルカンタラ 生年月日:1991年4月11日(31) 所属:リバプール 国籍:スペイン 今季成績 プレミアリーグ:25試合1ゴール4アシスト チャンピオンズリーグ:9試合1ゴール 2020年9月にバイエルンからリバプールへと加入したチアゴ。2シーズンで公式戦68試合に出場し3ゴール5アシストを記録している。 昨シーズンの序盤はケガの影響もありほとんど稼働できなかったチアゴだが、ケガが癒えるとチームの中盤に君臨。持ち味であるパスの精度とセンスで試合をコントロールする力を持っている。 高い能力を保持しており、リバプールの攻撃を支えるという点では貴重な存在だが、守備面でも高い強度を持っており、しっかりと相手からボールを奪うプレーもできる。 チームの司令塔としての活躍が期待され、特に精度の高いキックは武器に。テクニックにも秀でており、今シーズンのポルト戦では地を這う低空のスーパーゴールを記録している。 <span class="paragraph-title">◆過去にはトレブルも経験</span> チアゴはバルセロナ出身で、バイエルンを経てリバプールに加入した。 キャリアを通じて数々のタイトルを獲得してきているチアゴだが、チャンピオンズリーグでも2010-11シーズンのバルセロナ、2019-20シーズンのバイエルンと過去に2度優勝を経験している。 特にバイエルン時代の2019-20シーズンはCLに加えて、ブンデスリーガ、DFBポカールと3冠を達成。偉業を成し遂げた中心選手としても知られている。 今シーズンのリバプールもリーグ優勝こそ逃したが、EFLカップ(カラバオカップ)、FAカップとのカップトレブルを目指している状況。チアゴの存在が非常に大きなものとなるだろう。 <span class="paragraph-title">◆欠場の可能性も</span> ただ、そのチアゴには懸念材料が。プレミアリーグの最終戦となったウォルバーハンプトン戦に先発出場したものの、前半の最後にピッチを後にし、そのまま交代していた。 ユルゲン・クロップ監督は「検査をしてみなければ」とコメントするにとどめたが、どうやらアキレス腱を痛めたという話もあり、現時点で起用は不透明。土曜日までにどこまで回復するかで出場の可否が決まるとみられている。 チアゴが抜けるとなれば、リバプールは戦い方を変えなければいけなくなるため、大きな問題となる。かつてのライバルでもあるマドリーを相手に強い意気込みを持っていたはずのチアゴ。ピッチに立った時の輝きに期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】ポルト戦では地を這うスーパーミドルを決めたチアゴ・アルカンタラ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="N3D-n4VL6Ro";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.25 17:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly