今夏の人気銘柄レナト・サンチェスにPSGも関心か? しかし、実現度は…

2022.05.24 14:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)は、今夏の移籍市場における人気銘柄の1人。多くのビッグクラブが関心を寄せる中、潤沢な資金をバックにあのクラブも参戦してきた模様だ。フランス『ル・パリジャン』が報じている。

2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にしてベンフィカからバイエルンへの移籍を勝ち取ったレナト・サンチェス。しかし、バイエルンでは期待に見合った活躍は披露できず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。

しかし、2019-20シーズンからプレーするフランスの地で完全復活。2020-21シーズンはリールのリーグアン優勝に大きく貢献し、再びビッグクラブの注目を集める存在となった。

これまでにも、リバプール、アーセナル、バルセロナ、ミラン、ユベントスなどといった錚々たる顔ぶれが関心を寄せていると報じられてきたレナト・サンチェス。現時点ではミランが獲得レースのポールポジションに立つとされているが、ここへ来てパリ・サンジェルマン(PSG)も彼の獲得を考慮し始めたという。

『ル・パリジャン』によると、PSGは過去にもレナト・サンチェス獲得を目指していた経緯があり、リールとの契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、およそ1年後の契約満了を待って獲得するというプランも選択肢に含まれているとのこと。すなわち、PSGにとって必ずしも優先的なターゲットではないことを示している。

一方のリール側は今夏の売却に前向きとされており、レナト・サンチェス本人もステップアップに向けて準備ができているという趣旨の発言を昨年していることから、移籍は濃厚と見られている。しかし、その場合は優先的に獲得に動かないPSGへの移籍の可能性は低いと考えられる。

一度はビッグクラブに失格の烙印を押されながらも、時を経て自らの評価を再び覆すことに成功したレナト・サンチェス。果たして、自身初となるセリエAに挑戦するのか、それとも引き続きフランスにとどまってプレーすることになるのか。今夏の移籍市場に注目が集まっている。

関連ニュース
thumb

エバートンがベルギーの才能を確保! リールMFオナナを完全移籍で獲得、5年契約

エバートンは9日、リールのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027年6月までの5年間。移籍金は明かされていないが、イギリス『BBC』は3300万ポンド(約54億円)とのことだ。 オナナはセネガルにルーツを持ち、ズルテ・ワレヘム、ホッフェンハイムの下部組織で育ち、2020年7月にハンブルガーSVへと完全移籍。2021年8月にリールへと完全移籍していた。 期待の若き才能は、昨シーズンのリーグ・アンで31試合に出場し1ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも8試合に出場していた。 ウェストハムが獲得に動き、クラブ間合意に達していたともされた中、エバートンが急襲。ヨーロッパでも注目される若き才能を確保することができた。 オナナはクラブを通じて加入の喜びをコメントしている。 「エバートンに加入できて最高の気分だ。イングランドで最大のクラブの1つであることは知っている」 「監督やフットボールディレクターと話せたことは本当にありがたかった。彼らは僕にどんなプレーをしてほしいかを話してくれたし、僕はそれを楽しみにしている」 「2人とも野心的だったし、僕と同じタイプで、とてもマッチしている」 また、フランク・ランパード監督の存在が決め手になったともコメント。現役時代に世界屈指のMFとして名を馳せたランパード監督からの関心が嬉しかったとした。 「監督も大きな理由の一つだ。彼は最高レベルでプレーし、多くの勝利を収め、中盤の選手でもあった。監督から関心を持たれたことは大きな意味があり、僕に色々なことを教えてくれると思う」 さらにファンについても言及。ファンの熱気も移籍先に選んだ理由の1つだとした。 「エバートンのファンは素晴らしい。昨シーズンの彼らの応援を見て、僕がエバートンを選んだ理由の1つでもある。グディソンで会えるのが楽しみだし、雰囲気を聞いただけで鳥肌が立つ」 「青も僕の好きな色だね。クラブとサポーターのために全てを捧げるつもりだ」 2022.08.09 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

リール、トゥールーズのU-21フランス代表DFディアキテを獲得

リールは5日、トゥールーズのU-21フランス代表DFバフォデ・ディアキテ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間となっている。 2019年12月にトゥールーズでプロデビューを飾ったセンターバックのディアキテ。両サイドバックでもプレー可能なDFは、トゥールーズでこれまで公式戦83試合に出場して7ゴールを記録。 昨季はリーグ・ドゥで24試合に出場して2ゴールを挙げ、トゥールーズの1部復帰に貢献していた。 2022.08.06 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートンがハマーズとの争奪戦制してベルギー代表MFオナナ確保へ!

エバートンが、リールのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(20)の獲得に迫っているようだ。イギリス『テレグラフ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場でプレミアリーグを中心に多くのクラブの関心を集めていたオナナ。直近ではウェストハムが3350万ポンド(約54億円)での金額でクラブ間合意に至ったとの報道も出ていたが、土壇場で横やりを入れたエバートンが新天地になる可能性が高いようだ。 一連の報道によると、ウェストハムと個人間で合意に至っていなかったオナナは、フランク・ランパード監督からの直接の説得もあり、エバートン行きを決断。リールもトフィーズが同条件の3350万ポンドを支払うことを申し出たため移籍を了承したという。そして、同選手はすでにメディカルチェックを受けるため、マージーサイドへ向かう準備を進めているようだ。 セネガル出身でベルギーで生まれ育ったオナナは、ホッフェンハイムのリザーブチームでプロキャリアをスタート。その後、2020年夏にブンデスリーガ2部のハンブルガーSV(HSV)にフリートランスファーで加入していた。 195cmの屈強なフィジカルを生かしたボール奪取能力、ダイナミズムを最大の特徴とする守備的MFは、その翌年にレスター・シティへ旅立ったフランス人MFブバカリ・スマレの後釜としてリールへ完全移籍。 その新天地では公式戦41試合3ゴール1アシストの数字を残すなど、加入1年目から主力として活躍し、チャンピオンリーグデビューも経験。また、リールでの活躍が評価され、今年6月にはベルギーのフル代表デビューも飾っていた。 なお、パリ・サンジェルマンのセネガル代表MFイドリサ・グイエ獲得にも動いているエバートンだが、オナナの獲得が同選手のオペレーションに影響することはないという。 2022.08.05 19:12 Fri
twitterfacebook
thumb

リール、シャフタール退団のブラジル人DFイスマイリをフリーで獲得!

リールは4日、ブラジル人DFイスマイリ(32)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月末で、1年間の延長オプションが付随している。 リール加入の決まったイスマイリは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「リーグ・アンのビッグクラブの一つに来ることができて嬉しいよ。このクラブは一昨年リーグタイトルを獲得しており、大きなスタジアムと多くのサポーターがいるね。リール、そしてヨーロッパの主要リーグであるリーグ・アンに来ることができて本当に嬉しいよ」 2013年2月にブラガからシャフタールに加入した左サイドバックのイスマイリは、シャフタールでの在籍9年間で公式戦228に出場、16ゴール42アシストを記録し、中心選手として活躍。 かつてはユベントスなどビッグクラブが関心を示していたイスマイリは、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて次々にクラブを離れた同胞たちを尻目にシャフタールに留まり続け、クラブへの忠誠心を示したが、1日にクラブから退団したことが発表されていた。 2022.08.05 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがレナト・サンチェスの獲得を正式発表! 契約期間は2027年まで

パリ・サンジェルマン(PSG)は4日、リールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日まででとなる。 なお、移籍金については発表されていないが、フランス『レキップ』は1500万ユーロ(約20億4500万円)程度と伝えている。 2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にして世界中の注目を集めるようになったレナト・サンチェス。大会後にはベンフィカからバイエルンへと移籍したが、期待に見合った活躍は残せず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。 ビッグクラブで失格の烙印を押されたレナト・サンチェスだが、2019年夏にリールへと加入するとフランスの地で好パフォーマンスを見せ、2020-21シーズンにはチームのリーグ・アン制覇に大きく貢献。昨シーズンは筋肉系のケガで離脱を繰り返したが、公式戦31試合に出場していた。 リール時代に共闘したクリストフ・ガルティエ監督は、4日にメディアの取材で「レナトは今日の午後に到着する。彼は(マルコ・)ヴェッラッティやヴィティーニョのような、他の選手にはないクオリティを備えた選手だ」と、獲得を明言していた。 2022.08.05 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly