レヴァンドフスキはすでに心ここにあらず? 代理人が明かす「クラブからは尊敬を感じない」

2022.05.23 22:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
退団が噂されているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、すでに決意は固まっているようだ。

バイエルンとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍が噂されているレヴァンドフスキ。特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに3200万ユーロのオファーを送ったとも言われている。また、チャビ・エルナンデス監督も「オプションのひとつ」とコメントするなど、目の離せない状況が続いている。

そんな中、代理人であるビニ・ザハビ氏もドイツ『ビルト』のインタビューで注目のコメントを残した。れレヴァンドフスキは、すでにバイエルンから心は離れているようだ。

「もちろん、ロベルトは2023年まで契約があるため、もう1年引き留めることは可能だ。しかし、私はそれを勧めない」

「ロベルトも私も、ここでは誰もお金のことは気にしていない。彼はここ数カ月間、クラブの責任者たちから尊敬されていると感じることができていないのだ。それが真実だ」

「バイエルンはレヴァンドフスキという選手ではなく、ロベルトという人間を失ったのだ」

また、バイエルン側から契約延長のオファーがあったという噂については、「それはない」と否定している。

関連ニュース
thumb

セビージャがバイエルンの若手DF獲得か? デンマーク代表DFからターゲット変更

セビージャがバイエルンのU-20フランス代表DFタンギ・ニアンズ(20)の獲得に近づいているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ニアンズはパリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、2019年7月にファーストチームに昇格。1年後の2020年7月にバイエルンへとフリーで完全移籍した。 コートジボワールにルーツを持つニアンズは、PSGで公式戦13試合に出場し3ゴール1アシスト。バイエルンでは、ここまで公式戦28試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 センターバックでプレーするニアンズは、世代別のフランス代表を経験し、U-20フランス代表ではキャプテンを務め、10試合に出場し1ゴールを記録していた。 セビージャはガラタサライのデンマーク代表DFビクトル・ネルソン(23)の獲得を目指していたが、交渉が進まずにチームは痺れを切らしている状況。そこで目をつけたのがニアンズとのことだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏も、交渉が終わりに近づいているとし、ニアンズの移籍決定は間も無くだとしている。 191cmの上背に右利きのCB。バイエルンとの契約も2024年6月までという状況で、移籍金は1000万ユーロ(約13億6000万円)程度とのこと。ネルソンには1500万ユーロ(約20億4000万円)のオファーを出したものの、ガラタサライに拒否されたこともあり、ターゲットは完全に切り替わったとみられている。 2022.08.16 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

覚醒ミュージアラ弾などで快勝のバイエルンが連勝スタート《ブンデスリーガ》

バイエルンは14日、ブンデスリーガ第2節でヴォルフスブルクをホームに迎え、2-0で快勝した。 開幕戦でフランクフルトを粉砕する貫禄を見せ付けた王者バイエルンはフランクフルト戦同様のスタメンで臨んだ。 開幕節でブレーメンに引き分けたヴォルフスブルクがアグレッシブな入りを見せてきた中、バイエルンは13分、CKからパヴァールがバーを掠めるヘディングシュートを浴びせる。 徐々に攻勢を強めると19分、ニャブリの右クロスに合わせたマネのシュートがネットを揺らすもVARの末オフサイドとなった。 それでも33分、ミュージアラが個人技でゴールをこじ開ける。DFに対応されながらも力強く前を向いたミュージアラがペナルティアーク中央からゴール左へシュートを蹴り込んだ。 その後、パヴァールのミドルシュートなどで追加点に迫ると、44分に突き放す。アルフォンソ・デイビスがボックス左深くまでえぐってマイナスにクロスを送ると、キミッヒが左足ダイレクトでシュート。ゴール前のミュラーがコースを変えてネットを揺らした。 迎えた後半、ニャブリに代えてサネを投入したバイエルンは立ち上がりのピンチをGKノイアーが凌ぐ。 すると57分、サネがゴールに迫ると74分にはマネがゴールを割ったかに思われたが、わずかにオフサイドでゴールが認められなかった。 それでも終盤にかけても主導権を握り続けたバイエルンが2-0で快勝。連勝スタートとしている。 2022.08.15 02:34 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンはハヴァーツが欲しかった? レヴァンドフスキをチェルシーに生かせる算段も不発に

チェルシーのドイツ代表FWカイ・ハヴァーツ(23)に対して、バイエルンが興味を示しているようだ。ドイツ『Sport1』が伝えた。 バイエルンはエースだったポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバルセロナへと移籍。リバプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得していた。 そのバイエルンだが、レヴァンドフスキの退団が濃厚となっていた中で、バルセロナではなくチェルシーへの移籍を望んでいたとのこと。『Sport1』のケリー・ハウ氏が伝えた。 バイエルンはレヴァンドフスキの残留が難しいと分かると、移籍先の選定に。そこでチェルシーへと移籍させ、ハヴァーツを獲得しようと考えていたようだ。 ハウ氏によると、「バイエルンはハヴァーツをミュンヘンに連れてくるため、レヴァンドフスキをチェルシーに置くことを望んでいたと聞いた」とのことだ。 ただ、レヴァンドフスキ事態はそもそもバルセロナ行きを希望しており、チェルシー行きの可能性は限りなく低かった状況。また、ハヴァーツも特に移籍を希望していなかったこともあり、願望の域を出ない話に終わったようだ。 2022.08.13 20:50 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンのCLユニは“ドイツ版トランプ”がモチーフ!どんぐり・草・ハート・鈴の4シンボルがデザイン

バイエルンは11日、2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)用ユニフォームを発表した。 ダークグレーをベースにしており、胸スポンサーやクラブのエンブレム、サプライヤーであるアディダスのロゴなどは赤で施されている。 このユニフォームは、バイエルン州の伝統的なトランプゲーム「シャーフコップフ」をモチーフにしており、どんぐり(クラブ)、葉(スペード)、ハート、鈴(ダイヤ)の4つのシンボルが、並んだひし形の中に描かれている。 また、首の後ろにはホームシャツ同様に「Mia San Mia (俺たちは俺たちだ)」の文字があしらわれている。 昨シーズンのCLではビジャレアルを前にベスト8で散ったバイエルン。このユニフォームで3シーズンぶりのビッグイヤーを目指す。 <span class="paragraph-title">【写真】4つのシンボルが描かれたバイエルンのCLユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChHIEiEKL4_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChHIEiEKL4_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChHIEiEKL4_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC Bayern(@fcbayern)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.12 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

主砲流出覚悟のシュツットガルトはザークツィーを後釜に?

シュツットガルトが、バイエルンのU-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(21)の獲得に動いているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 シュツットガルトではエースストライカーのオーストリア代表FWサシャ・カライジッチ(25)に今夏の流出の可能性がある。とりわけ、先週末に行われたRBライプツィヒとのリーグ開幕戦後には、自身の将来について明確にしたいと、移籍を示唆するコメントも残している。 そのため、エース流出に備えてクラブは、後釜の確保に動き始めている。 『スカイ』によると、シュツットガルトは9日にバイエルンと電話での話し合いを行い、ザークツィーの問い合わせを行ったという。ただ、現時点ではクラブ間、個人間の双方において合意には至っていないという。 ザークツィー自身はバイエルンに比べて出場機会を得られるシュツットガルト移籍に前向きな姿勢を示しているようだが、バイエルンは同選手の移籍金として2000万ユーロ(約27億4000万円)を要求しており、お世辞にも資金力が潤沢とは言えないシュツットガルトが獲得できるかは微妙なところだ。 ただ、バイエルンサイドはカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティングを前線のバックアッパーに位置づけ、ザークツィーは余剰人員となっているため、移籍形態は不明だが、シュツットガルトへの移籍を認める可能性もある。 2017年にフェイエノールトからバイエルンに加入した大型ストライカーのザークツィーは、2019年12月にトップチームデビュー。そのデビューシーズンはリーグデビュー戦でのゴールを含め、ブンデスリーガ4ゴールを挙げる活躍を見せて台頭した。 しかし、以降はトップチームに定着できず、一昨シーズンの後半戦はパルマへ、昨シーズンはアンデルレヒトに2シーズン連続で武者修行へ出ていた。 そのアンデルレヒトでは公式戦47試合18ゴール13アシストと、覚醒の兆しとなる印象的なパフォーマンスを見せていた。 2022.08.11 15:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly