マティッチは急転直下のプレミア残留? 来季昇格のフルアムが獲得レースに電撃参戦へ

2022.05.23 17:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来シーズンのセリエA行きが確実視されてきた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)。だが、彼を取り巻く状況はここへ来て急速に慌ただしくなってきた。イギリス『サン』が報じている。

契約満了に伴い、5シーズン在籍したマンチェスター・ユナイテッドを今シーズン限りで退団することがすでに決定しているマティッチ。

これまでにローマやラツィオへの移籍が盛んに報じられており、特にチェルシー、ユナイテッドで師事してきたジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマが新天地として最有力ではないかと見られていた。

だが、ここへ来てイタリア首都の2クラブを大きな不安が襲っているという。『サン』によると、来シーズンよりプレミアリーグに昇格するフルアムが、突如としてマティッチの獲得レースに参戦したとのことだ。

フルアムはすでに、ラツィオを退団する見込みとなっているアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ(27)と4年契約を締結したと報じられており、プレミア復帰1年目となる来シーズンのスカッド構築において、各ポジションに即戦力を揃えたい考えだと見られている。

中盤には、来シーズンのプレミア残留および定着を図るチームのリーダー格として経験豊富なマティッチを迎え入れたいとの目論見があるようだ。

ここ数年はプレー強度の低下が指摘されてきたマティッチ。それだけに、33歳にしてプレミアリーグからセリエAへの移籍は現実的かつ、本人にとっても理想的なプランだと思われていたが、『サン』によれば、マティッチ獲得のポールポジションに立つのはもはやローマではなく、フルアムであるとのことだ。

急転直下のプレミア残留か、自身初となるイタリア挑戦か、マティッチの決断に注目したい。

関連ニュース
thumb

フルアム、スポルティングのポルトガル代表MFパリーニャ獲得を発表!

フルアムは4日、スポルティングCPからポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となるが、さらに1年の延長オプションが付随している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金+アドオンの総額2200万ユーロ(約31億円)のオペレーションになったという。 ウォルバーハンプトン、トッテナムなど、プレミアリーグの複数クラブの関心を集めた中、2021-22シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を優勝して1年での1部復帰を決めたフルアム入りを決断した26歳は、クラブ公式サイトを通じて移籍の喜びを語っている。 「ここに来られてとても嬉しいよ。自分にとっても、キャリアにおいても、世界最高のリーグでプレーすることは、大きなチャンスだった」 「素晴らしいクラブと契約することができたよ。クラブが僕を求め、僕がこのクラブを選んだ。だから、ベストを尽くすことをファンに約束するし、今シーズンは多くのことを勝ち取れるようにしたい」 ブラガでの2年間の武者修行を経て2020年夏にスポルティングに復帰したパリーニャは、190cmの恵まれた体躯を生かしたボールハントに長けた守備的MFで、中盤の底から的確にパスを散らせるホールディングMF。 2020-21シーズンはスポルティングの主力MFとして久々のプリメイラ・リーガ制覇に貢献し、その活躍によって昨年3月にポルトガル代表デビュー。ユーロ2020にも出場するなど、ここまで14試合に出場している。 2022.07.04 18:38 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールが3人目の補強! フルアムの昇格に貢献した19歳MFカルバーリョを完全移籍で獲得

リバプールは3日、フルアムのU-21ポルトガル代表MFファビオ・カルバーリョ(19)を完全移籍で獲得することを発表した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば契約期間は2027年夏までの5年間。背番号は「28」に決まった。 カルバーリョは、フルアムの下部組織出身で、2021年7月にファーストチームに昇格。チャンピオンシップ(イングランド2部)で36試合に出場し10ゴール8アシスト。チームのチャンピオンシップ優勝に大きく貢献し、プレミアリーグ復帰に導く原動力となった。 リバプールにとっては、FWダルウィン・ヌニェス、DFカルヴァン・ラムゼイに続いて、今夏3人目の補強となった。 「最大ではないにしても、世界最大のクラブの1つにここにいるのは素晴らしい気分だ。だから、ここに来られてうれしいし、始めるのが待ちきれない」 「リバプールが興味を持っていると聞いたら、頭に浮かぶのは1つだけだ。それは、リバプールに加入して、チームで活躍しようと思うということだけだ。うまくいけば、僕は大きなことを成し遂げることができるだろう」 2022.07.03 19:40 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格フルアム、スポルティングのポルトガル代表MFパリーニャ獲得決定的に

フルアムがスポルティングCPのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャ(26)の獲得を決定的なモノにしたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 報道によると、今夏の移籍市場でウォルバーハンプトン、トッテナムなど、プレミアリーグの複数クラブの関心を集めていたパリーニャだが、フルアムとスポルティングは移籍金+アドオンの総額2200万ユーロ(約31億円)で合意したという。 さらに、個人間でもロンドン行きに合意している26歳は、3日に現地でメディカルチェックを受診し、問題がなければ2027年までの5年契約にサインすることになるようだ。 ブラガでの2年間の武者修行を経て2020年夏にスポルティングに復帰したパリーニャは、190cmの恵まれた体躯を生かしたボールハントに長けた守備的MFで、中盤の底から的確にパスを散らせるホールディングMF。 2020-21シーズンはスポルティングの主力MFとして久々のプリメイラ・リーガ制覇に貢献し、その活躍によって昨年3月にポルトガル代表デビュー。ユーロ2020にも出場するなど、ここまで14試合に出場している。 なお、チャンピオンシップ王者として1年でのプレミアリーグ復帰を決めたフルアムは、右サイドバックの補強にも動いており、リヨンのフランス代表DFレオ・デュボア、モナコを退団した元フランス代表DFジブリル・シディベらへの関心を強めているという。 2022.07.03 12:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオと交渉破綻報道のロマニョーリにフルアムの食指が動く

来季からプレミアリーグに昇格するフルアムが、元イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)の獲得に動くようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 2021-22シーズン終了をもって、7年過ごしたミランを契約満了で退団したロマニョーリ。新天地に関してはラツィオが濃厚と見られていたが、給与面の隔たりから交渉は頓挫した模様。 そこで新たに移籍先候補として浮上しているのが、来シーズンから2シーズンぶりにプレミアリーグに昇格するフルアムだ。同クラブはセンターバックの強化を図っており、これまでにリバプールのウェールズ代表DFネコ・ウィリアムズ(21)や、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)などの名前が報じられた。 ロマニョーリについては、フルアムは年俸400万ユーロ(約5億6400万円)の4年契約を提示しているようで、ラツィオの年俸280万ユーロ(約3億9400万円)のオファーを断った27歳を納得させることができる金額となっている。 ただ、ラツィオはロマニョーリにとって生まれ育った地元のクラブ。これまでにもラツィオ愛を強調してきた同選手なだけに、そのオファーを簡単に断ってしまうとは考えにくいが…。 2022.07.02 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドも売り込みに動くバイリー、PL昇格のフルアムが獲得乗り出す!

マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリー(28)にフルアム行きの可能性が浮上している。 2016年夏にビジャレアルから新たなセンターバックの主軸として加入したバイリー。コンディションさえ整っていれば、広範囲をカバー可能な身体能力の持ち主だが、6シーズンで公式戦通算112試合の出場数が物語る通り、ケガの連続で稼働率の悪さばかりが目立つ。 ここ数年は序列をだいぶ下げ、昨季も控えとしてベンチするのがやっと。エリク・テン・ハグ新体制で戦力整理を進めるチームは売却に乗り出しているとされ、最近ではニューカッスル・ユナイテッドに対する売り込みの報道も飛び出している。 そのなか、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、2季ぶりにプレミアリーグ復帰を果たすフルアムが獲得に乗り出しているという。ユナイテッドにアプローチしており、買取オプション付きのシーズンローンでの獲得を希望している模様だ。 ユナイテッド側も現行契約を2024年まで残すバイリーに関して、完全売却、あるいは少なくとも買取義務でのレンタルを求めている様子。選手自身にとっても環境を変えた方が良さそうだが、果たして。 2022.07.02 11:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly