「スーパーマリオが帰ってきた!」バロテッリが“ラボーナ弾含む1試合5ゴール”のお大暴れ!

2022.05.23 21:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アダナ・デミルスポルのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが最高の形でシーズンを締めくくった。

アダナ・デミルスポルは22日、スュペル・リグ最終節でギョズペテとホームで対戦。バロテッリは最前線で先発すると、次々とゴールを決める。

33分、36分、44分と前半だけでハットトリックを達成すると、後半にも4点目をマーク。そして6-0と大量リードで迎えた70分に華麗なゴールを決める。

カウンターのチャンスでボールを持ったバロテッリは、ボックス内で相手DFと対峙すると、7回ものシザースを繰り出した後に切り返し、最後は右足ラボーナでシュート。相手GKの意表を突いたシュートがゴールネットを揺らし、5点目をマークした。

バロテッリは試合後に自身のインスタグラムを更新。5点目のラボーナ弾の映像とともに「今日のゴールは5つ!これ以上ない最高の形でリーグ戦を終えられた。ありがとう!」と喜んでおり、ファンからも「スーパーマリオが帰ってきた!」、「マンマミーア」と絶賛の声が寄せられた。

2021年夏にアダナ・デミルスポルに加入し、3年半ぶりにイタリア代表にも招集されたバロテッリ。自身のスタッツをリーグ戦31試合18ゴール4アシスト、カップ戦2試合で1ゴール2アシストとしてシーズンを終えた。

1 2

関連ニュース
thumb

「第二の父として愛している」悪童・バロテッリ、急逝の代理人ライオラ氏を追悼

トルコのアダナ・デミルスポルに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、ミーノ・ライオラ氏を追悼した。 世界屈指の顧客を持ち、辣腕代理人として知られるライオラ氏。先日は一斉に死去報道が流れた中、それは誤報であると否定されていた。 自身のインスタグラムのストーリーズでも死亡説は否定されていたが、4月30日に家族が声明を発表。54歳で帰らぬ人となったことが明かされた。 危険な状態であるとされていたものの、帰らぬ人となってしまったライオラ氏。抱える顧客の1人であるバロテッリは、自身のSNSを更新。ライオラ氏を追悼した。 「人生においても、サッカーにおいても、あなたはいつだって俺のそばにいる」 「あなたからの非難、サポート、助言、ジョーク、そして戦略は、いつも俺の頭の中にある」 「俺はあなたを愛している。そして、これからもずっと第二の父として愛している」 「あなたはいつも俺たちの生活の中に存在していることを知っている。ミーノ、良い旅を。安らかに」 <span class="paragraph-title">【写真】笑顔のライオラ氏とバロテッリ、2ショットで追悼</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cc_qv6tK1UJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cc_qv6tK1UJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cc_qv6tK1UJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@mb459)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.01 12:19 Sun
twitterfacebook
thumb

元フランス代表FWレミがバロテッリらが所属するアダナ・デミルスポルに加入

アダナ・デミルスポルは8日、元フランス代表FWロイク・レミ(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 リヨンでプロデビューを飾ったレミは、RCランスやニース、マルセイユに在籍後、イングランドに渡りQPR、ニューカッスル、チェルシー、クリスタル・パレスでプレーした。 その後はスペインに渡り、ラス・パルマス、ヘタフェでプレーし、2018年7月からリールでプレー。2002年8月にトルコのリゼスポルへと完全移籍していた。 リーグ・アンでは211試合で71ゴール22アシスト、プレミアリーグでは79試合で28ゴール3アシストの実績があるレミは、リゼスポルで公式戦28試合に出場し7ゴール1アシストを記録していた。 今シーズンはここまでスュペル・リグで8試合に出場もゴールはなかった。 なお、同日に同じリゼスポルからクロアチア人のMFダムヤン・ジョコビッチをレンタル移籍で獲得。今シーズンはスュペル・リグで22試合に出場し4ゴールを記録していた。 2022.02.09 22:16 Wed
twitterfacebook
thumb

3年半ぶりイタリア代表招集のバロテッリ、トルコでの充実語る

トルコのアダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリが、イタリア代表招集を受けてコメントを残している。イタリア『メディアセット』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選でグループ2位となり、プレーオフに回ることになったイタリア代表。そのプレーオフが3月末に控える中、イタリアサッカー協会(FIGC)は先日、26日から28日にかけて行われる強化合宿に向けた35名の選手を発表した。 その中で特に注目となったのが、2018年9月以来の代表入りを果たしたバロテッリだ。同選手は昨夏にアダナ・デミルスポルに加入し、ここまでリーグ戦19試合で8ゴール3アシストを記録。年始には新型コロナウイルスに感染しフィットネスが懸念されていたが、トルコで復調の兆しを見せる愛弟子にロベルト・マンチーニ監督がチャンスを与えた。 まだ代表候補という段階だが、それでもバロテッリはトルコでの成績が評価されたことに満足しているようだ。 「体調は問題ないし、トルコに行ったおかげで気分も良い。あそこでは気持ちよくプレーしているよ」 「イタリア代表にはW杯に行って欲しい。その資格がある。俺にはなぜ彼らがプレーオフに回ることになったのか理解できない」 「代表に呼ばれることは常に素晴らしいことだ。31歳だが俺はまだ若く、あの場所に戻りたいと思っていた」 「普通のことだ。代表入りしない方がアブノーマルだ」 2022.01.25 16:08 Tue
twitterfacebook
thumb

31歳バロテッリ、約3年半ぶりのイタリア代表招集へ

アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリ(31)が、イタリア代表に招集されるようだ。 今シーズンからトルコのアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。主力としてここまで公式戦20試合に出場し、8得点4アシストと好成績を残している。 そうした中、イタリア『スカイ』はトルコの地で復活の兆しを見せるバロテッリに、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が接触したと報道。1月末のインターナショナルウィークに向けて2018年9月以来、約3年半ぶりの招集を受けることになるという。 若くしてインテルで華々しくキャリアをスタートしたバロテッリは、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールといった名立たるビッグクラブでプレー。イタリア代表としても36試合で14ゴールを記録し、21歳で臨んだユーロ2012では準決勝のドイツ代表戦で2ゴールを記録するなどの活躍でチームの準優勝に大きく貢献した。 しかし、以前から問題となっていた素行不良とともに、20代半ばに差し掛かったところで徐々にパフォーマンスが低下。近年は継続して結果を残せていない印象だが、インテルやシティでタッグを組んだマンチーニ監督のもと、アズーリで再び輝くことができるだろうか。 2022.01.22 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

これがバロテッリ流! ゴールを決めたチームメイトをハイキックで祝福「この男は本当にクレイジー」

トルコのアダナ・デミルスポルに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの行動が、またしても大きな話題を振り撒いている。 今シーズンからスュペル・リグに昇格したアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。トルコでも傍若無人ぶりを発揮しており、8月の試合では途中交代に不満を持ったのか、ベンチに戻った後にすね当てを投げ付け、となりの選手へ八つ当たりのパンチを見舞った。 9月21日のベシクタシュ戦ではゴールを決めた際、過去に「脳がない」と指摘された相手指揮官、セルゲン・ヤルチン監督に対して自分の頭を指差して挑発するようなジェスチャーを見せ、8年越しの復讐などと話題をさらっていた。 そんな中、21日に行われたガラタサライ戦では、ゴールを決めたチームメイトに対して手荒な祝福。MFユヌス・アクギュンにぬるぬると近づいていくと、左ハイキックを側頭部にお見舞いして見せた。 バロテッリ流の祝福方法にはファンも驚きだ。「この男は本当にクレイジー」、「アダナスタイル」、「ペナルティだと思います」など、賛否が分かれることとなった。 バロテッリ自身はここまでリーグ戦17試合に出場し、6ゴールを記録。この日は得点を奪えなかったものの、MFユヌス・アクギュンの2ゴールでチームは2-0で勝利を収めた。今後もゴール後のバロテッリから目が離せない。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを決めたチームメイトにハイキックを見舞うバロテッリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Mario Balotelli, Yunus Akgün&#39;ü tebrik ediyor! <a href="https://twitter.com/hashtag/Seviyoruz%C4%B0%C5%9Fte?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Seviyoruzİşte</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ADSvGS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ADSvGS</a> <a href="https://t.co/LMDIqhX5KP">pic.twitter.com/LMDIqhX5KP</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1473357714713718788?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.22 22:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly