チェルシーのトゥヘル監督が激動のシーズンを回顧…主力の退団やオーナー交代で変化の時に

2022.05.23 14:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、今季の最終戦を終えて激動のシーズンを振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。

すでにプレミアリーグ3位をほぼ確定させていたなか、22日に最終節のワトフォード戦に臨んだチェルシー。スタメンには出番の少なかったMFサウール・ニゲスやMFケネディが起用されたほか、今季限りで退団するDFアントニオ・リュディガーも名を連ねた。

開始11分にケネディのクロスをMFカイ・ハヴァーツが合わせて先制したチェルシーは、終始主導権を握って試合を進めていく。ところが追加点が奪えずにいると、終盤の87分に失点。リーグ戦ここ9試合で3勝と、勝ち切れないチームの悪癖が出てしまう。

それでも後半アディショナルタイムに、チェルシー通算100試合目の出場となった途中出場のMFロス・バークリーがDFリース・ジェームズのクロスからヘディングシュートを叩き込み、土壇場で勝利を掴み取った。

トゥヘル監督もシーズンを締めくくる最終戦で価値のある勝利となったと感じている模様。ただ、優勝したマンチェスター・シティや、そこに1ポイント差まで迫ったリバプールの2強にはまだまだ及ばないとして、来季に向けて改善の余地はあると意気込みを示した。

「また同じことを繰り返すのかと思っていた。ホームで引き分けるというね。だが、リーシーとロスが我々を有利な状況にしてくれた。あれでムードを一変させることができた。最後を白星で飾れてハッピーだ」

「大なり小なり今シーズンはすでに終わっていた。その中で、出場時間の少なかった選手にもプレーの機会を与えた。そんな彼らが活躍して勝利を収められたことに満足しているよ」

「この勝利は我々にとって一貫性を保つという意味で大きな一歩となった。この1年間はトップ3に入るのがやっとだったため、良い結果だと思う。しかし、改善の余地は常にある。シティとリバプールのレベルは我々にとっては高すぎたのだ」

「我々が受け身にならざるを得ない一方で、彼らは戦力を強化しているのだから、この差を縮めることは容易ではない。だが、これが挑戦というものであり、競争力のあるチームを持つことが可能である以上、我々は迅速かつ賢くなければならない」

トゥヘル監督はまた、リュディガーやDFアンドレアス・クリステンセンの退団に伴うシステム変更の可能性について言及。結果を残してきた自信のあるシステムであることを強調しながらも、現状では不透明であると答えた。

「これがチャンスなのか転換期なのかはわからない。我々は今のシステムで非常に高いレベルを維持してきたのだから、そこに問題があるとは思わない。しかし、我々は様々な可能性に目を向けている。それでも今のシステムが選手たちに合っていると私は考えているよ」

「この構成でプレーするのには理由があり、我々は非常に成功し、高いレベルで安定していた。変えるつもりはないが、そうせざるを得ないのかもしれない。しかし、問題は受け身にならざるを得ないということだ。であるため、物事が前進し、我々がリスタートすることができれば、より正確に答えることができるだろう」

そして、オーナー交代という一つのサイクルの終焉を迎えることとなった今季のチェルシー。一時代を築いたロマン・アブラモビッチ氏政権の最後の試合を終えた中、トゥヘル監督にはまだ戸惑いがある様子だ。

「こういうことだったのかと、数日経って身に染みると思う。まだ新たな状況への適応には苦労しているが、理論的に慣れてはきている。また物事が新たに始まり、新たなシーズンがスタートした時、新時代の幕開けをより感じられるはずだ」

関連ニュース
thumb

バルサ、マルコス・アロンソ獲得で合意も…加入の障壁はやはり選手登録問題

チェルシーからスペイン代表DFマルコス・アロンソ(31)の獲得が近いとされるバルセロナだが、まだ越えなければいけない壁があるようだ。 バルセロナにとってマルコス・アロンソは今夏のトップターゲットの1人。チェルシーで多くのタイトルを獲得した同選手は以前から母国復帰を希望しており、バルセロナ行きを熱望と報じられている。 スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、バルセロナは同選手の獲得を巡ってチェルシーと1000万ユーロ(約13億5000万円)に満たない移籍金で合意済み。つまり、すでに加入が発表されていてもおかしくないはずだ。 加入の障壁となっているのが、やはり選手登録の問題。バルセロナはマルコス・アロンソをラ・リーガに選手登録できる目処が立たない限りは正式契約へと進まない方針だという。 経営難の同クラブは今夏、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングに代表される一部主力選手の放出にはじまり、人件費カットや子会社の売却などに取り組んでいる。一方でバイエルンからポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを獲得するなど、大型補強も敢行中だ。 多くの批判を浴びながらも保有資産の売却が進んだことで、ほとんどの新戦力は選手登録が完了。現在はセビージャから連れてきたフランス代表DFジュール・クンデの登録やマルコス・アロンソとの契約を目指し、放出と給与削減に力を入れているようだ。 なお、マルコス・アロンソを巡る交渉には、バルセロナのU-19スペイン代表DFアレックス・バルデ(18)のチェルシー行きが含まれているとみられている。 2022.08.16 17:23 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーのトゥヘル監督が二重罰の可能性に直面…主審非難でFAが調査開始

トッテナム戦のチェルシーのトーマス・トゥヘル監督のコメントに関して、イングランドサッカー協会(FA)が調査を開始したようだ。『アスレティック』が伝えている。 結果も内容も劇的な展開となったスパーズとのロンドン・ダービー。チェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めたゴールによってドロー決着となった。 ただ、スパーズが一度追いついた68分のゴールシーンでは、チェルシー陣営を挑発するような過度な態度をとったアントニオ・コンテ監督とトゥヘル監督が衝突。試合終了直後には、握手を求めたコンテ監督に対し、トゥヘル監督がその手を掴んだまま再び小競り合いを起こし、両指揮官にはレッドカードが提示されるという荒れた一戦に。 そして、両指揮官はFAから告発され、追加のベンチ入り禁止や罰金処分が科される可能性浮上した中、トゥヘル監督は別件で調査対象に挙がることになったようだ。 同監督は試合後の会見で「なぜ最初のゴールがオフサイドにならなかったのか理解できないし、いつから選手たちがお互いの髪を引っ張ってもピッチに居続けられるようになったのかもわからない。説明もなく納得できない。この感情を表す言葉が見つからない。2つのゴールは認められるべきではなかった」と、テイラー主審のジャッジを非難。 また、試合終了直後に自身を退場処分としたテイラー主審に対して「私は次の試合は出られないが、あなたはまた笛を吹くのか?」と皮肉を飛ばしていたようで、退席処分とは別件で調査が開始されることになった。 2022.08.16 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

CBのバックアッパーが欲しいインテル、19歳カサデイをチェルシーに売却へ

インテルのU-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(19)がチェルシー移籍に近づいているようだ。 カサデイはインテルのU-19チームで鍛錬を積むセントラルハーフ。昨季はプリマヴェーラ1で29試合13得点4アシストの成績を残し、インテルの4季ぶり優勝に大きく貢献した。 今夏のプレシーズンでも起用され、トップチーム定着を期すなか、イタリア『スカイ』によると、経営難のインテルは同選手をチェルシーに売却して補強資金を工面したい考えだという。 インテルは退団した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアに代わる最終ラインの新たなバックアッパー獲得に本腰。ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)に注目しており、獲得には移籍金1500~2000万ユーロ(約20億3000万~27億円)が必要とのことだ。 そんな事情があってか、インテルはカサデイに触手を伸ばすチェルシーに対して1500万ユーロ+500万ユーロ(約6億7000万円)を要求。チェルシーも1200万ユーロ(約16億2000万円)+アドオンを提示しており、両者は合意に接近しつつあるとみられている。 2022.08.16 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦でハムストリング負傷のカンテ、最低1カ月の離脱か

トッテナム戦で負傷したチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテだが、最低1カ月の離脱が見込まれている。 14日に行われたトッテナムとのリーグ戦でハムストリングを負傷したカンテ。16日にクラブでMRI検査を受ける予定だが、フランス『レキップ』によれば、少なくとも1カ月は治療期間が必要になるとのこと。 また、それに伴い、9月に予定されているUEFAネーションズリーグのオーストリア代表戦とデンマーク代表戦も欠場すると見られている。 2022.08.16 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「もしかして見えてない?」チアゴ・シウバも目の前のラフプレーを見逃した主審を非難「髪を引っ張ることは許されるのか」

チェルシーのブラジル代表DFチアゴ・シウバがアンソニー・テイラー主審を非難した。 14日にスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグ第2節のチェルシーvsトッテナムは、2-2のドローに終わった。 試合はチェルシーが2度のリードを奪うなど、優勢に試合を進めたものの、アンソニー・テイラー主審の微妙な判定の影響もあり、トッテナムが2度のビハインドを追いつき、最終的には後半アディショナルタイムにFWハリー・ケインが決めた劇的同点ゴールによってドロー決着となっていた。 試合後の会見においては、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督もテイラー主審を含む審判団を強い口調で非難していたが、見逃された場面の1つに後半アディショナルタイムのプレーがあった。 ケインの同点ゴールが生まれたトッテナムのCKの際、クリスティアン・ロメロがチェルシーDFマルク・ククレジャの長いカーリーヘア―を引っ張り、そのまま地面になぎ倒していた。この場面はテイラー主審の目の前で起きていたが、ファウルが取られることはなかった。 チアゴ・シウバは、この瞬間をスクリーンショットした画像を添え、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「もしかして、見えてない?あり得ないだろ。髪を引っ張ることは許されるのか?」と怒りを隠さなかった。 あまり、感情を露わにすることは多くないチアゴ・シウバだが、この日は試合中からテイラー主審に詰め寄る場面もあり、判定への疑問はかなり大きかったようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】テイラー主審の視線はどこに…ククレジャのカーリーヘアが思い切り引っ張られる瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Should Chelsea have been given a free-kick for this hair pull from Cristian Romero on Marc Cucurella?<br><br>Thomas Tuchel thinks so! <a href="https://twitter.com/hashtag/beINPL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#beINPL</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CHETOT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CHETOT</a> </p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1558898387256315904?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.16 11:31 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly