「可愛い」オナイウ阿道、2人の娘とナイキ50周年を祝う! 手書きの「スウッシュ」も

2022.05.21 22:16 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トゥールーズのFWオナイウ阿道が「ナイキ」の設立50周年を祝った。5月1日に設立50周年を迎えたナイキ。多くのサッカー選手やアスリートが、様々な形で節目を祝っている。

「ナイキ」が手がけるアスリートの多さにも驚かされる中、オナイウ阿道も自身のインスタグラムを更新し、祝福した。
「ナイキ50周年おめでとうございます!!!いつもサポートありがとうございます」

「これからも盛り上げていきましょう」

オナイウ阿道は「スウッシュ」と呼ばれるナイキのロゴマークを手書きで描いた写真も添えており、これはトゥールーズカラーでもある紫だ。

その「スウッシュ」が描かれた段ボールを持つのは2人の娘。笑顔で目をぱっちりと開いた姿に「可愛い」とコメントも寄せられている。

今シーズンはリーグ・ドゥ(フランス2部)で38試合に出場し10ゴール2アシストを記録したオナイウ阿道は、チームの昇格を2部優勝に貢献。来シーズンはリーグ・アンの舞台でどこまで結果を残せるのか注目が集まる。

1 2

関連ニュース
thumb

オナイウ阿道が待望のリーグ・アン初ゴール! 途中出場でらしさ発揮しCKの流れに見事反応!

トゥールーズのFWオナイウ阿道が待望のリーグ・アン初ゴールを記録した。 1日、トゥールーズはリーグ・アン第21節でトロワと対戦した。 12位に位置するトゥールーズと15位のトロワの対戦。オナイウはベンチスタートとなる。 試合はトロワがPKで先制するも、前半のうちにトゥールーズは2点を奪い逆転に成功。55分にもPKで追加点を奪い、3-1とする。 オナイウは71分に途中交代でピッチに立つと、終盤の88分に待望の瞬間が訪れた。 トゥールーズは右CKを獲得すると、右CKからのクロスをニアサイドで味方がフリック。これに反応したオナイウが、ヘディングで飛び込み押し込んだ。 オナイウにとってはこれが今シーズン初ゴール。地面を叩いて喜びを噛みしめる、リーグ・アンでの初ゴールとなった。 試合も4-1でトゥールーズが快勝を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】オナイウ阿道がらしさ見せつけたヘッドで初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="u7vAu4IQy0Y";var video_start = 114;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.02 09:22 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】オナイウがリーグ・アン初ゴールを記録!伊東はアシストで逆転勝利に貢献

リーグ・アン第21節がミッドウィークに行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズにFWオナイウ阿道、モナコにFW南野拓実、スタッド・ランスにFW伊東純也の3選手が新たに参戦。また、今冬にはストラスブールに鈴木唯人が加入した。 今節もスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。6位ロリアンをホームに迎えたスタッド・ランスは、前半で2失点を喫するが前半終了間際にバログンのPKで1点を返す。 1点ビハインドで後半を迎えたスタッド・ランスだが、51分にドゥンビアのゴールで試合を振り出しに戻すと、61分には右サイドから仕掛けた伊東のクロスをバログンがボレーで流し込み、逆転に成功。 さらに64分には、バログンがハットトリックとなるゴールを挙げ、4-2で逆転勝利を収めた。伊東は87分までプレーしている。 また、オナイウがベンチスタートとなったトゥールーズは、ホームでトロワと激突。3-1で迎えた71分から出場したオナイウは、試合終了間際の88分に右CKからワンバウンドしたボールをダイビングヘッドで叩き込み、リーグ・アン初ゴールをマーク。試合はそのまま4-1でトゥールーズが勝利している。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたスタッド・レンヌとの一戦は、鈴木が初ベンチ入りも出場せず、負傷中の川島はベンチ外となった。また、オセールと対戦したモナコの南野もベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ★川島永嗣[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りせず ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽2/1 レンヌ 3-0 ストラスブール ◆ベンチ入りも出場せず ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽2/1 スタッド・ランス 4-2 ロリアン ◆87分までプレー ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽2/1 トゥールーズ 4-1 トロワ ◆71分からプレー、88分にリーグ・アン初ゴールを記録 ★南野拓実[モナコ] ▽2/1 モナコ 3-2 オーセル ◆ベンチ入りも出場せず 2023.02.02 07:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーグ・アン日本人選手】伊東躍動のランスがPSGと敵地でドロー! 鈴木唯人のデビューはお預けに

リーグ・アン第20節が週末に行われた。 今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。さらに、今冬の移籍市場でストラスブールにMF鈴木唯人が加わることになった。 後半戦初戦となる今節ではスタッド・ランスの伊東が唯一の先発出場に。リーグ首位に立つパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイゲームに臨んだ伊東は右ウイングでプレー。難航不落のパルク・デ・プランスに乗り込んだ中、チームと共にアグレッシブな姿勢を示す伊東は、15分にゴール前に飛び出してのダイレクトシュート、24分にボックス内で仕掛けてのゴールライン際のシュートと決定機に絡む。また、ロングカウンターの局面では持ち味のスピードでDFマルキーニョスのイエローカードを誘発する場面も創出。 ほぼ互角の内容をみせてゴールレスで試合を折り返したランスは、後半立ち上がりにネイマールにゴールを許してビハインドを背負う。だが、その直後には伊東の鋭い突破がヴェッラッティのファウルを誘うと、オンフィールド・レビューの結果、危険な足裏タックルにレッドカードが掲示された。そして、日本代表FWの退場誘発によって勝ち点のチャンスを残したランスは決死の攻勢を続けると、後半アディショナルタイムにバログンの土壇場ゴールで同点に追いつく。そして、存在感放った伊東の活躍もあり、難所パルクから勝ち点1を持ち帰ることになった。 鈴木のストラスブールデビューも期待されたオナイウ在籍のトゥールーズとの一戦は、鈴木が負傷中の川島と共にベンチ外となったため、日本人対決は実現せず。この一戦で唯一の出場選手となったオナイウは、チームが2-1のリードで迎えた79分に2ゴールを挙げたダリンガとの交代で途中出場。敵地での逃げ切りに向けて前線からの守備が求められたオナイウはその仕事を忠実にこなした一方、攻撃ではシュート0本に終わって良いアピールとはならなかった。 また、マルセイユとの強豪対決に臨んだ南野はベンチ入りも出場機会はなかった。なお、前回対戦でも激闘を演じた両者の一戦はモナコが相手のオウンゴールで先制に成功したが、後半立ち上がりの失点で追いつかれ、敵地から勝ち点1を持ち帰るにとどまった。 ★南野拓実[モナコ] ▽1/28 マルセイユ 1-1 モナコ ◆ベンチ入りも出場なし ★川島永嗣[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ケガのため欠場 ★鈴木唯人[ストラスブール] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆ベンチ外 ★オナイウ阿道[トゥールーズ] ▽1/29 ストラスブール 1-2 トゥールーズ ◆79分から途中出場 ★伊東純也[スタッド・ランス] ▽1/29 パリ・サンジェルマン 1-1 スタッド・ランス ◆83分までプレー 2023.01.30 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

オナイウ阿道にライバル出現! 今季ポーランドリーグ9G4Aのオランダ人ストライカーがトゥールーズに加入

トゥールーズは24日、ポーランドのスタル・ミェレツに所属するオランダ人FWサイード・ハムリッチ(22)の加入を発表した。 同選手はボスニア・ヘルツェゴビナにもルーツを持つストライカーで、リトアニアやブルガリアのクラブを渡り歩いて、2022年夏にスタル・ミェレツに加入。ポーランドではリーグ戦17試合で9ゴール4アシストと活躍していたが、わずか半年で新天地へ移ることになった。 トゥールーズは現ポーランドリーグにおける最高のストライカーの一人と評価しているが、オナイウ阿道にとっては強大なライバル出現ということに。日本代表FWはここまで16試合の出場でノーゴールとなっており、なかなか厳しいシーズンを過ごしている。 なお、現在リーグ・アンで12位のトゥールーズは、今冬の移籍市場でDFワーレン・カマンツィ、DFガブリエル・スアソ、MFヴァンサン・シエロを獲得している。<span class="paragraph-title”>【写真】新加入のサイード・ハムリッチ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">En attendant sa chanson, Saïd compte bien faire chanter le Stadium <br><br>Bienvenue à notre nouvel attaquant Saïd <a href="https://twitter.com/hashtag/Hamulic?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Hamulic</a> ! <a href="https://t.co/xhC94LIvp7">https://t.co/xhC94LIvp7</a></p>&mdash; Toulouse FC (@ToulouseFC) <a href="https://twitter.com/ToulouseFC/status/1617847464022925312?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.24 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペ5発のPSGが格下一蹴でベスト16進出! 伊東&オナイウ温存もチームは突破《クープ・ドゥ・フランス》

クープ・ドゥ・フランスのラウンド32が、20~23日にかけてフランス各地で行われた。 パリ・サンジェルマン(PSG)は、6部に所属するペイ・ドゥ・カッセルとアウェイで対戦し、7-0で圧勝した。 先週ミッドウィークに中東遠征を行ったPSGは、メッシやハキミ、、マルキーニョスといった一部主力を温存した一方、ネイマールとムバッペ、セルヒオ・ラモスらを起用した。 立ち上がりこそスーパースター軍団相手にモチベーションの高さ光ったホームチームに苦戦したPSGだが、前半半ばにヌーノ・メンデスの鋭い仕掛けからの折り返しをムバッペがダイレクトで合わせて先制に成功。すると、直後にはネイマールの鮮やかな仕掛けから2点目、ダニーロの正確なフィードに抜け出したムバッペが3点目、40分には再び背後へ抜け出したムバッペが一気にゴールを重ね前半で4ゴールを奪った。 さらに、後半も攻撃の手を緩めないアウェイチームは、ネイマールのお膳立てからムバッペ、ソレールとゴールを積み重ねると、79分にはソレールからの正確な右クロスをムバッペが難なく決め切って自身5点目とした。そして、一矢報いたいホームチームの反撃を危なげなく封じ切り、7-0の圧勝でベスト16進出を決めている。 FW伊東純也の所属するスタッド・ランスは、4部に所属するヴァンデ・レ=ゼルビエと対戦し、3-0で快勝している。なお、伊東はベンチ入りも出場機会はなかった。伊東温存もそれ以外の主力を起用したランスは、バログンの前半の先制点を皮切りに、フィリップ、アデリーヌとゴールを重ねて格下相手に順当に勝利を収めた。 また、FWオナイウ阿道が所属するトゥールーズは同じリーグ・アン勢のアジャクシオと対戦し、2-0で勝利した。なお、オナイウはベンチ入りも出場機会はなかった。リーグ戦でスタメン起用が続くオナイウが温存された中、チームはアブクラルとラファエル・ハットンのゴールで快勝を収めている。 その他ではマルセイユがスタッド・レンヌとの強豪対決を制し、RCランスやリヨン、ロリアンも順当に16強進出を決めている。なお、ラウンド32の試合結果は以下の通り。 ◆クープ・ドゥ・フランス ラウンド32 ペイ・ドゥ・カッセル(6) 0-7 パリ・サンジェルマン ヴァンデ・レ=ゼルビエ(4) 0-3 スタッド・ランス トゥールーズ 2-0 アジャクシオ マルセイユ 1-0 スタッド・レンヌ スタッド・ブレスト 1-3 RCランス シャンベリーSF 0-3 リヨン バスティア(2) 1-1(PK:1-4) ロリアン FCOSK06(6) 0-1 アンジェ ニオール(2) 0-4 オセール リール 2-0 ポー(2) ESタオン 0-0(PK:2-4) ナント スタッド・プラベネク(5) 0-1 グルノーブル(2) FCシャマリエール(4) 0-4 パリFC(2) RCグラース(4) 0-0(PK:4-5) ロデズ(2) ル・ピュイ(3) 0-0(PK:3-5) ヴィエルゾン(4) ASMベルフォール(4) 1-1(PK:3-4) アヌシー(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2023.01.24 07:41 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly