川崎F、鳥栖との上位戦で4連勝ストップも首位堅持…谷口一発退場も勝ち点1【明治安田J1第14節】

2022.05.21 19:08 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第14節の1試合が21日に駅前不動産スタジアムで行われ、サガン鳥栖vs川崎フロンターレは0-0のドローに終わった。

最下位のヴィッセル神戸を相手に今季最多4失点の敗北を喫した前節からの仕切り直しを期す5位鳥栖。3試合ぶりのホーム戦となる今節、ACLの戦いから帰国後3戦全勝で4連勝中の首位川崎Fを迎え撃った。

鳥栖は前節から本田に代わって堀米が先発した一方で、川崎Fは中2日の日程も考慮して5選手を変更。横浜FCからの新加入ながら、ここまでリーグ戦不出場だった瀬古がインサイドハーフの一角で先発した。

入りから家長中心のパスワークで崩そうとする姿勢を色濃くした川崎Fだが、次第に鳥栖も巻き返す。ただ、互いに最後のところをやらせない守備が光り、あまりシュート数が伸びない展開となる。

そのなかで、左ウィングバックに入る岩崎の右足クロスが6分に直接クロスバーを叩いた鳥栖は41分にもオーバーラップしたジエゴの折り返しから菊池がゴールに迫ったりと積極果敢な攻めに転じる。

普段と異なる面子もあってか、崩しの鋭さを欠く川崎Fは後半の頭からマルシーニョを送り出すと、62分に橘田とレアンドロ・ダミアンも投入。その介もあって、相手ゴールに迫るシーンが増え出す。

だが、68分から出場の垣田が左サイドで相手ハイラインの背後にドリブルを仕掛けた79分、谷口がタックルで止めてファウルに。VARのオンフィールドレビューで決定機阻止による退場を命じられる。

数的不利に陥った川崎Fだが、ボールを握り続けると、後半アディショナルタイム1分にバイタルエリア中央でFKのチャンス。ジョアン・シミッチが左足で直接狙ったが、味方に当たって不意にする。

上位対決は引き分けに終わり、川崎Fの連勝が「4」で止まったものの、同時刻キックオフの2位鹿島アントラーズも勝ち点1にとどまったため、首位をキープ。鳥栖は2試合勝利なしとなっている。

サガン鳥栖 0-0 川崎フロンターレ

関連ニュース
thumb

不振続く神戸、3カ月足らずでロティーナ監督と契約解除…吉田孝行氏が3度目指揮へ

ヴィッセル神戸は29日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(65)との契約解除を発表した。 かつて東京ヴェルディやセレッソ大阪、清水エスパルスも率いたロティーナ監督は今年4月上旬、三浦淳寛前監督の後任として神戸入り。AFCチャンピオンズリーグこそグループステージ突破を決めたものの、明治安田生命J1リーグでは巻き返しならず、9試合で2勝1分け6敗だった。 26日にホームで行われた第18節の浦和レッズ戦も0-1で敗れ、依然として最下位に沈み、18試合を消化して残留圏の15位につける湘南ベルマーレとは勝ち点差も「8」に拡大。そうしたなか、神戸はロティーナ体制にわずか3カ月足らずで区切りをつけ、さらなる監督交代を決断した。 28日付けでヘッドコーチのイヴァン・パランコ氏とともに契約を解除して、神戸を去るロティーナ監督はクラブを通じてコメントした。 「ヴィッセル神戸に関わる皆様にお別れの挨拶をしたいです。まず、三木谷会長と強化部へ、私を信頼してこの偉大なクラブの歴史に加わるチャンスをいただけたことを感謝したいです。また、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、マネージャー、そしてクラブの職員のすべての方の努力とサポートに心からお礼を言いたいです」 「サポーターの皆さん、私と家族に愛情を持って接してくださりありがとうございました。皆さんの応援はクラブにとってとても重要なものです。これからも引き続きクラブへの応援、サポートよろしくお願いいたします。最後に、プロフェッショナルな姿勢で多大な努力をしてくれた選手たち全員に感謝したいです。この姿勢で努力を続けることが、きっと結果につながっていくと信じています」 「チームの悪い流れを変えることができず、順位表で上にいくお手伝いができなかったことを申し訳なく思っています。ただ、チームはまだ4つの大会で戦っており、まだまだ素晴らしいシーズンにする時間は十分残っています。クラブ、選手、サポーターがともに団結して戦い続けることができれば、きっと実りあるシーズンにできることを確信しています。改めて、これまでどうもありがとうございました」 また、クラブは監督交代を受けて今後のトップチーム体制も発表。新たな指揮官としてバトンを託されたのは強化部に在籍する吉田孝行氏(45)で、自身3度目の指揮となるなか、意気込みを語っている。 「今シーズンより大好きなヴィッセル神戸に戻り、チーム強化に努めてまいりましたが、クラブは非常に苦しい状況にあります。このような状況でもスタジアムへ足を運び素晴らしい雰囲気を作って応援してくれるファン、サポーターの皆様の期待に応えられていないことを非常に申し訳なく感じております」 「この厳しい現実を打破するべく私のことを信頼し、このような機会を与えてくれるクラブの力になるため、監督を引き受けさせていただきました。苦しい中だからこそ、サポーターやスポンサーの皆様をはじめヴィッセル神戸に関わる全ての方々と一致団結して、この難局に立ち向かうことが必要だと考えております。ヴィッセルファミリーのために、全力で働きます」 2022.06.29 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

巻き返し期す神戸、鳥栖MF飯野七聖を完全移籍で獲得 「チームの為に走って闘います」

ヴィッセル神戸は29日、サガン鳥栖からMF飯野七聖(25)の完全移籍加入を発表した。背番号「2」を着用する。 飯野はアルビレックス新潟のアカデミー出身で、2019年に国士舘大学からのザスパクサツ群馬入りでプロの世界に。2021年から鳥栖にステップアップを果たした。 その鳥栖では右サイドのスペシャリストとして公式戦通算54試合に出場。今季も明治安田生命J1リーグ16試合出場で1得点と活躍を続けたが、神戸行きを決断した。 豊富な運動量をベースに縦への突破力とクロス精度が魅力の飯野は今季のここまでJ1リーグで最下位に沈む神戸加入決定を受け、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ヴィッセル神戸 「サガン鳥栖から移籍してきました飯野七聖です。僕はどんなに苦しい状況でも、チームの為に走って闘います。サガン鳥栖で得た武器を、今度はヴィッセル神戸の為に使います。よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「この度、ヴィッセル神戸に移籍する事になりました。サガン鳥栖で過ごす時間は僕にとってかけがえのないものでした。本当に充実していて、自分自身このクラブで、日々成長している実感がありました」 「仲間やスタッフにも恵まれて、ファンの皆さんの事も本当に大好きでした。 皆さんに支えられて、今の僕があると感じているからこそ、オファーを頂いてから、本当に悩みました。お互いのチームの状況、鳥栖での立場、これから先、選手としてどうなりたいのか。今じゃなくてもいいんじゃないか。本当に色々な事を考え、悩み、自問自答しました」 「ただ、選手として更に上を目指す事を考えた時、リーグ・ACL・天皇杯・ルヴァン杯、沢山のチャンスが残されていて、間違いなく注目されるチームで、ポジションを勝ち取り、自分の特徴を最大限発揮して活躍する事が出来れば、今より更に選手として、また、ひとりの人間として価値を上げる事が出来るのではないかと思いました」 「この決断が正しいのか、間違っているのか、今は分かりません。だけど、この決断が正しかったんだと胸を張って言える様にしようと、自分で選んだ道を正解にするんだと、覚悟を決めました。この文章の中で、想いを全て語るのは難しいです。だけどこれだけはもう一度伝えさせて下さい。僕はこのクラブが大好きです。チームメイトも、スタッフも、そしてファンの皆さんの事も本当に大好きです」 「ネットに記事が掲載されたとき、沢山の方から残ってほしい。行かないでほしい。というメッセージを頂きました。ほぼ無名でサガン鳥栖に来た僕が、1年半で皆さんにそう言ってもらえる選手になったんだと思うと、本当に嬉しかった。サガン鳥栖で学び、得た全ての武器と、変わらない野心をもって、ヴィッセル神戸で新しい挑戦をしてきます。1年半、本当にありがとうございました」 2022.06.29 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

「頑張ってこい!!」ポルトガルへ旅立つ小川諒也をチームメイトが見送り

FC東京の面々が、ポルトガルへ旅立つチームメイトを見送った。 FC東京の日本代表DF小川諒也(25)は、今夏ポルトガルのヴィトーリア・ギマランイスへとレンタル移籍で加入することが発表されている。 移籍が決定した後もFC東京でプレー。先日、ラストマッチを戦い、一旦FC東京でのキャリアを終えていた。 そんな中、FC東京の公式インスタグラムが1枚の写真を投稿。それは小川を取り囲む選手の記念撮影だった。 写真には、ポルトガルへと旅立つ小川の他、永井謙佑、波多野豪、安部柊斗、松木玖生が写っており、今季から横浜FCでプレーする元FC東京の中村拓海も駆けつけたようだ。 1年間のレンタル移籍となる小川に対し、FC東京は「諒也、頑張ってこい!!」とメッセージ。後押しした。 ポルトガルで初の海外挑戦を行う小川。どのような活躍を見せるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】ポルトガルに出発する小川をチームメイトがお見送り!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfWXptahv7Y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfWXptahv7Y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfWXptahv7Y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FC東京【公式】(@fctokyoofficial)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.28 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「非常に胸が痛いですが…」Jリーグ野々村芳和チェアマン、八百長計画で失格の鈴鹿にコメント「絶対にあり得ない」

Jリーグは28日、鈴鹿ポイントゲッターズに関して、「百年構想クラブ」の資格を失格にすることを決定した。 鈴鹿は、八百長を企てた他、元執行役員からの金銭要求(5000万円)を受けるなど問題を抱えており、今年2月の理事会にて懲罰の対象となりうる行為の発覚、ならびにクラブのガバナンス体制に不備があると判断しうる複数の事情が認められるなど、Jリーグ百年構想クラブ規程第7条第1項第1号に定める「Jリーグの目的に反する行為」が認められたことから、J リーグ百年構想クラブの資格について解除条件付きの資格停止となっていた。 解除条件として、クラブがガバナンス体制を改善する意思があり、2022 年 6 月の J3ライセンス申請期限までに入会を認め得る状況に改善する可能性があることを前提に、「ガバナンス体制の改善」ならびに「ステークホルダーからの支援継続」が実効的に機能し実践されているとJリーグ理事会において判断されることが必要であったが、条件を満たすことができずに失格処分となった。 これにより2023シーズンのJリーグ入会の可能性は消滅。また、11月末までに再申請することは可能で、認められれば2024シーズンからJ3に入会することは可能となるが、1からの申請になるためにハードルは非常に高くなることとなる。 今回の件を受け、Jリーグの野々村芳和チェアマンがコメント。クラブとしてのあり方を今一度考えてもらいたいと語った。 「鈴鹿ポイントゲッターズに対しては、資格停止ということになりました。新たな株主がまだわかっていない中で資格を付与するということは明らかに難しい状況だということを理事会でも確認しました」 「そもそも端を発した案件というところでは八百長を企てたということですが、Jリーグとしては絶対にあり得ないということです」 「その後、よりしっかりとガバナンス体制がどうなるかをしっかりとウォッチしていくということで、リミットが今日の理事会、クラブライセンスの審査が6月30日が締め切りということ。いくつかのクラブも審査を受けているので、そこがあったということです」 「選手の夢、選手の家族ということを考えると非常に胸が痛いですが、選手の夢、家族を守るのもクラブであるということはしっかりとリーグとしても考えなければいけないと思っています」 「一方で、クラブも新しい体制に変わって、新体制の皆さんが現場からクラブを生まれ変えさせようという動きは、この数カ月尽力してくれたと思っています」 「先ほど理事会が終わった後に、新体制のみなさんの中で知っている人には電話で伝えさせていただきましたが、三浦泰年さんも責任を持って11月にチャンスがあるならガバナンス体制を見直していきたいと言っていました」 「選手のケアということもお話しさせていただきましたが、クラブとして生まれ変わって次のチャンスに向かっていけるように、アドバイスをしていくというスタンスで取り組んでいきたいと思っています」 2022.06.28 19:10 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎FがU-18から松長根悠仁&大関友翔の来季昇格発表! 高井幸大に続く

川崎フロンターレは28日、同クラブU-18に所属するDF松長根悠仁(17)、MF大関友翔(17)の来季昇格内定を発表した。 両選手はともに川崎市出身で、松長根はU-12から、大関はU-18から川崎Fのアカデミーでプレーしている。 飛び級で昇格発表済みのDF高井幸大に続くトップチーム入りとなる両選手はクラブを通じて喜びの思いとともに決意を語っている。 ◆松長根悠仁 「小さい頃からずっと見ていたフロンターレでプロサッカー選手になることができ、とてもうれしく思います。これまでお世話になった方々や、いつも熱い声援を送ってくださるサポーターの皆さんに恩返しできるよう頑張ります」 「まずはU-18で、クラブユース選手権優勝と、プレミアリーグEAST・ファイナル優勝という結果をサポーターの皆さんに届けたいです。自分の良さである勝ちに対する気持ちを全面に出し、1日でも早くトップチームで試合に出られるよう、日々努力していきます」 ◆大関友翔 「川崎フロンターレU-18からトップチーム昇格が決まりました大関友翔です。小さい頃から憧れであった川崎フロンターレでプロサッカー選手になれることを、とてもうれしく思います」 「同時に、いつも応援してくれていた家族、友人、これまで指導していただいた方々、そしていつも温かい声援を送っていただいているサポーターの皆様にとても感謝しています。一日でも早くトップチームの試合に出て、恩返しできるように、人一倍の努力をしていきます。応援よろしくお願いします」 2022.06.28 16:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly