名古屋が徳島を下して2位突破! 清水は首位通過決定済みの広島に勝利し今季ホーム初白星【ルヴァンカップ・グループB最終節】

2022.05.18 21:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
YBCルヴァンカップの各グループ最終節が18日に行われた。グループBでは、広島と名古屋が突破した。

すでに広島の首位突破が決まり、残り一枠を3チームで争う構図のグループB。勝てば自力突破となる2位の名古屋は、4位徳島とのアウェイ戦に臨んだ。

試合は10分、名古屋は左CKの場面で阿部がアウトスイングのクロスを送ると、ニアに走り込んだ吉田温紀がヘディングシュート。高い打点から叩きつけられたボールがゴールに吸い込まれた。

前半終了間際には、稲垣が相手のボックスの手前でボールを奪取し、右から左へ展開。これに阿部が左足で合わせてゴール右下にシュートを突き刺した。

2点リードで試合を折り返した名古屋は、後半立ち上がりには甲田の強烈なシュートがクロスバーに直撃。その直後にも立て続けにチャンスを迎えるが、3点目には至らない。

一方、徳島は60分にゴール前のこぼれ球を浜下がシュートに繋げるも、精度を欠いて枠の外。最後までネットを揺らせないまま、試合は名古屋が勝利し、広島に続く2位でのプレーオフ進出を決めた。

もう一方の清水vs広島では、ホームの清水が34分に岸本の移籍後初ゴールで先制。左CKのシーンで神谷がニアで触れたボールを頭で押し込んだ。

対する広島は、後半立ち上がりにルーキーの棚田のシュートでゴールに迫ると、迎えた61分、バイタルエリアでの連携から永井に今大会2ゴール目が決まり同点に。

しかし、終盤の83分に清水が滝のゴールで勝ち越し。最終順位は3位でグループステージ敗退となったものの、今季のホーム初ゴールを挙げた。

◆順位表(勝ち点/得失点差)
1:サンフレッチェ広島(12pt/+8)
2:名古屋グランパス(10pt/2)
3:清水エスパルス(8pt/-2)
4:徳島ヴォルティス(4pt/-8)

関連ニュース
thumb

4強決定!福岡がクラブ史上初、王者名古屋は浦和に敗れる《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝2ndレグが10日に各地で行われ、ベスト4が出揃った。 前回大会の王者である名古屋グランパスは、埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦。ホームでの1stレグを1-1で終えていた中、試合は伊藤敦樹のゴールで浦和が先制。浦和はさらに伊藤が41分のCKで鮮やかなボレーシュートを突き刺し、合計スコア3-1とする。 名古屋はハーフタイムで4人交代を敢行し攻勢を強めるも、浦和も 江坂任のシュートがクロスバーを叩くなど、こちらも追加点のチャンスを感じさせる。 すると迎えた86分、敵陣左サイドでの明本考浩のインターセプトから浦和の攻撃へ。キャスパー・ユンカーとのワンツーを経て江坂に繋がると、江坂はボックス中央から左足でシュートを流し込み勝負あり。合計スコア4-1でベスト4入りを決めた。 昨年度のファイナリストであるセレッソ大阪は、川崎フロンターレとの勝負で劇的な展開に。ホームでの1stレグではアダム・ダカートの89分のゴールで1-1に持ち込んでいた中、今回はホームの声援を得る川崎Fのマルシーニョに、前半終了間際と後半立ち上がりにゴールを許してしまう。 しかし、試合終了間際に劇的な展開が。まずは90分、左サイドの山中亮輔の低弾道のクロスを、ハーフタイム明けから出場した加藤陸次樹がダイビングヘッドで押し込み1点差に。 さらにほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原輝が入れたクロスをボックス左の西尾隆矢がゴールラインぎりぎりで折り返し、最後は山田寛が頭で押し込み同点に。 この結果、合計スコア3-3となり、アウェイゴール差でC大阪が準決勝へ。直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップも敗退となった。 8年ぶりの準決勝進出を目指す広島は、ホームでの3-1という結果を手にニッパツ三ツ沢球技場へ乗り込んだ。第1戦の勢いそのままに、開始8分でナッシム・ベン・カリファがゴールを決めると、直後には横浜FMの角田涼太朗が決定機阻止で一発退場に。 これで大量点差とともに数的優位も得た広島は、1点を返されたものの野上結貴のゴールで再び突き放し、最終的に合計スコア5-2で勝利。2連勝で4強入りした。 ベスト電器スタジアムで行われたアビスパ福岡vsヴィッセル神戸は、43分にジョン・マリのパスを受けたルキアンがゴールを決めて、福岡が先制。 合計スコア3-1となった後半は、互いのGKの好セーブも光り、試合は動かず。結局、浦和を退けた福岡がクラブ史上初のベスト4入りを果たした。 準決勝は、第1戦は9月21日、第2戦は同25日に行われる。対戦カードは以下の通り。 浦和レッズ vs セレッソ大阪 サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡 2022.08.10 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡が2戦合計3-1で神戸に勝利! クラブ史上初のベスト4進出!《ルヴァンカップ》

10日、JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のアビスパ福岡vsヴィッセル神戸がベスト電器スタジアムで行われ、福岡が1-0で勝利。2戦合計3-1とし、クラブ史上初となる準決勝進出を決めた。 福岡はチーム内に新型コロナウイルスの感染が広がっており、第1戦では試合終盤にGK山ノ井をFWとして出場させるなど、スクランブル体勢で勝利をもぎ取った。第2戦もベンチに控えるのは3選手のみ。うち2人がGKで、フィールドプレーヤーはクルークスのみという陣容でこの一戦に臨んだ。 そんな状況でも、福岡は試合開始から最終ライン5枚を中心としたコンパクトな陣形をキープし、神戸に決定的なチャンスを与えず。しばらくは膠着した展開が続くも、前半終盤に先制点が生まれる。 43分、福岡は右サイドのハーフウェイライン付近でジョン・マリが槙野との競り合いを制して中央へ侵入し、ゴール前のスペースへと走り込むルキアンにラストパス。ルキアンは尾崎と競り合いながらも右足で流し込み、ネットを揺らした。 福岡の1点リードで迎えた52分、勝ち抜けのために最低でも2得点が必要な神戸は、ムゴジャがボックス手前右寄りの位置で中坂からボールを受けると、右足のシュートフェイントから左足でGK村上のニアを狙う。だが、低い弾道のシュートはわずかに枠の右へ外れた。 福岡はその直後、ボックス手前でルキアンからのパスを受けたジョン・マリが右足で強烈なシュート。こちらは神戸のGK前川が横っ飛びセーブで凌ぐ。 61分、今度は神戸のムゴジャがボックス内でキープし、中坂へのパスを選択。中坂はDFをかわしてGK村上と1対1になるも、肝心のシュートがミートせず。最後は必死に足を伸ばした福岡DFにクリアされ、千載一遇のチャンスを逃した。 試合終盤に差し掛かろうとする79分、福岡はジョン・マリに代えてクルークスをピッチへ。ベンチ唯一のフィールドプレーヤーの投入により、第1戦同様にGKの投入も考えられたが、ピッチ上の選手たちは集中を切らさず。ルキアンの一発を最後まで守り抜き、1-0のまま試合終了を迎えた。 この結果、2戦合計3-1で福岡がクラブ史上初となるベスト4進出を決めた。なお、準決勝の第1戦は9月21日、第2戦は9月25日に開催。対戦相手は横浜F・マリノスを下したサンフレッチェ広島だ。 福岡 1-0(AGG:3-1) 神戸 【福岡】 ルキアン(前43) 2022.08.10 21:44 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が3発快勝でベスト4入り!伊藤のファインボレーなどで前年王者・名古屋を下す《ルヴァンカップ》

10日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準々決勝第2戦、浦和レッズvs名古屋グランパスが埼玉スタジアム2002で行われ、3-0で浦和が勝利。合計スコア4-1で浦和が準決勝進出を決めた。 前回大会の覇者・名古屋と2016年以来の優勝を狙う浦和の同一カード3連戦は3日の第1戦が1-1、6日の明治安田生命J1リーグ第24節では3-0と名古屋が勝利を収めていた。 浦和は負傷から戻ってきた酒井とアレクサンダー・ショルツが先発に名を連ね、名古屋は夏に加入した新戦力の永井、永木、重廣がスタメン入りを果たした。 開始早々から攻勢を強めたのは名古屋。岩波のトラップミスに乗じたマテウス・カストロがボックス左の角度のない位置から左足を一閃し、5分にも単騎勝負から左足のシュートを放つ。さらには、ボックス手前右からもミドルを見せるなど、キックオフ直後から存在感を見せた。 アグレッシブな姿勢を見せたのは名古屋だったが、チャンスを生かしたのは浦和。31分、深い位置へ足の長いボールを送り、ボックス手前左にこぼれたボールを大畑が外へはたく。松尾が右足で柔らかいクロスを入れると、ワンテンポ遅らせてゴール前へ顔を出した伊藤が高い打点ヘディングを右隅へ決めた。 これでホームチームへ流れが傾くと、モーベルグのフィニッシュで得た右CKから岩尾のキックに岩波がヘッド。ディフレクションしたボールはGKランゲラックに辛うじてかき出されたものの、41分にセットプレーから追加点を挙げる。 左CKを蹴った岩尾のストレート性のボールは、糸を引くようにファーの伊藤の左足へ。抑えの効いた完璧なボレーシュートはGKランゲラックの指先を弾いて鮮やかにゴール右隅へと吸い込まれた。 2点のビハインドを負った名古屋はハーフタイムに4枚替えを決行。再び攻勢を強めると、中盤でのボールの奪い合いを制して相馬がボックス左から狙う。さらには、森下のグラウンダーのクロスを収めた仙頭が右足を振るが、シュートはクロスバーを越えてしまう。 時間とともに焦りも見え始めるアウェイチームを後目に、70分の浦和は浮き球に反応して右のポケットを取った明本が左足のボレー。これはGKランゲラックの顔面ブロックに遭うが、72分に投入された江坂が1分後にクロスバーをたたくヘディングを放つなど、こちらも攻撃の手を緩めない。 効果的な攻撃でフィニッシュまで至る浦和は86分に大きな3点目を奪取。敵陣左サイドで明本がインターセプトして持ち上がり、ユンカーとのワンツーを使って中央へ舵を取り、横パス。受けた江坂は丸山をかわしてボックス内へ侵入すると、戻ってきた稲垣とのコンタクトにも倒れず、左足で左隅へ流し込んだ。 勝負を決める一発が決まり、名古屋の勢いもトーンダウンすると、ホームサポーターの声援を背に浦和が残りの時間をコントロールしてタイムアップ。合計スコア4-1で、ベスト4入りを決めた。 なお、浦和は準決勝でセレッソ大阪と対戦。第1戦は9月21日、第2戦は25日に行われる予定だ。 浦和レッズ 3-0(AGG:4-1) 名古屋グランパス 【浦和】 伊藤敦樹(前31、前41) 江坂任(後41) 2022.08.10 21:37 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪が後半ラストプレー弾で劇的4強入り! 悲劇の等々力劇場となった川崎Fはカップ戦すべて敗退…《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦、川崎フロンターレvsセレッソ大阪が10日に等々力陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計3-3もアウェイゴール数で上回ったC大阪がベスト4進出を決めた。 1週間前にヨドコウ桜スタジアムで行われた第1戦は、アウェイの川崎Fが前半半ばに脇坂のゴールで先制に成功したが、ホームのC大阪が後半終了間際にアダム・タガートのゴールで追いつき、1-1のドローとなった。 コロナ禍で多くの選手を欠いた中、アウェイゴールを得てのドローと最低限の結果を残した川崎F。さらに、先週末のリーグ戦では首位の横浜F・マリノスを試合終了間際の劇的ゴールで勝ち切り、今回のホームゲームに大きな弾みを付けた。多くの選手の復帰に伴い、前回対戦からは先発6人を変更。ジェジエウ、山根、登里、チャナティップが起用され、前線は右から家長、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョが並んだ。 一方、内容は上々もホームでの初戦を勝利で飾れなかったC大阪だが、先週末のリーグ戦ではヴィッセル神戸に3-0の快勝。公式戦10試合無敗と好調を維持して敵地へ乗り込んだ。新型コロナウイルス感染で療養中の小菊監督に代わり、引き続き高橋大輔コーチが暫定で指揮を執った中、前回対戦からは山田寛に代えてタガートを上門の相棒に起用した以外、同じメンバーを継続した。 ベスト4進出を懸けた運命の一戦は立ち上がりから拮抗した展開に。戦前の予想通り、ホームチームがボールを握って押し込む時間が続くものの、C大阪も集中した守備で相手の攻撃を撥ね返してカウンター、前線からの積極的な守備で押し返す場面を創出する。 一進一退の攻防が続く中、20分過ぎには川崎Fが右CKから谷口のヘディングシュート、直後にはマルシーニョの突破から橘田のミドルシュートとフィニッシュの局面を作り出す。 対するC大阪は30分、左サイドの山中のクロスの流れから波状攻撃。ゴール右でこぼれ球を回収した松田がGKと一対一も、ここはGKチョン・ソンリョンにうまくコースを消されてセーブされる。さらに、ボックス左でボールを受けた為田にビッグチャンスも、右足のシュートはクロスバーを叩き、両チームを通じた最初のビッグチャンスをモノにできない。 互いに自分たちの時間の中でゴールをこじ開けられない我慢比べの様相を呈した試合は、前半終盤に動く。40分、川崎Fが中央での細かいパス交換から橘田、チャナティップと繋いでボックス右のレアンドロ・ダミアンにシュートチャンス。このシュートはDFのブロックに遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したマルシーニョが相手のゴールカバーを外すクロスバー内側直撃の強烈なシュートを叩き込んだ。 前回対戦に続きこの試合でも先制に成功した川崎Fは、さらに前半終了間際にもレアンドロ・ダミアンの完璧な背後への飛び出しから追加点のチャンスを得たが、ここはボールコントロールの乱れもあり、右足アウトで強引に放ったシュートは枠の左に外れた。 迎えた後半、1点リードの川崎Fはチャナティップを下げて脇坂、逆転突破に2点が必要なC大阪はタガートを下げて加藤をハーフタイム明けに投入。後半も引き続き拮抗した入りとなったが、前回対戦とは異なり川崎Fが追加点を奪い切る。 53分、相手陣内の左サイドに張ってジョアン・シミッチから大きな展開を受けたマルシーニョが一瞬のスピードでDF松田を振り切ってボックス付近までドリブルで運ぶ。そして、中央のレアンドロ・ダミアンにボールを預けて内側へ切れこむと、DFを引き付けた元ブラジル代表FWから絶妙なリターンパス。ボックス中央で完全にフリーとなったマルシーニョが右足の鋭いシュートを突き刺した。 ブラジル人アタッカーコンビの鮮やかな連携で大きな2点目を奪った川崎Fだが、ゴール直後に右足の筋肉系のトラブルかジェジエウがプレー続行不可能となり、車屋がスクランブル投入される。 一方、敵地でより厳しい状況となったC大阪は毎熊、為田、上門を下げて北野、山田寛、ジェアン・パトリッキと前線3枚を一気に入れ替える。さらに、奥埜を下げて中原投入と、よりリスクを冒して前に出る。だが、ゲームコントロールを優先するリーグ王者のしたたかなゲームコントロールを前に、なかなか決定機まで持ち込めない。 その後、過密日程が続く川崎Fは殊勲のブラジル人アタッカーコンビ、家長を下げて遠野や山村の投入で逃げ切り態勢に入る。このまま2-0のスコアで試合終了かに思われたが、昨季の準優勝チームがここから驚異の粘りを見せる。 90分、相手陣内左サイドでボールを受けた山中が低い軌道の高速クロスを入れると、DF谷口の前に入り込んだ加藤がダイビングヘッド。谷口の足にディフレクトしたボールがニア下に決まった。 アディショナルタイムが5分加えられたことで、これでどちらが勝ち抜けるかわからなくなると、決死のパワープレーを敢行したアウェイチームが見事に押し切る。ほぼラストプレーとなった96分、波状攻撃から右サイドの中原が入れたクロスをボックス左の西尾がゴールラインぎりぎりで折り返すと、中央で反応した山田寛が頭で押し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、90分からの猛攻によって敵地で2点差を追いつく驚異の勝負強さを見せたC大阪がアウェイゴール数で上回り、劇的過ぎる勝ち上がりを見せた。 一方、直近の横浜FM戦とは異なり、悲劇の等々力劇場となった川崎Fは、ACL、天皇杯に続きルヴァンカップ敗退となり、残すコンペティションは逆転での3連覇を目指すリーグ戦のみとなった。 なお、4強入りを決めたC大阪は9月21日、同25日に行われる準決勝で浦和レッズと名古屋グランパスの勝者と対戦する。 川崎フロンターレ 2-2(AGG:3-3) セレッソ大阪 【川崎F】 マルシーニョ(前40) マルシーニョ(後8) 【C大阪】 加藤陸次樹(後45) 山田寛人(後45+6) 2022.08.10 21:19 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が10人の横浜FMに完勝! 2戦合計5-2で8年ぶりの準決勝へ《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝の横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島の第2戦が10日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-2で広島が勝利し、準々決勝に進出した。 1週間前にエディオンスタジアムで行われた第1戦では、3-1でホームの広島が先勝。広島はその後、リーグ戦も鹿島アントラーズに完勝しており、強豪相手に連勝を収めている。 一方の横浜FMは広島戦後、リーグ戦で川崎フロンターレと対戦。白熱の試合を繰り広げたが、後半アディショナルタイムの失点で、10試合ぶりの黒星を喫した。 試合は2点差を追いかけるホームの横浜FMが先に仕掛ける。4分、前線からのプレスでショートカウンターに転じると、ボックス中央の藤田から右に走り込む水沼に展開。フリーでシュートを放ったが、GK大迫の好セーブに遭った。 立ち上がりのピンチを切り抜けた広島もすぐに攻勢に出る。8分、森島が右サイドからパス交換しながら徐々に中央へ。ゴール前のベン・カリファへのラストパスは畠中にカットされてしまったものの、ベン・カリファが背後から奪い返し、左足で豪快にゴールに突き刺した。 素早い攻守の切り替えが功を奏し、上手く相手の出鼻をくじいた広島。その後も継続して前線からのプレッシングを続ける中で、横浜FMの渡辺が角田にバックパスを出したところを森島が奪取。一気にゴール前に抜け出ようとしたところを角田に倒された。 このプレーで角田には決定機阻止の理由でレッドカードが提示され、横浜FMは3点のビハンドのうえ、残り75分を10人で戦うことになってしまった。 しかし直後の22分、左から中に切り込んだマルコス・ジュニオールがボックス手前の水沼にパスを入れると、水沼はワンタッチでボックス右へ展開。ここで待っていたレオ・セアラが冷静に流し込んでネットを揺らした。 これを反撃の狼煙としたいところだったが、その後は数的有利のある広島のペースが続いていく。すると37分、佐々木のスルーパスで柏が左サイドを突破し、グラウンダーのクロスを供給。逆サイドから走り込んでいた野上がプッシュし、追加点とした。 これで再び3点差に広げ、アウェイゴールでも上回った広島。40分に塩谷が負傷し、藤井をスクランブル投入するアクシデントに見舞われるが、失点以外は概ね完璧な試合運びを見せた。 後半に入ると、横浜FMはマルコス・ジュニオールを下げ、来季加入が内定している関東学院大学の村上悠緋を投入。48分に水沼から村上を狙ったクロスが上がったが、ここは合わせられず。 一方の広島は、数的優位を生かして極めて冷静にボールを回していく。そのなかで森島や満田が立て続けにゴール前に攻め込むなど、さらなる得点の予感をさせる。 ただ、65分過ぎに塩谷に続いて野上が右足を痛めてしまうことに。代わりに鹿島戦で広島初ゴールを決めた川村が投入された。 73分には左の柏のクロスから途中出場のドウグラス・ヴィエイラがヘディングシュート。直後の74分には森島に後半最大の決定機が訪れるも、ここも決められず。 それでも最後まで余裕のある試合運びを見せた広島がリードを保ったまま勝利。2戦合計スコア5-2で8年ぶりの準決勝進出を決めた。なお、9月21日と25日に行われる準決勝ではヴィッセル神戸を退けたアビスパ福岡と対戦する。 横浜FM 1-2(AGG:2-5) 広島 【横浜FM】 レオ・セアラ(前21) 【広島】 ナッシム・ベン・カリファ(前8) 野上結貴(前37) 2022.08.10 21:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly