【J1注目プレビュー|第11節:神戸vs川崎F】掴みたい2勝目、勝てば首位の川崎Fは4連勝なるか

2022.05.18 15:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第11節】
2022年5月18日(水)
19:00キックオフ
ヴィッセル神戸(17位/7pt) vs 川崎フロンターレ(2位/26pt)
[ノエビアスタジアム神戸]

◆ついに掴んだ1勝を繋げられるか【ヴィッセル神戸】

前節はサガン鳥栖をホームに迎えての一戦。リーグ戦で勝利がない神戸だったが、この日はついに攻撃陣が躍動。アンドレス・イニエスタのゴールを皮切りに、4-0で勝利を収めた。

最下位に沈んでいたチームだったが、この勝利によって最下位を脱出。ここから巻き返しを図っていきたいところだ。

イニエスタ、武藤嘉紀、大迫勇也と役者が揃い踏みした点もプラスに働くと考えて良い。ただ、この1勝で終わっては意味がないところだ。

今節の相手は首位浮上を目指す川崎F。鳥栖戦の勝利がまぐれではなかったことを示さなければいけない。連戦が行われる中で、どのようなパフォーマンスを見せられるか。チーム力も問われる一戦となりそうだ。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:前川黛也
DF:山川哲史、槙野智章、小林友希、酒井高徳
MF:山口蛍、大﨑玲央
MF:郷家友太、アンドレス・イニエスタ、汰木康也
FW:武藤嘉紀
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ

◆勝てば首位、しっかりと掴めるか【川崎フロンターレ】

前節はホームにアビスパ福岡を迎えた一戦で、2-0と勝利。ACLによる中断後に連勝を飾った。

失意の敗退は記憶には残るものの、チームの足枷となることはもうなさそうだ。そして目の前には首位という大きな目標が手の届くところにある。

内容も充実した2試合を終え、勝てば首位という状況。ここでしっかりと勝利を掴めるかどうかは、今シーズンの優勝戦線を占うといっても良いだろう。

2試合連続クリーンシート中ということもあり、守備陣に自信も。ただ、神戸の攻撃陣は強力であり、隙を見せれば一気に突かれてしまう可能性も高い。まずは先制を目指し、鹿k理と戦いたいところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:チョン・ソンリョン
DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭
MF:脇坂泰斗、橘田健人、遠野大弥
FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、マルシーニョ
監督:鬼木達

関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vs神戸】吉田孝行監督が3度目のリリーフ、やり続ける鳥栖相手に神戸は何を見せる?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:30キックオフ サガン鳥栖(6位/27pt) vs ヴィッセル神戸(18位/11pt) [駅前不動産スタジアム] ◆アグレッシブさを前面に【サガン鳥栖】 後半戦初戦となった前節のFC東京戦は5-0と圧倒。良い守備から良い攻撃をまさに体現。前々節の悔しさを跳ね返した形となった。 川井健太監督が掲げるアグレッシブさを前面に出し、相手を制圧していくスタイルのサッカーはどのチーム相手にも行えている。その中で、しっかりと結果を残せており、チームとしても良いサイクルが生まれているところだ。 今節の相手は最下位の神戸。監督交代直後で、どのような変化があるのか、それともないのか。読めないところは多いが、鳥栖のスタイルは変わらない。 気をつけるべきは高い能力を持つ個々の局面での対応。しっかりと受け過ぎずに組織として対応できるかがポイントとなる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、田代雅也、ジエゴ MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:堀米勇輝、本田風智 FW:宮代大聖 監督:川井健太 ◆3度目の正直なるか【ヴィッセル神戸】 最下位から抜け出せない神戸に激震が。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が3カ月足らずで解任の憂き目に。吉田孝行監督が指揮を執ることとなった。 三浦淳寛監督でスタートした今季は、周囲の予想とは大きく異なり結果が出ずに低迷。暫定指揮を執っていたリュイス・プラナグマ監督も含めれば、吉田監督が4人目というのだから、いかにチームが混沌としているかが分かる。 そもそも、守備の立て直しという観点で招へいしたロティーナ監督はその役目を一定は果たしていたと言える。守備に重きを置くことで、神戸が理想としていた華やかな攻撃が見れなくなることもわかっていたはずだ。 もちろん結果が伴っていないということは大きな要因だが、チームとして何を求めていくのか。どこに向かっていくのかが本当に定まっているのかは不安要素。そして、これまで2度も火中の栗を拾ってきた吉田監督に3度目の登板をさせてしまった。 就任からわずか数日で何かを変えられるとは思えないが、クラブとして今の状況が良くないことを認識しなければ、浮上することは不可能だろう。その気概をこの一戦では見せてもらいたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:前川黛也 DF:山川哲史、菊池流帆、小林友希、酒井高徳 MF:山口蛍、橋本拳人 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、汰木康也 FW:大迫勇也 監督:吉田孝行 2022.07.02 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:湘南vs名古屋】好調・町野修斗に牽引される湘南、名古屋との“シックスポインター”

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ 湘南ベルマーレ(16位/19pt) vs 名古屋グランパス(11位/21pt) [レモンガススタジアム平塚] ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 前節は京都サンガF.C.とアウェイで対戦し、0-1で勝利。後半戦初戦を白星スタートを切るとともに、今季2度目の連勝を飾った。 直近5試合で4勝1敗と一気に勝ち点を稼いだ湘南。まだプレーオフ圏にいるが、ここから一気にジャンプアップするだけの準備は整った。 この4勝を呼び込んだのは町野修斗。4試合で6ゴールを奪う活躍を見せており、チームの起爆剤となっている。 決して巧いタイプの選手ではないが、訪れたチャンスをしっかりとモノにする力を持っており、かつてギラヴァンツ北九州時代に見せていた特徴を発揮し出している。 チャンスの数が多いとは言えない中で、決定率を上げることは大きなポイント。今節も町野の躍動に期待がかかる。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、畑大雅 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 出場停止:米本拓司 ◆不安定さ拭えず、必勝の一戦【名古屋グランパス】 前節は上位の鹿島アントラーズをホームに迎えた中、1-1のドローに終わった。 なかなか調子が出ないチームは新たにストライカーを補強。まだ出場はできないが、得点力が明らかに課題のチームの起爆剤になるかは今後の注目だ。 そこまで良い流れを作りたいなか、今節は森下龍矢が出場停止。名古屋の特徴であるサイド攻撃の右翼を欠いてしまうこととなった。 縦に仕掛けられる選手がいないだけに、今節は左変調になる可能性もある状況。その中で、チームが混乱しなければ良い。 湘南のアグレッシブさを前に押し込まれれば一気にやられる可能性もあり、負ければ順位は抜かれる状況。負けてはいけない一戦だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:武田洋平 DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:内田宅哉、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:稲垣祥、仙頭啓矢 FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗 監督:長谷川健太 出場停止:森下龍矢 2022.07.02 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:C大阪vs川崎F】前半戦はC大阪が圧倒、再現かリベンジか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ セレッソ大阪(7位/27pt) vs 川崎フロンターレ(3位/34pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆トップ3との3連戦スタート【セレッソ大阪】 前節はホームに清水エスパルスを迎えて1-1のドロー。さらに、ケガ人が続出するという負の連鎖が始まり、苦しい状況だ。 丸橋祐介、山中亮輔の左サイドバックの2人が負傷。さらに、原川力、清武弘嗣もケガと苦しみが重なる中、上位に行くための壁が立ちはだかる。 今節の相手は3連覇を目指す川崎F。そして、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスとトップ3との3連戦が始まる。 ちょうど3カ月前に対戦したアウェイゲームでは、チームを退団した乾貴士の2ゴール、そして山田寛人の2ゴールで4得点を奪って勝利。前からプレスをかけてビルドアップを封じる形から、一気にゴールを奪うことに成功したことが結果につながった。 手薄なメンバーとなる中で、今節も同じ戦いを目指したいところ。力負けせずに勝利を収めたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、鳥海晃司、西尾隆矢 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、原川力、為田大貴 FW:ブルーノ・メンデス、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 ◆波に乗れない中、大事な一戦【川崎フロンターレ】 天皇杯の敗退に続き、前節はジュビロ磐田相手に1-1のドロー。勝ち点を取りこぼした中、本調子とは言えない状況だ。 熾烈な上位争いが続く中で勝ち点を落としたくないなか、今節からは未勝利の3チームとの連戦がスタート。その初戦が、苦杯を舐めさせられたC大阪だ。 前述の通り、1-4とホームで大敗。ホーム連続無敗記録をストップさせられた相手であり、記憶に間違いなく残っているだろう。前からアグレッシブに戦う形で隙を突かれ、連続失点で自分たちを見失ってしまった。 この悪い流れをどう止めるのか。大事な試合ではこれまでことごとく勝利し、その結果がリーグ連覇につながっている。今節もその一戦と言える状況。アウェイゲームで圧倒し、自分たちの形で勝利をもぎ取れるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、橘田健人 MF:脇坂泰斗、大島僚太、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、チャナティップ 監督:鬼木達 2022.07.02 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:G大阪vs浦和】苦しむ両者、課題は得点力…団子状態の中で3ポイントを積み上げるのは?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪(12位/20pt) vs 浦和レッズ(10位/21pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆連敗ストップ、真価が問われる一戦【ガンバ大阪】 4連敗と苦しい中でミッドウィークにはホームに4連勝中のサンフレッチェ広島を迎えた。試合は2-0で勝利。連敗を脱出した。 この試合では若手を起用した采配が的中。1-0で迎えた中で、ユース上がりの坂本一彩が初ゴールでリードを広げた。 ボールをつなぐサッカーを広島相手にもトライ。ビルドアップに難はまだまだあるが、少なからず成果は出ている。オープンな展開となった後半には、カウンターから何度もチャンスを迎えたが決めきれず。この点はやはり低迷する理由の1つだろう。試合を終わらせることができず、広島に押し込まれる時間が続いてしまった。 中2日で迎える今節。疲労度で言えば完全に不利な状況。ただ、ホームでの連勝を目指すには負けるわけにはいかない試合。片野坂知宏監督がどのようなメンバーを送り込むか。フレッシュさが失われれば、またしても黒星がついてしまうだろう。連勝を収め。団子状態の今の順位から抜け出せるだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:福岡将太、三浦弦太、クォン・ギョンウォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介 FW:山見大登、石毛秀樹 FW:パトリック 監督:片野坂知宏 ◆目指すは3連勝、まずは結果を【浦和レッズ】 長い長いトンネルから抜け出した浦和は、前節は最下位でもがくヴィッセル神戸と対戦し、0-1で勝利を収め、初の連勝を収めた。 苦しみながらも、引き分けに終わらずに勝ち点3を得たことは、今のチームにとっては大きな自信につながるはず。共に苦しむチーム同士の対決を制した。 今節の相手も苦しんでいるG大阪。浦和としては3連勝と勢いに乗りたいところ。ポゼッションサッカー、ビルドアップという点では遥かに完成度では上回っており、コンディション面でも優位に立つ状況。3連勝しなければいけない状況だ。 まずはハイプレスで相手のミスを誘い、あとはしっかりと仕留められるか。連勝を3に伸ばせれば、流れは変わるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、アレクサンダー・ショルツ、岩波拓也、大畑歩夢 MF:岩尾憲、柴戸海 MF:ダヴィド・モーベルグ、江坂任、関根貴大 FW:明本考浩 監督:リカルド・ロドリゲス 2022.07.02 15:17 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:清水vs横浜FM】数奇な運命…父から子へ、横浜FMは同じ場所でJ1通算500勝なるか!? “オリ10”の国立決戦!

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ 清水エスパルス(17位/17pt) vs 横浜F・マリノス(1位/37pt) [国立競技場] ◆ここから這い上がる【清水エスパルス】 シーズン前に掲げていた目標は「タイトル獲得」というもの。昨季も残留を争ったチームとしては大きな目標となったが、前半戦の後半は苦しい戦いが続いた。 そして監督交代。現在の位置は自動降格圏だ。ゼ・リカルド監督を迎えた中、2試合で1勝1分け。チームとして勢いに乗り、巻き返すチャンスでもある。 この2試合で結果を残しているのは西澤健太。精度の高いキックが持ち味だが、2試合で3ゴールに絡んでいる状況。セットプレーでは横浜FMのサッカーを無力化できるだけに、勝利に貢献できるか期待だ。 この試合はクラブ創設30周年記念マッチ。30年前の1992年7月4日がクラブにとって初の有料試合。そこから30年経ち、国立競技場で試合を行う。相手はオリジナル10の横浜FM。順位表では真逆の位置にいるが、意地を見せたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:片山瑛一、立田悠悟、鈴木義宜、山原怜音 MF:西澤健太、宮本航汰、白崎凌兵、カルリーニョス・ジュニオ FW:神谷優太、チアゴ・サンタナ 監督:ゼ・リカルド ◆5連勝で首位堅持を【横浜F・マリノス】 前節はホームに柏レイソルを迎えた中、上位対決で4-0と圧勝。4連勝として首位を守った。 敗れていれば肉薄されていただけでなく、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレとも差が詰まっていただけに、貴重な勝利を収められたと言える。ただ、気を抜く暇はない。 今節勝利すれば、史上2クラブ目のJ1通算500勝利達成。その舞台は国立競技場であり、クラブが1勝目をあげた地でもある。スタジアムの様相は変わったが、クラブとしてアウェイゲームではあるがここで500勝を達成することは大きな意義があると言える。 その中で注目は好調を維持している水沼宏太だ。現在2試合連続ゴール中。先発の機会が増えてからはゴールもそうだが、得意のクロスでチャンスメイクやアシストを記録。チームの攻撃を牽引している。 クラブのJ1通算500勝目を国立で決められる可能性を持つという数奇な運命も去ることながら、父・貴史はJリーグ開幕戦のピッチに立ちヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)相手に1勝目を記録しており、息子が同じ場所で500勝目を記録するとなれば、「事実は小説より奇なり」。息子・水沼の活躍にも注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:藤田譲瑠チマ、マルコス・ジュニオール、岩田智輝 FW:水沼宏太、レオ・セアラ、エウベル 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス 2022.07.02 14:42 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly