アタランタ、ムリエルが左ヒザ負傷で数週間の離脱へ

2022.05.18 06:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタのコロンビア代表FWルイス・ムリエルが左ヒザの負傷で数週間の離脱を強いられる見込みだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

報道によると、15日に行われたセリエA第37節のミラン戦(0-2で敗戦)で左ヒザを痛めて後半序盤にピッチを退いたムリエルは、その後の検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯にグレード1か2の損傷が確認されたという。

そして、このケガによってムリエルは今週末に控えるエンポリとのセリエA最終節の欠場に加え、6月のコロンビア代表での活動を断念することになるようだ。

現在、8位のアタランタは1ポイント差の6位ローマ、同勝ち点の7位フィオレンティーナと熾烈なヨーロッパリーグ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場争いを繰り広げており、主力FWの離脱は痛手となりそうだ。

関連ニュース
thumb

ザッパコスタが右太ももを負傷…開幕出遅れが濃厚に

アタランタは4日、イタリア代表DFダビデ・ザッパコスタの負傷を報告した。 続々とスタートしている欧州プレシーズン。アタランタは現在、ザッパコスタを含む18名の選手が参加しており、8位に終わった昨季の挽回を期して始動した。 しかし、早くも負傷者が出てしまったようだ。アタランタによると、ザッパコスタは右太ももの高悪性度病変が判明。離脱期間は示されていなかったものの、イタリア『カルチョ・アタランタ』は最低でも2カ月の療養期間を予想している。 昨夏にチェルシーから完全移籍で加わったザッパコスタ。両サイドのウイングバックをこなしながら、公式戦45試合に出場し、主力として活躍した。 なお、セリエAは8月13日に開幕。残念ながら、ザッパコスタは間に合わない見込みとなった。 2022.07.05 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表ペッシーナ、故郷モンツァへの移籍が決定的に!! 加入後即キャプテン就任へ

アタランタのイタリア代表MFマッテオ・ペッシーナ(25)は、生まれ故郷のクラブであるモンツァへの移籍が決定的となったようだ。 クラブ史上初のセリエA昇格を果たしたモンツァは、ペッシーナにとって生まれ育った地元のクラブ。自身も下部組織時代から在籍し、プロキャリアのスタートもセリエC時代の同クラブだった。 そのモンツァはセリエAで戦う準備を進めており、インテルからイタリア代表MFステファノ・センシ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得するなど、上位クラブにも引けを取らない積極的な補強を展開。地元出身のペッシーナも、昇格決定以前から獲得シナリオを描いていたものと報じられていた。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、モンツァはアタランタから1500万ユーロ(約21億2000万円)の買い取り義務が付帯した1年レンタルでペッシーナを獲得するとのこと。今週水曜日にもメディカルチェックを受診し、問題がなければ、そのまま正式契約を結ぶ流れとみられる。なお、ペッシーナは新加入ながらチームキャプテンに就任するとのことだ。 2022.07.04 21:48 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ退団の伊代表GKゴッリーニ、フィオレンティーナ移籍有力に!

イタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)は来季からフィオレンティーナでプレーするようだ。 近年のセリエAで躍進著しいアタランタで守護神を務めたりと着実に力をつけ、昨夏に買取オプション付きのシーズンローンでトッテナム入りしたゴッリーニ。先月の代表ウィークでもイタリア代表から声がかかるほどの実力者だが、フランス代表GKウーゴ・ロリスの牙城を打ち破れず、公式戦10試合の出場に終わった。 結局、6月上旬にトッテナムの買取オプション不行使が決まり、保有元のアタランタ復帰がひとまず既定路線に。だが、アタランタに戻るとなっても、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソがおり、さらなる移籍が有力視されている。 そうしたなか、移籍先と目されるのがプロ入り前のいち時期を過ごしたフィオレンティーナだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、800万ユーロ(約11億2000万円)の買取オプションが付帯したローン移籍になるようで、クラブ間でも合意済み。近くサインするという。 2022.07.03 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、アタランタからU-21イタリア代表FWピッコリをレンタルで獲得

ヴェローナが6月30日、アタランタからU-21イタリア代表FWロベルト・ピッコリ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 10歳でアタランタの下部組織に入団したストライカーのピッコリは、2019年4月にプロデビュー。昨季は前半戦をアタランタで過ごしたが、満足な出場時間を得られず、今冬にジェノアへレンタル移籍。 しかし、ジェノアでは度重なるケガにより、わずか5試合の出場にとどまっていた。 2022.07.01 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがメーレの獲得を熱望、アタランタは25億円を要求か

ウェストハムが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)獲得に関心を示しているようだ。 2021年1月にベルギーのKRCヘンクからアタランタに加入したメーレ。本職は右サイドバックだが、左サイドでのプレーもこなし、ウイングバックにも順応する優れた戦術理解度がジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督から高く評価され、チームの主軸に定着した。 今シーズンもケガや虫垂炎に悩まされながら、公式戦35試合に出場して3ゴール2アシストを記録。個人としては申し分ない成績を残したが、チームはセリエAを8位で終えており、4シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場はならなかった。 イタリアで安定した活躍を続けるデンマーク代表DFだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとウェストハムが強い関心を示しているようだ。ウェストハムは右サイドバックにDFヴラディミール・ツォウファル、左サイドバックにDFアーロン・クレスウェルがいるものの、デイビッド・モイーズ監督はサイドバック層の強化を望んでいる。 アタランタはメーレ売却に乗り気ではないが、ガスペリーニ監督は新たな選手を獲得するための資金調達を希望。そのため1800万ユーロ(約25億7000万円)程度の移籍金を提示されれば、売却に応じる構えだという。 2022.06.30 15:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly