キエッリーニが17年過ごすユーベでの幕引き 「大きな喜びと幸せを感じながら旅立つ」

2022.05.17 16:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が口を開いた。

今年8月の誕生日で38歳になろうとする今もユベントスの最終ラインで中心を担うキエッリーニ。17シーズンで公式戦560試合の出場数に19個の獲得タイトルという功績が物語るとおり、クラブのバンディエラと呼ぶにふさわしいレジェンドだが、11日に行われたコッパ・イタリア決勝のインテル戦終了後に今季限りでの退団を表明した。

カタール・ワールドカップ出場(W杯)が叶わなかった代表からの引退に続く大きな決断に惜しむ声があがるなか、16日にホームで行われたセリエA第37節のラツィオ戦に先発。自身にとって本拠地でのラストマッチにセンターバックの一角として所属年数にちなんで17分までピッチに立ち続け、万雷の拍手に包まれながらベンチに下がった。

キエッリーニは試合後、イタリア『スカイ』で「僕は大きな喜びと幸せを感じながら旅立つ。これは数カ月をかけて決めたこと。数週間や数日でというわけじゃない」と心境を続けた。

「常々、高いレベルのうちに出て行きたいと言ってきたけど、その通りになったね。ユベントスにとって厳しい1年だったけど、フィールドで自分のレベルを証明できたし、それが身を引いて若い選手たちに道を譲る後押しになった」

「彼らにもそろそろ責任を背負ってもらわないとね。僕が若手の何人かを羽ばたけないようにしてしまったのをよく承知している。今こそ羽ばたくときだし、僕は彼らを応援しているよ」

また、ユベントスとの契約を来季まで残すなかでの退団について、「W杯に行けなくなったのが全体を早まらせたのは明らか」とイタリア代表のカタール行きならずが影響したと話した。

「僕の計画は今年を過ごして、W杯を迎えることだった。ユーロを優勝して、自分がその一部になれるという感覚があったからね」

「もちろん、若手のスペースも空けておくつもりだったけど、思いどおりにいかなかった。今後のことはユベントスと若手に託すよ」

そして、アメリカ行きが有力視される今後についても質問が及ぶと、「正直に言って、まだわからないんだ。大きな決断を迫られている」と返して、国外でのプレーに意欲を示した。

「海外での経験は文化的なレベルで自分を豊かにしてくれる。フィールドでの経験以上にね。だから、自分がよく知るユベントスでの生活とは異なる文化に触れ、経験する必要性を感じているんだ。近々、家族と一緒に決めるよ」

関連ニュース
thumb

ポグバどディ・マリア、今週中にユベントス移籍決定か

マンチェスター・ユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバ(29)とパリ・サンジェルマンを退団したアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア(34)が、9日までにユベントスへの加入が決まるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 共にフリーでの加入となり、9日までにはトリノ入りするとのことだ。 2012年から2016年にかけてユベントスに在籍していたポグバは4度のセリエA優勝に貢献。ユナイテッドでは期待に応えきれなかった中、才能を開花させたユベントスで復活を期す。 一方のディ・マリアはバルセロナから関心があった中、ユベントス入りを決断した模様。セリエA初挑戦となる。 ユベントスは22日よりラスベガスでプレシーズンを開始する。 2022.07.05 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデ・リフトと個人間合意か、残すはクラブ間合意のみ

バイエルンがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)と個人間合意したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。同メディアによれば残すはクラブ間合意のみとのことだ。 チェルシーも獲得に高い関心を示すデ・リフトの移籍金に関し、ユベントスは8000万ユーロ(約113億5000万円)を設定している。 2019年夏にはユベントスとの争奪戦で敗れたバイエルンだったが、今回はそのユベントスからデ・リフトを迎え入れることになりそうだ。 なお、この取り引きが成功すればバイエルンが2019年夏にDFリュカ・エルナンデスをアトレティコ・マドリーから獲得する際に支払った8000万ユーロと並ぶクラブ史上最高額での契約になるとのことだ。 2022.07.05 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがフランス代表DFパヴァールに関心? バイエルンでの序列低下は確実か

チェルシーがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に関心を寄せているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 フランス代表として2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したパヴァールは、翌年夏にシュツットガルトからバイエルンに加入。この3年間は主力としてプレーしており、2021-22シーズンも公式戦36試合に出場した。しかし、クラブは今夏アヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を獲得。安泰かに思われていたその座も揺らぐことになった。 サッカージャーナリストのフロリアン・プレテンバーグ氏によると、チェルシーがパヴァールを高く評価するポイントはユーティリティ性とのこと。バイエルンでは本職とする右サイドバックのほか、1列上のサイドハーフやセンターバックをこなしており、まさしく現在のチェルシーが求めている人材のようだ。 チェルシーはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーらセンターバックの主力2選手が契約満了で退団となり、中央と右サイドバックを兼務する主将のセサル・アスピリクエタも未だ去就が不透明。トーマス・トゥヘル監督にとって、最も理想的な解決策がパヴァールとみられている。 なお、パヴァールに対しては、アトレティコ・マドリーとユベントスも関心を寄せているとのことだ。 2022.07.05 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがドルトムントDFアカンジに関心? CB補強候補の3番手か

インテルがボルシア・ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(26)に関心を寄せているようだ。 2018年1月から在籍するドルトムントでは主力のセンターバックとしてプレーするアカンジ。だが、2023年6月までとなっている現行契約を延長しないつもりであることが明らかとなっている。 そんな事情からか、多くのクラブがアカンジの獲得を検討しているとみられており、最近ではユベントスからの関心が伝えられていたが、この度インテルも獲得レースに加わったとのことだ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、インテルはセンターバック補強のトップターゲットとして、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)ら2選手の獲得を目指しているとのこと。しかし、いずれかの交渉が不調に終わった場合の3番手の候補として、スイス代表の26歳をリストアップしている模様だ。 インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが現実味を帯びてきており、オランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)にも退団の噂が。仮に両選手ともクラブを去るのであれば、アカンジも本腰を入れて交渉に乗り出す可能性は十分に高いと考えられている。 2022.07.05 14:21 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデ・リフト獲得に関心、選手本人もドイツ行きを希望か

バイエルンがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)獲得に関心を示しているようだ。 2019年夏にアヤックスからユベントスへ加入したデ・リフトは、加入初年度からポジションを得ると、ここまで公式戦117試合で8ゴール3アシストの成績を記録。ただし、2021-22シーズンのセリエAでは6試合でベンチスタートとなるなど、アヤックス時代ほど絶対的な地位を築いているわけではない。 デ・リフトに対してはかねてよりチェルシーが高い関心を示しており、ユベントス側も金額次第では売却に応じる姿勢を見せていたことからクラブ間で交渉が行われていた。しかし、ドイツ『キッカー』ら複数メディアの報道によると、バイエルンも獲得レースに参戦する構えのようだ。 バイエルンは昨夏にオーストリア代表DFダビド・アラバ、元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが退団し、今夏にはドイツ代表DFニクラス・ジューレもドルトムントへ移籍。センターバックが手薄となっていることから、オランダ代表の俊英をターゲットに定めたと伝えられている。 一方で、ユベントスはデ・リフトに最低でも8000万ユーロ(約113億5000万円)の移籍金を設定しているが、バイエルン側に要求を満たす金額を支払う準備ができているかは現時点で不明だという。 デ・リフト本人はミュンヘン行きを望んでおり、実現すればすでにセネガル代表FWサディオ・マネ、モロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ、オランダ代表MFライアン・グラフェンベルフを獲得しているバイエルンにとって、これ以上ないビッグサマーとなるだろう。 2022.07.05 10:53 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly