「いずれは日本人になる」Jリーグ初挑戦で既に4ゴールの東京Vバスケス・バイロンが日本国籍取得を宣言「代表普通にあるぞ」

2022.05.17 15:57 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎TOKYO VERDY
東京ヴェルディに所属するMFバスケス・バイロンが、22歳の誕生日に決意表明を示した。

チリ出身のバスケス・バイロンは、幼少期に来日。埼玉県でサッカーを始めると、青森山田高校へと進学。3年次には全国高校サッカー選手権大会に出場し、優勝に貢献した。

高校卒業後はJリーグ入りも噂される才能があった中、チリ国籍ということもあり、外国籍扱いとなるために当時東北社会人サッカーリーグ1部のいわきFC(現J3所属)に入団。2020年はチリのウニベルシダ・カトリカへとレンタル移籍を経験。2021シーズンはいわきFCでプレーすると、今シーズンから東京Vに完全移籍した。

東京Vでは、ここまで14試合に出場。先発は1試合に止まっているが、直近の5試合で4ゴールと大暴れ。この先の活躍に期待が寄せられている。

そのバスケス・バイロンは、16日に22歳の誕生日を迎えた中、自身のツイッターを更新。日本国籍取得を目指すと宣言した。

「今日で22歳になりました。今年から東京ヴェルディでプレーをしてますが、チームに点やアシストで貢献できるようもっと努力します!全員で本気で昇格を目指して闘います」

「個人的な報告をします。日本国籍取得する事を決断しました。僕もいずれは日本人になるので皆さん今後とも宜しくお願いします!」

これにはファンも「いつか日本代表に」、「日本代表のユニを着た姿を見たい」、「代表普通にあるぞ」、「楽しみな選手の一人」と大きな期待が寄せられている。

かつてはチリ代表を目指すという話もしていたバスケス・バイロンだが、これで日本代表入りを目指すことに。パワフルなアタッカーとして結果を残し続け、将来の日本代表入りに期待がかかる。
1 2

関連ニュース
thumb

東京V、下部組織育ちの国士舘大学MF綱島悠斗の来季加入内定を発表「J1の舞台に戻すことが自分の使命」

東京ヴェルディは7日、国士舘大学のMF綱島悠斗(21)の来季加入内定を発表した。 綱島は神奈川県出身で、東京Vの下部組織育ち。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、国士舘大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では11試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。 綱島は自身が育ったクラブへの入団決定にコメントしている。 「東京ヴェルディのファン、サポーターの皆さま、こんにちは。国士舘大学の綱島悠斗です。この度、2023シーズンから東京ヴェルディに加入することになりました」 「10年間育ったクラブに戻ることができたこと、プロサッカー選手としてのキャリアを一番愛しているクラブでスタートできることを大変嬉しく思っております」 「育成年代から言われておりました、ヴェルディ再建に貢献し、ヴェルディをJ1の舞台に戻すことが自分の使命だと感じています」 「そして、家族をはじめ、これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちをピッチで表現し、結果で恩返しできるように頑張ります」 「1日でも早く、試合に出場できるように精進してまいりますので、応援宜しくお願いいたします!!」 <span class="paragraph-title">【写真】10年間育った東京Vに戻った綱島悠斗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【TOP】この度、国士舘大学の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%B6%B1%E5%B3%B6%E6%82%A0%E6%96%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#綱島悠斗</a> 選手が、東京ヴェルディに来季から加入することが内定しましたので、お知らせします。<br><br>ユウト、おかえり19:00キックオフ@NACK (@TokyoVerdySTAFF) <a href="https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/1544878883270524931?ref_src=twsrc%5Etfw">July 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.07 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

東京Vのスタッフがスタメン漏洩で処分…アルハンのJデビューをSNSに投稿

東京ヴェルディは6日、スターティングメンバーを漏洩させたスタッフの処分を発表した。 東京Vは6日、明治安田生命J2リーグ第25節でアウェイで栃木SCと対戦する。 この試合のスターティングメンバー発表前の14時頃、インドネシア代表DFプラタマ・アルハンの通訳が自身のSNSアカウントで試合メンバーに選ばれたことを公開していた。 18時頃にこの投稿をクラブの強化部スタッフが見つけて削除指示。経緯確認を行い、通訳として先んじてメンバーを知り得る立場であり、そのまま個人のSNSで情報発信してしまったとのことだ。 なお、情報を漏洩することにより何らかの利益を享受する、又は対戦相手を利する等の不正な意図はなかったことも併せて確認したという。 クラブは、Jリーグ規約第1章第3条〔遵守義務〕の、(7)『Jリーグ関係者は、職務の遂行を通じて知り得た協会、Jリーグ、Jクラブその他のJリーグ関係者に関連する一切の秘密または内部事情を、第三者に開示または漏えいしてはならない』に抵触する違反行為に該当すると判断。当該スタッフをけん責処分とした。 ちなみに、アルハンはこの日がJリーグデビューとなっている。 東京Vは今回の件を受けて再発防止策についても言及。「情報漏洩を受け、情報管理体制を強化するとともに、再発防止の徹底に努めてまいります。また、再発防止策として、クラブスタッフならびに所属選手に対しチーム情報の取扱いについての指導を再徹底するとともに、SNSの利用に関するルールの見直しと講習会を行います」とした。 2022.07.06 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

東京Vの梶川諒太に第一子誕生! 「家族、チームのため、より一層責任を持って…」

東京ヴェルディは4日、前日の3日にMF梶川諒太(33)に第一子となる長男が生まれたことを報告した。 梶川はクラブ公式サイトを通じて、第一子誕生の喜びを語っている。 「昨日(7/3)の試合のアップ中に、無事第一子が産まれました。僕が立ち会うことができないなか、元気な赤ちゃんを産んでくれたこと、本当に妻に感謝したいと思います」 「試合後みんなに伝えて、あのような写真を撮ろうと言ってくれた仲間にも感謝しています。家族のため、チームのために、より一層責任を持って邁進していきます!」 今シーズン、徳島ヴォルティスから完全移籍に移行して再び東京Vの正式な一員となった梶川は、ここまでの明治安田生命J2リーグで全試合に先発出場。DF平智弘に代わって多くの試合でゲームキャプテンを務めながら、1ゴールに加えリーグ2位の7アシストを記録する、中盤の絶対的な司令塔だ。 なお、長男が誕生した当日に行われた第24節のFC琉球戦は2-1の逆転勝利を飾り、試合後のロッカールームでは盟友であるMF小池純輝を含め、チームメイトが“緑の小さな巨人”を抱きかかえる揺りかごダンスを模倣した記念写真も撮影していた。 <span class="paragraph-title">【画像】試合後のロッカールームでチームメイトが祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">写真の意図はこうゆうことです<br>カジおめでとう <a href="https://t.co/RP70reFbe6">https://t.co/RP70reFbe6</a> <a href="https://t.co/pb8sJ7KYcg">pic.twitter.com/pb8sJ7KYcg</a></p>&mdash; 加藤弘堅/KokenKato (@koken0403) <a href="https://twitter.com/koken0403/status/1543807725054083073?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.07.04 13:41 Mon
twitterfacebook
thumb

東京本拠地とするFC東京、東京V、町田、ベレーザの選手が“七夕”の巨人vsヤクルトで同時に始球式参加!

サッカー界と野球界の壮大なコラボが実現する。 7月7日、東京ドームで行われるプロ野球の読売ジャイアンツvs東京ヤクルトスワローズ。七夕でもあるこの日に、東京を本拠地とする2球団が対戦するわけだが、始球式にサッカー界の東京のチームが集結する。 東京を本拠地とするJリーグチームは、FC東京、東京ヴェルディ、FC町田ゼルビアの3チーム、そしてWEリーグには日テレ・東京ヴェルディベレーザの1チームがあるが、それぞれ1選手が同日の始球式に参加する。 FC東京からは、元日本代表DF森重真人、東京Vからは小池純輝、町田からはMF平戸太貴が参加。日テレ・ベレーザからは元なでしこジャパンのDF岩清水梓が参加。普段投げる姿を見ることがない4選手に注目が集まる。 4選手はそれぞれ意気込みを語っている。 ◆森重真人(FC東京) 「プロ野球の始球式という貴重な経験の場をいただき感謝しています。いつもは腕でボールを扱うことがほとんどありませんが、楽しみながらストライクを狙っていきたいと思います!」 ◆小池純輝(東京ヴェルディ) 「東京ドームで始球式が出来ることに感激しています。当日までにしっかり肩を作りキャッチしてくださる方まで投げ切ることが目標です。そして野球経験者の親族、友人に思いっきり自慢したいと思います(笑)」 ◆平戸太貴(FC町田ゼルビア) 「今回、初めて始球式をするということでこのような経験は誰もができることではないですし、僕自身思いっきり楽しんでいい球を投げられるように頑張ります!」」 ◆岩清水 梓(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 「始球式は私の夢のひとつでした。今日、また一つ夢を叶えることができてとても光栄です」 「サッカーかソフトボールの道かを悩んだぐらいですので、しっかりキャッチャーまでボールを届かせたいと思います!」 なお、この日の始球式には、競泳でオリンピックで4つの金メダルを獲得した北島康介氏、卓球で3度のオリンピックに出場し、リオ五輪では男子シングルスで銅メダル、東京五輪では混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼氏、男子プロバスケットボールリーグのBリーグで東京を本拠地とするアルバルク東京の安藤周人、サンロッカーズ渋谷のベンドラメ礼生も参加する。 2022.07.04 09:10 Mon
twitterfacebook
thumb

東京VのMF藤本寛也がポルトガル1部ジル・ヴィセンテに完全移籍「またまだ上があると思うと楽しみ」…すでに58試合に出場

ポルトガルのジル・ヴィセンテは3日、東京ヴェルディのMF藤本寛也(23)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2025年夏までの3年契約となるとのことだ。 藤本は東京Vの下部組織出身で、2018年2月にトップチームに昇格。公式戦50試合で4ゴール5アシストを記録していた。 世代別の日本代表を経験していた中、2020年8月にジル・ヴィセンテにレンタル移籍。2シーズンで公式戦58試合に出場し4ゴール4アシストを記録。チームの主軸として2021-22シーズンもリーグ戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 なお、チームは5位でフィニッシュし、新シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選3回戦から登場し、勝ち上がればヨーロッパの舞台でプレーすることとなる。 2年間の活躍が認められて完全移籍となった藤本は、東京Vを通じて感謝のコメントを残している。 「完全移籍することになりました。まずは長い間本当にありがとうございました」 「僕は小学6年生の時にジュニアに入ってから約9年半、東京ヴェルディで過ごしてきました」 「ヴェルディに入る前、セレクションを受け合格の連絡をもらいましたが、当時山梨にいたということもあり、入るかどうか、通うかどうか迷っていました。その時に背中を押してくれた両親、クラブの関係者の皆さんがいたからこそヴェルディでサッカーすることができ、成長させてもらい今の自分があると思っています。これ以上の選択はなかったなと思います」 「あっという間に時間は過ぎましたが、振り返ってみると、子供の時の自分が想像できなかった過程を今まで歩んできていると思います」 「その中で自分はたくさんの人達と出会い、その人達のサポート、助けがあって現在があると思ってます。助けてもらってばっかりの自分が弱いと思うし、今度は自分が与える側になりたいです。たくさんの方々に本当に感謝しています」 「ヨーロッパでプレーし2年が経ちますが、行かなきゃ分からなかったこと感じられないものがあると思います。自分より高い基準が自分の周りの環境にあり、それに追いつくようにし、色々なことを得られていると思います。もっと上のものをを得られるようにしたいですし、またまだ上があると思うと楽しみな自分がいます」 「今回の移籍でヴェルディを離れることになりますが、ジュニアに入った時から見ていた『ヴェルディから世界へ』という言葉を自分が体現できてることはとても嬉しいです。次は自分が、子供達の目標となれるように頑張っていきたいです」 「最後になりますがヴェルディに入ることができ、そしてヴェルディで過ごすことができ、とても幸せでした。改めて自分に携わってくれた皆様、本当にありがとうございました」 「好きな場所を離れるのは寂しいですが、覚悟、責任を持って頑張ってきます。本当にありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【動画】ジル・ヴィセンテでの藤本のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Preparados para mais episódios da série &quot; 2022.07.03 22:36 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly