「行ってらっしゃいお祭り男!!!」槙野智章の試合前ルーティンが反響も…相手GKには「うるさくてゴメン」と謝罪?

2022.05.16 19:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸の試合直前の様子が反響を呼んでいる。

神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第13節でサガン鳥栖をホームに迎え4-0で勝利。開幕から11試合勝利がなく苦境に立たされていた中、待望の今季リーグ戦初白星を手にした。

システムを変更した神戸だったが、DF槙野智章もセンターバックとして先発。試合前には並々ならぬ気合を入れていたようだ。

試合直前の槙野は、チームメイトたちとハイタッチ。大きな声を出しながら気合を入れる。そしてMF佐々木大樹とも手を合わせると、「ワッショイ」の掛け声とともにお尻同士をぶつけ合い。さらに佐々木は「行ってらっしゃーいお祭り男―――」の絶叫で槙野を見送った。

これには神戸の選手たちだけでなく、近くにいた鳥栖のGK朴一圭も思わず笑いをこぼし、目が合った槙野と笑顔でグータッチを交わしていた。

槙野は「試合に向かう時に、出ていない選手からパワーもらいます。槙野、佐々木のやり取りをご覧あれ」とインスタグラムに投稿。朴一圭も「最高でした」と爆笑の絵文字を添えて反応すると、「うるさくてゴメンよ」と冗談交じりに謝罪していた。

一方、盛り上げに一役買った佐々木も自身のツイッターを更新。「リュウホくんやリョウくんにもやってる試合前ルーティン槙くんも欲しがっててやっとできた」と経緯を明かし、「思ったよりええなー笑毎試合盛り上げて楽しませてくれるそれが槙野智章。これからも目が離せない」と自賛している。

1 2

関連ニュース
thumb

神戸ボージャンの背番号が「112」番に!?古巣バルセロナの粋なプレゼントに「特別なものをありがとう」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが古巣バルセロナからの贈り物に感謝した。 バルセロナのカンテラ出身のボージャン。2007年7月にファーストチームに昇格すると、2007年10月にはリオネル・メッシの記録を抜き、当時のバルセロナ史上最年少得点を記録した。 その後はなかなか出場機会を得ることができず、ローマやミラン、そしてアヤックスやストーク・シティでもプレー。さらにはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のCFモントリオールでもプレーした後、2021年夏に神戸へと加入している。 そんなボージャンにバルセロナから粋なプレゼントが。2022-23シーズンの新ユニフォームが贈られたが、その背面には「BOJAN」「LA MASIA」「112」のプリントがされている。 ボージャンは「特別なシャツを日本に送ってくれたバルセロナ、ありがとう」と感謝の思いを綴っている。 <span class="paragraph-title">【写真】バルセロナの112番になったボージャン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfZJLJ4v63K/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfZJLJ4v63K/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfZJLJ4v63K/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Bojan Krkic(@bokrkic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.30 11:51 Thu
twitterfacebook
thumb

心機一転の神戸がモンテネグロ代表FWムゴシャを獲得、Kリーグでゴール量産

ヴィッセル神戸は30日、Kリーグ1の仁川ユナイテッドFCのモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)を完全移籍で獲得することを発表した。 なお、入国日は調整中。所定の待機措置を経てチームに合流する予定とのことだ。背番号は「30」となる。 ムゴシャはカイザースラウテルンやエルツェゲビルゲ・アウゲ、1860ミュンヘン、カールスルーエなどドイツクラブでプレー。その後、モルドバのシェリフ・ティラスポリへと移籍すると、2018年2月から仁川ユナイテッドでプレーしている。 ドイツ時代は2.ブンデスリーガで59試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 Kリーグ1では通算113試合に出場し60ゴール6アシストを記録、ファイナルでも16試合で8ゴール5アシスト。2021シーズンは9ゴールに終わったが、それ以外は毎年二桁ゴールを記録。今シーズンはここまで18試合で14ゴールと得点を量産し、得点ランキングトップに立っている。 また、現役のモンテネグロ代表選手で、43試合で15ゴール2アシストを記録。6月のUEFAネーションズリーグ(UNL)でも4ゴール1アシストを記録していた。 ムゴシャはクラブを通じてコメントしている。 「私は多くのファン、サポーターから愛される大きなクラブの一員になれることを誇らしく思います。本当に幸せですし、新しいチームメイトとトレーニングができることを楽しみにしています」 「私は神戸のファン、サポーターに対し、自分が持っている全てを出し尽くし、この厳しい状況を乗り越えられるよう共に戦うことを誓います。神戸は十分に乗り越えられますし、ファン、サポーターの期待に応えたいと思います」 2022.06.30 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸がファンを処分、浦和戦でウチワを投げ込み5試合の入場禁止&イベント入場禁止

ヴィッセル神戸は30日、観客の処分を発表した。 クラブの発表によると、26日に行われた明治安田生命J1リーグ第18節の浦和レッズ戦にて、ビッグスタンドから試合後にウチワの投げ込みがあったとのことだ。 クラブは違反行為の対象者との話し合いを行い、厳重注意を行うとともに、処分を発表した。 クラブからの処分は、7月31日までの公式戦5試合と主催イベントへの入場禁止とのこと。ホームでの2試合(清水エスパルス戦、柏レイソル戦)、アウェイでの2試合(サガン鳥栖戦、ジュビロ磐田戦)、天皇杯の柏レイソル戦の5試合と、7月29日から31日までノエビアスタジアム神戸で行われる「VISSEL SUMMER FESTIVAL 2022」への入場が禁止となる。 神戸は期待されたシーズンながら、18試合を終えて最下位に低迷。三浦淳寛監督を解任すると、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招へい。しかし、それでも成績が上がらず、吉田孝行氏を監督に招へいしていた。 2022.06.30 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯プライムステージの組み合わせが決定! 王者名古屋は浦和と対戦

29日、YBCルヴァンカップ・プライムステージの組み合わせ抽選会が行われた。 今月上旬に行われたプレーオフステージではセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、名古屋グランパス、アビスパ福岡が勝ち上がり、ここにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した川崎フロンターレ、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸を加えた8チームでプライムステージを争う。 前回王者の名古屋は浦和と対戦。昨シーズンのカップ戦王者同士の対決となる。昨季ルヴァンカップのファイナリストであるC大阪は、J1王者・川崎Fと対戦する。 抽選会当日にミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の解任が発表された神戸は福岡と対決。J1で現在首位の横浜FMは、好調の広島と対戦することになった。 なお、1stレグは8月3日、2ndレグは8月10日に行われる。 ◆プライムステージ組み合わせ 浦和レッズ vs 名古屋グランパス 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 アビスパ福岡 vs ヴィッセル神戸 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

不振続く神戸、3カ月足らずでロティーナ監督と契約解除…吉田孝行氏が3度目指揮へ

ヴィッセル神戸は29日、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(65)との契約解除を発表した。 かつて東京ヴェルディやセレッソ大阪、清水エスパルスも率いたロティーナ監督は今年4月上旬、三浦淳寛前監督の後任として神戸入り。AFCチャンピオンズリーグこそグループステージ突破を決めたものの、明治安田生命J1リーグでは巻き返しならず、9試合で2勝1分け6敗だった。 26日にホームで行われた第18節の浦和レッズ戦も0-1で敗れ、依然として最下位に沈み、18試合を消化して残留圏の15位につける湘南ベルマーレとは勝ち点差も「8」に拡大。そうしたなか、神戸はロティーナ体制にわずか3カ月足らずで区切りをつけ、さらなる監督交代を決断した。 28日付けでヘッドコーチのイヴァン・パランコ氏とともに契約を解除して、神戸を去るロティーナ監督はクラブを通じてコメントした。 「ヴィッセル神戸に関わる皆様にお別れの挨拶をしたいです。まず、三木谷会長と強化部へ、私を信頼してこの偉大なクラブの歴史に加わるチャンスをいただけたことを感謝したいです。また、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、マネージャー、そしてクラブの職員のすべての方の努力とサポートに心からお礼を言いたいです」 「サポーターの皆さん、私と家族に愛情を持って接してくださりありがとうございました。皆さんの応援はクラブにとってとても重要なものです。これからも引き続きクラブへの応援、サポートよろしくお願いいたします。最後に、プロフェッショナルな姿勢で多大な努力をしてくれた選手たち全員に感謝したいです。この姿勢で努力を続けることが、きっと結果につながっていくと信じています」 「チームの悪い流れを変えることができず、順位表で上にいくお手伝いができなかったことを申し訳なく思っています。ただ、チームはまだ4つの大会で戦っており、まだまだ素晴らしいシーズンにする時間は十分残っています。クラブ、選手、サポーターがともに団結して戦い続けることができれば、きっと実りあるシーズンにできることを確信しています。改めて、これまでどうもありがとうございました」 また、クラブは監督交代を受けて今後のトップチーム体制も発表。新たな指揮官としてバトンを託されたのは強化部に在籍する吉田孝行氏(45)で、自身3度目の指揮となるなか、意気込みを語っている。 「今シーズンより大好きなヴィッセル神戸に戻り、チーム強化に努めてまいりましたが、クラブは非常に苦しい状況にあります。このような状況でもスタジアムへ足を運び素晴らしい雰囲気を作って応援してくれるファン、サポーターの皆様の期待に応えられていないことを非常に申し訳なく感じております」 「この厳しい現実を打破するべく私のことを信頼し、このような機会を与えてくれるクラブの力になるため、監督を引き受けさせていただきました。苦しい中だからこそ、サポーターやスポンサーの皆様をはじめヴィッセル神戸に関わる全ての方々と一致団結して、この難局に立ち向かうことが必要だと考えております。ヴィッセルファミリーのために、全力で働きます」 2022.06.29 13:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly