セビージャがアトレティコに追いつきCL出場権獲得《ラ・リーガ》

2022.05.16 04:31 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第37節、アトレティコ・マドリーvsセビージャが15日に行われ、1-1で引き分けた。

前節、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した3位アトレティコ(勝ち点67)と、引き分け以上でCL出場権獲得となる4位セビージャ(勝ち点66)の上位対決。

試合は6分、敵陣高い位置でボールを奪った流れからスアレスが決定的なシュートに持ち込んだアトレティコは、続く8分にはFKからヘイニウドが際どいヘディングシュートを放った。

ホームチームが良い入りを見せた中、徐々に押し込む展開を増やしていったセビージャは24分、エン=ネシリがボックス内に侵入して決定的なシュートを浴びせる。

しかし31分、アトレティコがセットプレーから先制した。カラスコの左CKからヒメネスのヘディングシュートが決まった。先制後はアトレティコが試合をコントロール。前半を1点リードして終えた。

迎えた後半、ヘスス・ナバスとコロナを投入したセビージャだったが、アトレティコが引き続き主導権を握っていく。

56分にはラファ・ミルを投入したものの、やはりアトレティコがペースを握ると68分にはデ・パウルのミドルシュートでゴールに迫った。

攻めあぐねるセビージャは80分、CKの流れからエン=ネシリのヘディングシュートはわずかに枠を捉えきれず。このまま逃げ切られるかと思われたが、85分に追いついた。CKの流れからオリベル・トーレスの右クロスをエン=ネシリが今度はヘディングシュートを決めきった。

このまま1-1でタイムアップ。引き分けに持ち込んだセビージャが最終節を前にCL出場権を獲得している。

関連ニュース
thumb

インテル退団濃厚のサンチェス、来季は?

インテルを退団濃厚とされるチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)に対し、数多くのトップクラブが関心を寄せているようだ。 2019年8月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルへと加入したサンチェス。決して主力選手とは言えないものの、エースであるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスらのバックアッパーとして確かな存在感を発揮し、公式戦109試合出場で20得点23アシストを記録している。 直近2シーズンでスクデットを含む3つのタイトル獲得に貢献してきたサンチェスだが、インテルからは今夏の退団を迫られており、母国チリの『La Tercera』によると、クラブ側からサンチェスへ400万ユーロ(約5億7000万円)を支払うことで契約解除となる様子。サンチェスはすでにビジャレアルやJリーグクラブからのオファーを一蹴したことが報じられてきたが、現在もアトレティコ・マドリー、マルセイユ、アストン・ビラ、古巣であるバルセロナとアーセナルなど多くのクラブからコンタクトがあるようだ。 今年12月には34歳を迎えるサンチェスだが、当面はヨーロッパでのキャリア継続を望んでおり、現時点で最も獲得に熱心なのがマルセイユだという。元チリ代表指揮官であるマルセイユのホルヘ・サンパオリ監督が電話でサンチェスの説得に当たっているとされ、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることから選手本人もやぶさかでない様子だが、どうやら高年棒がネックとなっているようだ。 サンチェス本人は、カンプ・ノウで共にプレーしたチャビ・エルナンデス監督が率いるバルセロナや、キャリアの全盛期を過ごしたアーセナルへの帰還を心待ちにしていると友人たちに明かしたようだが、現時点ではどちらのクラブからも具体的なオファーは提示されていないとみられている。 2022.06.26 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

カラスコにプレミアの強豪3クラブが関心!

アトレティコ・マドリーのベルギー代表MFヤニック・カラスコ(28)にプレミアリーグの強豪3クラブが関心を強めているようだ。スペイン『アス』が報じている。 シーズンを通してパフォーマンスに波はあるものの、本職の左ウイングに加えて、左右のウイングバックやサイドハーフで、ディエゴ・シメオネ率いるチームの崩しの起点を担うカラスコ。 そのベルギー代表に関しては、今夏の移籍市場でトッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドというプレミアリーグのビッグクラブが獲得に動いているようだ。 クラブとの現行契約は2024年まで残っており、アルゼンチン人指揮官の信頼も厚いカラスコに関して、クラブは来シーズン以降も重要な戦力として考えているという。 ただ、6000万ユーロ(約85億5000万円)に設定されている契約解除金は前述のクラブにとって十分に支払い可能な金額だ。また、カラスコのサラリーはチーム平均の金額で、年俸1000万ユーロ(約14億2000万円)超えのGKヤン・オブラクやMFコケ、FWアントワーヌ・グリーズマンらとは大きく開きがある。そのため、選手サイドがより好条件でのプレーを希望した場合、同選手を失う可能性が十分に考えられるようだ。 とはいえ、現時点で前述のクラブは公式な動きは見せておらず、アトレティコとカラスコの間で条件を改善した新契約を結ぶ可能性も除外されていないという。 2022.06.24 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガの22-23シーズン開幕カードが発表!王者マドリーは昇格組のアルメルアと対戦

ラ・リーガは23日、2022-23シーズンの開幕節の対戦カードを発表した。 王者のレアル・マドリーは、セグンダ(スペイン2部)首位で1部昇格を決めたアルメルアとアウェイで対戦。2位のバルセロナはホームで昨季12位のラージョ・バジェカーノと、3位のアトレティコ・マドリーはアウェイで昨季15位のヘタフェと対戦する。 アルメリア以外の昇格組ではバジャドリーがビジャレアルと、ジローナがバレンシアと対戦する。開幕節の日にちは8月13日・14日となる。 また、シーズン最初のエル・クラシコは10月16日に行われる第9節、舞台はサンティアゴ・ベルナベウ。カンプ・ノウに舞台を移す2度目は来年3月18日・19日に予定されている第26節となっている。アトレティコとマドリーによるマドリッド・ダービーは9月17日・18日の第6節と、来年2月25日・26日の第23節に行われる。 ◆ラ・リーガ22-23開幕節 ビルバオ vs マジョルカ バルセロナ vs ラージョ ベティス vs エルチェ セルタ vs エスパニョール カディス vs ソシエダ オサスナ vs セビージャ アルメリア vs レアル・マドリー ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー バジャドリー vs ビジャレアル バレンシア vs ジローナ 2022.06.24 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、トマ・レマル売却を認可か

アトレティコ・マドリーは、フランス代表MFトマ・レマル(26)を売りに出すことを決めたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 レマルは2018年夏にモナコから7200万ユーロの移籍金で加入。当時としてはクラブ史上最高額での加入となったが、その初年度はリーグ戦31試合で2ゴール3アシストと、期待されたほどの活躍はできなかった。2年目以降も鳴かず飛ばずで、今季はケガによる離脱もあってリーグ戦は23試合の出場にとどまった。 その中で残りの契約が1年となっていることもあり、アトレティコは今夏での売却を考慮している模様。移籍金は1400万ユーロ(約20億円)程度を見込んでいるようだ。 また、売却でき次第、アトレティコはバレンシアのスペイン代表MFカルロス・ソレール(25)の獲得に動くと見られている。 2022.06.23 15:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴルサリコがアトレティコと契約を更新せず…フリーでオリンピアコスへ

アトレティコ・マドリーに所属するクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(30)は、今夏にギリシャへ移籍するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 2016年夏にアトレティコへ加入したヴルサリコ。だが、度重なるケガに悩まされるなど、準主力の域を超えられず在籍6年間で公式戦100試合の出場にとどまっていた。 『マルカ』によれば、ヴルサリコは今夏までとなっている契約を更新せず、フリーでギリシャのオリンピアコスに移籍するようだ。 すでに口頭合意に至っているようで、2024年6月30日までの契約を結ぶと見られている。 2022.06.19 07:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly