マドリー行きが決定的となったリュディガーが去就にコメント「制裁が問題ではない」

2022.05.15 21:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリー移籍が濃厚となっているチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、去就について口を開いた。

4月末にトーマス・トゥヘル監督から退団の意向が伝えられ、事実上の公式発表となったリュディガー。チェルシーは契約延長に動いていたが、給与を巡って交渉が長引いていたところ、ロシア軍によるウクライナ侵攻が勃発。ロシアのウラジミール・プーチン大統領と近しい関係にあるとされたロマン・アブラモビッチオーナーへの制裁で交渉が全面的に禁止となった。

リュディガーも当初はチェルシーに歩み寄る姿勢だったものの、遅々として進まぬ交渉についに堪忍袋の緒が切れ、退団という決断に至った。

そんなリュディガーが14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝戦後に、報道以降、去就について初めてコメント。合意に達するチャンスはあったとしながらも、最後はチェルシーに感謝の言葉を送った。

「相変わらず浮き沈みの激しい、でも前向きなことが多い5年間だった。機会はあったんだ。制裁は問題じゃない。僕はそこに深く突っ込むつもりはなかったからね。結局は双方の問題だった」

「チェルシーは僕にとてもよくしてくれた。僕もチェルシーに尽くしたと思う。常に感謝しているよ」

関連ニュース
thumb

ルカクのインテル復帰が目前に! 予定を前倒し29日にもメディカルチェック&サイン

チェルシーに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(29)のインテル復帰が秒読み段階に入った模様だ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。 昨夏に9750万ポンドの移籍金でインテルから古巣チェルシーに移籍したルカク。クラブ史上最高額を記録した移籍金も示すように大きな期待がかけられたが、プレミアリーグでは26試合8ゴール、チャンピオンズリーグでは6試合で2ゴールと、平凡な成績に終わった。 すると29歳は次第にインテル復帰に気持ちが傾き始め、シーズン中にはクラブに無断で受けた取材でインテル愛を強調するなど余計な言動が目立った。そして、シーズン終了後はあからさまにその態度を示すようになり、その願い通り、まもなくレンタルでのネラッズーリ復帰が決まろうとしている。 レンタル料1000万ユーロ(約14億円)+賃金カットの条件を受け入れ30日にミラノに到着する予定となっていたルカクは、現在休暇でイタリアのサルデーニャ島に滞在。 しかし、今回の報道によればルカクは一刻も早くインテル復帰を決めるため、予定を前倒しして29日にメディカルチェックに向かうとのこと。そして、同日の午後にインテルのジュゼッペ・マロッタCEOとピエロ・アウシリオSD立ち合いのもと契約書にサインするようだ。 なお、この予定変更はインテルが6月30日に切れる税制上の優遇措置を逃さないためでもあるとのことだ。 2022.06.27 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドにチェルシー行きの可能性? 新会長が代理人と会談

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)にチェルシー行きの可能性が急浮上している。 レアル・マドリー、ユベントスでのプレーを経て、昨夏に12年ぶりのユナイテッド復帰を決断したC・ロナウド。その1年目からチーム最多の公式戦24ゴールと奮闘したが、ユナイテッドは振るわず、タイトル争いどころか、チャンピオンズリーグ(CL)出場権すら逃した。 そのため、ユナイテッドサポーターをも歓喜させた復帰劇から1年で早くも去就が騒がれる事態に。欧州最高峰の戦いから弾き出されたチームでのプレーに疑問符がつくなか、最近では一向に補強が進まずにいるユナイテッドの現状も懸念し始めているといわれている。 そうしたなか、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、チェルシー新会長のトッド・ベーリー氏が先週にポルトガルでC・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏と会ったという。 そこではチェルシー移籍のアイデアも議論に。チェルシー側が本腰を入れるかどうかは不明で、具体的な話し合いをしたというわけではなかったようだが、チェルシーの新会長がC・ロナウドの代理人と会談の場を作った模様だ。 チェルシーではベーリー氏らが率いるコンソーシアムの買収により、上層部の顔ぶれも刷新。ディレクターだったマリナ・グラノフスカイア氏も退陣となり、ベーリー新会長が後任決定までの間、補強に携わることになっている。 なお、ユナイテッドはC・ロナウドの残留を希望。C・ロナウド自身はユナイテッドを愛しているようだが、チームに懸念を抱いているとみられる。 2022.06.26 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランがツィエク獲得に再挑戦! チェルシーは売却容認の構え

ミランがチェルシーの元モロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)獲得に再挑戦する構えだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 2020年夏にアヤックスからチェルシーに移籍したツィエク。ここまで公式戦83試合に出場し、14ゴール10アシストを記録。トーマス・トゥヘル監督の下では一時4バックを採用した際、ポジションを掴みかけたが、メインシステムの3バックではシャドーの位置でなかなか持ち味を発揮できず。ポジション争いで苦戦が続く。 チェルシーとの現行契約は2025年まで残っているが、クラブは今夏のタイミングでの売却を検討しており、選手自身も退団を求めているという。 『ディ・マルツィオ』によると、元モロッコ代表の状況を受け、以前から幾度となく獲得に動きを見せていたミランが再チャレンジを試みているようだ。 セリエA連覇を狙うミランにとって2列目のポジション、とりわけ右ウイングは優先度の高い補強ポイントで、ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロら数人の候補をリストアップしている。 そういった中、ツィエクに関しては選手サイドがミラノ行きに前向きな姿勢を見せていることもあり、ミランとツィエクの代理人は近日中にも移籍に向けた話し合いを行う予定だという。 2022.06.25 16:33 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、デ・リフト獲得へヴェルナーorプリシッチを提供か

チェルシーがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得に向け、選手を絡めたオペレーションで移籍金の値下げを図りたい意向のようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 2024年夏までの契約となっているデ・リフトの契約解除金は1億2000万ユーロ(約170億円)に設定されている中、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーかアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチを差し出すことで移籍金の値下げを図りたいようだ。 しかし、ユベントスは現金を求めており、1億ユーロ以上のオファーがない限りデ・リフトの放出は認めない方針とのことだ。 今夏、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがクラブを離れた中、喉から手が出るほど欲しいセンターバックの人材だが、デ・リフト獲得を実現できるだろうか。 2022.06.25 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ケパは出場機会求める 「監督と話し合うけど、プレーしたい明確なメッセージを持っている」

チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)が自身の去就に関して言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2018年8月にGK史上最高額となる7100万ポンドの移籍金でアスレティック・ビルバオから加入したケパ。加入1年目こそ守護神としてヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献したものの、翌シーズン以降は著しいパフォーマンス低下に批判が集中し、セネガル代表GKエドゥアール・メンディに定位置を明け渡した。 さらに、現在クラブはラツィオを退団したアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャの獲得を検討しており、ケパにはラツィオやニューカッスル、ニースといったクラブへの移籍も取り沙汰されている。 そういった中、『マルカ』のロングインタビューに応じた27歳は、自身の現状を語ると共に、今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のスペイン代表メンバー選出に向け、定期的にプレー機会を得たいと移籍希望を示唆している。 「(来シーズンの抱負は)ワクワクするし、野心的を持っているよ。とにかく、スタメンで楽しみたいし、なによりももっとプレーしたいと思っている。より多くの試合でピッチに立ちたいんだ」 「最終的に決めるのは監督だ。監督が自分を選ぶ理由をできるだけ多く与えなければならない。僕はトレーニングが好きで、すべてのセッションでベストを尽くし、自分自身をケアし、監督から求められたときに準備できるようにしているよ」 「(トーマス・トゥヘル監督との関係は?)彼との会話は簡単で、日頃から彼はプレーヤーと完全に親密な関係になっている。僕個人としては、彼が私に対して抱いている愛情や信頼に気づいているよ」 「もちろん、僕はもっとプレーしたいと思っている。彼が他のチームメイト(メンディ)を選んでいることは事実だし、それは僕が日々の生活の中で変えようとしていることでもある。僕はプレーしたいし、そのためにトレーニングや準備をしているんだ」 「(今夏のレンタル移籍の可能性は?)今はチェルシーのプレーヤーだけど、1、2年前から素晴らしいパフォーマンスをしてきたと思っているから、もっとプレーしたいというのは明らかだよ」 「僕はチェルシーに在籍し、ここで成功したいと思っている。ただ、自分の願いが叶わない場合、さまざまなことを検討するつもりだ。明確な目標はプレーすることだからね」 「もちろん、絶望しているわけではないよ。結局のところ、僕はとても大きなクラブにいる。監督と話し合って決めるけど、もっとプレーしたいという明確なメッセージは持っているよ」 「(W杯出場は大きな目標か?)それが今求めているものだよ。クラブのためにもっとプレーして、代表チームに戻りたい。個人的なレベルでのもう1つの目標はラ・ロハに戻ることだ」 「僕は17歳から26歳まで常に代表チームに属していて、試合を欠場することなく、代表ウィークでの休暇がどのようなものかを知らないことを忘れないでほしい。最近、僕はそういった休暇を取った。そして、僕はそれが好きではないんだ」 チェルシーでのポジション奪還に前向きな姿勢を見せるケパだが、メンディの壁は高く、現状ではやはり今夏の移籍が既定路線となりそうだ。 2022.06.24 22:38 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly