EFL杯に続きPK戦を制したリバプールが16年ぶりの優勝で今季2冠! チェルシーは3大会連続ファイナルで散る…《FAカップ》

2022.05.15 03:46 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ決勝、チェルシーvsリバプールが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のまま120分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-6で制したリバプールが2005–06シーズン以来、通算8度目の優勝を果たした。なお、リバプールのFW南野拓実はベンチ外となった。

チェルシーは準決勝でクリスタル・パレスとのダービーを危なげなく勝ち切って3大会連続でのファイナル進出を決定。アーセナル、レスター・シティ相手に2年連続敗れる屈辱を味わったブルーズは、3度目の正直での2017-18シーズン以来、通算9度目の戴冠を目指した。

直近のリーグ戦でリーズ・ユナイテッドを3-0で破り、3戦ぶりの白星によって勢いを持って臨んだ今回の大一番に向け、トゥヘル監督はクリステンセンに代えてチアゴ・シウバを復帰させた以外、同じメンバーを継続。相手のハードチャージを受けて左足首を痛めていたコバチッチもスタメンでプレーすることになった。

一方、リバプールは準決勝でリーグ戦でもタイトルを争うマンチェスター・シティを撃破し、2011-12シーズン以来のファイナル進出を決めた。逆転でのプレミア優勝は厳しくなっているものの、未だカップトレブルの可能性を有するクロップ率いるチームは、2005–06シーズン以来遠ざかる通算8度目のFAカップタイトルに挑戦した。

2-1で競り勝ったアストン・ビラ戦からは先発5人を変更。マティプとツィミカス、カーティス・ジョーンズ、ジョタに代えてコナテとロバートソン、チアゴ、サラーを復帰させたほか、負傷のファビーニョの代役にヘンダーソンを起用した。

EFLカップ決勝でPK戦までもつれ込む激闘を演じた両雄による、今季2度目のファイナルでの激突。試合は勢いを持って入ったリバプールが押し込む展開となる。

左サイドのルイス・ディアスを起点に縦に速い攻めを見せるリバプールは9分、ハーフウェイライン付近の右サイドでアレクサンダー=アーノルドが右足アウトを使った圧巻のスルーパスを相手の背後を狙うルイス・ディアスに通す。だが、そのままボックス内に持ち込んだコロンビア代表FWのシュートはGKメンディのビッグセーブに遭う。さらに、こぼれ球を拾ったナビ・ケイタがミドルシュートを狙ったが、これも枠の右に外れた。

早い時間帯の先制点とはならなかったが、以降も攻守両面で躍動するリバプールの時間帯が続く。だが、チェルシーも20分を過ぎた辺りから相手のプレスに順応して押し返していく。23分にプリシッチがファーストシュートを放つと、28分には最初の決定機を創出。カウンターからボックス左でプリシッチのラストパスを受けたマルコス・アロンソが左足のシュートを放つが、ここはうまく間合いを詰めたGKアリソンのビッグセーブに阻まれた。

互いに1度ずつビッグチャンスを作り合い、EFLカップ決勝のような拮抗した展開になり始めた中、リバプールにアクシデントが発生。33分、そ径部を痛めたサラーがピッチに座り込んでしまうと、プレー続行不可能となったエースFWはジョタとの交代でピッチを後にした。

前半終盤にかけては睨み合いの状況が続いた中、ハーフタイム直前にはロバートソンの左クロスに飛び込んだジョタ、プリシッチのスルーパスに抜け出したルカクと互いに決定機を作ったが、いずれもシュートを枠に飛ばすことができず。白熱のファイナルはゴールレスでの折り返しとなった。

後半は前半とは打って変わってチェルシーがアグレッシブな入りを見せる。キックオフ直後にプリシッチの右クロスからマルコス・アロンソが枠のわずか右に外れる惜しいシュートを放つと、その直後にもルカクのボックス内での落としからプリシッチが鋭いシュート。だが、これはGKアリソンの好守に遭う。さらに、49分にはボックス右付近で得たFKをマルコス・アロンソが角度のないところから直接狙うと、これがクロスバーを叩いた。

何とか立ち上がりの劣勢を凌いだリバプールは、アレクサンダー=アーノルドの正確なクロスからロバートソン、ルイス・ディアスのカットインからのシュートと後半もサイドを起点にチャンスを窺う。さらに、60分には相手陣内左サイドでのボール奪取から得意のカウンターを繰り出し、ボックス右でナビ・ケイタからラストパスを受けたジョタが枠のわずか左に外れる鋭いシュートを放っていく。

以降はリバプールの連動した守備がチェルシーのビルドアップを再び窮屈にさせ、押し込む流れを作り出す。この状況を受け、トゥヘル監督は67分にコバチッチを下げて負傷明けのカンテを投入。すると、ダイナモの投入によって中盤の強度を増したブルーズが徐々に押し返して試合は膠着状態に。

EFLカップ決勝同様にゴールレスのまま試合は後半終盤に突入。そういった中、ナビ・ケイタを下げて百戦錬磨のミルナーをピッチに送り出したリバプールが、ここからよりパワーを見せる。

83分と84分にはボックス右でマネのラストパスを受けたルイス・ディアス、ミルナーの高精度の右クロスにファーで反応したロバートソンに続けてビッグチャンスが訪れるが、いずれもポストを叩いて土壇場での決勝点とはならず。さらに、後半アディショナルタイムにもルイス・ディアスに2度のシュートチャンスが訪れたが、GKメンディの牙城を破るまでには至らない。そして、EFLカップ決勝に続き今回も90分間で決着は付かず、延長戦に突入することになった。

延長戦ではリバプールがファン・ダイクとルイス・ディアスを下げてマティプ、フィルミノを投入。対するチェルシーも延長後半にチャロバー、プリシッチを下げてロフタス=チーク、アスピリクエタを投入し、互いに異なる特徴を有する選手の投入で決着を目指す。だが、マティプやカンテといった両守備陣の好守もあって均衡が保たれる。

延長戦では互いに決定機まで持ち込めない睨み合いが続いた中、前回対戦同様に決着はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦ではチェルシーの2人目のアスピリクエタ、リバプールの5人目のマネが失敗してサドンデスに突入。決着が付いたのは7人目で、先攻のチェルシーのマウントが右を狙ったシュートをGKアリソンが見事な反応でストップ。そして、後攻のリバプールはロバートソンに代わって延長後半に投入されたツィミカスが冷静に左隅へシュートを突き刺した。

そして、EFLカップに続く激闘を制したリバプールが16年ぶりのFAカップ制覇を成し遂げて今季2冠を達成。一方、再びリバプールに屈したチェルシーは3大会連続ファイナルでの敗戦となった。

関連ニュース
thumb

頭突き以外にパンチ未遂も…リバプールFWヌニェスのいらだちと相手DFの駆け引きが明らかに「彼は実力でやり返すべきだった」

クリスタル・パレス戦で頭突きを見舞って一発退場となったリバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスだが、前半から相当イラつかされていたようだ。イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 試合中に起きた頭突きということでこのシーンに大きな注目が集まっているが、マッチアップしたアンデルセンとのやり合いをまとめた動画が公開され、そちらも話題を呼んでいる。 アンデルセンはファウルになるかならないかのギリギリのところで常に駆け引き。ヌニェスは中々思うようにプレーができず、徐々にイライラが募っていく様子が見て取れた。 特に、アンデルセンがヌニェスを後ろから上手く掴んで動きを制限した場面では完全に理性を失い、空を切ったものの振り払ったアンデルセンを右手で思い切り叩こうとする場面もあった。 そして57分の一発退場。アンデルセンにしてやられたヌニェスには「ここから学んでくれ」、「イライラするのは分かるけどこれはダメ」、「実力でやり返すべきだったね」、「相手が上手かった」とファンも反応を寄せている。 ヌニェスは今回の退場で3試合の出場停止に。すでに自身のSNSでも謝罪しており、復帰後のさらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】当たっていたらここで退場だった?ヌニェスのパンチ未遂(0:40~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A masterclass performance by Joachim Andersen on how to frustrate Darwin Núñez <br><br>Show this video to all the Black Stars defenders.<a href="https://twitter.com/hashtag/CitiSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CitiSports</a> <a href="https://t.co/grVQiJl5xq">pic.twitter.com/grVQiJl5xq</a></p>&mdash; Citi Sports (@CitiSportsGHA) <a href="https://twitter.com/CitiSportsGHA/status/1559478384312438786?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 12:02 Wed
twitterfacebook
thumb

「酷い態度だった」頭突き退場で3試合出場停止のヌニェスが謝罪「リバプールのみんなに謝りたい」

リバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスがチームに謝罪した。 ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 3試合の出場停止となったヌニェスだが試合後に自身のツイッターを更新し、謝罪している 「自分が酷い態度だったことは自覚している。この失敗から学び、二度と同じことはしない。リバプールのみんなに謝りたい。また戻ってくる」 開幕早々に出場停止処分を強いられることとなったヌニェス。まずはチームからの信頼回復に努めたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】一度目の頭突き未遂を咎められ、二度目の頭突きで退場に(1:10~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A masterclass performance by Joachim Andersen on how to frustrate Darwin Núñez <br><br>Show this video to all the Black Stars defenders.<a href="https://twitter.com/hashtag/CitiSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CitiSports</a> <a href="https://t.co/grVQiJl5xq">pic.twitter.com/grVQiJl5xq</a></p>&mdash; Citi Sports (@CitiSportsGHA) <a href="https://twitter.com/CitiSportsGHA/status/1559478384312438786?ref_src=twsrc%5Etfw">August 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 11:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク、愚行退場のヌニェスへ「学んでくれることを願っている」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがチームメートのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスに対し、反省を促した。 ヌニェスは15日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-1)で先発。57分にDFヨアキム・アンデルセンと小競り合いを起こし、頭突きを見舞って一発退場となった。 3試合の出場停止となったヌニェスに対し、ファン・ダイクは次のように語った。 [当然、僕らは彼をサポートしている。このようなことがまた起こってはならない。彼が学んでくれることを願っている。あのような場面でも絶対に感情をコントロールしなければならないんだ。特にプレミアリーグではね」 2022.08.17 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ヌニェスに頭突きを食らったアンデルセンにSNSで脅迫「300~400ものメッセージを…」

クリスタル・パレスのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンに対し、SNSで脅迫が届いているようだ。 アンデルセンは15日に行われたプレミアリーグ第2節リバプール戦で先発。57分にリバプールFWダルウィン・ヌニェスと小競り合いとなり、頭突きを受けてヌニェスは一発退場となっていた。 リバプール期待の新戦力ヌニェスを退場に追いやったとしてアンデルセンのインスタグラムにはリバプールサポーターから「Fuck you」、「Bitch boy」といった脅迫が届いているとのことだ。 「昨日の夜、300~400ものメッセージを受け取った。もちろん、彼らがリバプールをサポートしているのは理解しているけど、ある程度の敬意は払って欲しい。SNSでの嫌がらせは止めて欲しい」 2022.08.16 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

愚行退場のヌニェス、アンフィールドデビューでの退場は史上2人目

愚行退場が話題となっているリバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスだが、アンフィールドでは史上2人目の醜態となってしまったようだ。 今夏にベンフィカから最大1億ユーロの移籍金で加入したヌニェス。マンチェスター・シティとのコミュニティ・シールドではPK獲得に1ゴール、プレミアリーグ開幕節のフルアム戦では1ゴール1アシストと、会心のデビューを果たした。 その中で迎えた15日のクリスタル・パレス戦。ウルグアイ代表FWには公式戦3試合連続ゴールが期待されたが、1点ビハインドの中、ヌニェスは57分に小競り合いしていた相手のヨアキム・アンデルセンに頭突きを見舞い一発退場に。1点ビハインドだったチームはその後、ルイス・ディアスのゴールで同点に追いついたものの、数的不利が響いて開幕戦から2試合連続ドローという結果に終わった。 試合後にはユルゲン・クロップ監督からも厳しい意見を述べられたヌニェス。この試合はアンフィールドデビュー戦でもあったが、同様の試合で退場となったのは過去にたった一人。 サッカーのあらゆるデータを管理する『Opta』によれば、2010-11シーズンのプレミアリーグ開幕戦、2010年8月15日に行われたアーセナル戦で、当時チェルシーから加入したジョー・コールが一発退場を命じられている。同選手は前半アディショナルタイムに、相手のローラン・コシエルニーのパスをカットしようとスライディングを試みたところ、勢い余って衝突。危険行為とみなされ一発レッドカードの対象となった。 ただ、ジョー・コールのプレーは悪意があったわけではないため酌量の余地があるが、今回に関しては感情をコントロールできなかったヌニェスが未熟だったと言える。今後、イングランドサッカー協会(FA)から罰則が与えられると見られているが、ヌニェスは早急に信頼回復に努めたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ダルウィン・ヌニェス、相手の胸に頭突きの愚行までの流れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="m6E4T6wfl68";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChSx-a0jAGU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChSx-a0jAGU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChSx-a0jAGU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.16 15:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly