鎌田&長谷部出場のフランクフルトは8戦未勝利で11位フィニッシュ…逃げ切り失敗ドローでEL決勝に弾み付けられず《ブンデスリーガ》

2022.05.15 00:49 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ最終節、マインツvsフランクフルトが14日にコーファス・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、MF長谷部誠は60分から途中出場した。

18日にレンジャーズとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるフランクフルト。直近の7戦未勝利(3敗4分け)によって12位に位置するブンデスリーガの今季最終戦では9位のマインツとのアウェイゲームで、EL決勝に弾みを付ける勝利が期待された。

グラスナー監督はこの最終戦に向け、負傷のヒンテレッガーとリンドストロームを除く主力を起用。鎌田は左のシャドーでのプレーとなった。

立ち上がりからアグレッシブなホームチームの勢いに押されるフランクフルトは、早い時間帯に失点を喫する。10分、シュタハがボックス左で放ったシュートのこぼれ球に反応したイングヴァルトセンにゴール前でうまくキープされると、ボールを取り切れぬまま鋭い反転のシュートをゴールネットへ突き刺された。

すぐさま反撃に出たいフランクフルトだが、相手の強度の高い守備に苦戦。なかなか攻撃に出ることができない。それでも、26分には相手陣内中央で得たFKの場面でコスティッチがゴール前に入れたボールをボレがヘディングシュート。これはGKにセーブされるが、こぼれ球に詰めたトゥタが押し込み、この試合のファーストチャンスを同点ゴールに結びつけた。

この同点ゴールによって初めて自分たちのリズムで試合を進められるようになったフランクフルトは、ソウのミドルシュートなどでチャンスを作り出す。そして、35分には相手陣内中央右で縦に仕掛けたクナウフが相手を抜き切らない絶妙なタイミングでスルーパスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出したボレがボックス右から右足のシュートをファーポストに流し込み、前半の内に試合を引っくり返した。

前半終盤にかけてもフランクフルトペースで試合が進む中、鎌田とハウゲの2シャドーも良い形でボールを引き出してチャンスに絡んでいく。ただ、3点目を奪うまでには至らず。1点リードで試合を折り返した。

迎えた後半、前半同様に入りに失敗したフランクフルトは、立ち上がりの49分にシュタハの右クロスをニアに走り込んだイングヴァルトセンに右足ワンタッチで流し込まれ、2-2に追いつかれてしまう。さらに、55分にはアーロンに右ポスト直撃のシュートを打たれるなど、守勢を強いられる。

これを受け、グラスナー監督は60分に3枚替えを敢行。EL決勝に向けたプレータイムの調整を意識しつつ、長谷部やフルスティッチらをピッチへ送り込んだ。ここまではある程度想定通りとなったが、68分にはエンディカが足を痛めてしまい、レンツの投入を余儀なくされるアクシデントも発生した。

失点以降は鎌田やコスティッチを中心に幾度かチャンスを作りかけるが、決め切るまでには至らないフランクフルト。逆に、72分にはブルクハルトにゴールネットを揺らされるが、ここはオンフィールドレビューの結果、ハンドかGKトラップへのファウルが取られてゴールが取り消しとなった。

その後、試合は一進一退の攻防を見せたが、互いに決め手を欠いたままタイムアップの笛を迎えた。逃げ切り失敗によって8戦未勝利11位でのシーズン終了となったフランクフルトは、18日に行われるレンジャーズとのEL決勝という大一番に弾みを付けることはできなかった。

関連ニュース
thumb

フランクフルトがゲッツェに続き、レバークーゼンFWアラリオを獲得

フランクフルトは24日、レバークーゼンのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間。ドイツ『キッカー』によれば、移籍金は500万ユーロ(約7億1000万円)で、出来高200万ユーロ(約2億8000万円)とのことだ。 2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはレバークーゼンで公式戦164試合に出場し、58ゴール16アシストを記録。今季は公式戦33試合7ゴールを挙げていた。 ただ、レバークーゼンでは今冬のイラン代表FWセルダール・アズムンの獲得に加え、今夏にチェコ代表FWアダム・フロジェクを獲得しており、カタール・ワールドカップのメンバー入りに当落線上のアルゼンチン代表は出場機会の減少が危惧されていた。 来季、チャンピオンズリーグに出場するフランクフルトでは先日、PSVから元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを迎えていた。 2022.06.25 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

極右との関係や去就が注目されたフランクフルトDFヒンテレッガーが電撃引退、29歳で幕引き

フランクフルトのオーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガー(29)がプロキャリアを終えることを発表した。 ザルツブルクの下部組織で育ったヒンテレッガー。ファーストチームに昇格すると、ボルシアMGへのレンタル移籍を経験。その後、アウグスブルクへ完全移籍する。 2019年1月にフランクフルトへとレンタル移籍で加入すると、同年8月に完全移籍。最終ラインを支える活躍を見せてきた。 フランクフルトでは公式戦136試合に出場し14ゴール6アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで26試合に出場し1ゴール。優勝を果たしたヨーロッパリーグ(EL)でも決勝はケガにより欠場したが、9試合でプレーした。 オーストリア代表としても67試合に出場し4ゴールを記録しているヒンテレッガーは、フランクフルトと2024年6月30日まで契約を残していた中、クラブにプロキャリアの終了を申し出たという。 クラブによると、ヒンテレッガーはクラブの取締役会にプロサッカー選手としてのキャリアを終えたいとし、すぐに契約を解除してほしいと通達。2年間の契約が残る中、クラブは契約を一時停止。その後、代理人のクリスチャン・サンド氏、オリバー・グラスナー監督とも協議をした結果、選手の申し出に応じることにしたという。 ヒンテレッガーはクラブを通じて、今回のキャリア終了についての説明をしている。 「去年の秋、シーズンが終わってからの引退を最初に考えた。僕はスポーツ面で、困難な状況にあることに気がついた」 「僕のパフォーマンスは一貫していない。勝利を収めた喜びも、負けたときの感情も2倍以上になってしまった。春にパフォーマンスが向上し、ヨーロッパリーグでの成功により、スポーツ面で大きな成功を収めて別れを告げようという気持ちがさらに高まった」 「ヨーロッパリーグの優勝はとても嬉しかった。僕の2番目の故郷となったこの街で、素晴らしいファンとの最後の大勝利のお祝いになることを知っていたからだ」 「僕はアイントラハトでの時間を振り返り、感謝とし喜びを持って、クラブとサポーターの緊密な関係を感じ続け、ファンとしてチームをサポートしていきたい」 「チームメイト、コーチングチーム、バックヤードのスタッフ、全てのスタッフ、そしてここで経験できた信頼、サポート、素晴らしい時間を感謝したいと思う」 「何よりも、ファンに感謝する。特に難しい時期に、僕の後ろに立ってくれていた。過去数週間で僕が魂を込めて、そして明確な良心を持って開催した「ヒンティカップ」について、多くの話題が生まれていたけど、その範囲は僕にとっても明らかになった」 「僕からの感情的な、思慮のない言葉が苛立ちに繋がったんだと思う。そのことはお詫びしたい。本当に申し訳ありません」 「もう一度ハッキリ言うと、僕は右翼的で、不寛容で、非人道的な考えを、最も強い言葉で非難する。僕のことを知っている人ならば、誰でも理解してくれるだろう」 「まずは距離を取り、人生の歩む向きを変える必要がある。アイントラハトが今この一歩を踏み出すチャンスを与えてくれたことに感謝している」 ヒンテレッガーは、今夏に移籍するようにクラブから言われていたとコメントしたと思えば、自身のイベントである「ヒンティカップ」のパートナーが極右であることで問題視されることに。さらに、コンディション調整が上手くなく、オフ明けには体重を増やして合流することを揶揄されることもあるなど、何かとピッチ外で話題を振りまいていた。 クラブに残留する宣言をしていたヒンテレッガーだったが、最終的にはキャリア終了という選択に。突然のプロ引退となった。 2022.06.23 21:12 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトDFイルザンカーがセリエB降格のジェノアに完全移籍

セリエBに降格したジェノアは23日、フランクフルトのオーストリア代表DFシュテファン・イルザンカー(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 イルザンカーは、マインツ、ザルツブルクの下部組織で育ち、2010年7月にマッテルスブルクに完全移籍。2012年7月にザルツブルクに加入した。 2015年7月にはRBライプツィヒへと完全移籍を果たすと、2020年1月にフランクフルトへと加入していた。 フランクフルトでは2年半を過ごし、公式戦61試合で3ゴール1アシストを記録。今シーズンもブンデスリーガで12試合、ヨーロッパリーグで2試合と多くの出場機会はなかったが、チームを支える活躍を見せていた。 なお、オーストリア代表としては61試合に出場している。 ジェノアは2021-22シーズンのセリエAで19位に終わり、セリエBへの降格が決まっていた。 2022.06.23 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト移籍のゲッツェ、レーブ氏は5年ぶりの代表復帰に期待「すべてのクオリティが備わっている」

元ドイツ代表監督のヨアヒム・レーブ氏が、フランクフルト移籍を果たしたMFマリオ・ゲッツェ(30)の代表復帰を期待した。ドイツ『スカイ』が伝えている。 17歳でブンデスリーガデビューを飾ったゲッツェは、その卓越したスキルから「天才」と称えられ、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝では母国を24年ぶりの優勝に導く決勝弾を記録した。しかし、その後はバイエルン、ドルトムントで満足な結果を残せず、2020年夏にドルトムントを退団。2カ月間フリーの期間を経て、PSVに加入した。 そのままキャリアは下降線をたどる一方に思われたゲッツェだが、オランダの地で復活。2年間在籍したチームで公式戦通算76試合に出場して18ゴール18アシストを記録し、今季はKNVBベーカー優勝にも貢献した。 復活をアピールしたゲッツェに対しては、今季ヨーロッパリーグ(EL)優勝を果たしたフランクフルトが移籍金400万ユーロ(約5億6000万円)を提示するなど獲得に動き、21日に加入を正式発表している。 母国復帰を果たし、来季はチャンピオンズリーグ(CL)でもプレーすることになるゲッツェに対して、長く代表チームで指導してきたレーブ氏は、2017年を最後に遠ざかっている代表復帰にも期待。クオリティを考えれば、十分実現は可能なはずだと太鼓判を押した。 「マリオには代表復帰や、W杯出場を実現するためのすべてのクオリティが備わっている。彼は新シーズン、再びCLでプレーできるだろう。そして、ここブンデスリーガでも注目されることで、W杯に向けて自身を推薦しようと思っているはずだ」 「もちろん、私はこのタイミングでマリオがドイツに戻るとは思っていなかった。でも、マリオとフランクフルトのことを考えると、私はとても幸せだよ。マリオは例外的な選手であり、非常にプロフェッショナルな人物だ。その優れたゲームインテリジェンスがあれば、フランクフルトにもしっかりフィットするだろう」 2022.06.23 17:01 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトの元独代表ドゥルム、2部カイザースラウテルンへ 「故郷に帰ってきた感覚」

フランクフルトの元ドイツ代表DFエリク・ドゥルム(30)がカイザースラウテルンに移籍した。 カイザースラウテルンは22日に獲得を発表。フランクフルト側も同日にカイザースラウテルンとの移籍合意をアナウンスしている。 2014年のブラジル・ワールドカップ優勝メンバーでもあるドゥルムは過去にマインツ、ドルトムントに所属。2018-19シーズンはイングランドのハダースフィールドで過ごした。 2019年7月からはフランクフルトに加わり、公式戦通算46試合でプレー。チームがヨーロッパリーグを制した2021-22シーズンは公式戦9試合に出場し、来季が契約最終年だった。 カイザースラウテルン州に近いピルマゼンス生まれのドゥルムは故郷からそう遠くないクラブでのプレーに喜びの思いとともに決意を語った。 「カイザースラウテルンではプレーしたことはないけど、僕からしてみれば故郷に帰ってきたような感覚だ」 「このクラブは僕がフットボールを始めたきっかけなんだ。昔は親と通ったりしていたから、クラブにシンパシーを感じなかったなんて1度もない」 「この地域の人々にとって、このクラブがどんな存在なのかは知るところ。クラブが成功に満ちたシーズンを過ごせるように僕も全力を尽くすよ」 なお、ドイツ1部で4度の優勝歴を誇る古豪カイザースラウテルンは来季、3. リーガから2.ブンデスリーガ復帰を果たす。 2022.06.23 14:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly