レーティング:トッテナム 3-0 アーセナル《プレミアリーグ》

2022.05.13 05:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節延期分、トッテナムvsアーセナルが12日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 ロリス 6.5
ピンチの数は決して多くなかったが、エンケティアやウーデゴールの際どいシュートをきっちりストップ。クロスボール対応やスペースケアも安定していた

DF
6 ダビンソン・サンチェス 6.0
ロメロの負傷を受け、久々のスタメンでプレー。立ち上がりはビルドアップで硬さも見受けられたが、数的優位の影響もあって3点目の起点になるなど持ち直す。守備では背後を取られるシーンもあったが概ね安定

15 ダイアー 6.5
攻守両面で安定したパフォーマンスを披露。エンケティアら相手のアタッカー陣にほぼ仕事をさせなかった

33 ベン・デイビス 6.5
早い時間帯にカードをもらったが、出足鋭い潰しや決定的なシュートブロックでリバプール戦に続くハイパフォーマンス。要所で見せる攻撃参加も機能

(→ロドン -)

MF
12 エメルソン・ロイヤル 6.0
サンチェスとのコンビもあり不安視されたが、守備時の素早い切り替えに加え、決定機に顔を出すなど、上々のパフォーマンス

30 ベンタンクール 6.5
ケインの2点目をアシスト。ホイビュルクと共に中盤での的確な潰し、散らしを見せて勝利に大きく貢献

5 ホイビュルク 7.0
90分間強度の高いプレーを見せつつ、要所で巧さを見せて中盤を支配。過密日程が続く中でダービーへの熱がパフォーマンスに多くのプラスをもたらした

19 セセニョン 6.5
前半は対面のサカとほぼ互角に渡り合い、良い切り替えから守備面で安定をもたらす。攻撃では良いところに顔を出せているだけに精度改善が求められる

FW
21 クルゼフスキ 6.0
両エースに比べて目に見える結果は残せなかったが、巧みな身体の使い方で攻守に奮闘。シンプルに右足を使えればというシーンは幾度かあった

(→ルーカス・モウラ 5.5)
冨安からボールを奪ってカウンターに繋げるなど、途中出場の選手としての役割はきっちりとこなした

10 ケイン 7.0
リーグ戦でのダービー15戦目で13ゴールに到達。前線の起点として多くのチャンスを演出するエースの仕事を果たした

7 ソン・フンミン 7.0
3試合連発となるリーグ21ゴール目。ホールディング退場を誘発し、PKも獲得するなどケインと共に決定的な仕事を果たした

(→ベルフワイン 5.5)
見せ場は少なかったが、最低限の仕事はこなした

監督
コンテ 6.5
苦手とするアーセナル相手に完勝。相手を完膚なきまでに叩きのめすプランもあったが、中2日の試合を睨んだ交代策など、先を見据える試合運びも良かった

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
32 ラムズデール 5.5
失点はいずれも致し方なし。屈辱の3失点も2度のビッグセーブなど意地は見せた

DF
17 セドリック 4.5
不用意なファウルでPK献上。ウイングバックでプレーも攻撃面での貢献度はほぼなく、守備でも判断ミスやビルドアップの局面で苦戦

16 ホールディング 4.0
見方によって2枚目は厳しい判定と言えるが、試合が荒れ始めた中でピンチになりそうにない場面での不必要なコンタクトは軽率だった。間違いなく試合を壊した戦犯

6 ガブリエウ 5.0
ケインとのバトルで苦戦も最後のところでは身体を張った。後半半ば過ぎにハムストリングを痛めて負傷交代…

(→ヌーノ・タヴァレス 5.5)
一度良い抜け出しからの折り返しでチャンスメイク。球際の対応ではやや繊細さを欠いた

18 冨安健洋 6.0
左サイドバックでのスタートからバックラインの複数役割をこなす。不用意に入れ替わられた場面やボールロストもあったが、決定的なシュートブロックやカバーリングを含め再三の好守を連発。日本人という贔屓目なしにこの試合でのアーセナルのベストプレーヤー

MF
7 サカ 5.0
試合の入りは悪くなかったが、コンディションが万全ではないこともあり、数的不利の状況で普段のようなパワーを出せず

25 エルネニー 5.0
中盤でフィルター役を担ったが、数的不利の影響もあって難しい対応を強いられた。マイボール時は相手の圧力をもろに受けてしまった

8 ウーデゴール 5.5
幾つかあったシュートチャンスは決め切りたかったが、数的不利を背負った中で攻守両面で多くの仕事をこなした

34 ジャカ 5.5
冨安と共に数的不利の中で複数の役割をこなす。最後にカードをもらったが、冷静さを失わずにやるべき仕事を淡々とこなした

35 マルティネッリ 5.5
攻撃面では最も可能性を感じさせるプレーを見せたが、守勢の中でアップダウンを繰り返したことで早めの交代に

(→スミス・ロウ 5.0)
難しい時間帯での投入となった。守備では身体を張ったが、攻撃は活性化させられず

FW
30 エンケティア 5.0
前半に惜しいシュートを放ったが、屈強な守備陣を相手にボールキープや起点づくりで存在感を示せず

(→ラカゼット 5.0)
球際で気迫を見せたが、チャンスにほぼ絡めず

監督
アルテタ 5.0
結果論ではあるが、ホールディングに序盤から負担が見えていただけに冨安を右でスタートさせるプランを採用すべきだったか。心身共に疲労を抱え、負傷者まで出す最悪な結果に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ケイン(トッテナム)
もう一人のエースの活躍やホイビュルクも際立ったプレーを見せたが、やはりダービーキングに恥じない2ゴールで、シアラー、アグエロに並ぶ通算8シーズン目の15ゴールに到達したエースをMOMに選出。

トッテナム 3-0 アーセナル
【トッテナム】
ケイン(前22)[PK]
ケイン(前37)
ソン・フンミン(後2)

関連ニュース
thumb

トッテナム指揮官コンテが留任へ! 確かな手綱捌きでCL権獲得

アントニオ・コンテ監督が来季もトッテナムを率いるようだ。イギリスの複数メディアが報じている。 昨年11月からトッテナムの指揮を執るコンテ監督。紆余曲折ありながら、プレミアリーグでトップ4争いにまで巻き返すと、宿敵アーセナルを抜いての4位フィニッシュを決め、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めた。 昨季のインテルにスクデットをもたらした手腕で見事にトッテナムの立て直しにも成功したイタリア人指揮官は1年延長オプションとともに2023年までの契約が残るが、今季以降に関して明言しておらず、去就が不透明だった。 その間に来季のパリ・サンジェルマン(PSG)行きも取り沙汰されたが、イギリス『BBC』によると、コンテ監督は27日にマネージングディレクター(MD)のファビオ・パラティチ氏との会談でコミットメントを示したという。 それでも、現時点で契約延長に応じるか否かは未知数といわれるが、クラブの大株主であるENICスポーツ社からの1億5000万ポンド(約240億5000万円)におよぶ増資決定もコンテ監督の不安を和らげたと推測されている。 また、イギリス『ガーディアン』によれば、会合では今夏のマーケットにおけるターゲットや売却見込みの選手、現有戦力の契約状況など、様々なテーマが議論。続投を約束するためにクラブの野心を確認したかったとのことだ。 2022.05.28 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ペリシッチのスパーズ移籍が濃厚に…インテルでスクデットを勝ち取ったコンテと再タッグへ

今夏で契約満了を迎えるインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)はトッテナム移籍が濃厚のようだ。 2015年夏にヴォルフスブルクからインテルに加入したペリシッチ。2019-20シーズンのバイエルンへのレンタル移籍を挟んで在籍6年目となった今季は、公式戦49試合に出場し10ゴール9アシストと、33歳となってもバイタリティ溢れる力強いプレーでインテルの攻撃を支えた。 ただ、今夏で契約が満了になるにあたり、クラブは延長を求めていたものの、条件が合わず退団が濃厚に。そんなペリシッチの新天地となりそうなのがトッテナムだ。 チェルシーやユベントスも関心を示していたものの、イギリス『インデペンデント』など複数のメディアによると、元インテル指揮官のアントニオ・コンテがクロアチア代表MFを口説き、2年契約で口頭合意に至ったようだ。 また、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、30日の公式発表を予想している。 2022.05.28 13:31 Sat
twitterfacebook
thumb

夏に戦力刷新検討のトッテナム、生え抜きMFウィンクスの移籍容認か

トッテナムがイングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)に対して移籍を許可しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 5歳からトッテナムの下部組織に所属し、2014年にトップチームデビューのウィンクス。ここまで公式戦203試合に出場して5ゴール6アシストの成績を残している。 しかし、今季は11月に就任したアントニオ・コンテ監督の下では出場機会が減少。今冬にはウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールも加入して、プレミアリーグでの先発は2月に行われた第27節のリーズ・ユナイテッド戦が最後となった。 選手本人は今年11月から開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のためにも移籍を検討するとされており、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得たトッテナムも戦力刷新のため、容認する姿勢のようだ。 ウィンクスに対してはサウサンプトンやニューカッスルが獲得に興味を示しており、トッテナムは移籍金として2500万ポンド(約40億円)を求める構えだという。 トッテナムではウィンクスのほか、MFタンギ・エンドンベレ、MFブライアン・ヒル、MFジオバニ・ロ・チェルソ、FWステーフェン・ベルフワイン、DFセルヒオ・レギロン、DFジョー・ロドンらの去就が不透明となっており、夏に活発に動くことが予想されている。 2022.05.27 16:56 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFが彼女に愛想を尽かされる!? 原因はゲームのやりすぎ

トッテナムに所属するスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(25)に交際中のマルタ・ディアスさん(21)がちょっとした不満を抱いているようだ。 2020年夏にレアル・マドリーからトッテナムに加入したレギロンは加入初年度からプレミアリーグへの適応を見せたが、今シーズンは負傷の影響もあり、プレミアリーグ22試合の出場にとどまった。 そのレギロンは、セビージャ時代の2020年4月にスペインの美女インフルエンサーとして知られるマルタさんとの交際を宣言。それ以降は、『インスタグラム』で300万人を超えるフォロワー数を誇り、『YouTube』や『TikTok』の活動でも人気のマルタさんの動画にも頻繁に登場している。 そんな中、1本の動画が話題になっている。 SNS専門メディアの『433』が公開したのは「あともう1試合だけ」というタイトルの動画。車で移動中のマルタさんはどこか不満そうな表情を見せると、カメラをレギロンに向ける。 しかし、レギロンは車の座席に設定したモニターでサッカーゲームをプレー中。大事な試合から目を離すことはできず、カメラがすぐにマルタさんへの方へと戻されると、ため息交じりの表情で動画は終わった。 もちろん、インフルエンサーとして活躍するマルタさんがSNSにアップするために作られた動画という可能性は大いにあるが、レギロンはゲームに興じる時間をほどほどにしておいた方が身のためかもしれない...。 <span class="paragraph-title">【動画】ゲームに集中するレギロンに呆れるマルタさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cd_RNpMF0tk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cd_RNpMF0tk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cd_RNpMF0tk/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.26 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アジア人初のPL得点王ソン・フンミンが韓国で熱烈歓迎!並んだサラーも「おめでとうソニー」と祝福の言葉

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが母国で熱烈な歓迎を受けた。 ソン・フンミンは、今シーズンのプレミアリーグで23得点をマーク。最終節で2ゴールを決め、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと並び、初のゴールデンブーツに輝いた。 アジア人選手として史上初となる偉業を達成し、さらに1つもPKからのゴールがないということも注目を集めた。 トッテナムはシーズンを4位で終え、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保。ソン・フンミンは母国へと凱旋したが、ファンの大きな歓迎を受けた。 白のTシャツにジーンズというラフな姿で空港に姿を現したソン・フンミンは、待ち構えていたファンや取材陣にゴールデンブーツのトロフィーを披露。カメラを構える人々に手を振ったりお辞儀をしながらその場を後にした。 このシーンが『ロイター』の公式ツイッターで公開されると、サラーも反応。投稿を引用する形で「おめでとうソニー」と良きライバルに祝福の言葉を贈っている。 <span class="paragraph-title">【動画】白のTシャツにジーンズ、メガネというラフな姿で空港に姿を現したソン・フンミン熱烈歓迎を受ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">South Korea&#39;s soccer player Son Heung-min returned home to a rousing welcome after the Tottenham Hotspur forward ended the season as the Premier League&#39;s joint top scorer with Mohamed Salah <a href="https://t.co/rlkeUdpzVK">pic.twitter.com/rlkeUdpzVK</a></p>&mdash; Reuters (@Reuters) <a href="https://twitter.com/Reuters/status/1529068443051229185?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.26 11:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly