マインツがフランクフルトからレンタル中のMFコールを完全移籍で獲得、2026年まで契約

2022.05.12 21:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マインツは11日、ドイツ人MFドミニク・コール(28)を完全移籍で獲得することを発表した。

コールは、フランクフルトから2021年1月にレンタル移籍で加入。今年6月までのレンタル期間だったが、完全移籍に切り替え。2026年夏までの4年契約を結んだ。

コールはレバークーゼンの下部組織出身で、2012年7月にファーストチームに昇格。2014年1月にアウグスブルクへとレンタル移籍。2015年7月に完全移籍すると、2017年7月にレバークーゼンへと復帰。2019年7月にフランクフルトへと完全移籍した。

レバークーゼンでは公式戦69試合で4ゴール7アシスト、アウグスブルクでは公式戦102試合で3ゴール8アシスト、フランクフルトでは39試合で1ゴール5アシストを記録していた。

マインツに加入してからも主軸としてプレーし、ここまで40試合で1ゴール5アシスト。ケガで離脱する時期もあったが、今季もブンデスリーガで21試合に出場し3アシストを記録していた。

完全移籍が決まったコールは、クラブを通じてコメントしている。

「マインツのジャージを着続けるのは僕の心の問題だ。僕は初日からここで特別な家族の一員のように感じ、マインツの意味を自分で体験することができた」

「厳格なスポーツ哲学に加え、ここには特別な家族の絆がある。チームとして、僕たちは僕たちを結びつける多くの特別な瞬間を経験した。過去1年半の間、クラブにすべてを捧げてきた。次の4年間も、そうしていく」

関連ニュース
thumb

昇格組ノッティンガム・フォレストが4人目の補強! マインツの主将DFニアカテと3年契約

ノッティンガム・フォレストは6日、マインツのフランス人DFムサ・ニアカテ(26)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2025年6月までの3年間で、1年間の延長オプションがついている。今夏4人目の補強となった。 ニアカテはヴァランシエンヌでキャリアをスタート。メスを経て、2018年にマインツへと完全移籍した。 マインツでは、公式戦135試合に出場し9ゴール4アシストを記録。センターバックの他、左サイドバックでもプレーが可能で、2021-22シーズンはブンデスリーガで30試合に出場し4ゴール、DFBポカールで3試合に出場していた。なお、ブンデスリーガ通算では128試合で9ゴール4アシストを記録している。 ニアカテはクラブを通じてコメントしている。 「僕にとって、イングランドに来て、ノッティンガム・フォレストという歴史的なクラブに契約するというのは夢だった。クラブは世界中でよく知られていて、そのファンは素晴らしい」 「プレミアリーグは世界でも最高のリーグであり、すべてのプレーヤーがここでプレーしたいと思っている」 「プレシーズンをスタートさせ、新しいチームメイトに会い、シティグラウンドでガリバルディの赤と白を身に付けて、新しいシーズンの準備をすることにとても興奮している」 2022.07.07 10:56 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が古巣クラブを訪問、スタジアムで恩師と記念撮影「今後も一緒に何かを」

カルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司がドイツの古巣クラブを往訪。今後の活動に期待を抱かせた。 2011年1月に清水エスパルスからシュツットガルトへ加わり、マインツやレスター・シティなどを経て現在はスペインでの4季目を迎える岡崎。帰国中には地元・兵庫県にて、なでしこジャパンのMF中島依美らとトレーニングも行っていた。 日本を発った岡崎はドイツのラインラント=プファルツ州にも足を運んだ様子。マインツ時代の恩師、当時スポーツ・ダイレクター(SD)を務めていたクリスティアン・ハイデル氏と再会し、スタジアムにて記念撮影を行った岡崎は自身のツイッターで次のようなメッセージを残した。 「画像はシュツットガルトで苦戦してる時に自分を移籍金を払って獲得してくれたハイデルと。マインツの街やクラブ、ファンには感謝もあるし、今後も一緒に何かしたいと話しました。育成や地域密着のクラブとしてドイツでもトップのマインツと繋がる事でヨーロッパと日本の距離を縮めたい」 マインツの街と岡崎の関りは深く、滝川第二高校の先輩が代表を務めるFCバサラ・マインツ(現:ドイツ6部)の創設にも携わり、スーパーアドバイザーも務めるなどしている。 また、岡崎の獲得に尽力したハイデル氏は2016-17シーズンからシャルケのSDに就任していたが、2020年12月に再び古巣へ戻り、手腕を発揮。マインツの公式も「また会えて嬉しいよ、シンジ・オカザキ!!」と4日に同じ写真を投稿した。ファンからも再来を喜ぶ声や復帰を望むコメントが上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】マインツ時代の恩師とスタジアムで記念撮影した岡崎慎司</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfmCPjCK57A/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">1. FSV Mainz 05(@1fsvmainz05)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 20:25 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、フライブルク移籍か…来週中にも契約完了の可能性

PSVの日本代表MF堂安律(24)にフライブルク行きの可能性が新たに浮上した。 昨夏にビーレフェルトからPSVにレンタルバックして、公式戦二桁ゴールを成し遂げるなど、力を示した堂安。だが、PSVとの契約を2024年6月末まで残すなか、マインツ行きの報道が飛び出したりと今夏の去就が騒がれている。 フェネルバフチェ移籍の元ポルトガル代表FWブルマに続き、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェもフランクフルト入りが決まり、マインツ移籍から一転して残留説が提唱され出してもいるが、再びドイツ行きの噂が再燃している。 オランダの複数メディアに続き、ドイツ『キッカー』でもフライブルク行きが報じられ、ザンクトパウリから加入のFWダニエル・コフィ・キェレーに続く攻撃陣の注目すべき新戦力として、来週中にも契約が完了し得るという。 なお、オランダ『ED』によると、PSVサイドは堂安を手放す場合、最低でも移籍金として800万〜900万ユーロ(約11億3000万〜12億7000万円)ほどを希望しているといわれている。 2022.07.01 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表MF堂安律、マインツ移籍は一旦保留に…去就はファン・ニステルローイ次第か

マインツ移籍が取り沙汰されているPSVの日本代表MF堂安律(23)だが、現状で交渉は保留となっているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 かねてよりマインツとの関連が伝えられ続けている堂安。5月初旬には『ビルト』が個人間合意を報じ、移籍間近とされてきた。ところが現在、両クラブ間の交渉は保留となっているようだ。 同メディアによると、鍵は新たにPSVの監督に就任するルート・ファン・ニステルローイ氏。同クラブでは2020年4月から指揮を執ってきたロジャー・シュミット監督が今季限りで退団するため、U-21で監督を務めていた同氏にトップチームを託すことになった。 ただ、新監督は現スカッドの概要を知るため、どの選手もチームに留めておくことを求めているようだ。堂安が元オランダ代表のレジェンドのお眼鏡に敵うかどうかは定かではないが、マインツ移籍がしばらく決まることはないと見られている。 2022.06.03 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ケルンがマインツからレンタル中の若手DFキリアンの買取OP行使! 今季主力CBとして活躍

ケルンは17日、マインツからレンタル移籍しているドイツ人DFルカ・キリアン(22)の買い取りオプションを行使したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 ドルトムント下部組織出身のキリアンは、192㎝の長身を生かした対人守備が特徴で、各年代のドイツ代表にも選出されてきた将来有望なセンターバック。2020年夏にパーダーボルンからマインツに完全移籍したが、昨夏出場機会を求めてケルンへ買い取りオプション付きのレンタル移籍でケルンへ加入した。 今シーズンのケルンではブンデスリーガ30試合に出場し、レギュラーに定着。今年4月に行われたマインツとの古巣対戦では待望のブンデスリーガ初ゴールも挙げていた。 2022.05.18 00:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly