黄色で覆われたスタジアムへ、CL躍進のビジャレアルが創立100周年へ向けスタジアムを改修

2022.05.12 21:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルは11日に、本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカの改修を行うと発表した。

3月までJリーグの常勤理事を務めていた佐伯夕利子氏は過去に同クラブの育成部に所属するなど、日本とのゆかりもある「イエロー・サブマリン」。2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制し、今季のチャンピオンズリーグ(CL)での雄姿も記憶に新しい。

クラブは創立100周年を迎える2023年に向け、スタジアムの改修を行うと発表。15日に行われるホーム最終戦のラ・リーガ第37節レアル・ソシエダ戦以降に着工し、今年いっぱいでの完成を目指すとしている。

国際的な建築会社IDOMと地元の建設会社であるAlvibenのもと、スタジアムの全席を屋根で覆い、外壁や屋根などをクラブカラーである黄色に統一。
ピッチと外の広場の景色を望めるファンクションルームも設置する。また、再生可能エネルギーへの取り組みとして、電力の自給自足に向けて屋根には太陽光発電パネルを設置する。

推定予算は3500万ユーロ(約47億円)。収容人数は2万2000人と、変更はないとのことだ。

1 2

関連ニュース
thumb

積極補強のトッテナム、指揮官の望むパウ・トーレス獲得に向けオファー用意か

トッテナムが、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレス(25)獲得を狙っているようだ。 2021-22シーズンのプレミアリーグでトップ4入りを成し遂げ、今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるトッテナム。すでにクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)、イングランド代表GKフレイザー・フォースター(34)、マリ代表MFイヴ・ビスマ(25)、ブラジル代表FWリシャルリソン(25)を獲得したほか、バルセロナのフランス代表DFクレマン・ラングレ(27)加入も間近と報じられている。 充実のチーム強化を実現させているトッテナムだが、クラブはまだ現陣容に満足していない。イギリス『ミラー』によると、3バックを用いるアントニオ・コンテ監督が左利きのセンターバックを数選手揃えたいという意向を示しており、ラングレの去就にかかわらず、パウ・トーレスの動向には引き続き目を光らせていく模様だ。 なお、トッテナムは交渉材料として、ビジャレアルに昨季レンタル移籍していたアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソ(26)をそのまま差し出す用意もあると伝えられている。 ビジャレアルの下部組織出身であるパウ・トーレスは、2019-20シーズンからトップチームに定着し、守備の要として活躍。昨シーズンも公式戦47試合に出場し、準決勝まで勝ち上がったチャンピオンズリーグ(CL)では、全12試合でフルタイム出場した。 2022.07.05 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの今季はアーセナル?ベティス? 他クラブからの関心は低下か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)は、依然として新シーズンの去就が不透明のようだ。 16歳からアーセナルの下部組織で育ち、長らくファーストチームの一員としてプレーしてきたベジェリン。しかし、近年は退団希望が頻繁に伝えられており、昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍していた。 ベティスへの移籍には買い取りオプションが付帯していなかったため、ひとまずはロンドンへと帰還したベジェリン。だが、本人はベティス残留を望み、ベティス側も完全移籍を模索中と見られる中、現時点ではアーセナル残留が最も現実的なシナリオのようだ。 スペイン『アス』によると、アーセナルは2022-23シーズンへ向けたプレシーズン最初の親善試合でイプスウィッチ・タウンと対戦。ベジェリンはキャプテンマークを腕に巻いて前半45分間をプレーし、チームも5-1で勝利していた。 『アス』は、この事実をミケル・アルテタ監督によるメッセージであると指摘しており、ベジェリンの今夏売却を必ずしも前向きに捉えていない可能性が浮上しているという。 ベティスはベジェリン再獲得のための資金作りが困難と以前から報じられ、特に300万ユーロ(約4億2400万円)以上とみられる年俸は支払えない状況。それでも、定位置の被るスペイン人DFマルティン・モントーヤ(31)、DFユスフ・サバリ(29)を放出してでも、なんとかして連れ戻したい思惑があり、諦めることなく希望を持ち続けているようだ。 アトレティコ・マドリーやビジャレアル、ローマなどといった他クラブからの関心は徐々に薄れてきていることが伝えられており、ベジェリンの新シーズンの舞台がアーセナルとベティスのどちらかとなる可能性は非常に高いと考えられている。 2022.07.04 16:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、オーリエの退団を発表…延長OP行使見送りで合意

ビジャレアルは1日、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(29)の退団を発表した。 オーリエは昨年10月にトッテナムとの契約を解消し、ビジャレアルにフリートランスファーで加入。契約期間は2021-22シーズン終了までとなっていたが、契約には2年間の延長オプションが盛り込まれていた。 ビジャレアルでは公式戦24試合に出場し、2アシストを記録。ただ、その内、先発出場は11試合に留まっていた。 そういった中、両者は来シーズン以降の去就に関して話し合いを行った結果、前述の延長オプションを見送ることで合意。今夏のタイミングでの退団という流れとなった。 これまでトッテナムやパリ・サンジェルマン、トゥールーズ、RCランスでプレーし、コートジボワール代表としても81キャップを刻む実績十分の右サイドバックだが、その新天地はいかに…。 2022.07.01 21:14 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームでのCL準決勝を負傷欠場のダンジュマ…当時を振り返り「これ以上悪いことはなかった」

ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマがリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグを欠場した悔しさを振り返った。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ビジャレアルが14年ぶりのCL準決勝進出と躍進した今季、自身も公式戦34試合に出場して16ゴール4アシストと活躍したダンジュマ。しかし、アンフィールドで行われたリバプールとの準決勝1stレグで足首を負傷したことで、ホームでの2ndレグ欠場を余儀なくされた。 さらに、エースのFWジェラール・モレノも負傷明けの強行出場と満身創痍のチーム状態で、リバプール相手に一時は2点をリードする意地を見せたが、最終的に2-3で敗れ、2戦合計スコア2-5でベスト4敗退となった。 イギリスのポッドキャスト『Freshly Grounded』に出演したダンジュマは当時を振り返り、無念の想いを吐露。復帰のためにできる限りのことをしたものの、間に合わなかったと悔やんだ。 「リバプールとのCL準決勝に出られないなんて、僕にとってこれ以上悪いことはなかったと思う。(CL準々決勝の)バイエルン戦後から、ふくらはぎに小さな張りを抱えてプレーしていたんだ」 「そこからは回復するためにできる限りのことをしたよ。トレーニングやマッサージ、毎日できることすべてをね。CLはクラブ、チームメイト、監督、僕自身、友人、家族にとって大切な大会だ。だから、本当にケガのタイミングが悪かった」 「アンフィールドでのリバプールとの対戦ではふくらはぎの張りを克服して試合に臨めたと思う。でも、今度は足首に悪い影響が出てしまった」 「それから、ケガが少し悪化してしまった。リバプールとの2ndレグに向けて、再びできることはすべてやったよ。試合前のトレーニングでも、みんながそれを見ていたと思う。僕は監督に『僕はすべてを試しました』と言ったんだ。すると、彼は『君がすべて試したのはわかっている』と言ってくれた」 「欠場の決断を下すのは大変だった。決断というと大げさに聞こえるかもしれないね。でも、僕はいつだって限界まで挑戦する人間なんだ」 2022.06.29 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ハマーズがダンジュマ獲得に関心? 前線補強の有力候補か

ウェストハムがビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Relevo』が報じている。 今夏の移籍市場で前線の補強を目指すウェストハムは、マンチェスター・ユナイテッドを退団するイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)の再獲得に動きつつ、レンタル先のサウサンプトンで躍動したチェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)の獲得の可能性が取り沙汰される。 そういった中、以前から関心を示してきたオランダ代表FWの獲得にも動いているようだ。 ダンジュマには5400万ユーロ(約77億2000万円)の契約解除金が設定されていると言われているが、ウェストハムは3600万ユーロ(約51億5000万円)程度のオファーを掲示する準備を進めているという。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘン、クラブ・ブルージュ、ボーンマスを渡り歩き、昨夏ビジャレアルに加入したダンジュマ。これまでは左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレーしてきたが、ウナイ・エメリ監督の下ではチーム事情もあり、2トップの一角や1トップでもプレー。 今シーズンの公式戦では34試合16ゴール4アシストの数字を残し、6ゴールを挙げたチャンピオンズリーグではベスト4進出の立役者となっていた。 ウェストハムとビジャレアルは共に来シーズン、ヨーロッパ・カンファレンスリーグを戦う予定で、給与面に関してはウェストハムに分がありそうだ。ただ、カタール・ワールドカップのメンバー入りを望むダンジュマとしては、出場機会の確約といった部分がイングランド帰還の条件となりそうだ。 2022.06.27 17:36 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly