「アーセナルを好きになったきっかけ」ベルカンプの“究極ターン”から20年「何回見ても訳分からん」

2022.05.11 18:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
5月10日、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏が53歳の誕生日を迎えた。オランダ代表として79キャップを数えるベルカンプ氏は、アヤックスでゴールを量産し1993-94シーズンからインテルでプレー。2年後にアーセナルへと加わり、無敗優勝した2003-04シーズンをはじめとした3度のプレミアリーグ優勝や4度のFAカップ優勝など、コミュティシールドも合わせると「11」のタイトル獲得に貢献したレジェンドだ。

2021年に設立されたプレミアリーグ殿堂『Hall of Fame』にも選ばれる活躍を見せたベルカンプ氏だが、中でも最も有名なゴールは2002年3月のニューカッスル戦で見せたものだろう。

相手を背にした状態で斜めのパスを受けると、ファーストコントロールでDFと入れ替わる。トラップと同時に相手を裏街道で抜き去り、その後の一対一も冷静に沈めた。

いつまでも色褪せないこのゴールは、プレミアリーグの公式ツイッターも改めて取り上げており、「お誕生日おめでとう、デニス・ベルカンプ!この魔法のゴールに飽きることはない」と20年が経った今もその凄さを伝えている。

これだけでなく、1998年のフランス・ワールドカップ準々決勝アルゼンチン戦でのスーパートラップからのゴールなど、幾つもの魅力的なゴールを生んだベルカンプ氏。ファンからも「当時を思い出した」、「何回見ても訳分からん」、「アイスマン!」、「今まで見た中で最高のゴール」、「アーセナルを好きになったきっかけです」と多くの反応が寄せられている。

1 2

関連ニュース
thumb

「DAZN」がカラバオカップやチャンピオンシップなどEFLの放映権獲得! 冨安、三笘に中山雄太も

「DAZN」は16日、2022-23シーズンのカラバオカップ(EFLカップ)、イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)のチャンピオンシップ(イングランド2部)、EFLリーグ1(イングランド3部)、EFLリーグ2(イングランド4部)の放映権を獲得したことを発表した。 「カラバオカップ」は、1960年に創設されたイングランドサッカーのカップ戦です。参加資格があるのは1部となるプレミアリーグ、2部から4部で構成されるEFLに所属する計92チームで、1回戦はEFL所属チームのみ、2回戦以降でプレミアリーグチームが加わる方式となっている。 プレミアリーグのチームは、このカップ戦で将来有望な若手選手を積極的に起用する傾向も強く、次世代のスター候補のプレーをライブで見られる機会に。冨安健洋(アーセナル)、三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、中山雄太(ハダースフィールド・タウン)らの戦いにも注目が集まる。 また、中山の所属するハダースフィールドが所属するチャンピオンシップも放送。プレミアリーグ昇格を目指す暑き戦いをチェックできる。 2022.08.16 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルGKルナルソン、ベルギーの次はトルコへ…アランヤスポルに1年レンタル

アランヤスポルは15日、アーセナルからアイスランド代表GKルナル・アレックス・ルナルソン(27)の1年レンタルを発表した。背番号「13」をつける。 ルナルソンは母国でプロデビュー後、デンマークやフランスで経験を積み、2020年9月にアーセナル入り。昨季はジュピラー・プロ・リーグのルーヴェンに貸し出され、公式戦20試合に出場した。 今夏にはひとまずアーセナルに戻ったが、GKアーロン・ラムズデールが正GKの座に君臨。GKベルント・レノが去ったが、GKマット・ターナーが新たに加わったため、出番が見込めなかった。 ルナルソンは「来られてすごく嬉しい。長く話し合ってきたんだ。このクラブに来た瞬間から信じられないほど手厚い歓迎を受けた。早くチームメイトと会って、チームの力になりたい」と語っている。 2022.08.16 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「よく戻ってきた」「寂しかったぞ」5月以来の実戦復帰となった冨安健洋に現地アーセナルファンも興奮「おかえりトミ」「愛してる」

日本代表DF冨安健洋がついに実戦復帰を果たした。 13日、プレミアリーグ第2節でアーセナルはホーム開幕戦を迎えた。 本拠地エミレーツ・スタジアムにレスター・シティを迎えた一戦。ケガで離脱していた冨安もベンチ入りした。 試合は前半に今夏獲得したガブリエウ・ジェズスが初ゴールを含む2点を記録してリードを奪う。 後半早々にオウンゴールで失点するも、55分にはグラニト・ジャカがゴール。74分に失点すると、75分に冨安はベン・ホワイトと交代してピッチに。5月16日以来の公式戦のピッチに立った。 失点直後の起用ということもありミケル・アルテタ監督からの信頼も感じられる冨安。プレシーズンも1試合もプレーしなかったことから、ファーストチームでは今季初の試合出場となったが、直後にガブリエウ・マルティネッリがネットを揺らし、チームはリードを広げ4-2とする。 冨安は右サイドバックとして危なげないプレーを披露。ビルドアップにしっかりと参加した他、相手のカウンターをファウルで止めるなどしスタンドを沸かせた。 試合後にインスタグラムを更新した冨安は「いつもながらホームの雰囲気が最高でした!!応援ありがとうございました」とホームのファンの後押しに感謝した。 この投稿には多くのアーセナルファンが反応。「よく戻ってきたトミ」、「良いパフォーマンスだった」、「寂しかったぞ」、「おかえりトミ」、「愛してる」と、久々の復帰となった冨安の帰りを待ち侘びていたことが分かるコメントの嵐となった。 今季はポジション争いも激化。ここから冨安がどのようなパフォーマンスを見せるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】戦列復帰の冨安健洋がファンに感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChNvjqWMH1H/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChNvjqWMH1H/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChNvjqWMH1H/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(@tomiyasu.t)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.14 11:53 Sun
twitterfacebook
thumb

開幕連勝のアルテタ、2G2Aのジェズスを「真の脅威」と評す OGのサリバにも言及

アーセナルのミケル・アルテタ監督が喜びを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 プレミアリーグ白星発進のアーセナル。13日の第2節でレスター・シティをホームに迎え撃ち、4-2の勝利で連勝した。 ホーム開幕ゲームもしっかりと勝って、連勝スタートに成功したアルテタ監督は結果、内容ともに満足感を示している。 「すごく満足している。大きなパフォーマンスだったよ。両チームとも本当に良いフットボールをしたし、レスターにも彼らの時間があった」 スペイン人指揮官はまた、2得点2アシストと全得点に絡む活躍を披露したFWガブリエウ・ジェズスに触れ、絶賛した。 「ギャビー(ジェズス)の実力はわかっている。2得点2アシストだが、彼は『4ゴールを決めれたはず』だと言って落ち込んでいるよ」 「そういうメンタリティは必要だ。彼とは対戦したくないね。彼は非常に機動力があって、直感に優れ、シャープで、どんなフェーズでも予測できる力がある。新の脅威だよ」 そして、DFウィリアム・サリバにも言及。オウンゴールを記録したが、以降の挽回ぶりから出来を評価している。 「オウンゴールのサリバに対する観客の反応は私のキャリアでも見たことがない光景だった。あれでサリバは自信を取り戻したんだ」 「あれが彼やチームの終盤を良いものにした。彼のプレーはクリスタル・パレス戦のときよりも素晴らしかったから、私も今日の方が満足しているよ」 2022.08.14 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

今季リーグ戦初弾を含む2G2Aとジェズスが大活躍!レスターを下したアーセナルが開幕連勝《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節のアーセナルvsレスター・シティが13日に行われ、4-2でアーセナルが勝利した。アーセナルの日本代表DF冨安健洋は75分からプレーしている。 プレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスに完勝したアーセナルが、ドロースタートとなったレスターをエミレーツ・スタジアムに迎えたホーム開幕戦。前節欠場したアーセナルの冨安はベンチスタートとなった。 互いに前節と同じ先発メンバーで臨んだ中、先にチャンスを迎えたのはレスターだった。4分、敵陣までハイプレスをかけたフォファナがボールを突っつくとそのまま前線へ。こぼれ球を拾ったヴァーディからのパスを受けたフォファナがゴール前まで切り込んだが、シュートはGKラムズデールが好セーブに阻まれた。 その後も目まぐるしく攻守が入れ替わるトランジションゲームが繰り広げられる中、アーセナルは20分にボックス右横でボ―るを受けたサカのクロスをファーサイドから走りこんだジャカが頭で合わせたが、これはGKウォードの正面を突いた。 さらにアーセナルは23分、マルティネッリの左クロスをジャカが落とすとボックス左で受けたガブリエウ・ジェズスがシュート。ループ気味に放ったコントロールショットはゴール右隅に吸い込まれた。 先制点で勢いづくアーセナルは、34分にセットプレーから追加点を奪う。マルティネッリの左CKをニアで相手選手がフリックすると、ファーサイドのガブリエウ・ジェズスが頭で押し込んだ。 リードを許したレスターは42分、カスターニュのロングパスに反応したヴァーディが飛び出したGKラムズデールと接触し倒れると、主審はPKを宣告。しかし、オンフィールドレビューの結果、ファウルは認められず、PKは取り消された。 迎えた後半は立ち上がりからホームチームがボールを支配する。しかし、先にネットを揺らしたのはレスターだった。53分、エバンズのロングフィードをバイタルエリアに駆け上がったジャスティンが頭でつなぐと、これを対応したサリバのバックパスがそのままゴールネットに吸い込まれた。 1点を返されたアーセナルだったが、すぐに反撃。55分、ボックス右手前のホワイトがゴール前へロングパスを供給すると、飛び出したGKが味方DFと重なりファンブル。こぼれ球を拾ったジェズスの横パスを最後はジャカがゴールネットを揺らした。 再び点差を広げられたレスターは、70分にヴァーディを下げてイヘアナチョを投入。すると74分、マディソンの縦パスを受けたイヘアナチョがボックス右から侵入。タメを作りラストパスを送ると、ボックス右深くまで駆け上がったマディソンのシュートがGKの股下を抜けてゴールに吸い込まれた。 アーセナルは失点直後にホワイトを下げて冨安を投入。すると75分、バイタルエリア右でボールを受けたジェズスがカットインから横パスを供給。これを受けたマルティネッリがボックス左手前から左足で狙うと、シュートはゴール右隅に突き刺さった。 結局、試合はそのまま4-2でタイムアップ。 ジェズスの2ゴール2アシストなどの活躍もあり、レスターを下したアーセナルが開幕2連勝を飾った。 2022.08.14 00:59 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly